« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

芝居屏風絵は、分かりやすい表現にしようと思います。

 他の作家さん達がどういう作風で描かれているのか、今予想もつかない状態です。

 町家アートホームin新町での芝居屏風絵公開は、10月1日の夕方18:30~よりです。

 前日には屏風絵勢ぞろいかと思われますが、楽しみですね。

 私自身の屏風絵は、直球勝負です。自分らしさとか、作風とか全く考えておりません。こうだろうなという残酷絵を描いているつもりです。

 血みどろ。

 この企画が今後10年続いたとしたら、屏風絵が100枚…管理が大変そうですが、一夜にそれだけの作品が城下町に並ぶことを想像するだけでも楽しいですね。

 芝居も10作品…もっとあってもいいと思いますが、集団芸術今回が初!ですのでちょっとどういう風になるのか予想もつきませんね。楽しみです。

 屏風絵プラス、町家の作品展示につきましても、芝居関係の作品を描き下ろして展示したいと考えております。時間が超ありませんので、15年振りに筆を持ちました!自分でビックリ!パステルでは到底間に合いません。

  まさか筆を持つとはな~。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

By what style are other writers drawn, and the expectation of now doesn't attach either.

The play folding screen picture opening in tradesmen's house art home in Shimmachi to the public is 18:30 dependence on the evening, October 1.

It is the enjoyment though seems that a folding screen picture mustering the day before.

My own folding screen picture is a straight ball match. I it seem do not think about the style at all. I will draw a cruel picture that might not the long ages it.

Severe.

When this project will continue for ten years in the future, 100 folding screen pictures … It is happy only to imagine the work only of it the arrangement at night in the bourg though management is very so.

Plays are ten works … This time of the group art is first though it is thought that you may be more. Therefore, the expectation doesn't attach though it doesn't know what wind to become for a moment either. It is the enjoyment.

It is thought that the work of the exhibition of the work of the folding screen picture plus and the tradesmen's house related to the play wants to be drawn, to be lowered in the much more, and to exhibit. It had the brush after an interval of 15 years because it was not ..time... It is surprised for myself. It is not in time at all in the pastel.

It is ..possession.. [tsutohana] ? as for the brush surely. 。

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

劇団きらら最新作「コデ。」を観劇致しました。

 終わりなき日常。

 20代前半の時からずっと考えていたテーマです。自分の絵のテーマでもあります。

 それを、演劇で楽しく観たという、不思議な体験でした。

 本来ならば、男37歳でアルバイトというのは、かなり笑えない状況ですが、私が作家活動をしたりしているのでそれほど珍しくないし深刻でもありません。自分で選んだ道でしょうから。

 しかし、「コデ。」の登場人物は、そういう目的がある37歳男ではありません。当然劇中でも冒頭に何か目指しているからアルバイトなのかというやりとりがあります。

 何かを目指すという世間的なエクスキューズがない状態での「終わりなき日常」。観劇中は笑いもできますが、終わって考えてみるに全然笑えない。

 そこには今この瞬間もある、日本という国が90年代から抱えている大きい問題が厳然としてある事を突き付けていると思いました。

 この状況は、多分演劇人達にも共通というか、実は何かを目指している人達も全く同じ実情で、目指している目指していないは世間的なエクスキューズで、内面は全く変わらない。

 バイトの職場にも問題を抱えた人がいて、日常の小さい事件を繰り返しながら職場という磁場に居るしかない人々の終わりなき日常を描いて行きます。

 ここで提示されている問題を、一体どれだけの人が真剣に考えた事があるのか。面白かったねでは済まされないですよ、これは。

 2009年に派遣切りに遭ったときは、34歳でした。

 職安は人で溢れ、臨時に県劇の小ホールが失業者への説明会になりました。

 これだけの人が、路頭に迷っている。そう考えただけで眩暈がしました。

 この演劇は凄い。

 熊本公演最終日に行ったので、宣伝にはなりにくいかもですが、まだ福岡公演があります。今夏の是非に!というお勧めアートです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Daily life when end is not

It is a theme that had been considered since time of the first half in its twenties. It is a theme of my picture.

It was a mysterious experience of having happily seen it with the play.

Originally, I am too acting and am unusual or the writer not serious though am man 37 years old it and situations the part-time job that cannot be considerably laughed either. Because it might be a road chosen for myself.

However, characters of "[Kode]" are not 37-years old men who have such a purpose. At the beginning, there is naturally a communication whether it is a part-time job because it aims at something also in the play.

"Daily life at the time of not being ..finishing.." in state without excuse the people ..aim of something... It is not possible to laugh by ending at all though it is possible to laugh while seeing a play ..the idea...

