« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

熊本市新町三畳美術館、次回企画展は、一週間延長しての8月13日(土)から!!

 毎回ですが~。

 一週間延期の企画展「妖窯」。

 だって焼き上がらないのです。

 妖怪陶芸集団「妖窯」は、超多忙なのです!

 妖怪好きは、全国にいます。そのような中で、九州熊本の新町三畳美術館で、「妖窯」を開催出来るなんて!

 ちなみにフライング情報ですが、「巨石ハンター」の公演も9月に予定!

 妖怪とか巨石とか、どんどんコンテンポラリーアートから離脱している~。

 大好きだから、いいんです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Do though it is usual?。

Special exhibition "[**kama]" of postponement for one week.

Because it doesn't grill up.

Apparition ceramic art group "[**kama]" is the super-busy.

A favorite apparition is in the whole country. Being able to hold "[**kama]" in 3 mat in Shimmachi museum in this in Kyushu Kumamoto.

By the way, the performance of "Megalith hunter" is scheduled in September though it is false start information.

Has the apparition or the megalith seceded from the contemporary art fast?。

It is good because it loves.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

河上彦斎の芝居台本を書いています。台本?当然書いた事はありません!

 秋の新町アートホームに向けて、河上彦斎の芝居上演を考えています。その芝居台本を書いています。

 いつもは24時あたりから、酒を飲みながら一時間位本を読んで寝るのですが、その時間を台本書きにあてています。

 時間が押し迫っていることから、急ピッチで書いていますが何せ歴史物。調べたり細々書いたりですぐに2時3時。

 普段使ってない脳のどこかの部分を使うらしく、ここのところ頭がぼんやりしています。

 それはさておき、三幕からなるお芝居を考案中。やっと一幕を書いたところですが、出来の良さとか悪さは、芝居上演の当日にご判断いただくことになるでしょう。

 台本の手直しは、あの方に依頼してありますので大丈夫!(これが他力本願!)

 初めて書く芝居の台本が、いきなり熊本市新町のアートイベントの要になるとは、思ってもいませんでしたから。

 劇団の方に頼めばいいんだろうなーという、フワフワした考えは甘かった!

 そりゃあ、台本書く手間を抜きにしないと難しいですよね、実際。

 という訳で、夜な夜な台本を書いているところです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It thinks about the play presentation of [****] Kawakami aiming at the Shimmachi art home of autumn. The play scenario is written.

Scenario book [kiniateteimasu] during that time always though it sleeps reading the book around at 24 o'clock during one hour over a bottle.

It is an after all history thing though writes rapidly because time approaches. It examines and three detailed o'clock of two o'clock in writing [taridesugu].

It feels sodden of late by seeming to use the part of the brain not usually used somewhere.

The play that consists of three acts is being designed above and beyond this. The goodness of it is possible to do or poor will finally be judged on that day of the play presentation though the act was written.

Because the adjustment of the scenario is requested from that, it is safe. (This is a salvation by faith. )

To no desire of the scenario of the play written for the first time of the art event of Kumamoto City Shimmachi suddenly becoming.

Theatrical company..one..ask..become..fluffy..think..sweet.

Encounter..book..write..time..pull out..do..difficult..actually.

The scenario is written by the translation every night.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

自分探しという言葉があるが、自分の絵探しとは多分違う。

 自分探しで検索してみたら、ポジティブにもネガティブにも書かれていました。

 自分の絵を探す事と同じかなと、ぼんやり思いましたが(暑いので頭がぼんやりしている)やはり同じではないなと思う。

 自分の絵を探すには、手を動かしていく中にしか、探す道がない。もちろん、アートの歴史や今現在のアートの動静を知ることも重要かもしれませんが、結局のところ作品が全てだと考えます。

 実のところ、デュシャン以降のアートムーブメントに全く心が惹かれないという、現代に生きる作家としては致命的な欠点がある人間です。知れば知るほど、興味が湧かない。

 まぁ、ざっくり言ってというところで、細々見れば興味が湧くものもあるのですが、概ねどうでもいいなーと思ってしまう。病気ですかね、これは。

 絵画から絵画の定義を奪っていくというのが(アートからアートの定義をというのか)、現代アートと呼ばれるもののおおまかな流れだと認識していますが、ミニマルアートが出た時点で「あがり」になったと思うんですよ。

