« いよいよ明日から熊本日日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展を開催致します。 | トップページ | 本日より、熊本 県民百貨店5階で神戸TRAILER-shのカジュアルシャツオーダー承り会が開催! »

2011年5月14日 (土)

秋の熊本新町アートイベントの件で、企画書を提出しました。ここから本格的に動き出します。

 今年の秋に、新町で開催予定のアートイベントの企画書を提出致しました。

 大枠で5つの企画がある中で、どの企画も取りたてて新しいものではないですが、組み合わさるととんでもない魅力を放つ仕掛けになっております。

 新町に根付いて商売をされている方々の、昔からの希望と思わず合致する企画もあり、町の方々の想いが図らずも企画に出てきたなという所です。

 ところで、藤崎台のYMCAの横に能の舞台があることを、全く知りませんでした。ここを使うか町家を使うか分かりませんが一番大きいイベントは舞台が必要なものになります。

 まだまだ実現が可能かどうか分かりませんが、GOサインが出次第動き出します。新町に新しいアートシーンを創出するべく持てる力以上の力を出す勢いで、走りだそうとしています。

 今まで、絵描きらしからぬ仕事を多々してきて、本当に無駄な回り道ばかりだと思っていたのですが、イベントのオーガナイズ的な仕事をするようになり、無駄ではなかったのかとつくづく思います。

 大勢でひとつのことをやる時には、本当に沢山の話し合いだったり調整が必要で、これ本当に絵描きがやる仕事かよなど度々思ってきましたがアートのイベントをひとつでも多く熊本に生み出すことが、後からやってくる多くのアーティスト志願の人にとって為になればいいかと最近考えます。

 10年前には河原町だって、熊本市現代美術館だって、街にある多くの廉価なレンタルスペースさえなかった現状のうっぷんをここ3年で晴らしつつあるというのが正直な気持ちです。

 今はアートシーンの数を増やすべく、色んなお誘いのお話に乗りまくっています。

 ただ、参加者としてではなく、企画者としてなのが絵描きとしては痛し痒しなのですが、特別自分に企画者としての能力があるわけではないので、多分地味に仕事を進めるところが買われているのか。

 まぁ、絵描きとしてにしろ企画者としてにしろ、才能という見地からすると即失格なので(自分の絵をみると本当に才能はないなと思う)それ以外の、自分にできる事というもので勝負します。自分が持っている道具が一番使いやすいですから。借り物は駄目です。

 そういう訳で、またもや詳細は少し先に発表ということになります。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 The proposal of the art event of the holding schedule was submitted to the this coming fall in Shimmachi.

Any project is taken while there are roughly five projects and it sets it up, and it is a shot beginning of an unexpected [saruto] ..combination.. charm though is not new.

There is a project that instinctively agrees with the hope in old times of the people who take root in Shimmachi and are done business, too and the place that the desire of the people in the town has come out to plan unexpectedly.

By the way, it did not know there was a stage of the ability next to YMCA of the Fujisaki stand at all. The largest event becomes necessary the stage though whether here is used or the tradesmen's house is used is not understood.

It begins to move as soon as the GO sign is given though it is not understood whether achievement is still possible. It is assumed it to be seeming is power to put out power more than the power that can be had to create a new art scene in Shimmachi, and be running.

I do not quite think it comes to do organized work of the event, and it was useless though it had thought [eega] to be only a really useless detour because it runs out and work not to drive is done a lot up to now.

Really a lot of discussions it thinks whether the adjustment being able to be necessary, coming, and work, etc. to do the [eega] daily life really whether for the person of a lot of artist application that comes later to only have to benefit inventing a lot of as much as one events of the art in Kumamoto recently though it has frequently thought when many people do one.

It is honest feelings also in Kawaramachi and the Kumamoto City modern art pavilion to be dispelling current resentment without even a lot of low-priced rental space in the town in these three years ten years ago.

It gets on the talk of the color [nnao] invitation to increase the number of art scenes and it rolls it up now.

However, because I special do not have the ability as the planner, are you bought soberly advancing work perhaps though are in a dilemma when assuming the [nanoga] [eega] coming as not the participant but a planner?

Well, it fights about the rest because it is immediately a disqualification (When my picture is seen, really think the talent to be) as coming of [eega] it and the [shitenishiro] planner judging from the viewpoint like [nishiro] and the talent, etc. by the thing that I can do. Because the tool that I have is used easily most. The borrowed thing is useless.

Details are announced again a little previously for that reason.

[Saryu]

|

« いよいよ明日から熊本日日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展を開催致します。 | トップページ | 本日より、熊本 県民百貨店5階で神戸TRAILER-shのカジュアルシャツオーダー承り会が開催! »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の熊本新町アートイベントの件で、企画書を提出しました。ここから本格的に動き出します。:

« いよいよ明日から熊本日日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展を開催致します。 | トップページ | 本日より、熊本 県民百貨店5階で神戸TRAILER-shのカジュアルシャツオーダー承り会が開催! »