« 明日は熊本市街では様々なイベントが開催されますが、山鹿湯の端美術展の搬入です。 | トップページ | 熊本山鹿湯の端美術展終了!さらに!7つの企画を同時進行中!! »

2011年5月 2日 (月)

熊本山鹿湯の端美術展、5日まで開催中です!肥後古民家村では里山美術展、熊本市街ではまちなか美術館vol.2が開催中!

 今年のGWは、熊本のいたるところでアートイベントが開催されています。

 山鹿では、湯の端美術展が開催中!天聴の蔵の搬入も無事終わりました。期間中は通してアドさんが、会場にてライブペイントをされております。

 私自身は3日と5日に会場におります。去年から始まったアートイベントはもうひとつ。まちなか美術館です。これは熊本市街のお店に作品を展示するというもの。

 そして和水町では里山美術展が開催中。陶人形作家の西田美紀さんも展示されております。

 去年、熊本は新幹線開通を目前に、弾けるようにしてアートムーブメントが始まりました。毎年様々なイベントが開催されるようになって、今後イベントの質が問われるようになるでしょう。これらのイベントも重複して参加する作家が沢山います。今後、もっと外に開かれたものとして、全国から作家が集まるようになれば本当に面白いと思います。

 その為にも、できるだけ自分自身外に出るようにして、凄い作家と知り合っていく必要があると考えています。

 が、なかなか外へ出る機会をとらえ切れていないのが現状です。

 様々なイベントもまだまだ発展途上中。ここから凄いものが出てくると面白い。

 完成された表現ではなく、まだまだこれからの作家(自分も含めて)が表にでる機会がこれだけ沢山あれば、お互いにもっとやれると思いながら向上していけるはずです。また、しなければ先はありません。

 アートという札を切ったときから、尻つぼみという時限爆弾を抱えているのもまた事実。

 様々な事象を含みながら、このGWは本当に要注目のイベントが上記開催中!

 ぜひその目で、今後の熊本アートシーンがどうなっていくのかをご覧下さい。

 熊本ローカルアーティストが今後どういったドラマを展開していくのか、自分自身楽しみで仕方ありません!

016 ←山鹿湯の端美術展の展示の一部。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

As for this year's GW, the art event has been held everywhere in Kumamoto.

..edge art exhibition of hot water.. now open in Yamaga. Carrying the warehouse of [tenki] ended safely, too. It passes for the period and a live paint is done in the hall [ado].

I go down to the hall on the third and the fifth. The art event that started from last year is another one. They are [bi] [machinaka] [jutsukan]. This exhibits the work in the shop in the Kumamoto town.

..mountain art exhibition of hometown.. now open in the harmony water town and. [**] doll writer Miki Nishida is exhibited.

Kumamoto was made to be able to play the Shinkansen opening to traffic in the near future and the art movement started last year. Various events come to be held every year, and the quality of the event will be asked in the future. There are a lot of writers in whom these events also participate more than once. I will think it is really interesting if the writer comes to gather from the whole country assuming that opened on the outside more in the future.

It is thought that it is necessary to make it go out outside oneself as much as possible, and to get acquainted with a terrible writer therefore.

However, seizing the chance to go outside quite and not cutting are the current states.

Various events are still development [tojouchuu]. When the terrible one comes out here, it is interesting.

The writer (including me) in the future should be able to improve while no completed expression, and thinking that it tabulates and [deru] chance can be done more mutually if only this is a lot still. Moreover, there is if it doesn't do ahead.

It is also true to have held the time bomb named the hips bud since time when the note of art was cut.

As for this GW, an event noteworthy necessary is really holding the above-mentioned while containing various events.

Please see how the eyes the Kumamoto art scene in the future becomes it by all means.

What drama will a Kumamoto local artist develop in the future, and? it is own enjoyment and there is no method.

← A part of exhibition of edge art exhibition of hot water of Yamaga.

|

« 明日は熊本市街では様々なイベントが開催されますが、山鹿湯の端美術展の搬入です。 | トップページ | 熊本山鹿湯の端美術展終了!さらに!7つの企画を同時進行中!! »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本山鹿湯の端美術展、5日まで開催中です!肥後古民家村では里山美術展、熊本市街ではまちなか美術館vol.2が開催中!:

« 明日は熊本市街では様々なイベントが開催されますが、山鹿湯の端美術展の搬入です。 | トップページ | 熊本山鹿湯の端美術展終了!さらに!7つの企画を同時進行中!! »