 それ以降ってのはもう、よってたかって廃墟にしたアートという残骸のピースを拾ってはあーでもないこーでもないと言っているような状態だと。

 だから、アートバブルはあってももう全世界同時多発的なムーブメントはないでしょうね。2010年代のムーブメントを探そうと躍起になっている人達もいるでしょうが、もうないんじゃないでしょうか。年代式のムーブメントは。

 あったとしたら、誰かが操作したムーブメントじゃないのか。クールジャパン的な。ムーブメント自体は誰かが操作するものなんでしょうが。

 なんかもう、暑いから倦怠的になっているのか、原発への政府の対応と国民への説明が滅茶苦茶なせいだか分かんないですけど、人がやる事って結構適当だなとか思ったり。

 もう、操作されるのはウンザリなんだよって話に、なぜかなってしまいました。

 自分探し=操作されたくねぇ うーん、当たらずとも遠からず?

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It was written positively negatively when retrieving it by my search.

I think be to still the same though it was dimly thought it is the same as the search for my picture (Feel sodden because it is hot).

In the search for my picture, there is a searching road only while moving the hand. Of course, it thinks everything the work in the issue though it might be also important to know movements of the history of the art and the art as of now.

As a matter of fact, it is man as the writer that the mind is completely effective in the art movement since Duchamp at the present age that [**] doesn't wither who has a fatal fault. The more it knows, the more the interest doesn't spring.

I roughly think ..trivial matter.. [ina] [-] though there is the one that the interest springs, too, if Well it says roughly and it sees in detail ..[toiu] and [korode]... It is sick or this :.

I think that I became "Go up" of coming out of the minimal art though it is recognized that it is a rough flow though it is called that the painting's depriving of the definition of the painting (Do you say the definition of the art from the art?) is a present age art.

It freeloads in [ttenohamou] after that and it is said to ruins that the peace of remains of done art is not [iko] [-] either no picking up [tehaa] [-] it either.

Therefore, there might not be movement the all parts of the world frequent and simultaneous occurrence any longer even if there is an art bubble. Are you already though are might even if looking for the movement in the 2010's also frantic people?The movement of the expression : at the age.

Isn't it movement that someone operated when is?Cool, Japanese .Though movement might be what someone operates it.

Because do boredom because it is already hot or the explanation to correspondence and the people of the government to the nuclear power plant is confused, it thinks of the thing that the person does though amount of ring as suitability considerably.

It has become a talk why in [unzari] the operation already.

Look for me and shortly ..no ..= operation [saretakunee;u] [n].. hit...

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

「白いリボン」を見た。感情移入を拒否する映画。ドクターが吐くセリフは最高ですが。

 ミヒャエル・ハネケ監督の映画。北ドイツの田舎の話し。時代は第一次世界大戦直前。

 よく描ききったものだと思います。なんだか、昔の日本の東北のイメージもこんな感じです。個人的な意見ですが。

 階級別、世代間別、性別にハードな抑圧と対立があるが、普段の生活ではそれは表面化しない。しかし映画が進行するにつれて、次々と表面は剥がれおち、人間の性がむき出しになっていく。

 事件が発生するが、犯人探しという見る側が当然期待するカタルシスは放棄され、話だけが進んで行く。

 こういう村意識が嫌で、皆都会に出て行ったのでしょうね。

 この映画、相当ヘビィーな感じです。残念ながら、私は何度も見返そうとは思いませんが、内容に含んでいる問題は人間にとって普遍的なものです。

 気軽にお勧めしても、なんだか気が引ける内容ですのでリアルに映画好きな方にお勧め。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Supervisor Michael [haneke]'s movie. Speaking of the country in north Germany. The age immediately before World War I.

I think that it is the one that it was finished to often draw. The image of Tohoku in old Japan is such feeling somehow. Though it is a subjective opinion.

It doesn't come to light in usual life though there are hard suppression and a confrontation in the sex between generations according to the class. However, the surface peels off, falls one after another as the movie progresses, and man's character becomes baring.

The catharsis that the seen side of looking for the criminal expects naturally is abandoned, and only the talk advances though the event occurs.

Such village values and attitudes might be unpleasant, and everyone go out to the city.

It is this movie, and ..equivalent snake.. [kanji]. To our regret, the problem of containing it in the content is universal what for man though not thought by me that I look many times and return it.

