« 本日より、熊本 県民百貨店5階で神戸TRAILER-shのカジュアルシャツオーダー承り会が開催! | トップページ | 石田衣良のIWGPを読んでみた。 »

2011年5月18日 (水)

夏の新町三畳美術館企画展は、百鬼夜行陶芸展「妖窯」を企画中!!

 今現在は、熊日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展が、好評開催中です。

 他にもパリの風景画を展示致しております。

 さて、夏と言えば妖怪ではないですか?

 去年の夏は、熊本市現代美術館でも小泉八雲の世界を再構築する展示がありましたね。

 夏の新町三畳美術館の企画展は百鬼夜行陶芸展を開催予定です。

 妖怪しか制作しない窯元「妖窯」が送る、夏の涼しくなる企画です。この展示に向けて、続々と妖怪が生み出されているようです。熊本初展示となる為、今回は主に九州の妖怪を展示致します。

 九州には魅力的な妖怪が沢山います。鹿児島の一反木綿や、福岡のぬりかべはゲゲゲの鬼太郎で超メジャーですが、あの姿は水木先生の創作とのご指摘が「妖窯」からありました。

 古来から伝わる本来の姿は別にあるそうです。

 どんな妖怪達が新町三畳美術館にやってくるのか、非常に楽しみです。

 お楽しみに。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Newspaper serial novel "Town of the mountain wind" cut-in illustration original picture exhibition of the bear day is popular holding it as of now.

The landscape of other Paris is being exhibited.

Well, isn't it an apparition if it is said summer?

There was an exhibition that restructured Yakumo Koizumi's world also in the Kumamoto City modern art pavilion last summer.

The special exhibition of 3 mat in Shimmachi museum of summer is a holding schedule of 100 demon night train ceramic art exhibition.

It is a project that summer becomes cool that pottery "[**kama]" that only the apparition produces sends. The apparition seems to be invented in succession aiming at this exhibition. I will chiefly exhibit the apparition in Kyushu this time because I become the first in Kumamoto exhibition.

There are a lot of attractive apparitions in Kyushu. That appearance had the point with the giant dogwood teacher's creation from "[**kama]" though one anti-cotton of Kagoshima and [nurikabe] of Fukuoka were super-major in Gegege no Kitaro.

There seems separately to be an original appearance transmitted from old.

What kind of apparitions come to 3 mat in Shimmachi museum, and the enjoyment very.

To the enjoyment.

[Saryu]

|

« 本日より、熊本 県民百貨店5階で神戸TRAILER-shのカジュアルシャツオーダー承り会が開催! | トップページ | 石田衣良のIWGPを読んでみた。 »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の新町三畳美術館企画展は、百鬼夜行陶芸展「妖窯」を企画中!!:

« 本日より、熊本 県民百貨店5階で神戸TRAILER-shのカジュアルシャツオーダー承り会が開催! | トップページ | 石田衣良のIWGPを読んでみた。 »