I thought that I was majestic the large problem that the country named Japan there with at this moment now had had since the 90's and pointed a certain thing.

This..situation..perhaps..theater people..common..actually..something..aim..people..at all..same..fact..aim..aim..excuse..inside..at all..change.

Daily life without the finish of people who also in the office of the byte the person who has the problem, and can do nothing but exist in the magnetic field of office while repeating a small event in daily life is drawn.

How much person has seriously on earth thought about the problem presented here?It is not settled with interesting sleep, and this :.

It was 34 years old to encounter the dispatch cutting in 2009.

The public employment security office overflowed with the person, and the small hall of the prefecture play became the briefing to the unemployed temporarily.

The person only of this is turned adrift. The vertigo did only by thinking so.

This play is terrible.

There is still a Fukuoka performance in the advertisement because it went on the Kumamoto performance finality day though it is a duck that doesn't become it easily. To right or wrong this summer. It is a recommendation art.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

熊本新町三畳美術館企画展「百鬼夜行陶芸展」by妖窯、居なくなる妖怪が出てきました。

 当館開催中の「妖窯」ですが、地味に人気です。本日は四谷怪談の破れ提灯に乗り移ったお岩さんが、旅立ちました。

 来年7月には伝統工芸館一階での展示が決定している妖窯です。

 近日中に新町三畳美術館のホームページを立ち上げて、これまでの展示のアーカイブと妖窯の制作状況を公開して行こうかと考えています。

 妖怪は好きな人は本当に好きというジャンルです。万人受けする事はありませんが、確実にファン層がいますから、その方に向けてアピールしていきたいと思っております。

 次回の新町三畳美術館企画展は決まっておりません。決まり次第ご紹介したいと思います。

 企画考えなきゃですね。

 もちろん持ち込みOKです。おもしろそうでしたら全面的に協力致します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is soberly popular though it is "[**kama]" holding this pavilion. Rock who had possessed in the tear lantern of the Yotsuya ghost story started on a journey today.

It is [**kama] to which the exhibition of the first floor in the traditional craft pavilion has been decided next July.

It thinks whether I will open the production situation of the archive and [**kama] of a current exhibition to the public by starting up the homepage of 3 mat in Shimmachi museum in a few days.

For the apparition, a favorite person is really a genre of favor. There is surely fan layer, and I want to appeal for everyone aiming at that though there is no received thing.

The next 3 mat in Shimmachi museum special exhibition is not decided. I want to introduce it as soon as it decides.

Project idea [nakyadesune].

Of course, it is bringing OK in. I cooperate completely when it seems to be interesting.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

人間が小さいから。

 何かイライラする。

 暑いからか。いや、最近は大分涼しい。

 よかれと思ってやっている事を、否定的に捉えられるからに違いない。

 いいや、それじゃ。

 楽な方に行きます。

 その方が、お互いの為にいいみたいです。

 責任を取らなくて済むからね。

 挫折や失敗は色々してきましたから。むしろ、成功体験なんて皆無ではないのでしょうか。

 いわゆる、アートというものにどういう期待感を持っているのでしょうか。自分は、どうという期待も持っていない。お先真っ暗というイメージ。昔から。どういう意味かというと、誰かが敷いたレールの上を歩けないという事。

 これだけのモチベーションと労力を注ぎ込んだから、これだけのバックがあるなんて、ことアートに関して期待するのは馬鹿げている。商業ベースでものを考えるのなら、商業ベースで理解可能なジャンルでイベントを行えばいいと、最初から一貫して言っている。

 原価100円の物を、イベントで売価200円で100本売る。

 一人のアーティストが人生を掛けて主張する作品を鑑賞する。

 比べようもないことです。200円のものが100本売れて完売する事と、アーティストの作品を見て何か感じたり、何も感じなかったりすることをどう比べるのか。

 あえて強引に引き比べてみせるなら、世界で一番売れてるラーメンはカップラーメンだろうが、世界で一番旨いラーメンとは違う。

 世界で一番売れるラーメンを目指すイベントなら、カップラーメンの戦略をとるべきです。

 あぁ、今、問題点が見えた。登るべき山の選択を明確にしていない。

 イベントでアートを用いるというのは、戦術であって戦略ではないから、イライラするのか。登るべき山を明確にしないで戦術を弄すれば負けるのが目に見えている。

 そうか、山か。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It gets irritated ..something...

Hot ..making fun.. .No, it is very cool recently.

It is surely because the thing thought to be [yokare] is negatively caught.

As soon as good.

It goes to easy one.

That seems to be better because of each other.

You can not take the consequences.

