« 秋の熊本市新町アートホームは、お芝居と屏風絵、町家一軒につき一人の作家が担当するという複合イベントの予定です。 | トップページ | 描きたい絵があるが、描く為には越えなければいけない現実的な仕事がある。 »

2011年6月29日 (水)

新町アートホームvol.2以降のイベントの考え方。

 今回このイベントを考えるにあたって一番考えたのは、地域振興とアートは相いれるのかなということ。

 結論は、相いれる部分と相いれない部分が必ず出てくるということ。相思相愛というよりも地域とアートという関係は、いいライバル同士の友情みたいな感じで成立するのではないか。

 新町アートホームvol.2以降を考えるにあたって、継続的にアートが関わる必要も、特にはないのではと思います。なぜかといえば、熊本市新町という歴史地区の魅力の方が、今現在熊本でアートをしている人間よりも(自分を含めて)遥かに魅力的であるという事実からは逃れられません。町家一軒をとってみても、時を経たこの建物の圧力にアーティストが対抗するのは難しい。現状としては、それが難しいと気づいてさえいない作家が大半だと言う事。

 新町は蓄積された歴史の魅力を生かし切れていないというのが現状でしょう。ならば、今はアートと謳って新町の歴史を掘り起こす作業を同時にしていけばいいと。便宜上アートを横軸のレイヤーとして扱う事で、町外の方々にも協力していただける幅を作ればいい。

 今後は歴史とアーテイストの融合と対抗と対話の、新しい歴史が作られていけばいいな。もしそれが不可能ならば、アートはそっと退場して、歴史が立ち現われて観光の一助になればいいとも思います。

 特にコンテンポラリーアートと言っても百年位の歴史で、細川藩熊本城下町としての新町の日本人には親和性の高い歴史の魅力の前には、一般のお客様がどちらが好まれるかは考えなくても分かります。

 城下町歴史地区の中でのコンテンポラリーアートこそ、熊本ローカルの武器です。

 そこを真剣に考えるアーティストこそが、今回の町家一軒展示プロジェクトに参加致します。ただ作品を持ってきて展示すればいいやとか、そういう事ではありません。町家の存在と自分の関係性、このイベントの持つ意味を理解して初めて新町アートホームが完成します。

 熊本のローカルアートが成立する条件を揃えようとしています。成立したあかつきには、堂々と全国、世界へ向けてアナウンスする。閉じこもりながら開く。今は閉じこもりの部分を強化しなければ世界には通用しない。人々は「各地域の面白いもの」を見たいはずなのです。

 これだけ日本は均一化してしまっているから、なかなかそこのところの強化は難しい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

When thinking about this event this time, it thought most.

A part where the aspect is put and a contradictory part come out from the conclusion without fail. The relation like the region and the art, etc. might be approved by feeling like the friendship of a good rival rather than the mutual infatuation.

When thinking since Shimmachi art home vol.2, I do not especially think the necessity that the art is continuously related to be. It is not possible to escape from the fact that the charm of Historic Site named Kumamoto City Shimmachi is farther more attractive than that of man (Including me) who is doing the art in Kumamoto as of now if it says why. Even if one tradesmen's house is taken, it is difficult for the artist to oppose the pressure of this building where time was passed. As the current state, the thing said that the writer who notices that it is difficult and doesn't have bright is the majority.

In Shimmachi, making the best use of the charm of the accumulated history and not cutting might be the current states. Then, when you only have to do work to express to art and to dig up the history of Shimmachi at the same time now. It only has to make width in which it can cooperate also in the people outside the town from the treatment of the art as the layer of a horizontal axis for convenience' sake.

Do not only have to be going to be made be a new history of uniting, the opposition of the history and [a-teisuto], and the conversations in the future. If it is impossible, I think the art to leave quietly, for the history to only have to stand, to appear, and to become a help of sightseeing.

Especially, the Japanese in Shimmachi as the Hosokawa clan Kumamoto bourg understands by a general customer and understands which liked from the history of about 100 years even if it doesn't think even if it is said the contemporary art ahead of the charm of the history with high compatibility.

Only the contemporary art in bourg Historic Site is arms of local Kumamoto.

Only the artist who seriously thinks there will participate in this one in tradesmen's house an exhibition project. However, the work is brought and no exhibition [surebaiiyatoka] , thing so. The Shimmachi art home is completed only after the meaning of the relation and this event of existence and me in the tradesmen's house is understood.

It tries to arrange the condition that a local art of Kumamoto is approved. It announces in a dignified manner with the approved bilge for the whole country and the world. It opens while shutting oneself up. It doesn't pass to the world if the part of shutting up is not strengthened now. People are sure to want to see "One with interesting various places".

Because Japan is making it uniformly in the so much, strengthening there is quite difficult.

[Saryu

|

« 秋の熊本市新町アートホームは、お芝居と屏風絵、町家一軒につき一人の作家が担当するという複合イベントの予定です。 | トップページ | 描きたい絵があるが、描く為には越えなければいけない現実的な仕事がある。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新町アートホームvol.2以降のイベントの考え方。:

« 秋の熊本市新町アートホームは、お芝居と屏風絵、町家一軒につき一人の作家が担当するという複合イベントの予定です。 | トップページ | 描きたい絵があるが、描く為には越えなければいけない現実的な仕事がある。 »