« 熊本新町三畳美術館企画展「百鬼夜行陶芸展」by妖窯、居なくなる妖怪が出てきました。 | トップページ | 芝居屏風絵は、分かりやすい表現にしようと思います。 »

2011年8月29日 (月)

劇団きらら最新作「コデ。」を観劇致しました。

 終わりなき日常。

 20代前半の時からずっと考えていたテーマです。自分の絵のテーマでもあります。

 それを、演劇で楽しく観たという、不思議な体験でした。

 本来ならば、男37歳でアルバイトというのは、かなり笑えない状況ですが、私が作家活動をしたりしているのでそれほど珍しくないし深刻でもありません。自分で選んだ道でしょうから。

 しかし、「コデ。」の登場人物は、そういう目的がある37歳男ではありません。当然劇中でも冒頭に何か目指しているからアルバイトなのかというやりとりがあります。

 何かを目指すという世間的なエクスキューズがない状態での「終わりなき日常」。観劇中は笑いもできますが、終わって考えてみるに全然笑えない。

 そこには今この瞬間もある、日本という国が90年代から抱えている大きい問題が厳然としてある事を突き付けていると思いました。

 この状況は、多分演劇人達にも共通というか、実は何かを目指している人達も全く同じ実情で、目指している目指していないは世間的なエクスキューズで、内面は全く変わらない。

 バイトの職場にも問題を抱えた人がいて、日常の小さい事件を繰り返しながら職場という磁場に居るしかない人々の終わりなき日常を描いて行きます。

 ここで提示されている問題を、一体どれだけの人が真剣に考えた事があるのか。面白かったねでは済まされないですよ、これは。

 2009年に派遣切りに遭ったときは、34歳でした。

 職安は人で溢れ、臨時に県劇の小ホールが失業者への説明会になりました。

 これだけの人が、路頭に迷っている。そう考えただけで眩暈がしました。

 この演劇は凄い。

 熊本公演最終日に行ったので、宣伝にはなりにくいかもですが、まだ福岡公演があります。今夏の是非に!というお勧めアートです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Daily life when end is not

It is a theme that had been considered since time of the first half in its twenties. It is a theme of my picture.

It was a mysterious experience of having happily seen it with the play.

Originally, I am too acting and am unusual or the writer not serious though am man 37 years old it and situations the part-time job that cannot be considerably laughed either. Because it might be a road chosen for myself.

However, characters of "[Kode]" are not 37-years old men who have such a purpose. At the beginning, there is naturally a communication whether it is a part-time job because it aims at something also in the play.

"Daily life at the time of not being ..finishing.." in state without excuse the people ..aim of something... It is not possible to laugh by ending at all though it is possible to laugh while seeing a play ..the idea...

I thought that I was majestic the large problem that the country named Japan there with at this moment now had had since the 90's and pointed a certain thing.

This..situation..perhaps..theater people..common..actually..something..aim..people..at all..same..fact..aim..aim..excuse..inside..at all..change.

Daily life without the finish of people who also in the office of the byte the person who has the problem, and can do nothing but exist in the magnetic field of office while repeating a small event in daily life is drawn.

How much person has seriously on earth thought about the problem presented here?It is not settled with interesting sleep, and this :.

It was 34 years old to encounter the dispatch cutting in 2009.

The public employment security office overflowed with the person, and the small hall of the prefecture play became the briefing to the unemployed temporarily.

The person only of this is turned adrift. The vertigo did only by thinking so.

This play is terrible.

There is still a Fukuoka performance in the advertisement because it went on the Kumamoto performance finality day though it is a duck that doesn't become it easily. To right or wrong this summer. It is a recommendation art.

[Saryu]

 

|

« 熊本新町三畳美術館企画展「百鬼夜行陶芸展」by妖窯、居なくなる妖怪が出てきました。 | トップページ | 芝居屏風絵は、分かりやすい表現にしようと思います。 »

アーティスト紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団きらら最新作「コデ。」を観劇致しました。:

« 熊本新町三畳美術館企画展「百鬼夜行陶芸展」by妖窯、居なくなる妖怪が出てきました。 | トップページ | 芝居屏風絵は、分かりやすい表現にしようと思います。 »