Because the failure and the failure have been variously done. The success experience isn't none at all!

What expectations do you have in the art so-called?I do not have the expectation very said. Image of having no foresight. For a long time. Thing that what meaning it is cannot walk on rail that someone paved

Because motivation and the labor only of this were poured, it is foolish only for this to back, and to expect the art. It is consistently said that it only has to hold the event on a commercial basis if it thinks about the one on a commercial basis by a comprehensible genre from the beginning.

The thing of the cost 100 yen is sold by 100 every the sale price 200 yen in the event.

The work that one artist is multiplied the life and insisted on is appreciated.

It is not though it compares. Is the work of the thing and the artist who sells 100 one of 200 yen and sells it all seen and how are it compared not to feel something, and to feel anything?

It is different from the most delicious ramen in the world though the ramen that sells most in the worlds might be [kappura-men] if it dares to pull forcibly and it will compare it.

If it is an event that aims at the ramen that sells most in the worlds, it is necessary to take the strategy of [kappura-men].

The problem was seen [aa;] and now. The selection of the mountain that should be climbed is not clarified.

Because it is a strategy and not a strategy to use the art in the event, do you get irritated?There are remarkably playing with and defeating [sureba] without clarifying the mountain that should be climbed as for the strategy it.

Is it so or a mountain?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

町家アートホームin新町の企画面、オファー等が一段落しましたので、作品制作に集中します。

 来月に予定されていたアートスイッチVol.3が、イオンモール熊本クレア改装工事につき来年の一月に延期になってしまいました。

 新町三畳美術館企画展もいい感じに開催致しております。

 町家アートホームin新町の企画も順調に進行中です。

 という、状態にやっと持って来れましたので作品制作に集中致します。芝居屏風絵と町家で作品展示のふたつの企画に参加致します。

 本来であれば、ディレクションに集中と行きたい所ですが、町家アートホームでは今回観覧料を頂きますので先陣切っての展示をさせて頂きます。

 熊本でこういうオルタナティブなアートイベントで観覧料を頂くというのは珍しいのではないでしょうか。参加作家に緊張感をどうしても強いてしまいますので、ここは自分も先頭に立って作品展示をします。

 河上彦斎の芝居500円、町家アートホーム500円、芝居屏風絵の観覧は無料となります。

 毎回少しでも何か前進したいと思っています。今回は今までで一番大人数の作家さんにオファーを出しました。まだ海のものとも山のものとも分からないイベントに参加いただき、誠にありがとうございます。

 もうあと一カ月と一週!

 急がなければ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 Art switch Vol.3 scheduled next month has been postponed about the ion lace Kumamoto Clare redecorating construction next January.

3 mat in Shimmachi museum special exhibition is being pleasantly held.

The project of tradesmen's house art home in Shimmachi is progressing well, too.

I will concentrate on the work production because it was finally brought in the state. I will participate in two projects of the work exhibition in the play folding screen picture and the tradesmen's house.

Originally..direction..concentration..go..place..tradesmen's house..art..home..this time..admission fees..get..van..switch off..exhibit..have.

It might be unusual in ..Kumamoto.. ..such alternative.. [a-toibento] to get admission fees. Here exhibits the work as I also spearhead it because it forces the tension on the participation writer by all means.

Seeing the play folding screen picture becomes free the play 500 yen and 500 yen in the tradesmen's house art home of [****] Kawakami.

I want to advance something every time even a little. Offers were put out to writers of an adult number most this time in the current. Still thank you indeed for participating in the one of the one of the sea and the mountain and events that do not understand.

Another month and one week already.

If there is no suddenness.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

町家アートホームin新町、アサヒ鉄工のZUBEさん参加決定!

 秋の町家アートホームin新町に、アサヒ鉄工のZUBEさんが参加決定致しました。

 今年の2月には、アートスイッチバスツアーにてアトリエ訪問をさせていただき、大好評だったアサヒ鉄工アトリエ。

 今回は町家に作品を出品して頂きます。

 これで、町家に出品する作家が出揃いました。

 早くも後、一カ月半を切ってきました。9月6日からは、演劇の稽古が始まります。新町の有志と、熊本演劇界の有志がワークショップから始めます。

 稽古場所はなんと「かね屋」!!

 絵になりますね~。

 自分も作品を制作しないと、間に合いません。

 描くぞ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Ironworker Asahi Breweries, Ltd.'s Mr. ZUBE decided participation to tradesmen's house art home in Shimmachi of autumn.

Ironworker Asahi Breweries, Ltd. atelier that will visit atelier by art switch bus tour in February this year, and was very popular.

Please exhibit the work in the tradesmen's house this time.