Because it is a content that feels intimidated somehow even if it readily recommends it, it recommends it to a favorite movie in the round.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

状況が二転三転するのは、プロジェクトとしては当たり前の話で一々過剰に反応していたら、身が持ちません。

 毎回新しいイベントの立ち上げをこの3年間繰り返しましたが、企画立ち上げから実際のイベントまでには実に様々な状況が生まれます。

 鉄板と思われた状況が一夜にあやふやになってしまうこともしばしば。

 最初はあたふたして、状況を好転すべく躍起になっていましたが、今ではそうでもありません。

 そういう時に限って、動いても不安が増すばかりという場合が多かった。

 そういう場合は、他にできる事をやりつつ、冷静に状況を判断しなければ火傷をします。

 幸いにして、今までは小火傷くらいしか負った事がありません。

 失うものも何一つない訳ですから。

 事後処理をどうするか。

 それが一番重要です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Very various situations arise from the project start-up to an actual event though the start-up of a new event was repeated every time for these three years.

The situation's that seems that an iron plate it becoming ambiguous at night is frequent.

It is hurried first the situation is not so to pick up now though it was frantic either.

It was often said that uneasiness just increased even if it moved only at such time.

Besides, it gets burnt on such a case if the situation is not calmly judged doing the thing that can be done.

It does fortunately, and only the small fire wound has been received up to now.

Because the translation that is not no as for the lost one.

How do you process it after the fact?

It is the most important.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

熊本市新町アートホーム開催予定日は、9月30日(金)、10月1日(土)、10月2日(日)の3daysの予定!

 開催予定日が若干前倒しになりましたが、今回の熊本市新町アートホームの企画内容は、7人の作家が一人一軒の町屋を担当して展示するというものです。

 10月1日(土)の夕方からは、河上彦斎(かわかみげんさい)を題材にしたお芝居が上演されます。このお芝居を担当していただくのは何とあの方!と言いながら、まだ正式に決まっていないので発表できません!惜しい!

 お芝居を見て市電通りに出てくると、河上彦斎の芝居絵が屏風絵として飾ってあるという趣向!

 赤岡の絵金祭りとほぼ同じですが、屏風絵を担当するのは10人の作家で、コンテンポラリーの作家もいます。どういう解釈で彦斎の芝居絵を描いていただけるのかは、出来上がってみないと分かりません。

 新しい芝居と、芝居絵、町家での展示の複合イベントになります。

 毎年新しい作品を生み出し続けるという、絵金祭りとの違いはそこです。

 仕込みも大詰めです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The content of the project of this Kumamoto City Shimmachi art home to take charge and to exhibit one Machiya by seven one writer though moved up some holding expected dates.

The done play is run by [**]'s of Gen Kawakami ([mi] gunwale ..drying.. dice) themes on the evening, Saturday, October 1. It is that that takes charge of this play how. It is not possible to announce still formally though it says because it doesn't decide. It is regrettable.

Idea of being decorated play picture of [****] Kawakami as folding screen picture when play is seen and it goes out according to streetcar.

They are ten writers, and taking charge of the folding screen picture also has contemporary's writer though it is almost the same as the [ekane] festival of Akaoka. By what interpretation the play picture of [****] can be drawn is not understood if it doesn't complete.

It becomes a new play, the play picture, and the compound event of the exhibition with the tradesmen's house.

The difference with the [ekane] festival that it keeps inventing a new work every year is there.

Training is a last act.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

高知県、赤岡の「絵金祭り」を視察してきました。

 今年の熊本市新町アートホーム開催に向けて、高知県赤岡の「絵金祭り」を見てきました。

 やはり、予想以上と言いますか、至近距離で日本酒を飲みながら見る絵金は格別なものがあります。

 最高なアートというよりは、最高の夏祭りという感じが強くて、それがまた新鮮。

 アートという括りを全く感じさせない、存在感の大きさに酔います。

 そこがいいんだな。

 町の夏まつりは、日本全国各地で開催されているのだけれども、赤岡には絵金がいることで全国的なスケールを獲得できているのだな。

 実にアートによる町おこしの分かりやすい形だと思います。

 町の夏まつりが、世界的なスケールに化ける可能性はアートにしかなく、しかも地域性を押し出さなければいけない。

 西洋からアートという概念を輸入する前から続いている絵金祭り。

 輸入後の模倣の連続から今に続く日本のアート。

 しかも熊本というものすごいローカルな地域で「アートイベント」を開催するというとき、グランドデザインとして参考になるのはコンテンポラリーのアートイベントではないなと思いました。それだと、血肉になっていない分、都会と比較した時、数で負けるだろうな。

 数で負ければ、よほどの奇跡でも起きない限り質でも負けるだろうな。

 そして、奇跡を待つ程の余裕はない。

 地域性を。

 掘り起こせ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

"[Ekin] festival" of Kochi Prefecture Akaoka has been seen aiming at this year's Kumamoto City Shimmachi art home holding.

