« 「白いリボン」を見た。感情移入を拒否する映画。ドクターが吐くセリフは最高ですが。 | トップページ | 河上彦斎の芝居台本を書いています。台本?当然書いた事はありません! »

2011年7月28日 (木)

自分探しという言葉があるが、自分の絵探しとは多分違う。

 自分探しで検索してみたら、ポジティブにもネガティブにも書かれていました。

 自分の絵を探す事と同じかなと、ぼんやり思いましたが(暑いので頭がぼんやりしている)やはり同じではないなと思う。

 自分の絵を探すには、手を動かしていく中にしか、探す道がない。もちろん、アートの歴史や今現在のアートの動静を知ることも重要かもしれませんが、結局のところ作品が全てだと考えます。

 実のところ、デュシャン以降のアートムーブメントに全く心が惹かれないという、現代に生きる作家としては致命的な欠点がある人間です。知れば知るほど、興味が湧かない。

 まぁ、ざっくり言ってというところで、細々見れば興味が湧くものもあるのですが、概ねどうでもいいなーと思ってしまう。病気ですかね、これは。

 絵画から絵画の定義を奪っていくというのが(アートからアートの定義をというのか)、現代アートと呼ばれるもののおおまかな流れだと認識していますが、ミニマルアートが出た時点で「あがり」になったと思うんですよ。

 それ以降ってのはもう、よってたかって廃墟にしたアートという残骸のピースを拾ってはあーでもないこーでもないと言っているような状態だと。

 だから、アートバブルはあってももう全世界同時多発的なムーブメントはないでしょうね。2010年代のムーブメントを探そうと躍起になっている人達もいるでしょうが、もうないんじゃないでしょうか。年代式のムーブメントは。

 あったとしたら、誰かが操作したムーブメントじゃないのか。クールジャパン的な。ムーブメント自体は誰かが操作するものなんでしょうが。

 なんかもう、暑いから倦怠的になっているのか、原発への政府の対応と国民への説明が滅茶苦茶なせいだか分かんないですけど、人がやる事って結構適当だなとか思ったり。

 もう、操作されるのはウンザリなんだよって話に、なぜかなってしまいました。

 自分探し=操作されたくねぇ うーん、当たらずとも遠からず?

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It was written positively negatively when retrieving it by my search.

I think be to still the same though it was dimly thought it is the same as the search for my picture (Feel sodden because it is hot).

In the search for my picture, there is a searching road only while moving the hand. Of course, it thinks everything the work in the issue though it might be also important to know movements of the history of the art and the art as of now.

As a matter of fact, it is man as the writer that the mind is completely effective in the art movement since Duchamp at the present age that [**] doesn't wither who has a fatal fault. The more it knows, the more the interest doesn't spring.

I roughly think ..trivial matter.. [ina] [-] though there is the one that the interest springs, too, if Well it says roughly and it sees in detail ..[toiu] and [korode]... It is sick or this :.

I think that I became "Go up" of coming out of the minimal art though it is recognized that it is a rough flow though it is called that the painting's depriving of the definition of the painting (Do you say the definition of the art from the art?) is a present age art.

It freeloads in [ttenohamou] after that and it is said to ruins that the peace of remains of done art is not [iko] [-] either no picking up [tehaa] [-] it either.

Therefore, there might not be movement the all parts of the world frequent and simultaneous occurrence any longer even if there is an art bubble. Are you already though are might even if looking for the movement in the 2010's also frantic people?The movement of the expression : at the age.

Isn't it movement that someone operated when is?Cool, Japanese .Though movement might be what someone operates it.

Because do boredom because it is already hot or the explanation to correspondence and the people of the government to the nuclear power plant is confused, it thinks of the thing that the person does though amount of ring as suitability considerably.

It has become a talk why in [unzari] the operation already.

Look for me and shortly ..no ..= operation [saretakunee;u] [n].. hit...

[Saryu]

|

« 「白いリボン」を見た。感情移入を拒否する映画。ドクターが吐くセリフは最高ですが。 | トップページ | 河上彦斎の芝居台本を書いています。台本?当然書いた事はありません! »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分探しという言葉があるが、自分の絵探しとは多分違う。:

« 「白いリボン」を見た。感情移入を拒否する映画。ドクターが吐くセリフは最高ですが。 | トップページ | 河上彦斎の芝居台本を書いています。台本?当然書いた事はありません! »