« 2012年の1000部限定カレンダーのテーマは熊本城下町に決定致しました! | トップページ | 本日モヒカンポシェットは、布地の買い付けにモンマルトルへ旅立ちました。 »

2011年7月 8日 (金)

本日放送予定の「ちょこっと熊本ごはん」、玉名温泉つかさの湯プレゼンツin新町三畳美術館は18:30~!

 本日の湯ストリームは、秋田県のフランス料理店「ル・カフェ・プランタニエ」のシェフが料理を作られます。

 その間に料理の話しだったり、違う話しだったりをしましょうという企画。

 料理は言うまでもなく、人生からは切っても切り離せないアートの一部。

 食べる事から逃れられない以上、よりおいしく食べる技術は世界中で研鑽されてきています。

 と、風呂敷を広げると、あまりのゆるさにおしかりを受けそうなので言いませんが、熊本市新町三畳美術館で、玉名温泉つかさの湯さんの企画で、秋田からみえられたシェフの料理を実況しながらの放送という何だかとんでもないコラボ企画になっているのでした。

 映像をミキサーしていただくのは、「TETRAVISION」さん!熊本に帰省中で、この企画に関わっていただいたそうです。

 番組には、さらに!塚原まきこさんも来られる予定!

 さて、どんな放送になるのかはご覧になってのお楽しみ!

 本日18:30~からスタートですよ~

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

As for today's hot water stream, it is cooked to the chef of French food shop "[Ru] cafe [purantanie]" of Akita Prefecture.

Project said speaking dish between those it or different speaking.

A part of art that cannot be separated even if it cuts it from life to say nothing of dish.

Because it is not possible to escape from the eaten thing, the technology that eats more delicious has been studied all over the world.

Because it was [korabo] project, the dish of the seen chef was done from Akita by hot water's of [no] ..hot spring of Tamana.. project ..making them lucky.. in 3 mat in Kumamoto City Shimmachi museum somehow unexpectedly though it was not said because it pushed loosely of the remainder when the wrapper was expanded and it seemed to receive the borrowing broadcasting spot [shi].

It is "TETRAVISION" mixer [shi] as for the image. It seems to have been related to this project while going home to Kumamoto.

In addition, to the program. It is scheduled to come though Tsukahara is rolled and it doesn't exceed it.

Well, what broadcasting it becoming is the seen enjoyment.

From 18:30 ? to start today

[Saryu]

|

« 2012年の1000部限定カレンダーのテーマは熊本城下町に決定致しました! | トップページ | 本日モヒカンポシェットは、布地の買い付けにモンマルトルへ旅立ちました。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日放送予定の「ちょこっと熊本ごはん」、玉名温泉つかさの湯プレゼンツin新町三畳美術館は18:30~!:

« 2012年の1000部限定カレンダーのテーマは熊本城下町に決定致しました! | トップページ | 本日モヒカンポシェットは、布地の買い付けにモンマルトルへ旅立ちました。 »