« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

新町アートホームvol.2以降のイベントの考え方。

 今回このイベントを考えるにあたって一番考えたのは、地域振興とアートは相いれるのかなということ。

 結論は、相いれる部分と相いれない部分が必ず出てくるということ。相思相愛というよりも地域とアートという関係は、いいライバル同士の友情みたいな感じで成立するのではないか。

 新町アートホームvol.2以降を考えるにあたって、継続的にアートが関わる必要も、特にはないのではと思います。なぜかといえば、熊本市新町という歴史地区の魅力の方が、今現在熊本でアートをしている人間よりも(自分を含めて)遥かに魅力的であるという事実からは逃れられません。町家一軒をとってみても、時を経たこの建物の圧力にアーティストが対抗するのは難しい。現状としては、それが難しいと気づいてさえいない作家が大半だと言う事。

 新町は蓄積された歴史の魅力を生かし切れていないというのが現状でしょう。ならば、今はアートと謳って新町の歴史を掘り起こす作業を同時にしていけばいいと。便宜上アートを横軸のレイヤーとして扱う事で、町外の方々にも協力していただける幅を作ればいい。

 今後は歴史とアーテイストの融合と対抗と対話の、新しい歴史が作られていけばいいな。もしそれが不可能ならば、アートはそっと退場して、歴史が立ち現われて観光の一助になればいいとも思います。

 特にコンテンポラリーアートと言っても百年位の歴史で、細川藩熊本城下町としての新町の日本人には親和性の高い歴史の魅力の前には、一般のお客様がどちらが好まれるかは考えなくても分かります。

 城下町歴史地区の中でのコンテンポラリーアートこそ、熊本ローカルの武器です。

 そこを真剣に考えるアーティストこそが、今回の町家一軒展示プロジェクトに参加致します。ただ作品を持ってきて展示すればいいやとか、そういう事ではありません。町家の存在と自分の関係性、このイベントの持つ意味を理解して初めて新町アートホームが完成します。

 熊本のローカルアートが成立する条件を揃えようとしています。成立したあかつきには、堂々と全国、世界へ向けてアナウンスする。閉じこもりながら開く。今は閉じこもりの部分を強化しなければ世界には通用しない。人々は「各地域の面白いもの」を見たいはずなのです。

 これだけ日本は均一化してしまっているから、なかなかそこのところの強化は難しい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

When thinking about this event this time, it thought most.

A part where the aspect is put and a contradictory part come out from the conclusion without fail. The relation like the region and the art, etc. might be approved by feeling like the friendship of a good rival rather than the mutual infatuation.

When thinking since Shimmachi art home vol.2, I do not especially think the necessity that the art is continuously related to be. It is not possible to escape from the fact that the charm of Historic Site named Kumamoto City Shimmachi is farther more attractive than that of man (Including me) who is doing the art in Kumamoto as of now if it says why. Even if one tradesmen's house is taken, it is difficult for the artist to oppose the pressure of this building where time was passed. As the current state, the thing said that the writer who notices that it is difficult and doesn't have bright is the majority.

In Shimmachi, making the best use of the charm of the accumulated history and not cutting might be the current states. Then, when you only have to do work to express to art and to dig up the history of Shimmachi at the same time now. It only has to make width in which it can cooperate also in the people outside the town from the treatment of the art as the layer of a horizontal axis for convenience' sake.

Do not only have to be going to be made be a new history of uniting, the opposition of the history and [a-teisuto], and the conversations in the future. If it is impossible, I think the art to leave quietly, for the history to only have to stand, to appear, and to become a help of sightseeing.

Especially, the Japanese in Shimmachi as the Hosokawa clan Kumamoto bourg understands by a general customer and understands which liked from the history of about 100 years even if it doesn't think even if it is said the contemporary art ahead of the charm of the history with high compatibility.

Only the contemporary art in bourg Historic Site is arms of local Kumamoto.

Only the artist who seriously thinks there will participate in this one in tradesmen's house an exhibition project. However, the work is brought and no exhibition [surebaiiyatoka] , thing so. The Shimmachi art home is completed only after the meaning of the relation and this event of existence and me in the tradesmen's house is understood.