The writer who exhibited in the tradesmen's house was all present by this.

One and a half months are already under. The practice of the play starts on September 6. The volunteer in Shimmachi and the volunteer of the Kumamoto play field start from the workshop.

The practice place is very cannot "Shop. "

It is picturesque. 。

If I do not produce the work, either it is not in time.

I will draw.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

新町嗚呼斗芝居「赤き心の花や咲くらん~河上彦斎異伝~」(仮)

 芝居のタイトル(仮)が決まりました!

 実に様々な熊本の劇団の皆さまに支えられて、このアートイベントは開催されます。

 演劇、絵画、インスタレーション、写真、陶芸、パフォーマンス、オブジェ…

 様々なジャンルのアートを同時に見ることができる盛りだくさんのイベントです。

 詳細は月間mocosの10月号に!

 フリーペーパー、ドコサにも!

 これから、少しづつメディアにも出てくるかと思われます。

 それにしても、企画立案したとはいえ、ここまで大きいイベントになるとは当初思ってもおらず。様々な方々のご協力を得て、熊本では未だ開催されたことのない形態のアートイベントが、いよいよ一カ月半後に迫ってまいりました!

 「熊本発、世界へ」のとてつもなく長い階段を、一歩のぼり始めた所です。一段づつ地道に登っていけば、いつか視界が開けた場所へたどりつくことを夢見て、今は目の前の事を淡々と。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The title of the play (temporary) has been decided.

It is supported by everybody of the theatrical company in very various Kumamoto, and this art event is held.

Play, painting, installation, photograph, ceramic art, performance, and objet, etc.

It is a plenty event that can see the art of various genres at the same time.

Details : to the October edition of mocos during month.

To free paper and [dokosa].

Hereafter, it seems that it goes out to media little by little.

However, it is not even if it is thought at first that even here becomes a large event even though the project plan was done. The various people's cooperation is received, and the art event in the form that has not been held in Kumamoto yet has approached finally one and a half months later.

It is a place where "World from Kumamoto" began to rise extraordinarily in the long flight of stairs by one step. Dream tracing to the place that view opened at one time and attaching if it honestly climbs it by one step, and the thing in the presence indifferently now.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

秋の熊本市新町アートホームの参加作家が確定し始めました。

 町家が美術館の参加作家(予定)

 かねや 加藤笑平 菊地容作

 まるそー 宮部竜二

 新町三畳美術館  モヒカンポシェット

 宮本邸 西田美紀

 町家未定 櫻井栄一

 芝居屏風絵制作作家(予定)

 加藤笑平

 izu♡milk

 岡松智紀

 宮部竜二

 生島国宜

 ナカムラ佳子

 マツモトマサヒデ

 櫻井栄一

 現在、河上彦斎の芝居はブラッシュアップ中です。

 その芝居をもとに各作家が制作した、芝居屏風絵が新町の電車通り沿いに並びます。

 町家での作品展示。

 河上彦斎の芝居。

 芝居屏風絵。

 この三つのイベントがこの秋、新町で新しく幕を開けます。

 お楽しみに!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

始まりました!百鬼夜行陶芸展by妖窯!

 今回の造形はかなりヤバイ事になっております。

 一部の妖怪は子供が見たら泣くな…

 一反木綿、ぬりかべ、アマビエ、神社姫など、九州の妖怪も結構そろっております。

 真夏の妖怪陶芸展。

 今までの展示で、最も趣味に走った展示となっておりますが、楽し怖い感じに仕上がっておりますので、是非ご覧下さい。

 Photo

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

がれき処理法案、やっと通るのかな~と考えていたら、恐ろしいことが進行中!

 被災地のがれきが全く処理されていなかった中、ここにきてやっとがれき処理法案が、予算一兆円レベルで組まれる。

 んで、がれきはどこに行くのかな~とぼんやりしてたら、ココ!!

 全国の産廃処理業者がうけいれるのか?!

 金の為なら、放射能もうけいれるのですね。スゲェ!って究極の拝金主義じゃなかろうか。日本全国まとめて放射能汚染地域にする法案。

 いよいよ民主党が日本を世界から孤立させる法案が通るのは今日ですよ!

