« 夏の新町三畳美術館企画展は、百鬼夜行陶芸展「妖窯」を企画中!! | トップページ | 天草在郷美術館館長、加藤笑平氏来館。BTに新町三畳美術館を紹介していただくそうです。 »

2011年5月20日 (金)

石田衣良のIWGPを読んでみた。

 池袋ウエストゲートパーク。

 クドカンが手掛けたドラマで、今や伝説のと言った趣がある作品。

 久々にカラーギャングの話しを読んだ。その昔、沖縄からきた友人は、「リアルなカラーは米軍基地があるとこにしかいないよ」と言った。

 クリプスとブラッズの話しじゃなくて、カラーギャングというファミリー文化を輸入した日本の不良の当時の生態をよく捉えていると思った。

 それと、今ではさらにむき出しになっているかに見える、現代日本の闇が街の一角からすぐさま現れてくる様子。

 壊れた人間は最初から壊れた形で登場してくるのが、今読んでも新鮮。ストリートの描写が今でも的確に見えるのは、ファッションは変わっても根本的な所は変わらないからに違いない。

 主人公の視線が揺れなさすぎるのが、若干興奮を削ぐ部分もありますが、この後クドカンがタイガー&ドラゴンを制作するのは、やはりこの作品を通過したからだと今でははっきり分かります。

 結局のところ、好きなのでしょう、この作品が。すいすい読めるところも素晴らしい。

 「街には様々な人間がいるってこと」だから、話に終わりはないっていう感覚がいいですね。

 「善玉も悪玉も金を持つと同じような所に住みたがる」というセリフもいいです。ヨーロッパの大理石のでかい門で、オートロックの駐車場と玄関みたいな。

 小説のギャング同士の内戦鎮圧に、主人公は積極的でしたが、確かTVドラマの方はクライマックスで「メンドクセェー!」と言い放った記憶が。スゲェ!と思いましたね、その時は。追いつめられるとメンドクセェーと言い放つメンタリティーの構築が、当時やたらリアルに感じたものでした。

 誰だって、あの状況は面倒臭いと思う。

 続編がかなり出ているようですから、機会があれば読んでみよう。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Ikebukuro west gate park.

Work in drama that [kudokan] handled, with elegance called legend now.

Color gangster's speaking was read after a long time. The friend who had come from Okinawa in the old times said, "A real color is [shikainaiyo] in ..U.S. bases.. [arutoko]".

I thought that I am not speaking [burazzu] with Krips, and caught ecology of Japan that imported the family culture of color gangster defective and at that time well.

The dark in it and present age Japan that looks as becoming baring further now seems to appear from the corner of the town instantly.

Even if appearing from the beginning in broken shape reads now, broken man is fresh. The reason for a fundamental place is surely that it doesn't change even if the fashion changes into looking the description of the street to adequacy still.

When [kudokan] produces Tiger & dragon after this because this work is still passed though there is a part where hero's glance's the shake passing reduces some excitements, too, now is clearly understood.

In the issue, it likes, and this work :. When it is possible to read lightly, it is wonderful.

Because it is "..various man.. [irutteko] in the street", the end [hanaitteiu] sense is good for the talk.

The serif "When the good man and the bad character have money, I want to live in a similar place" is also good. . at the gate where the marble of Europe is strapping such as self-locking parking lots and doors.

The memory declared to be "[Mendokusee;-]" climatically : a certain TV drama though the hero was positive in the civil war repression of the gangster of the novel. [Sugee;]. ..solving.. at that time ..the desire... The construction of the mentality declared to be [mendokusee;-] was what felt random and real at that time when cornered.

I think that that situation stinks of the trouble of everyone.

Let's read if there is a chance because the sequel seems to have come out considerably.

[Saryu]

|

« 夏の新町三畳美術館企画展は、百鬼夜行陶芸展「妖窯」を企画中!! | トップページ | 天草在郷美術館館長、加藤笑平氏来館。BTに新町三畳美術館を紹介していただくそうです。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石田衣良のIWGPを読んでみた。:

« 夏の新町三畳美術館企画展は、百鬼夜行陶芸展「妖窯」を企画中!! | トップページ | 天草在郷美術館館長、加藤笑平氏来館。BTに新町三畳美術館を紹介していただくそうです。 »