« みなごろし。 | トップページ | 2011.10月15日(土)~16日(日)新町アートホーム開催予定!!来週15日(水)に会議!! »

2011年6月 7日 (火)

この10年の閉塞感を、どう捉えるか。

 今回の大震災で、ある意味この10年まん延していた閉塞感どころではないという、パラダイムシフトが起こったのでしょうか?

 はっきりとは分かりませんが、原発の問題が長期化する以上、閉塞感はさらに高まるのではないかと予想します。

 西日本での震災の捉え方はどうしても関東、東北よりは軽くならざるを得ないでしょう。復興に向けてなにかしたいと思いながらも、現実には募金箱を見かけたらお金を入れる位しかできない。

 やろうと思えば色々できるのでしょうが、現実に生活していく事をないがしろには出来ない訳で人は様々な理由で忙しいのです。

 しかし、それを大声で言うのもどうかという空気。

 「俺は震災なんか関係ねぇ、毎日稼ぐだけで精いっぱいなんだよ!」

 と言う自由はあるのか?という話しはどこでも聞こえてきません。

 あるんですよね、その自由。

 そして西日本においては、表面上は震災に反応しながらも内心は日常生活の範囲から、復興へ向けてのわずかな何かの表明をする事すらない人が大半でしょう。

 それを責めているのではありません。

 むしろそれが大人というものです。まず家族、自分の生活を保障。それが出来てかつ、震災復興に興味があるという人はどうぞ、というものだと思います。

 表面上は震災に興味があるが実際具体的行動はしないという、いわば西日本における普通の人々にとって、これから何十年にも渡って事後処理をしなければならない原発の報道はどう捉えられるのでしょうか?

 当事者意識が浅くてこの報道の波にさらされていれば、閉塞感は高まるのではないでしょうか。特にワーキングプアと言われている層には。原発の最前線で働いているのはまさにこの層で、日雇いの感覚で高額な時給に誘われて働いている。もちろん誰かがやらなければいけない仕事です。それがまた結局東電から下請けの企業→派遣会社→現場作業員という現代日本の縮図のような、人件費の2段3段の中抜きで雇われて危険な作業をしている。

 それを、ただ見ている。

 様々な事象をただ見ている。

 リテラシーなんて、普通一般の方はほとんどしません。このブログを読んでいるあなたのご家族やご両親、親戚一同はどうですか?

 今後おそらく待っている、空恐ろしい程の閉塞感に備えろ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Did a certain paradigm shift that it meant and it liked and the cooped-up feeling that had spread for ten years was not able to be done happen due to this great earthquake?

Because the problem of the nuclear power plant is prolonged, whether the cooped-up feeling rises further is expected though it doesn't understand clearly.

How in West Japan to catch the earthquake will lighten by all means than Kanto and Tohoku. When the fund-raising box is seen, only the place by which money is put can be actually done though I want to make something aiming at the revival.

As for the person, actually living is negligently busy with translation that cannot be done for various reasons though it is likely to be able to do variously if it is thought that it does.

However, air whether very also saying it loudly.

"I am utmost ..only ..relation.. earnings of the earthquake every day... "

Is there said freedom?I do not hear speaking anywhere.

The freedom.  it is

In West Japan and, it might be ..person who not is.. the majority.  even the thing to declare something a little from the secret range of daily life for the revival though it reacts to the earthquake on the surface

It is not blamed.

It is an adult. First of all, family and my life is secured. The person of being interested in can do it, and the earthquake disaster reconstruction thinks that it is the one please.

How is the report of the nuclear power plant where the concrete behavior is not actually done in extending in the future for tens of years so to speak for common folk in West Japan and should the processing after the fact caught though it is interested in the earthquake on the surface?

The cooped-up feeling might rise if the sense of ownership is shallow and it is exposed to the wave of this report. Especially, to the layer called working poor. Working at the front of the nuclear power plant is exactly invited to the hourly wage of high priced by the sense of the daily employment in this layer and works. It is work that someone should do of course. It is employed after all again by pulling out about the labor cost about two step three step as shown in the reduced drawing of present age Japan named enterprise → temp agency → site worker of the subcontract by Tokyo Electric Power Company and dangerous work is done.

It sees it.

Various events are nothing but seen.

Literacy usually hardly does general. How about the family, parents, and assorted relatives of you who is reading this blog?

Perhaps, prepare in the cooped-up feeling like waited [karakowa] [roshii] in the future.

[Saryu]

 

|

« みなごろし。 | トップページ | 2011.10月15日(土)~16日(日)新町アートホーム開催予定!!来週15日(水)に会議!! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この10年の閉塞感を、どう捉えるか。:

« みなごろし。 | トップページ | 2011.10月15日(土)~16日(日)新町アートホーム開催予定!!来週15日(水)に会議!! »