 これはどうすればいいのだろうか。あらゆる問題噴出中の日本ですが、この問題は黙っていると着々進行するだけなのだろう、いつものごとく。

 最近ネット上で、反韓流が流行っていて、フジテレビでデモまで起こっているが、これ、新たな戦略じゃないだろうな。政治的に重要な事で、国民に不都合で知られたくない法案通すとき、こぞってメディア戦略で全く関係ない誰かの不祥事とか必ずピックアップされたもんな。過去。

 実はマスメディアの偽造韓流なんてどうでもよくて(実際、まわりに韓流に乗っている人はいないので、全国的にそんな感じのはず)、どこまでいっても今日本人が、第一義に気にしなければいけないのは、震災復興と原発の問題だと思います。

 自民党が韓国で入国拒否された事も、流れで考えると胡散臭い。がれき処理法で動くゼネコンへの巨額な金を考えると、政治屋達が上記のメディア戦略で動いていないとは言い切れない(そこまで不信感がある)。韓流批判のネット戦略?そこまでするかな~、分かりませんが。

 がれき処理法案に注目!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It comes internally in no complete processing of toles and pebbles of the stricken area and here and the toles and pebbles processing bill is finally united at the budget one trillion yen level.

Where do [nde] and toles and pebbles go?Cod and Coco.  dopy

Does the industrial waste processing trader in the whole country accept?!

The radioactivity is accepted for money. [Sugee;]. Isn't it a mammonism of ultimate [tte]?The Japanese whole country is a bill collectively made a polluted radioactive area.

It is today that the bill that the Democratic Party isolates Japan from the world passes more and more.

How should be done this?As usual ..only it is likely to progress steadily.. when this problem keeps silent though it is Japan all problems' gushing.

This, and will be be a new always strategy it though become popular on the net recently anti-Korean boom, and happen to the demonstration in Fuji Television Network. Bill expert [sutoki] that to be inconvenient and to be known to the people, and it is a media strategy and is a scandal of someone quite regardless or always picking up [saretamonna] in a body an important political thing. The past.

Wherever counterfeit Korean boom is actually trivial (Actually, because nobody has gotten on Korean boom in the circumference, it must be such feeling on a nationwide scale), and the mass media is said, today's person in question thinks should worry to be a problem about the earthquake disaster reconstruction and the nuclear power plant Hashime [**].

When the Liberal-Democratic Party thinks about the thing that the refusal of entering a country is done in South Korea by the flow, it is a Steller's sea lion scatter smell. It cannot ..enormous amount to the general contractor that moves.. be asserted that politicoes are not moving when thinking about [kane] by the above-mentioned media strategy by the toles and pebbles processing method (so much) ..there is distrust... Net strategy of Korean boom criticism?Do you do there?、Though it doesn't understand.

The toles and pebbles processing bill is paid to attention.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

熊本市新町三畳美術館企画展「百鬼夜行陶芸展」by妖窯は今週の土曜日から開催です。

 新町三畳美術館の企画展「百鬼夜行陶芸展」by妖窯は、今週末の8月13日(土)から開幕します。

 陶芸での立体制作でも結構珍しいのですが、妖怪オンリーはなおさら珍しい!!

 妖窯とは、妖怪陶芸を制作する集団で、妖窯としては熊本初上陸です!

 今回は九州の妖怪も数多く制作された模様。搬入日が楽しみです。子供の時から、妖怪が好きでゲゲゲの鬼太郎は大人になってから大人買いで漫画を集めました。(漫画は色々大量に集めましたが、ある時期全部売り払ってしまい今は一冊も持っていない)

 何で妖怪に惹かれるのかな~。怪異という、人間の想像力を刺激する現象に際限なく興味があるのです。

 最近ではUMA(未確認生物)が気になっています。シーラカンス発見の時は(最近じゃありませんが)、深海には恐竜がいるかも!って子供心に興奮しました。

 UMAというのは、形をかえた妖怪信仰の一種じゃないかと思っているのです。もちろん地球にはまだまだ人類が知らない生物が沢山います。知らない生物という、未知なるものへの興味と妖怪への興味がリンクしているのですね。

 妖怪なんていねーよ、馬鹿じゃねーのという向きもあるかと思いますが、そういうあなたもきっと廃病院に一人で夜中入ろうとは思わないだろうし、山奥に行こうともしないのではないでしょうか。

 闇と人間の居住区の隙間に居るなにか。それが妖怪なのです。

 そういった怪異に形を持たせて陶芸作品として発表しているのが妖窯なのです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Photo

Special exhibition "100 demon night train ceramic art exhibition" by [**kama] of 3 mat in Shimmachi museum begins on Saturday, August 13 in the end of this week.

Solid production with the ceramic art is unusual all the more apparition on Lee though it is considerably unusual.

[**kama] is a group that produces the apparition ceramic art, and [**kama] is the first in Kumamoto landing.

A lot of apparitions in Kyushu seemed to have been produced this time. The move-in date is the enjoyment. After it grew up, Gegege no Kitaro collected cartoons by adult purchase at child's time as the apparition liked it. (It sells off at all certain time and it doesn't have as much as one now though a large amount of cartoons were variously collected. )

Does [**] wither in what apparition?。It is interested in the phenomenon to stimulate man's named grotesque imagination without bounds.

