« 熊本市新町アートホームの企画詳細の発表はまもなく。 | トップページ | 熊本万引き刃物男逃走事件。 »

2011年8月 8日 (月)

2009年に掲げた無謀な旗、「熊本発、世界へ」の土台が少しづつ出来てきた気がします。

 秋の新町アートホームは9月30日~10月2日の3daysの開催です。

 新町出身の幕末の志士、河上彦斎を押し立てる事で、何か大きなものが一つ動き出したのかなという気がします。

 自分がどうこう言うより、河上彦斎の周りに人が集まり始めている感じです。

 2009年、派遣切りに遭った直後「熊本発、世界へ」の旗を人知れず立てて来ました。この妄想を笑わずに聴いてくれる方々がいて、ビックリしました。

 もちろん、今度の秋のイベントがいきなりそうなるとは思っていません。そのひな形が出来たと確信しただけです。

 高知県赤岡の絵金祭りのスタイルを踏襲しました。しかし、熊本新町のイベントは現在進行形の作家が芝居絵を描き下ろします。芝居にしても、毎年エピソードを変えて、進化して行くでしょう。毎年新しい芝居絵と芝居を楽しめます。

 町家が美術館という企画も、ひとつの町家に一作家というコンセプトで進行しています。

 熊本城下町の新町、今電車通りはシャッター商店街になりつつあります。しかし、とんでもない財産を抱えています。町の記憶です。歴史と言ってもいい。

 河上彦斎が、坂本竜馬、勝海舟、西郷隆盛が、闊歩した新町。映画ラストサムライの最後の場面の舞台モデルの新町から二の丸公園。神風連の乱がモデルケースです。

 これを利用しない手はありません。確かに、一つ一つのエピソードは断片的ですが、芝居にする事で娯楽として新しく人の記憶に残っていくのではないか。日本における芸能と絵師の超基本的な関係性を復活させようとしているのかもしれません。アートが西洋から輸入される以前の、日本の絵師の姿。

 面白いのは、その絵師達が「アート」の影響下にあるという事実です。これが本当の和洋折衷のミクスチャーアートイベントと言っても過言ではないと思います。今回は河上彦斎の芝居絵という括りの中で、コンテンポラリーアートのコンテクストがどういう形で表出するのか、楽しみですね~。表出しないかもしれません。それも楽しみですね~。

 という楽しみ方もありますよ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Is the Shimmachi art home of autumn 30 in September?It is holding of 3days on October 2.

I think whether one something big the one began to move by hoisting the patriot and Gensai Kawakami at the end of shogunate from Shimmachi.

It is feeling that the person begins to gather in surroundings of Gensai Kawakami as for his saying very so.

The flag of "World from Kumamoto" immediately after having encountered the dispatch cutting was secretly hoisted in 2009. It was surprised because there were people who listened without laughing at this delusion.

Of course, it is not thought that this event of autumn suddenly becomes it so. It was only convinced that the model had been made.

The style of the [ekin] festival of Kochi Prefecture Akaoka was followed. However, the writer of the present progressive draws the play picture and the event of Kumamoto Shimmachi is lowered. The episode of the play will be changed every year, and it evolve. It can enjoy a new play picture and the play every year.

The tradesmen's house progresses and the project of museum progresses by the concept of one writer per tradesmen's house, too.

It is becoming a shutter shopping street according to the train ..Shimmachi in the Kumamoto bourg.. now. However, an unexpected property is held. It is a memory of the town. You may say the history.

Gensai Kawakami is Shimmachi where Ryoma Sakamoto, Kaishu Katsu, and Takamori Saigo. Round park of two from Shimmachi of stage model of the last scene of movie last Samurai. The war of the divine wind ream is a model case.

There is no hand that doesn't use this. Certainly, it is likely to remain newly in the person's memory as an amusement in the thing made a play though an individual episode is fragmentary. Public entertainments in Japan and a super-basic relation of the painter might try to be revived. Appearance of painter in Japan before art is imported from the West.

The interesting one is true, that the painters are under the influence of "Art". I think that it is not an exaggeration to say that this is a mixture art event of true combination of Japanese and Western-style. What shape does the context of the contemporary art express in bundling of play picture of Gensai Kawakami, and the enjoyment this time. 。It is likely not to express it. It is the enjoyment. 。

There is how to enjoy it, too.

[Saryu]

|

« 熊本市新町アートホームの企画詳細の発表はまもなく。 | トップページ | 熊本万引き刃物男逃走事件。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年に掲げた無謀な旗、「熊本発、世界へ」の土台が少しづつ出来てきた気がします。:

« 熊本市新町アートホームの企画詳細の発表はまもなく。 | トップページ | 熊本万引き刃物男逃走事件。 »