« 新町アートホームvol.2以降のイベントの考え方。 | トップページ | 本日熊本市古町の、町家リノベーションイベントの打ち上げ!夕方から!早川氏のライブもあるよ! »

2011年7月 1日 (金)

描きたい絵があるが、描く為には越えなければいけない現実的な仕事がある。

 それはもう、描きたい絵は溜まっているのですが。

 その前に仕事があるもので。

 それをこなさなければいけない訳で。

 基本的には絵を描いて生きていきたいだけの人間です。順調に絵を描く仕事があれば、もうそれだけで人生に他にたいした目的もありません。

 ここで問題なのは、描きたいように描いた絵は買い手がつかないということ。

 買い手がつかない絵を自由に描く為に、様々な事を手掛けている状態です。この数年はこの状態で仕方ないのかも知れません。アートシーンというものを、少しでも熊本に作っていくことは本当に重要な事だからです。

 このまま何もしないという事は、自分の首を絞め続けているのも同然だからです。

 やらなければいけない事と、やりたい事はなかなか一致しなくて、だからやらなければいけない事に対しては仕事の成果と見返りを計算して動きます。

 ボランティアの精神では、自分にとってはより高い所へ行くためには、無理です。この辺でいいかとなってしまう。

 実際、アートはタダで享受できるものと思っている人が沢山いるのには驚かされます。

 その場合、アートの送り手はどうやって生きて行けばいいのでしょうか?熊本で?

 アートなんていらないんだよ、テレビや漫画があるんだからと、ハッキリ言ってもらえればまだスッキリします。

 しかし、アートが必要なんですか?

 どうして?

 アートを享受するための代価はなんですか?

 このことを、よりハッキリする為にアートイベントを組んでいるのです。

 本当は別に、そんな事を言わなくても、いい感じのポジションにいればいいのかもしれません。嫌われるしね。

 でも、別に人から好かれようなんて思ったこともないし、好かれたからどうなんだと。それよりも、実際に動いて、仕事をきちんと形にするのが先でしょう。イベントしかり、バスツアーしかり。企画展もそうでしょう。

 これからも、仕掛けていきます。

 続けていけば、理想を掲げた未来の姿になるのか。とか、考えません。今、出来ることをやる、やり続ける、しかない。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Though the picture that has already drawn has collected in it.

In the one that there is work ahead of that.

In the translation that should digest it.

It is man only of wanting basically draw the picture and living. It is it alone and there is not a purpose against another in the life any longer if there is work to draw the picture well either.

As for doubtful here, the picture drawn as want to be drawn is unsold.

To draw an unsold picture freely, various things are handled. It cannot know be reluctant under such a condition in these several years. The art scene is made in Kumamoto even a little because it is a really important thing.

It is because it is also just like that the thing of not doing anything keeps wringing my neck as it is.

It doesn't agree easily, and the thing that does to the thing that should be done is calculated the result and looking back on work and, therefore, moves for the thing that should be done.

It is impossible to go to higher place for me in volunteer's spirit. When it is good, it becomes it around here.

Actually, the art is surprised so that there are a lot of people who think that it can enjoy it by free.

In that case, how should the sender of the art live?In Kumamoto?

The art is unnecessary, and still refreshingly if it is possible ..taking.. .., [hakkiri].. to say because there are a television and a cartoon.

However, is the art necessary?

Why do?

What is the price to enjoy arting?

The art event is united for the more [hakkiri] of this.

You might only have to be at the position of pleasant in reality even if such a thing is not separately said. It is disliked.

However, not separately thought that it is liked by the person, and very because it was liked when. It actually moves from it, and is neatly ahead in shape as for work.  mightEvent scolding and bus tour [shikari]. The special exhibition might be also so.

Hereafter, it begins.

Does it become an appearance in the future for the ideal to hang if it continues?It doesn't think. It keeps doing doing, it doing, and it not paving it now.

[Saryu]

|

« 新町アートホームvol.2以降のイベントの考え方。 | トップページ | 本日熊本市古町の、町家リノベーションイベントの打ち上げ!夕方から!早川氏のライブもあるよ! »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

ペインター和と申します。

作家は誰もが思うことですね。
理想と現実のギャップをどう埋めるか?

私も絵1本では、まだ、食べていけません。
諦めだけはしたくないですね。
ネバー、キブアップ^^

投稿: | 2011年7月 1日 (金) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 描きたい絵があるが、描く為には越えなければいけない現実的な仕事がある。:

« 新町アートホームvol.2以降のイベントの考え方。 | トップページ | 本日熊本市古町の、町家リノベーションイベントの打ち上げ!夕方から!早川氏のライブもあるよ! »