UMA (mysterious animal) is anxious recently. Is there a dinosaur in the ocean at the coelacanth discovery (Though it is not recently)?It got excited by the [tte] heart of a child.

It thinks UMA to be might a kind of the apparition belief that changes shape. Of course, there are a lot of living things that the human race doesn't know still in the earth. The interest in the interest and the apparition to the unknown living thing doesn't know has linked.

It is likely not to think, and it might not be done that such you also enter the abolition hospital surely in the alone middle of the night ..apparition.. Ine even though it goes in the heart of the mountains though it is thought that there is the direction said that it will be sleep in foolishness, too.

Something that exists in the dark and space in man's accommodation space. It is an apparition.

Such shape is grotesquely given, it announces as a ceramic art work, and [runoga] [**kama].

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

熊本万引き刃物男逃走事件。

 昨日の昼12時ごろ、本屋帰りに下通りを歩いていたら、熊本県警の人達が沢山走っていました。首に刃物を突き付けた格好をした警官が、鑑識」みたいな人に写真に撮られていました。まさか、そんな事件が起こってるのか?

 なんか事件だなと思い、新市街を通って、中央郵便局の前を歩いていると、タクシーを警察官がこれまた沢山取り囲んで、報道まで来ていました。

 タクシーが誰か引いたのかな、同時刻に色々あるなと思い帰宅。店を開けました。

 後から聞いたら、下通りのダイエーで万引き男が警備員に刃物で怪我をさせて逃走。途中高齢の女性を人質に取り、タクシーの運転手を刃物でおどして中央郵便局前で降り、運転手に怪我をさせて熊本西消防署方面へ徒歩で逃走。未だつかまっておらず。

 という事件を30分後位に知らないうちにトレースして歩いていたということらしい。

 分からない事が多い事件です。

 先ず、万引きするのには心理的圧迫が強いはずの、ダイエー地下の食品コーナーを選んでいる事。逃走方面から考えるに、わざわざダイエー地下まで来ての万引きがよく分かりません。

 で、刃物を持っていた事。もしつかまったら、刃物で血路を切り開くつもりだったのか。実際切り開いていますが、逃走の必死さに比べ、万引き対象が食料品…

 費用対効果を考えると、最悪の事件。

 昔から思っていましたが、あの辺は知っているだけでも事件がかなりあります。知らない分を含めると、ダイエーから鶴屋近辺は熊本の犯罪ホットスポットじゃなかろうか。

 ダイエーの隣の雑居ビルではスロット屋で発砲事件がありましたし。

 とにかく、早急に万引き犯人を捕まえてもらいたいです。

 今日の通りも警察が多い…

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

A lot of people of Kumamoto prefectural police were running when walking to the return in the bookstore on the street in the under around 12 o'clock of daytime of yesterday. It was being taken in the photograph by the person like The policeman who had shape to point cutlery at the neck judges". Does such an event happen surely?

The policeman of the taxi when thinking no event, and walking in front of a central post office through the Shinichi town had come to the report surrounding it a lot ..this...

The taxi comes home the desire ..not be variously at the same time.. whether someone pulled. The shop was opened.

A shoplifting man injures the security guard with cutlery in Daiei Inc. the same as under and it escapes when hearing it later. The ageing Madam on the way is taken away in the hostage, the cabby is threatened with cutlery, it gets off in front of a central post office, the driver is injured, and it escapes to the Kumamoto west fire station district on foot. It has not hung on yet.

It traced and it had walked before it knew about 30 minutes later, that is, the event.

The thing that doesn't understand is a lot of events that are.

First of all, thing to choose food corner in Daiei Inc. underground where psychological pressure must be strong to shopliftShoplifting that comes Daiei Inc. underground all the way is not understood well the idea from the escape district.

Thing with [de] and cutleryWas the vital way going to be cut open with cutlery if hanging on?The shoplifting object is food etc. compared with the desperation of the escape though actually cut open.

The worst event when thinking about cost-effectiveness.

The event happens considerably only in knowing about there though it thought for a long time. From Daiei Inc. whether the vicinity of crane shop is crime hot spot in Kumamoto when amount doesn't know is included

There was a shooting incident in the multi-tenant building next to Daiei Inc. in the slot shop.

Anyway, I want you to catch the shoplifter person immediately.

There are a lot of police as shown in today.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

2009年に掲げた無謀な旗、「熊本発、世界へ」の土台が少しづつ出来てきた気がします。

 秋の新町アートホームは9月30日~10月2日の3daysの開催です。

 新町出身の幕末の志士、河上彦斎を押し立てる事で、何か大きなものが一つ動き出したのかなという気がします。

 自分がどうこう言うより、河上彦斎の周りに人が集まり始めている感じです。

 2009年、派遣切りに遭った直後「熊本発、世界へ」の旗を人知れず立てて来ました。この妄想を笑わずに聴いてくれる方々がいて、ビックリしました。

 もちろん、今度の秋のイベントがいきなりそうなるとは思っていません。そのひな形が出来たと確信しただけです。

 高知県赤岡の絵金祭りのスタイルを踏襲しました。しかし、熊本新町のイベントは現在進行形の作家が芝居絵を描き下ろします。芝居にしても、毎年エピソードを変えて、進化して行くでしょう。毎年新しい芝居絵と芝居を楽しめます。

 町家が美術館という企画も、ひとつの町家に一作家というコンセプトで進行しています。

 熊本城下町の新町、今電車通りはシャッター商店街になりつつあります。しかし、とんでもない財産を抱えています。町の記憶です。歴史と言ってもいい。

 河上彦斎が、坂本竜馬、勝海舟、西郷隆盛が、闊歩した新町。映画ラストサムライの最後の場面の舞台モデルの新町から二の丸公園。神風連の乱がモデルケースです。

 これを利用しない手はありません。確かに、一つ一つのエピソードは断片的ですが、芝居にする事で娯楽として新しく人の記憶に残っていくのではないか。日本における芸能と絵師の超基本的な関係性を復活させようとしているのかもしれません。アートが西洋から輸入される以前の、日本の絵師の姿。

 面白いのは、その絵師達が「アート」の影響下にあるという事実です。これが本当の和洋折衷のミクスチャーアートイベントと言っても過言ではないと思います。今回は河上彦斎の芝居絵という括りの中で、コンテンポラリーアートのコンテクストがどういう形で表出するのか、楽しみですね~。表出しないかもしれません。それも楽しみですね~。

 という楽しみ方もありますよ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Is the Shimmachi art home of autumn 30 in September?It is holding of 3days on October 2.

I think whether one something big the one began to move by hoisting the patriot and Gensai Kawakami at the end of shogunate from Shimmachi.

It is feeling that the person begins to gather in surroundings of Gensai Kawakami as for his saying very so.

The flag of "World from Kumamoto" immediately after having encountered the dispatch cutting was secretly hoisted in 2009. It was surprised because there were people who listened without laughing at this delusion.

Of course, it is not thought that this event of autumn suddenly becomes it so. It was only convinced that the model had been made.

The style of the [ekin] festival of Kochi Prefecture Akaoka was followed. However, the writer of the present progressive draws the play picture and the event of Kumamoto Shimmachi is lowered. The episode of the play will be changed every year, and it evolve. It can enjoy a new play picture and the play every year.

The tradesmen's house progresses and the project of museum progresses by the concept of one writer per tradesmen's house, too.

It is becoming a shutter shopping street according to the train ..Shimmachi in the Kumamoto bourg.. now. However, an unexpected property is held. It is a memory of the town. You may say the history.

Gensai Kawakami is Shimmachi where Ryoma Sakamoto, Kaishu Katsu, and Takamori Saigo. Round park of two from Shimmachi of stage model of the last scene of movie last Samurai. The war of the divine wind ream is a model case.

There is no hand that doesn't use this. Certainly, it is likely to remain newly in the person's memory as an amusement in the thing made a play though an individual episode is fragmentary. Public entertainments in Japan and a super-basic relation of the painter might try to be revived. Appearance of painter in Japan before art is imported from the West.

The interesting one is true, that the painters are under the influence of "Art". I think that it is not an exaggeration to say that this is a mixture art event of true combination of Japanese and Western-style. What shape does the context of the contemporary art express in bundling of play picture of Gensai Kawakami, and the enjoyment this time. 。It is likely not to express it. It is the enjoyment. 。

There is how to enjoy it, too.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

熊本市新町アートホームの企画詳細の発表はまもなく。

 いよいよ、決意を固める時期にきました。新町アートホーム。

 演劇の台本を書き始めて一週間。深夜、いつもは本を読む時間に書いています。

 深夜に台本書きとか、本当にいけませんね、全然眠くならないし、こめかみは痛くなるし。でもここしか時間が取れないので仕方ありません。

 来年やるとしたら、もっと計画的に。大体、私が台本を書いてる時点でかなり怖い気もするのですが。

 ここでこっそり発表してしまいますが、この台本をもとに演出していただくのは「劇団きらら」の池田美樹さん!!!

 なので、大丈夫ですよ皆さん。パステル画家が書いた台本ですが、大丈夫です!(と自分に言い聞かせてみる)

 広報には月刊mocosの岡村編集長が!フリーペーパー「ドコサ」の坂口さんが!

 芝居絵を描くアーティストには、天草在郷美術館の加藤笑平館長が決定!加藤氏が芝居屏風絵!想像がつきません!

 他には、宮部竜二氏も決まっております。只今絶賛オファー中ですので、乞うご期待。福岡からもお一人芝居屏風絵に参加ほぼ決定!

 町家での作品展示に関しましては、町家「まるそー」に加藤氏が!

 「かね屋」に宮部氏が!

 新町三畳美術館には、モヒカンポシェットのインスタレーションが!

 「宮本邸」には西田美紀氏が!

 ほぼ決定しております。

 今後の詳細は随時!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It came at time that confirmed one's determination more and more. Shimmachi art home.

Begin to write the script for a play and for one week. It always writes at time to read the book at midnight.

It doesn't become sleepy at all ..scenario.. ..memo.. ..[ka].. really at midnight but the temple becomes painful. However, there is no method because it can take time only here.

More systematically if you will do next year. Roughly, though a considerably scary nature is done when I am writing the scenario.

It is Miki Ikeda of "Theatrical company Kirara" to produce based on this scenario though announced quietly here.

[Nanode] and [mina] ..safe... It is safe though it is a scenario that the artist in pastels wrote. (Persuade to me. )

Editor in chief monthly mocos Okamura : to announcing to public. Mr./Ms. Sakaguchi of free paper "[Dokosa]".

The head of Tairadate of [wara] Kato in the agar-agar rural districts museum decides it to the artist who draws the play picture. Mr. Kato is a play folding screen picture. It is not possible to imagine it.

Ryuji Miyabe is decided to another, too. Expectation begged while offering highest praise now. Participation [hobo] is decided from Fukuoka to the one-man play folding screen picture.

Mr. Kato : to tradesmen's house "[Maruso] [-]" for the work exhibition with the tradesmen's house.

Mr. Miyabe : to cannot "Shop".

The installation of the mohican pochette : to 3 mat in Shimmachi museum.

Miki Nishida : to "[Miyamotoyashiki]".

It almost decides it.

Details in the future are at any time.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

パステル画の新作を描く準備が整いました。下絵が完成です。

 かねてより構想中だった「五美人図」の下絵がやっと出来ましたので、いよいよ本作に取り掛かります。本業をおろそかにしていたのではなく、どうにかこうにか構想がまとまったというところです。

 サイズは縦162cm×横90cmになります。

 前作の新作も、特に発表する場もなく、現在ひっそりと眠っております。ある程度まとまったら発表する事も考えていますが、いつになったらまとまることやら。

 パステル画に専念できれば、結構いい感じのペースで発表できるのかなという気もしますが、当面それは無理なので今のペースを保つ事になるでしょう。

 北斎が描いた「五美人図」は、身分が違う五人の女性を描いたものです。交わることがない五階級の人間を描き分けています。

 現代の「五美人図」」とは一体いかなるものか、その答えはこの絵に込めました。残念ながら、皆さまの前に登場するのは年内はおそらく無理でしょう。

 パステル画以外で皆さまの前に登場する事はあるかも知れません。

 しかし、本業はあくまで現代浮世絵師。

 パステル画です。

 年に一回は個展をしたいと思っていますが、なかなかパステル画が描きたまらない。

 描かねば。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Because the rough sketch of "Five beautiful woman chart" being planned beforehand was finally made, it finally begins this work. The profession was not neglected but it was a settlement of the plan by some means or other.

The size becomes 162cm in length ×90cm in width.

There are neither a new work of the former work nor a place especially announced, and it is sleeping quietly now. When it comes when, it is settled though it thinks about the announced thing when settling to some degree.

Now, it will keep the current pace because it is impossible though the nature whether it is possible to announce considerably by the pace of pleasant is done if it is possible to concentrate on the pastel drawing.

"Five beautiful woman chart" that Hokusai drew is the one that five women who differed in social standing were drawn. Man of five classes who never intersects is drawn and divided.

Any one or the answer was on earth put in this picture , saying that modern "Five beautiful woman chart"". To our regret, appearing in front of everybody might be impossible it within the year.

There might be a thing that appears in front of everybody excluding the pastel drawing.

However, the profession is an ukiyoe master of the present age to the end.

It is a pastel drawing.

The pastel drawing quite depicts and it doesn't collect though I want to make the one-man show once a year.

When drawing.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »