« 1998年。世紀末から作家活動を始めたことと、自分が描きたいことのリンクについて自己分析を始めた。 | トップページ | 久々に思い出したので、こっそりアーカイブしておこう。 »

2011年5月31日 (火)

熊本市新町出身の幕末の志士、河上彦斎(かわかみげんさい)を知っていますか。

  河上彦斎(かわかみげんさい)
白川県肥後国飽田郡熊本新馬借町生まれ。
幕末の尊王攘夷派武士。幕末四大人斬りのうちの一人。
思想家・佐久間象山を白昼堂々斬り伏せる。維新後、明治四年に斬首。
攘夷思想を持つ彦斎が開国を推し進める新政府に従わなかったための斬首ともみられる。
裁判では「新政府の方針に従い共に働いてはくれないか」と何度も説得されるが、
尊攘を夢見て共闘してきた仲間たちのことを思うと志を曲げられないと、断固拒否した。

維新後、開国政策へと走る新政府は、あくまでも攘夷を掲げる彦斎を恐れた。
二卿事件への関与の疑いをかけられ、続いて参議広沢真臣暗殺の疑いをかけられ明治4年12月斬首。
しかし、この暗殺事件に彦斎は無関係といわれており、新政府の方針に従わなかった為の斬首とみられる。

 青雲の志をもって尊王攘夷を目指したが、時代は志とは違う方向に進んでしまった。最後まで初志を貫き、斬首されてしまうある意味では悲劇の志士です。

 身の丈五尺で美青年であったと伝わっております。

 なぜこの話をしているのかと言うと、秋の新町のアートイベントはこの河上彦斎を中心にしたものになる予定だからです。

 結果は斬首に終わったけれども、運動をしている当時は自分達に正義があると信じていた。歴史は過去の事象を分析することで生み出されていきます。当事者達はそれも意識しながら行動する。特に武家社会では、歴史意識は強烈でしょう。

 彦斎も、最後まで転向はしません。坂本竜馬や桂小五郎などと比べてみても、はるかに要領が悪い。岡田似蔵ほど無差別に人を斬ってもいないので、悪名も高くない。

 最後も惜しまれながらの斬首です。ここから浮かび上がってくるのは、尊王攘夷に賭けたが果たせず、この世を去った高潔な男の姿です。

 人斬りと言ってしまうとテロリズムの匂いがしますが、彦斎は無暗に斬ってはいませんし長州藩と一緒に戦に加わっていることを考えると、テロで歴史を変えようとした人物ではありません。

 結果的には歴史の主流にはなれなかったが、最後まで自分を通した人。

 このスタイルが、熊本市新町ローカルアートのテーマとしてジャストだと考えました。

 今後、イベントが実行可能になり次第のご報告となります。

 さて、企画書のブラッシュアップかな。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Kawakami Gensai
Shirakawa Prefecture Higo country Akita-gun Kumamoto new [umashaku] town birth.
Samurai of royalism expulsion of foreigners sect at the end of shogunate. One of four adult the end of shogunate [kiri].
The philosopher and Sakuma Zozan are cut in a dignified manner in open daylight and it turns down. It decapitates it in 1871 after the restoration.
It is thought the decapitation because of not following to the new government to which [****] with the expulsion of foreigners thought promotes opening the country to the world.
If the will is not bent when thinking of companions who dream [touto**] and have struggled jointly, decisive refusal [shita] in the trial , saying that "Does not both work according to the policy of the new government?" though persuaded many times.

After the restoration, the new government that started to the policy of opening the country to the world feared [****] that hung out expulsion of foreigners to the last.
The doubt of the Kotaku of attending the meeting [shinshin] assassination is put doubt of participation in the event by two lords being put, and continuously and it decapitates it in December, 1871.
However, it is said that [****] is irrelevant to this assassination, and is thought the decapitation because of not following to the policy of the new government.

It has advanced toward a direction different from the will in the age though it has the high ambition and it aimed at the royalism expulsion of foreigners. In a sense, it is a patriot of the tragedy who carries out one's original intention to the last minute, and is decapitated.

When it is a height five shakus of the body and it was handsome boys, it transmits.

The reason for the art event of Shimmachi of autumn is that it is scheduled to become the one that this [****] Kawakami was made a center when why this story is told is said.

At that time, at the time of moved the result was believed that we had the justice though ended in the decapitation. The history is invented by analyzing a past event. Persons concerned act while considering it. Especially, the historical consciousness might be strong in the samurai society.

[****] doesn't convert it to the last minute either. Points are far worse compared with Ryoma Sakamoto and Japanese judas tree small Goro, etc.Because [okadasoguzou] doesn't indiscriminately cut the person, notoriety is not high either.

It is a decapitation of the regret of the end. It is not possible to accomplish, and the appearance of a noble man who departed this world though the royalism expulsion of foreigners was bet coming to the surface from here.

[****] is not and is not a person who tried to change the history in terrorism when thinking the joining to the war with Choshu Domain when excessively cutting it though it smells like the terrorism when calling person a [kiri].

The person who lets himself/herself pass to the last minute though it was not possible to become the main current of the history consequentially.

It was thought just this style as the theme of a Kumamoto City Shimmachi local art.

It will become a report as soon as the event becomes executable in the future.

Well, is it brush up of the proposal?

[Saryu]

|

« 1998年。世紀末から作家活動を始めたことと、自分が描きたいことのリンクについて自己分析を始めた。 | トップページ | 久々に思い出したので、こっそりアーカイブしておこう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本市新町出身の幕末の志士、河上彦斎(かわかみげんさい)を知っていますか。:

« 1998年。世紀末から作家活動を始めたことと、自分が描きたいことのリンクについて自己分析を始めた。 | トップページ | 久々に思い出したので、こっそりアーカイブしておこう。 »