It tries to arrange the condition that a local art of Kumamoto is approved. It announces in a dignified manner with the approved bilge for the whole country and the world. It opens while shutting oneself up. It doesn't pass to the world if the part of shutting up is not strengthened now. People are sure to want to see "One with interesting various places".

Because Japan is making it uniformly in the so much, strengthening there is quite difficult.

[Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

秋の熊本市新町アートホームは、お芝居と屏風絵、町家一軒につき一人の作家が担当するという複合イベントの予定です。

 芝居と屏風絵。

 そう、高知県赤岡の絵金祭りを参考にこのイベントを組みました。

 新町は以前お話した、日本四大人斬り河上彦斎(かわかみげんさい)生誕の土地。その河上彦斎をお芝居にし、上演する予定(あくまで予定)。

 その芝居をもとに、屏風に絵を描きます。描くアーティストは本決まりになり次第の発表となります。10名の予定です。

 昼は新町の町家でアーティストの作品を見ていただきます。今のところ6人のアーティストに6軒の町家(それぞれ一軒)という展示になる予定です。

 宵の口から河上彦斎の芝居が始まり、終幕して市電通りに出たら屏風絵が暗がりに展示されているという趣向です。

 飲んで食べながら、それぞれのアーティストが描いた河上彦斎の芝居絵を巡っていただきます。

 という、絵金祭りを新町verにして河上彦斎を縦軸にアートと地域の方々を横軸にして、初めて出来るお祭りです。

 全てが予定通り行けばいいのですが、これからの頑張り次第です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 Play and folding screen picture.

This event was united referring to the [ekane] festival of Kochi Prefecture Akaoka so.

Land of [****] Japanese, 4 adult [kiri] Kawakami (..drying.. [migensai]) birth in which it talked about Shimmachi before. It is scheduled to make the [****] Kawakami a play, and to present it (schedule to the end).

The picture is drawn in the folding screen based on the play. The artist who draws becomes an announcement as soon as it becomes a final decision. They are the schedules of ten people.

Please see artist's work in the tradesmen's house in Shimmachi in daytime. At present, it is scheduled to become an exhibition of tradesmen's houses of six per six artist (1 respectively).

It is an idea that the folding screen picture has been exhibited in darkness when the play of [****] Kawakami starting from the shank of the evening, ending, and going out according to the streetcar.

Please come round the play picture of [****] Kawakami that each artist drew while eating drinking.

The [ekane] festival is made Shimmachi ver, and the people in the art and the region are done to a horizontal axis, and the festival the spindle of [****] Kawakami that can be done for the first time.

Depending on working hard in the future though all only have to go according to schedule.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

3日間の県民百貨店でのイベント終了致しました。ご来店の皆さまありがとうございました!

 モヒカンポシェットとして出店しました、県民百貨店での3日間のイベントは大盛況にて終幕致しました!当日は宮部竜二氏プロデュースの「ルンバ珈琲」を試飲&販売しておりました。

 本当に沢山の方に珈琲を味わっていただき、誠にありがとうございました!

 さて、次のイベントは7月8日(金)予定の、玉名温泉つかさの湯プレゼンツby新町三畳美術館にてユーストリーム配信イベントが決定致しております。

 内容は今週中に詰めますので、決まり次第ご報告を。

 次には8月6日から開催の新町三畳美術館企画展「百鬼夜行作陶展」by妖窯が控えております。

 妖怪陶器が段々出来上がってきております!熊本代表の妖怪は「アマビエ」「不知火」です。

 福岡代表は「ぬりかべ」。遠賀郡の妖怪です。2007年にアメリカでぬりかべの浮世絵が発見されて、真のぬりかべ像が分かりました。三つ目の像のような姿です。

 どんな妖怪が出来上がってくるのか、当日までの阿楽しみ!

 妖怪好き集まれ!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The event on the inhabitants of the prefecture department store that had opened a store as a mohican pochette of three days ended by a large flourishing business. "Rumba coffee" of the Ryuji Miyabe production was sold in sampling & on that day.

Thank you indeed for tasting coffee really a lot.

Well, the [yu-sutori-mu] delivery event is being decided to the following event in 3 mat in hot water presents by Shimmachi museum of hot spring of Tamana [tsukasa] in which it is scheduled on Friday, July 8.

The report as soon as it decides because it stuffs with the content by the end of this week.