Still, it is said more than the expectation or [ekin] seen while at close range drinking sake has the special one.

Feeling of highest summer festival is strong rather than the highest art, and it is the re-fresh.

It gets drunk on the size of a sense of existence not to feel bundling of art quite.

It shall not be good there.

There is [ekin] in Akaoka and a nationwide scale can not be acquired though the festival has been held in Japanese nationwide various places in the summer of the town.

I think that it is shape with an indeed comprehensible local redevelopment movement by the art.

The possibility that the festival takes the shape of a worldwide scale in the summer of the town is only in the art and should push the regionality out.

[Ekin] festival that continues before importing concept of art from the West.

Art of Japan that will continue from continuousness of imitation after it imports it soon.

Moreover, I thought coming of holding "Art event" in a local terrible region named Kumamoto, and becoming reference as a grand design to be contemporary's art event. If it it, it is not likely to be defeated compared with the city to the extent that no blood relations it because of the number.

Will not defeat the quality even at be a great miracle as long as no occurrence if be defeated because of the number.

And, there is no room as the miracle is waited.

The regionality.

Dig up.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

暑い中、町中をウロウロ。風景画を描きます。

 熊本城下町の風情は、探さないとなかなか発見できないところまできているのか。

 よし、あそこを描いてやろう!という風になかなか思い浮かばない。暑いからか。

 とにかく歩きまわることから始めるしかありません。去年のカレンダー制作も、一の宮をひたすら歩くことから始めたのでした。

 これで多分日焼けしまくりで、まっ黒になるのでしょうか。全くスポーツライクではない日焼けを毎年しておりますが。

 さぁ、町を歩きます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Does the air of the Kumamoto bourg come to the place in which it cannot discover it easily if not looking for?

I will draw there good. It thinks quite and it doesn't float on the wind. Hot ..making fun.. .

Anyway, there is only starting from the stroll. It did because it had started from walking also of last year's calendar production in Imperial prince of one single-mindedly.

Do it sunburn by this perhaps and do it become pitchy because of rolling up?Though sunburn who is not sports Reich is completely done every year.

Now it walks in the town.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

本日モヒカンポシェットは、布地の買い付けにモンマルトルへ旅立ちました。

 今朝モヒカンポシェットは、パリへ旅立ちました。

 と言っても順調にパリに着くのは12日の朝!

 格安チケットでは、行き帰りもバンコクの空港に11時間足止めを食うという過酷スケジュール。

 それでもいい布地はやはりパリ。

 日本の布地も優れていますが、本当にいい布地は工場とメーカー間でしかやりとりがなく、小売ではいい布地はほとんど流通していません。

 一年間住んでいた所なので土地勘はありますが、ほぼ4年ぶりとなるパリを楽しんで来てくれたらなと思います。

 という訳で、11日(月)~18日(月)までモヒカンポシェットと新町三畳美術館は休みです。

 私は、来年のカレンダー制作の時間とします。

 ので、熊本城下町をこの一週間はウロウロしています。

 以前ここでご紹介した通り、今度のカレンダーは熊本城下町がメインテーマです。

 こういう、ベタなものが以外といいものがないという事実に去年あたりから気づきました。

 ベタなものがあっての、変化球という単純な事実。

 ベタ役でいたいと思います。

 熊本のベタな絵描きのケースモデル。

 これです。

 いつも見慣れている風景を絵にして、買っていただくという古式ゆかしい絵描き。

 簡単そうで、実に難しいのですコレが。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The mohican pochette started on a journey to Paris this morning.

It is on the morning in going well of the 12th to arrive at Paris even if it says.

Severe schedule that go and return also eats forced stay for 11 hours in airport in Bangkok in cheap ticket.

Still, a good cloth is still Paris.

A really good cloth has the communication only between the factory and the manufacturer though the cloth in Japan is also excellent, and a good cloth hardly circulates in retail.

