« 夢はいつ諦めればいい?by 8mile のラビットのセリフ。 | トップページ | みなごろし。 »

2011年6月 4日 (土)

昨日熊本新町秋のアートイベントの会議でした。これなら確実という安全案が出そろったので、これは不可能だろうという事柄にアタックします。

 今年の10月に開催予定の、熊本新町アートイベントの会議が行われました。

 この条件下でならやれるというミニマムの安全策が出そろったので、一安心。

 これから主張することは、それは無理ではないかという案件にアタックすることです。

 アートに限らず、担保が出来たときはより難度が高い事柄に挑戦すること。

 自分の限界を超えたいから、アートのイベントをディレクションするのであって、安全策の中に安住するのならむしろ何もしないほうがましではないのか。

 なぜ地域振興の為にアートを持ってくるのか、もう一度原点に帰って考えてみる。

 持ってこなくてもよいわけですから。食べ物とかの方が早い。

 その理由は、「よく分からんけど、可能性がありそう」です。

 その「よく分からん」部分をやるのが自分の仕事で、その中で提案した部分をトライする前から安全策に落とし込むならばやはりアートでなくてよい。安全策は担保で、より難度が高くて圧力がある事柄にトライします。

 まだ4カ月ありますからね。

 できるだけのことはやりますよ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The conference on the Kumamoto Shimmachi art event of the holding schedule was held in October this year.

Because a minimum safety plan that it is possible to do under this condition was all present, it feels relieved.

It attacks it to the matter that being insist in the future is impossible it.

Challenge the matter with high difficulty or more when it doesn't limit to the art, and you were able to mortgage it.

Would rather you do whenever the event of the art is done in the direction because I want to exceed its limit, and it is content with the safety plan?

It thinks why to bring the art for the regional promotion by going back to the basics again.

Even if it is not necessary to bring it. Food is earlier.

The reason is "There seems to be a possibility though it doesn't understand well. "

If doing the "Do not understand well" part drops to the safety plan my working before trying the part proposed in that, it may not be still an art. The safety plan is a mortgage, and the difficulty or more is high and it tries to the matter with pressure.

It is still for four months.

It is done only to do.

[Saryu]

|

« 夢はいつ諦めればいい?by 8mile のラビットのセリフ。 | トップページ | みなごろし。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日熊本新町秋のアートイベントの会議でした。これなら確実という安全案が出そろったので、これは不可能だろうという事柄にアタックします。:

« 夢はいつ諦めればいい?by 8mile のラビットのセリフ。 | トップページ | みなごろし。 »