3 mat in Shimmachi museum special exhibition "100 demon night train [tsuku**ten]" by [**kama] of holding has kept from as follows since August 6.

The apparition earthenware is gradually completed. Kumamoto representative's apparition is "[Amabie]" and "Sea fire. "

The Fukuoka representative is "[Nurikabe]. "It is an apparition in the Onga-gun. The ukiyoe of [nurikabe] is discovered in the United States in 2007, and a true [nurikabe] image has been understood. It is an appearance like the third image.

What kind of apparition do you complete, and it enjoys it [**] until that day.

Gather ..apparition.. liking.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

ART&PHOTO BOOK EXHIBITION 2011 in 新宿眼科画廊に出展しましたのでお近くの方は是非お寄り下さい。

 7月1日~9日、7日は休廊です。

 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11

 新宿眼科画廊で、ポートフォリオの展示会が開催されるということで、参加します。

 お近くの方は是非お立ち寄り下さい。

 明日から3日間、県民百貨店2Fで、モヒカンポシェット「ハイエンド ワンピースコレクション」を開催致します。

 ここ数日、ディスプレイの準備に忙しく、その分素敵なものに仕上がりました。新作30着程がお披露目です。お気軽にお越し下さい。

 そこでは同時に、宮部竜二氏プロデュースの「ルンバ珈琲」を販売致します。試飲もできますので是非お気軽にお越し下さい。

 この後すぐ搬入です。

 先週からイベント続きですが、まだまだこれから沢山のイベント目白押しです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

One in July?The ninth and the seventh are [yasu**].

〒160-0022 Tokyo Shinjuku Ward Shinjuku 5-18-11

It participates by exhibit about the portfolio being held with the Shinjuku ophthalmology department art gallery.

Please stop by the vicinity by all means.

I will hold mohican pochette "High-end dress collection" for three days from tomorrow at inhabitants of the prefecture department store 2F.

It was busy with preparation for the display, and ..one of the wonderful amount.. finished for these several days. About 30 new works are announcements. Please feel free to come.

I will sell "Rumba coffee" of the Ryuji Miyabe production at the same time there. It is possible to sample and feel free to come by all means, please.

It is carrying soon after this.

Hereafter, it still will be a lot of event jostlings though it is continuation of the event since last week.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

カフェー カネヤは予想以上の大盛況でした!次の企画は??

 6月18日(土)に開催した、カフェー カネヤは大盛況でした!ご来店いただきました皆さま、ありがとうございました!

 詳しくは中島屋さんのブログにて紹介されていますので、是非ご覧ください!

 大雨のなか、宮部竜二氏プロデュースのイベントでした。竹之下亮氏のサプライズダンスも好評で、なんとアンコールが2回も!

 私は、注文のドリンクをこなすので精いっぱいでしたが、皆さん楽しまれたようでとてもいいイベントになりました。

 さて、次回のイベントは今週末から県民百貨店で始まるモヒカンポシェットの「ハイエンド ワンピースコレクション」です!

 6月24、25、26日に、県民百貨店の2Fにてモヒカンポシェットの企画展を開催。

 さらに、8月6日(土)より、妖怪陶芸展、百鬼夜行を新町三畳美術館にて開催!妖怪陶芸窯「妖窯」をプロデュース致します!

 妖窯とは、妖怪や怪しを形にして作陶する集団です。今は、九州の妖怪を中心に新たに作陶されています。真夏の妖怪陶芸展をお楽しみに!

 おっと、7月8日(金)の夕方より、新町三畳美術館と玉名温泉つかさの湯の共同企画を新町三畳美術館にて開催致します。ユーストリームにて配信予定ですのでこれも詳しくは、またお知らせ致します。

 と、イベントが続きます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

[cafe-kaneya] that had been held on Saturday, June 18 was large flourishing. Thank you for everybody who comes to a store.

It is introduced by the blog by person Nakashima, and see by all means in detail, please.

It was in the heavy rain, and an event of the Ryuji Miyabe production. [Takekore] [kudaryou]'s surprise dance is popular, and it : very ..encore.. twice.

You were enjoyed and it became a very good event though it was utmost because I digested the drink of the order.

Well, the next event is "High-end dress collection. " of the mohican pochette that starts at the end of this week at the inhabitants of the prefecture department store.

The special exhibition of the mohican pochette is held by 2F of the inhabitants of the prefecture department store on 24th, 25th and 26th in June.

In addition, it is Now open! in 3 mat in Shimmachi museum from Saturday, August 6 as for the apparition ceramic art exhibition and 100 demon night train. Produce will do apparition ceramic art kiln "[**kama]".

[**kama] is an apparition and a group that does type of ..doubtfulness.. [wo] [nishite] [tsuku**]. [Tsuku**] is newly done centering on the apparition in Kyushu now. The apparition ceramic art exhibition at the midsummer to the enjoyment.

Woops! I will hold the corporate planning of the hot water of 3 mat in Shimmachi museum and hot spring of Tamana [tsukasa] in 3 mat in Shimmachi museum on the evening, Friday, July 8. I will inform you again as this is also detailed that it is a delivery schedule with [yu-sutori-mu].

The event continues.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

本日、一夜限りのカフェー「カフェー カネヤ」が熊本市新町にてオープン致します!!

 いよいよ本日、カフェー カネヤがオープン致します!

 準備が整いました!!

 宮部竜二氏プロデュースのイベントです!

 SP版のJAZZと、1920年代の映像とともに、コーヒーとお酒でごゆっくりおくつろぎ下さい!

 今回のお酒には、赤酒のカクテルを準備致しました!!面白い!

 ワンドリンクオーダー制ですが、全ドリンク\500となっておりますので、お気軽にお越しください。

 今日は「カネヤ」のボウイとして、お持ち致しております!
110617_212701  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

結婚式で流した(入場とか)曲を振り返ってみると、大分おかしいのではないかと改めて思います。

 たまにはどうでもいい話を。

 結婚式で流す音楽というのは、割と皆さんこだわりがあられると思います。

 事前の打ち合わせであーでもない、こーでもないというカップルの話し合いがもたれると思いますが、私の所の場合をふと思い出してみました。

 我が相方は、全く音楽にこだわりがない人です。「まかせた!」という感じで、音楽は私が決めることに。

 そうなると、ベタで、お客様に楽しんでもらえる曲を要所でと思った時、大分間違った選曲をしていたことに今更気づいたのでご報告。

 新郎新婦入場

 退場(お色直し)

 余興

 再入場

 参考になりましたでしょうか。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

明日は宮本建設にて、秋の新町アートホームの会議19:00~。

 河上彦斎を軸にしたアートイベントの枢要が、段々固まってきました。

 これをやったら、凄い。

 よそから持ってきた物ではなく、自分達が体を張って作り上げたイベントでお客様に楽しんでいただくから、誇りが持てるのです。

 自分達もお客様も楽しむ。

 地域振興アートイベントと銘打ったからには、徹底的に地域振興を考える。

 本当はアートは、そういったものとは相いれない要素なんですが、「切ったカードは戻せない」。

 熊本市新町が持っている最大の財産は、歴史です。

 歴史がありすぎて困る位に、ある。その中でも最も劇的な河上彦斎を軸に、この秋のアートイベントは立ち上がります。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Crucial of the art event that makes Kawakami Gensai an axis has been hardening gradually.

When this is done, it is terrible.

Because the customer enjoys it in the event that not the thing brought somewhere else but we are put his body and made up, it can have the boast.

We and customers enjoy it.

It thoroughly thinks the regional promotion to be a regional promotion art event because it announced it.

The art is "The cut card cannot be returned. " in reality though is a contradictory element such the one.

The maximum property that Kumamoto City Shimmachi has is a history.

It is in a place embarrassed because there is too a history. The art event of this autumn stands up centering on the dramatic Kawakami Gensai.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

ワンナイトカフェ カフェー カネヤ開催します!

 6月18日(土)18:00~ 

 熊本市新町の町家「かねや」で、一夜限りのカフェーが出現!

 古い蓄音器にて、100年前のJAZZ(SP版レコード!)を聴きながら、当時の古いフィルムを映写致します。タイムスリップした雰囲気のなかで、どうぞ一夜限りの夜をお酒でも飲みながらゆっくり堪能して下さい。

 主催は新町三畳美術館で企画展をしていただいた、宮部竜二氏です。

 町家でSP版を聴きながら、一杯やれるなんて贅沢な企画でしょうか。しかも一夜限り。

 当日はカフェーのボウイをしております。

 たった一夜の為にここまでするのか?という、ある意味本当の贅沢が味わえる一夜になること間違いありません。

 ワンドリンク制です、お気軽にお誘い合わせのうえお越し下さい。

 このパーティー、今のところ口コミのみの宣伝ですがなかなか前評判も良く、県外からもお越し下さるお客様もいるようです。

 さらに、パーティー中のどこかでコンテンポラリーダンサーの竹之下亮氏がダンスを!!

 何といいますか、最初はアートとか関係ないもんねとか思っていたのですが、ここでいきなりコンテンポラリーダンス!

 町家とどう化学反応を起こすか楽しみですね。

 また直前にお知らせいたします。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 In cannot tradesmen's house "and" of Kumamoto City Shimmachi, the cafe of the limit at night appears.

I will project an old at that time, film while listening to JAZZ (SP version record)100 years ago with old [**] [otoutsuwa]. Please satisfy sake while drinking slowly in the atmosphere that slipped at time at night of the limit at night.

Sponsoring is Ryuji Miyabe who did the special exhibition in 3 mat in Shimmachi museum.

It is a luxurious project of being possible to do fully while listening to the SP version in the tradesmen's house!Moreover, it limits it at night.

The waiter in the cafe is on that day.

Do you do here for only one night?Meaning..true..luxurious..taste..night..become..wrong..provide.

Please it must be an one drink system, and readily invite, match, and come.

Advance reviews seem to be quite good though it is this party, and an advertisement only by word of mouth at present, and there to be a customer who comes outside the prefecture, too.

In addition, [takekore] contemporary dancer [kudaryou] : the dance somewhere in the party.

It says very much or is suddenly contemporary dance here first like the art though it thought unrelated.

It is the enjoyment of the tradesmen's house and the chemical reaction how ..whether cause it...

Moreover, I will inform you immediately before.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

2011.10月15日(土)~16日(日)新町アートホーム開催予定!!来週15日(水)に会議!!

 新町アートホームは、熊本はほぼ初となる、地域の自治会や青年会とともに作り上げる地域振興アートイベントです。

 すでに先週正式なキックオフ会議が開催され、イベントの詳細にいよいよ踏み込んでいきます。

 イベント開催期日は10月の15~16日に予定致しました。

 後は内容の詳細ですが、それは今から詰めていきます。空いている町家を使って作品を展示するという大本は、前回同様ですがその他にも大きい企画を同時開催する予定です。

 第二回会議を来週15日(水)に開催予定です。興味がある方、どなたでも参加可能ですので当日一新コミュニティーセンター19:00~にお越し下さい。

 熊本のアートシーンを拡大する企画にするためには、沢山の方々の協力が必要です。

 このイベントをディレクションするにあたって一番気にしているのは、当初の企画よりつまらなくなりそうだったら、その企画は行わないということ。

 企画をダウンスケールしてやる位だったら、潔く取りやめる。また、次回に持ち越したほうがよほどましです。

 いい企画であれば、その企画が出来る状況になるまで取っておくことも必要かと思います。

 何がなんでもやる部分は、町家を使って作品展示の部分であり、その他の部分はチャレンジの部分です。チャレンジの部分のダウンスケールはあり得ません。その覚悟で行きます。今までもアートスイッチというイベントではそうしてきたのだから。

 新しい事はどうしても、自分のこれまでの経験則に照らし合わせてこれくらいかな?という地点に着地しがちですが、実はそうではない。

 アートイベントである以上、過去の経験則はとりあえず常に打ち捨てて挑まねば、自治会のお祭りになってしまいます。

 自治会のお祭りという枠であれば、自分がディレクションすることもありません。得意な方々は沢山いらっしゃると思います。

 今回も腹を括りました。

 やりますよ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The Shimmachi art home is a regional promotion art event made up with the self-governing body and the young person association in the region by which Kumamoto almost becomes the first.

A formal kicking off conference is already held last week, and it has depressed it in detail of the event finally.

The event holding date was scheduled on 15?16 day of October.

It stuffs with it now though it is details of the content now. A large project is scheduled to be held in addition simultaneously though foundation of exhibiting the work by using the tradesmen's house that has become vacant is a same as last.

It is a holding schedule on Wednesday, the 15th next week as for the second conference. An interesting one everyone can participate and come to 19:00 changing completely community central ?, please on that day.

A lot of people's cooperation is necessary to make it to the project that expands the art scene in Kumamoto.

When the most much worrying when this event is done in the direction seems to become more trivial than the project at first, the project is not done.

When it is a place by which it plans downscale, it bravely discontinues it. Moreover, carrying over next time is very better.

I think that booking if it is a good project until becoming a situation in which the project can be done is also necessary.

The tradesmen's house is used, and in any part that it does of what, it is a part of the work exhibition, and other parts are the parts of the challenge. There cannot be a down scale in the part of the challenge. It goes for the resolution. Because it has done so in the event of art switch up to now.

Is a new thing compared with my current rule of thumb by all means?It is not actually so though tends to land in the point.

Past rule of thumb becomes the festival of the self-governing body when challenging always discarding it for the time being because the art event.

If it is a frame of festival of the self-governing body, I occasionally do the direction. Good people think a lot of coming.

The belly was tied up this time.

It does.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

この10年の閉塞感を、どう捉えるか。

 今回の大震災で、ある意味この10年まん延していた閉塞感どころではないという、パラダイムシフトが起こったのでしょうか?

 はっきりとは分かりませんが、原発の問題が長期化する以上、閉塞感はさらに高まるのではないかと予想します。

 西日本での震災の捉え方はどうしても関東、東北よりは軽くならざるを得ないでしょう。復興に向けてなにかしたいと思いながらも、現実には募金箱を見かけたらお金を入れる位しかできない。

 やろうと思えば色々できるのでしょうが、現実に生活していく事をないがしろには出来ない訳で人は様々な理由で忙しいのです。

 しかし、それを大声で言うのもどうかという空気。

 「俺は震災なんか関係ねぇ、毎日稼ぐだけで精いっぱいなんだよ!」

 と言う自由はあるのか?という話しはどこでも聞こえてきません。

 あるんですよね、その自由。

 そして西日本においては、表面上は震災に反応しながらも内心は日常生活の範囲から、復興へ向けてのわずかな何かの表明をする事すらない人が大半でしょう。

 それを責めているのではありません。

 むしろそれが大人というものです。まず家族、自分の生活を保障。それが出来てかつ、震災復興に興味があるという人はどうぞ、というものだと思います。

 表面上は震災に興味があるが実際具体的行動はしないという、いわば西日本における普通の人々にとって、これから何十年にも渡って事後処理をしなければならない原発の報道はどう捉えられるのでしょうか?

 当事者意識が浅くてこの報道の波にさらされていれば、閉塞感は高まるのではないでしょうか。特にワーキングプアと言われている層には。原発の最前線で働いているのはまさにこの層で、日雇いの感覚で高額な時給に誘われて働いている。もちろん誰かがやらなければいけない仕事です。それがまた結局東電から下請けの企業→派遣会社→現場作業員という現代日本の縮図のような、人件費の2段3段の中抜きで雇われて危険な作業をしている。

 それを、ただ見ている。

 様々な事象をただ見ている。

 リテラシーなんて、普通一般の方はほとんどしません。このブログを読んでいるあなたのご家族やご両親、親戚一同はどうですか?

 今後おそらく待っている、空恐ろしい程の閉塞感に備えろ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Did a certain paradigm shift that it meant and it liked and the cooped-up feeling that had spread for ten years was not able to be done happen due to this great earthquake?

Because the problem of the nuclear power plant is prolonged, whether the cooped-up feeling rises further is expected though it doesn't understand clearly.

How in West Japan to catch the earthquake will lighten by all means than Kanto and Tohoku. When the fund-raising box is seen, only the place by which money is put can be actually done though I want to make something aiming at the revival.

As for the person, actually living is negligently busy with translation that cannot be done for various reasons though it is likely to be able to do variously if it is thought that it does.

However, air whether very also saying it loudly.

"I am utmost ..only ..relation.. earnings of the earthquake every day... "

Is there said freedom?I do not hear speaking anywhere.

The freedom.  it is

In West Japan and, it might be ..person who not is.. the majority.  even the thing to declare something a little from the secret range of daily life for the revival though it reacts to the earthquake on the surface

It is not blamed.

It is an adult. First of all, family and my life is secured. The person of being interested in can do it, and the earthquake disaster reconstruction thinks that it is the one please.

How is the report of the nuclear power plant where the concrete behavior is not actually done in extending in the future for tens of years so to speak for common folk in West Japan and should the processing after the fact caught though it is interested in the earthquake on the surface?

The cooped-up feeling might rise if the sense of ownership is shallow and it is exposed to the wave of this report. Especially, to the layer called working poor. Working at the front of the nuclear power plant is exactly invited to the hourly wage of high priced by the sense of the daily employment in this layer and works. It is work that someone should do of course. It is employed after all again by pulling out about the labor cost about two step three step as shown in the reduced drawing of present age Japan named enterprise → temp agency → site worker of the subcontract by Tokyo Electric Power Company and dangerous work is done.

It sees it.

Various events are nothing but seen.

Literacy usually hardly does general. How about the family, parents, and assorted relatives of you who is reading this blog?

Perhaps, prepare in the cooped-up feeling like waited [karakowa] [roshii] in the future.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

みなごろし。

 十三人の刺客を見ました。

 凄すぎでした。

 サービス精神の塊のような映画。

 冒頭の「みなごろし」の書道のシーンは最悪に最高。

 やりすぎだろ!というツッコミも虚しく、最後は死にざま選手権に。

 途中の画作りも、「今から殺戮しまくります」というメッセージに溢れすぎたスペア刀の山。殺しまくりというコンセプトのインスタレーションとしては、もうこれ以上のイメージソースはないのではないか。

 見終わったあとに残る、爽快感は何だ。

 嫌いな人も当然いるでしょうね。

 途中途中で入る、細かいギャグもかゆいとこまで手が生き届いています。

 島田がお金を与えようとするシーンでは、一瞬ですがルイ ヴィトンの財布が写っているように見えます。

 敵にあたる稲垣五郎の怪演っぷりもお見事。

 宿場町の殺戮セットを見るだけでも一見の価値あり。

 これ以上に、何がなんでも人を殺すのだ!というメッセージオンリーの映画は、今後10年は出てこないのではないか。

 前作の十三人の刺客も見ていますが、確実にビルドアップしています。

 自分の中に最近眠っていた何かを、目覚めさせる映画でした。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

13 assassins were seen.

It was too terrible.

Movie like mass of service spirit.

The scene of the calligraphy of opening "Do at everyone" is worst highest.

[Yarisugidaro]. The end that [tsukkomi] is also empty to [era] death state [shuken].

The picture making on the way is a mountain of the spare sword that overflows too much in the message "It slaughters now and roll it up". There might not be image source more than this any longer as an installation of the concept of killing and rolling it up.

Exhilaration one feels that remain after it finished seeing are what.

Naturally, there might be a hated person, too.

It enters on the way on the way, and the person lives even in detailed gag [mokayuitoko] and it reaches.

In the scene where Shimada tries to give money, the purse of Louis Vuitton seems to be reflected though it is momentary.

[**en] [ppuri] of Goro Inagaki who corresponds to the enemy is a looking thing.

Value is only in seeing the slaughter set of the stage about the glance.

Any person is killed of what ..more than this... Ten years might not come out in the future the movie of an only message.

The build up is surely done though 13 assassins of the former work also are looking.

It was a movie to make something to have slept in me recently awake.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

昨日熊本新町秋のアートイベントの会議でした。これなら確実という安全案が出そろったので、これは不可能だろうという事柄にアタックします。

 今年の10月に開催予定の、熊本新町アートイベントの会議が行われました。

 この条件下でならやれるというミニマムの安全策が出そろったので、一安心。

 これから主張することは、それは無理ではないかという案件にアタックすることです。

 アートに限らず、担保が出来たときはより難度が高い事柄に挑戦すること。

 自分の限界を超えたいから、アートのイベントをディレクションするのであって、安全策の中に安住するのならむしろ何もしないほうがましではないのか。

 なぜ地域振興の為にアートを持ってくるのか、もう一度原点に帰って考えてみる。

 持ってこなくてもよいわけですから。食べ物とかの方が早い。

 その理由は、「よく分からんけど、可能性がありそう」です。

 その「よく分からん」部分をやるのが自分の仕事で、その中で提案した部分をトライする前から安全策に落とし込むならばやはりアートでなくてよい。安全策は担保で、より難度が高くて圧力がある事柄にトライします。

 まだ4カ月ありますからね。

 できるだけのことはやりますよ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The conference on the Kumamoto Shimmachi art event of the holding schedule was held in October this year.

Because a minimum safety plan that it is possible to do under this condition was all present, it feels relieved.

It attacks it to the matter that being insist in the future is impossible it.

Challenge the matter with high difficulty or more when it doesn't limit to the art, and you were able to mortgage it.

Would rather you do whenever the event of the art is done in the direction because I want to exceed its limit, and it is content with the safety plan?

It thinks why to bring the art for the regional promotion by going back to the basics again.

Even if it is not necessary to bring it. Food is earlier.

The reason is "There seems to be a possibility though it doesn't understand well. "

If doing the "Do not understand well" part drops to the safety plan my working before trying the part proposed in that, it may not be still an art. The safety plan is a mortgage, and the difficulty or more is high and it tries to the matter with pressure.

It is still for four months.

It is done only to do.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

夢はいつ諦めればいい?by 8mile のラビットのセリフ。

 随分染みるセリフです。

 9年前に見た8mileは、ちょっと怖いくらいシンクロしすぎでした。

 早朝の工場勤務。

 深夜のクラブ活動。

 仲間しか理解者がいない。

 ちなみに、夢はいつ諦めればいい?という問いに対する答えは「まだ朝の7:00だぜ」という名答!

 朝っぱらから人生をマジに捉えるなんて、ダセーよという価値観もよく分かる。

 ところで、夢はいつ諦めますか?

 それとももう諦めましたか?

 叶えましたか?

 追い続けていますか?

 どの答えも正解だと思います。夢を追いかけろよなんて言いませんし、夢を追っているから偉いとも思わないし、夢がなくてもどうということはない。

 夢は必ずかなうんだ、なんて、歌の歌詞みたいなことも思わない。

 100年も続かない人生の中で、熱くなれる事柄に巡り合えた人は本当に幸せです。熱くなれる事が夢に続いている人はもっと幸せです。

 劇中のラビット君に言ってあげたいことは、「熱くなれなくなったときが諦めどき」。

 それが死ぬときか、1カ月後かは本人にしか分かりません。

 仮に成功しても、熱くなれなくなったら苦痛以外の何ものでもないでしょう。

 エミネム自身が、成功して薬物漬けになったように。復帰しましたが。

 表現者が認められようともがいているときが、一番楽しいのかも知れませんね。本人は凄く苦しいんですけどね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is a serif that permeates fairly.

8mile that had been seen nine years ago was doing of the synchronized for a moment too much by scary.

Factory work early morning.

Club activities at midnight.

Only the companion has those who understand.

By the way, when should be given up the dream?The answer to the question is a clever answer "It is still 7:00 in the morning".

As for catching the life in the morning in [maji] from [ppara], sense of values named [dase-] is understood well.

By the way, when is the dream given up?

Or, have you already given it up?

Did you realize it?

Do you keep chasing it?

I think that any answer is a correct answer. It doesn't say, and it doesn't exist very the running after furnace of the dream even if it is even great or is not thinking, and dreamless because the dream is chased.

The dream must be suitable, and not very thought like lyrics of the song.

The person who was able to come across the matter that can become hot in the life that doesn't continue for as many as 100 years is really happy. The person from whom the thing that can become hot continues to the dream is happier.

"When the time that was not able to become hot gives it up, wanting to say to rabbit Herr in the play is. "

Only the person in question understands later one month whether it is time when it dies.

What there by you other than the pain when it becomes impossible to become hot even if succeeding?

[Eminemu] succeeded and it became a medicine pickle. Though it returned.

It cannot know whether time when it struggles is the happiest when the expressionist is admitted. The person in question is terrible and painful.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

久々に思い出したので、こっそりアーカイブしておこう。

004 006

0041 0042 0061

 1:42辺りから必見。ユニクロとホワイトのマーチンはあまりにイメージから遠いと思いますがいかに。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »