« 今週土曜日から、新町三畳美術館では「熊日新聞連載小説挿絵原画展」を開催します。 | トップページ | いよいよ明日から熊本日日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展を開催致します。 »

2011年5月12日 (木)

ゲゲゲの女房を見て驚いた件。

 GWはさすがに夜は仕事をやめて、見れるだけDVDで映画を見ました。

 宮城野、重力ピエロ、12通の手紙と100歳の少年、そしてゲゲゲの女房。

 ゲゲゲの女房に関して、オチの所は税務署の人に水木先生が怒鳴るところでしょうが、一番驚いたのはその後のシーン。

 少年マガジンに連載が決まった水木先生を(おそらく)祝って、妖怪や霊たちが地蔵の周りで踊っているシーンです。

 これと同じ話しを、なんと熊本市現代美術館、熊本アートパレードにまつわる事で知っていたからです。興味湧いてきましたか?

 2月に新町三畳美術館で企画展をした宮部竜二氏のお話。

 宮部氏がアートパレードに出品されて、まだ結果が分からない時分、知り合いと電話でお話されていたそうです。

 お知り合い「そういえば、宮部さんの近くの小さい部屋で一つ目の小鬼たちがうれしそうに踊っているけどなんで?」

 宮部氏「?」

 その電話の後、美術館から電話が掛ってきて、優秀賞を受賞されたとの事。

 受賞作。

 一つ目…

 小さい部屋…三畳美術館には去年の受賞作、喜怒哀楽が鎮座しておりました。

 そのお知り合いは、そういった事がお見えになるそうです。

 先日も「濡れ女」という怪しの話しをお聞きしましたが、その話も素敵怪しでした。

 そう、妖怪を表現したものが世間に認められると妖怪が踊りだすというシーンは、偶然ではなくてきっと事実なので同じ表現になるのではないかと思われます。

 妖怪や霊といったものの存在は、あると思います。そう思わないと理解できないことが世界中にあって、いちいち科学的に説明するなんて大人げないと考えます。

 第一、宇宙が発生したビッグバン自体が仮定なんですから、いかにもっともらしく説明しても全ては仮定の域を出ません。今、科学と言っている事は地球上にある物質的なものを解明して、人類がより快適に生きれるようになる事なんであって、物質が無から生まれた事について科学的に説明できる人は今後も現れないでしょう。

 神の存在を否定できない理由はこの一点に尽きるのではないでしょうか。

 妖怪から大分はなれましたが、科学的な態度というのは、分からないものは分からないと認めることではないでしょうか。

 そうした方が気分もギスギスしなくて済むし。

 適当に妖怪の仕業にしておけば、気分も楽になるのではという、適当な態度も時には必要。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Only being possible to see by stopping working indeed saw the movie with DVD as for GW at night.

Wife of Miyagi field, gravity pierrot, and 12 letters, 100-year-old boy, and [gegege].

It is a scene afterwards to be surprised most though the place of [ochi] might be a place where the giant dogwood teacher shouts it to the person in the tax office for the wife of [gegege].

It is a scene that the giant dogwood teacher that the serial is decided to the boy magazine (Perhaps,) is congratulated, and the apparition and the souls dancing in surroundings of the ground warehouse.

It is because it knows the same story as this by the thing that coils round the Kumamoto City modern art pavilion and the Kumamoto art parade very much. Is there ..interesting.. [wa]?

Talk of Ryuji Miyabe who did special exhibition in 3 mat in Shimmachi museum in February.

Mr. Miyabe was exhibited in the art parade, and it seems to have been talked by telephone with the acquaintance at the season when the result had not been understood yet.

Acquaintance"Incidently, why though being danced happily by the first kobolds in small room near Mr./Ms. Miyabe. "

Mr. Miyabe「?」

Thing that [**] comes, and excellent prize was won from museum to telephone after the telephone

Prize winner.

The first etc.

A small room … Last year's prize winner and emotion enshrined it to three mat museum.

Such a thing seems to come in the acquaintance.

The story is wonderful ..doubt.. [deshita] though it asked [no] ..doubtfulness.. speaking "Wet woman" the other day.

It seems that it becomes the same expression because the scene that the apparition begins to dance is not by chance but is surely true if the one that the apparition was expressed is admitted at the people so.

I think that the apparition and the soul exist. Being not able to understand as no desire so thinks that it is, and separately explaining in a scientific manner is babyish all over the world.

Everything doesn't go out of the region of assumption however plausibly it explains because the big-bang that the 1st and space are generated is assumption. The person who can explain the thing that thing [nandeatte] and the material where the human race came to be able to live more comfortably by clarifying the material one on the earth appeared from nothing in a scientific manner will not show up to the thing called a science in the future now.

A reason ..the god's existence.. incontrovertible might be exhausted in this one point.

A scientific attitude is from an apparition to no very admission that the one that doesn't understand is not understood though it was possible to become.

This can not [gisugisu] it feelings.

The attitude of [hatoiu] suitable , is also easily necessary for feelings in [naruno] at times if it suitably makes it to apparition's act.

[Saryu]

 

|

« 今週土曜日から、新町三畳美術館では「熊日新聞連載小説挿絵原画展」を開催します。 | トップページ | いよいよ明日から熊本日日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展を開催致します。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房を見て驚いた件。:

« 今週土曜日から、新町三畳美術館では「熊日新聞連載小説挿絵原画展」を開催します。 | トップページ | いよいよ明日から熊本日日新聞連載小説「山風の町」挿絵原画展を開催致します。 »