Paris that becomes it after an interval of almost four years is trowed though it has sense of locality because it is a place where it lived for one year as enjoyment [tarana].

The mohican pochette and 3 mat in Shimmachi museum are the rests until ?18 day (Monday) in the translation on Monday, the 11th.

I assume the time of next year's calendar production.

[Node] and the Kumamoto bourg have been [urouro]ed this week.

The Kumamoto bourg is the main theme in a next calendar as introduced here before.

The fact that there were things except neither such [beta] [namonoga] nor the good one was noticed since about last year.

Simple fact such as [atteno] and ..[beta] [namono].. junk balls.

I think it is painful in the [beta] post.

Case model of [eega].  [beta] of Kumamoto

It is this.

Old fashioned [yukashii] [eega] that makes scenery always got used to seeing picture, and buys it.

[Kore] ..indeed difficult.. : easily seem.

[Saryu]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

本日放送予定の「ちょこっと熊本ごはん」、玉名温泉つかさの湯プレゼンツin新町三畳美術館は18:30~!

 本日の湯ストリームは、秋田県のフランス料理店「ル・カフェ・プランタニエ」のシェフが料理を作られます。

 その間に料理の話しだったり、違う話しだったりをしましょうという企画。

 料理は言うまでもなく、人生からは切っても切り離せないアートの一部。

 食べる事から逃れられない以上、よりおいしく食べる技術は世界中で研鑽されてきています。

 と、風呂敷を広げると、あまりのゆるさにおしかりを受けそうなので言いませんが、熊本市新町三畳美術館で、玉名温泉つかさの湯さんの企画で、秋田からみえられたシェフの料理を実況しながらの放送という何だかとんでもないコラボ企画になっているのでした。

 映像をミキサーしていただくのは、「TETRAVISION」さん!熊本に帰省中で、この企画に関わっていただいたそうです。

 番組には、さらに!塚原まきこさんも来られる予定!

 さて、どんな放送になるのかはご覧になってのお楽しみ!

 本日18:30~からスタートですよ~

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

As for today's hot water stream, it is cooked to the chef of French food shop "[Ru] cafe [purantanie]" of Akita Prefecture.

Project said speaking dish between those it or different speaking.

A part of art that cannot be separated even if it cuts it from life to say nothing of dish.

Because it is not possible to escape from the eaten thing, the technology that eats more delicious has been studied all over the world.

Because it was [korabo] project, the dish of the seen chef was done from Akita by hot water's of [no] ..hot spring of Tamana.. project ..making them lucky.. in 3 mat in Kumamoto City Shimmachi museum somehow unexpectedly though it was not said because it pushed loosely of the remainder when the wrapper was expanded and it seemed to receive the borrowing broadcasting spot [shi].

It is "TETRAVISION" mixer [shi] as for the image. It seems to have been related to this project while going home to Kumamoto.

In addition, to the program. It is scheduled to come though Tsukahara is rolled and it doesn't exceed it.

Well, what broadcasting it becoming is the seen enjoyment.

From 18:30 ? to start today

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

2012年の1000部限定カレンダーのテーマは熊本城下町に決定致しました!

 昨年、大好評だった、阿蘇 一の宮1000部限定カレンダーは、局地的なカレンダーだったにも関わらずほぼ完売致しました。

 今年制作する2012年のカレンダーは、熊本城下町をテーマにしたいと思います。

 ここがいいよ!という場所がありましたら、ぜひ推薦して下さい。特に熱烈要望等がないようでしたら、今年も自分で場所を選択して描きます。

 1800円のカレンダー、表紙を合わせて7枚から構成されています。決して安い物だとは思いませんし、無名の絵描きのカレンダーとしては異例の売れ行きだと思っています。

 今年は新町、古町、河原町、熊本市街の風景から6枚の風景画を描きます。

 ノベルティーとして無料で配られるカレンダーは、捨てられる時もありますが、購入したカレンダーを捨てる人はほぼいません。一年中部屋に飾っていただくカレンダーが、自分の知っている場所を絵にしたものだったりしたら、嬉しいものではありませんか?

 阿蘇のカレンダーは外国の方にもやたら好評で、それもそのはず、この手のカレンダーはアメリカだったら40ドル~位なのです。

 去年に引き続き、自己資金での制作になります。ので、熊本城下町というテーマに致しました。

 え~、制作費を出してもいいよという、熊本城下町以外の企業や組織の方がおられましたら、そっちにします(笑)

 いないでしょうけど。

 去年はどこに行ってもカレンダーは売れないよと言われ続けましたが、そんなことはありませんでした。

 お金を出してカレンダーを買っていただくというのは、最高の観光販促活動ではありませんか?しかし、写真で観光地を撮ったものというカレンダーは、やはり売れないでしょうね。

 販路も何も持たない自分がそれだけ売れたのですから、販路を持っている方であれば即完売も夢ではないでしょう。

 そう言いながらも、自分でやる事になりそう(笑)

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It almost sold it all though a very popular 1000 Imperial prince limited calendar of Aso 1 was a regional calendar last year.

The calendar in 2012 produced this year wants to make the Kumamoto bourg a theme.

Here is good. Please recommend it by all means when there is a place. Especially..ardent..demand.  The place is selected and drawn for myself this year.

The calendar and the cover of 1800 yen are composed of seven pieces. It is never thought that it is a cheap thing, and thinks that it is sales of the exception as an unnamed [eega] coming [no] calendar.

Six landscapes are drawn from the scenery of Shimmachi, the old town, and Kawaramachi and the Kumamoto town this year.

Nobody almost throws away the bought calendar though the calendar distributed free of charge as novelty is thrown away. It will be the one that the calendar with which the room is decorated is the one that the place that I knew was made a picture all the year round, and glad.

Is the calendar of Aso random, popular also among the foreign country, and is when the calendar of this hand is the United States, it 40 dollars?It is a place.

It becomes production in funds on hand continuing last year. It made it to the theme such as [node] and Kumamoto bourgs.

What?、..(.. ..laughter..) said that you may put out production cost of making that when there are enterprise and organizations other than Kumamoto bourg

Though it might not be.

There was no such a thing though it kept being said that the calendar did not sell when going last year.

Will it be the highest sightseeing sales promotion activity to put up the cash and to buy the calendar?However, the calendar said that it took the sightseeing spot in the photograph will not sell still.

With the market because I where the market did not have anything sold that much, selling all will not be immediately a dream.

) ..seeming will do for myself though it says so.. ..(.. ..laugh..

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

今週金曜日、新町三畳美術館と玉名温泉つかさの湯プレゼンツで、ユーストリーム配信のイベントを開催します!!

 今週金曜、7月8日の夕方より(アバウト)新町三畳美術館と玉名温つかさの湯さんとの共同企画として、秋田からお越しのシェフが創る料理を堪能するという、料理というアートをユーストリーム配信致します!

 配信はこちら→湯すとりーむ

 撮影場はモヒカンポシェットと新町三畳美術館!

 塚原まきこさんもやってくる予定!

 全くどうなるのか、よくわかりませんが、とにかくやります!!

 そして、モヒカンポシェットは日曜からパリへ生地の買い付けに行きますので、その手配に追われております!

 パリから帰ってきた当日に、高知の赤岡へ絵金祭りを視察の予定!

 今年の熊本市新町アートホームでは芝居絵を展示する予定ですので、どうしても一回見ておく必要があるもので。

 という感じで今週は推移しております。

 あと、秋の千代田芸術祭への出展を予定します。新作の予定です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

[Yu-sutori-mu] will deliver the art of dish that is satisfied of the dish that the chef of coming creates with Akita as a corporate planning with hot water of 3 mat in Shimmachi museum and gem name temperature [tsukasa] on the evening (about), July 8 on Friday this week.

The delivery is hot water of → [sutori] [mu] of here.

The taking a picture place is a mohican pochette and 3 mat in Shimmachi museum.

Tsukahara is rolled and the mist that doesn't exceed it is scheduled to come.

Anyway, it does though it doesn't understand quite how to become it well.

And, it is chased by the arrangements because it goes to Paris to buy the cloth in the mohican pochette on Sunday.

The inspection ..Akaoka in Kochi.. ..[ekane] festival.. is scheduled on that day when it came back from Paris.

In the one that it is necessary to see once by all means because the play picture is scheduled to be exhibited in this year's Kumamoto City Shimmachi art home.

It changes this week in feeling.

The exhibition in autumn to the Chiyoda art festival is scheduled. It is a new schedule.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

本日熊本市古町の、町家リノベーションイベントの打ち上げ!夕方から!早川氏のライブもあるよ!

 東京から熊本市古町に引っ越してこられた夫妻がおられます。古町の町家をリノベーション真っ最中で、昨日と本日はリノベーションのワークショップを町家で開催中!

 2日間とも午前中のみの参加でしたが、なかなか風情がある町家で、完成したらとても素敵な空間になると思います!

 さて、本日夕方よりそのイベントの打ち上げ的な飲み会が!

 お気軽にご参加下さい!新町古町の方々が沢山お見えになられますし、楽しい知り合いが増えるチャンス!

 特に学生さんにおすすめ!

 目標なく東京に出て行くことは、楽しく人生を過ごす上ではマイナスだ!というお話などを聴けると思います!

 この機会に是非、動き出そうという城下町の脈動を感じ取るイベントへ!

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

描きたい絵があるが、描く為には越えなければいけない現実的な仕事がある。

 それはもう、描きたい絵は溜まっているのですが。

 その前に仕事があるもので。

 それをこなさなければいけない訳で。

 基本的には絵を描いて生きていきたいだけの人間です。順調に絵を描く仕事があれば、もうそれだけで人生に他にたいした目的もありません。

 ここで問題なのは、描きたいように描いた絵は買い手がつかないということ。

 買い手がつかない絵を自由に描く為に、様々な事を手掛けている状態です。この数年はこの状態で仕方ないのかも知れません。アートシーンというものを、少しでも熊本に作っていくことは本当に重要な事だからです。

 このまま何もしないという事は、自分の首を絞め続けているのも同然だからです。

 やらなければいけない事と、やりたい事はなかなか一致しなくて、だからやらなければいけない事に対しては仕事の成果と見返りを計算して動きます。

 ボランティアの精神では、自分にとってはより高い所へ行くためには、無理です。この辺でいいかとなってしまう。

 実際、アートはタダで享受できるものと思っている人が沢山いるのには驚かされます。

 その場合、アートの送り手はどうやって生きて行けばいいのでしょうか?熊本で?

 アートなんていらないんだよ、テレビや漫画があるんだからと、ハッキリ言ってもらえればまだスッキリします。

 しかし、アートが必要なんですか?

 どうして?

 アートを享受するための代価はなんですか?

 このことを、よりハッキリする為にアートイベントを組んでいるのです。

 本当は別に、そんな事を言わなくても、いい感じのポジションにいればいいのかもしれません。嫌われるしね。

 でも、別に人から好かれようなんて思ったこともないし、好かれたからどうなんだと。それよりも、実際に動いて、仕事をきちんと形にするのが先でしょう。イベントしかり、バスツアーしかり。企画展もそうでしょう。

 これからも、仕掛けていきます。

 続けていけば、理想を掲げた未来の姿になるのか。とか、考えません。今、出来ることをやる、やり続ける、しかない。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Though the picture that has already drawn has collected in it.

In the one that there is work ahead of that.

In the translation that should digest it.

It is man only of wanting basically draw the picture and living. It is it alone and there is not a purpose against another in the life any longer if there is work to draw the picture well either.

As for doubtful here, the picture drawn as want to be drawn is unsold.

To draw an unsold picture freely, various things are handled. It cannot know be reluctant under such a condition in these several years. The art scene is made in Kumamoto even a little because it is a really important thing.

It is because it is also just like that the thing of not doing anything keeps wringing my neck as it is.

It doesn't agree easily, and the thing that does to the thing that should be done is calculated the result and looking back on work and, therefore, moves for the thing that should be done.

It is impossible to go to higher place for me in volunteer's spirit. When it is good, it becomes it around here.

Actually, the art is surprised so that there are a lot of people who think that it can enjoy it by free.

In that case, how should the sender of the art live?In Kumamoto?

The art is unnecessary, and still refreshingly if it is possible ..taking.. .., [hakkiri].. to say because there are a television and a cartoon.

However, is the art necessary?

Why do?

What is the price to enjoy arting?

The art event is united for the more [hakkiri] of this.

You might only have to be at the position of pleasant in reality even if such a thing is not separately said. It is disliked.

However, not separately thought that it is liked by the person, and very because it was liked when. It actually moves from it, and is neatly ahead in shape as for work.  mightEvent scolding and bus tour [shikari]. The special exhibition might be also so.

Hereafter, it begins.

Does it become an appearance in the future for the ideal to hang if it continues?It doesn't think. It keeps doing doing, it doing, and it not paving it now.

[Saryu]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »