« 石田衣良のIWGPを読んでみた。 | トップページ | いよいよ、6月3日が切所です。 »

2011年5月23日 (月)

天草在郷美術館館長、加藤笑平氏来館。BTに新町三畳美術館を紹介していただくそうです。

 天草在郷美術館の加藤笑平氏来館。

 BTの特集が九州のアートスペース的な感じらしく、新町三畳美術館も少し紹介していただけるそうで、ありがたいお話です。

 秋の新町アートイベントにも加藤氏に参加要請を検討しております。

 6月3日に再度の企画説明会を開いていただく予定で、今後の展開がどうなるかはそれ次第でしょう。

 週末からなぜか沢山のアート関係者の皆さまにお会いしております。

 一番近いイベントは、6月18日(土)18:00~よりの「カフェー カネヤ」です。新町の町家「かね屋」にて、SPレコードと1920年代のJAZZ演奏の映像を楽しみながら、コーヒーやお酒を楽しもうというイベントです。

 ワンドリンクオーダー制になりますが、町家で聞くSPレコードはどんな音色かとても気になります。アートイベントという括りではなくパーティーです。宣伝もほとんどしておりませんが、来場予定のお客様は面白い方々ばかりですので、お気軽にご参加下さい。

 あ!竹之下亮氏がガチのダンスを、当日会場でご披露していただく事が決定しております。ご本人のたっての希望で、本気の(いつも本気ですが)ダンスを町家の蔵で!これは見なきゃ!

 ということで、やっぱり少しアートの匂いもしつつ、町家空間でルンバ珈琲とアルコールをお楽しみください。

 自分が楽しむ為にやるようなイベントですね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Shouhei Kato in agar-agar rural districts museum coming to a library.

The feature of BT seems to be feeling of Kyushu the art space, it seems to be able to introduce 3 mat in Shimmachi museum a little, and a welcome talk.

The Shimmachi art event of autumn also examines the participation request in Mr. Kato.

It might be depending on it whether a repeated project briefing is scheduled to be held on June 3, and very the development in the future becomes it.

We will have met a lot of everybody of the person related to the art since the weekend.

The nearest event is "[Kafe-kaneya]" of dependence on Saturday, 18th 18:00 of JuneIt is an event said that it will enjoy itself over coffee and sake while enjoying the image of the JAZZ performance in the SP record and the 1920's by tradesmen's house cannot "Shop" of Shimmachi.

What tone the SP record heard in the tradesmen's house is is very anxious though it becomes an one drink order system. It is not bundling of art event but it is a party. Please feel free to participate though it hardly advertises because customers of the coming schedule are only interesting people.

..encounter.. ![Takekore] [kudaryou] decides and the thing announced in the hall on that day decides the dance of [gachi]. In hope that the person in question leaves, a dance serious (Though it is always serious) in the warehouse in the tradesmen's house. This is not seen.

Thus, it is necessary to enjoy oneself over the rumba coffee and alcohol by the tradesmen's house space as the art smells a little after all.

It is an event put so that I may enjoy it.

[Saryu]

|

« 石田衣良のIWGPを読んでみた。 | トップページ | いよいよ、6月3日が切所です。 »

新町三畳美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天草在郷美術館館長、加藤笑平氏来館。BTに新町三畳美術館を紹介していただくそうです。:

« 石田衣良のIWGPを読んでみた。 | トップページ | いよいよ、6月3日が切所です。 »