« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

熊本市町屋アートホームin新町、開催まであと2日。

 約半年、このイベントを立ち上げるに至って様々な事がありましたし今も起こり続けています。沢山の方にお力を貸していただき、いよいよ町屋アーホームin新町が開催されようとしています。

 注目が高まる程、イベントスケールが大きくなるほど、越えなければいけない壁は途方もなく高くなります。毎回イベントを経験するたびに、自分の至らなさを思い知るのですが、本当に様々な方のご支援があり、今回なんとか開催できる運びになりました。

 町屋の存在をもう一度クローズアップする事。その為に自分が持っている手札の全てを使い切りました。実際、もうカラッポといった状態です。

 これが熊本でアートイベントを手掛けるという事かと、実に様々な勉強をさせて頂いております。どんな事にだっていいことと悪いことがあるのは、イベントに限った事ではないのはないのは皆さんも御存じかと思います。

 一番重要なのは、当初のビジョン通りにやりきる事。色々不備もあり、途中で猛省する事もしばしばですが、自分が描いたヴィジョンを信じる事。それこそが、町屋に新しい価値観を吹き込む事になるはずだと信じてこの半年行動してきました。

 町屋アートホームin新町を開催するにあたり、一番重要なのはそこです。準備には至る所に不備があったりしますし、まだまだ自分も人間的にもオーガナイズ的にも未熟で皆さまに迷惑を掛けております。

 自分が嫌われようが、好かれようが関係なく、重要なのは朽ち果てようとしている町屋に再び脚光をあてる仕事をする事。その為には何をすべきかだけを考えて半年。いよいよ今週末にその結果が出ます。

 成功か失敗か、ではありません。ここまでやり切った皆さまの努力とモチベーションこそが新しい町屋の価値観そのものなのです。町屋を中心にここまで真剣に行動する新町青年会「新風連」と新町の皆さま、新町とは当初ゆかりもなかった協力者の皆さま、参加アーティスト、藤崎八幡宮関係者皆さま、劇団きららと演劇関係者皆さま、ウルトラハウスの皆さま、玉名温泉つかさの湯さま、このイベントに関わっていただいた大勢の協力者さま方。

 そして今週末イベントを仕上げる、見に来ていただくお客さま。

 皆さまに心より感謝いたします。

 有難う御座います。

 それではイベントを楽しんで下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村>

 Very various things were to start this event for a year half [ about ], and it is still continuing happening.
I have power lent to many directions and Machiya アーホーム in Shinmachi is going to be held still more.
The wall which must be exceeded becomes high extraordinary, so that attention increases and an event scale becomes large.
Whenever it experiences an event each time,  realizes its imperfectness, but there is support of the really more various ones and it can be scheduled to hold somehow this time.
Take a close-up of existence of Machiya once again.
Therefore, all the hands he has were used up.
It is actually in the state of カラッポ already.
I am allowed to carry out very various study to this dealing with an art event in Kumamoto.
I regard that there are it being good for anything and a bad thing as your knowing that there is that no it is not having restricted to the event.
Carry through the most important one as the original vision.
Although there are also various defects and it 猛省 frequent on the way, believe the vision which he drew.
Just it believed that a new sense of values would be blown into Machiya, and has acted for this half a year.
In holding Machiya art home in Shinmachi, it is the most important there.
There is a defect in preparation everywhere, and still more, also as a reasonable creature, he is also unripe also in ize [ ogre ], and has made trouble for you.
Although he will be disliked, one the method of good him of one is not related and one's is important should do work which hits a limelight to Machiya which is going to fall into ruin again.
It considers what for that purpose, you should do, and is half a year.
The result comes out still more at this weekend.
In a success or failure, it is not then.
Your efforts and motivation which were carried through so far are just the sense of values of new Machiya itself.
You, the Shinmachi young men's association "new Furen" and Shinmachi, who act earnestly so far centering on Machiya, you, the cooperators who did not have a connection with Shinmachi at the beginning, either, a participating artist, and the Fujisaki Yawata Miya persons concerned -- you, and 劇団きら and others and the theater persons concerned -- the method of Mr. [ who had you concerned with Mr. To of you, you of an ultra house, and Tamana hot spring Tsukasa, and this event / many / cooperator ]
And the visitor who finishes an event this weekend and who has you come to see.
I am thankful to you from the bottom of my heart.
Thank you, Onza います.
Then, please enjoy an event.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

本日の熊本日日新聞朝刊にて記事掲載です。ありがとうございます。

 本日の熊日新聞朝刊に、記事掲載されております。

 将来アートで熊本をどうしたいか問われた時に、あ、どうしたいっていうビジョンが特にないなという事に気付いたのでした。

 今やっていることをきちんとやっていく事だけを考えていました。そうすれば、後悔のない生き方ができるのではないかと。

 将来を諦めているつもりは微塵もありませんが、他人がどうなるこうなるというよりは少しはましな自分になりたいと思っています。

 アートに興味がない方達に、少しでもアートに触れていただく機会を。

 なぜそういう事をしたいのか、何故なぜと問いを繰り返しても答えはみつかりません。ただそうしたいだけだからです。

 人間にとって想像力は必要。それを鍛える意味でもアートは効果があります。

 今週末はいよいよ町屋アートホームin新町開催!

 是非お越し下さい!

 サリュ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

熊本市、町屋アートホームin新町の、兵庫屋での展示作品に使おうかと思っている、脇差が来ました。

 大学の4年間は、総合造形学科と言ってコンテンポラリーアートを勉強しました。クリストやドクメンタについて議論しあうという授業だったり、自分の作品をプレゼンして作品とプレゼンで自分の世界を表現する授業が多かったです。クリストなんて、何かでギネスブックに載った人だろう?程度の知識しかありませんでした。

 作品を作るにあたっても、コンセプトが中心で、光を使ってインスタレーションで表現したりと、絵や彫刻といったある意味古典的な表現は全く勉強していませんでした。思えば、世に出た1998年熊本にはアートシーンと呼ばれるようなシーンは見受けられなかった気がします。

 熊本日日新聞が世安に移転したのは翌年。熊本市現代美術館が出来るまでもう数年待たなければいけませんでした。

 熊本で活動を始めてから13年絵で生きていこうと決意したのと同じ年数です。高校の美術部から作品制作をしてきた年数でいうともう20年!ちょっとビックリ!

 んで、絵でずっとやっていたら紆余曲折あって新町の兵庫屋で作品展示をする事になりました(端折過ぎですが)。

 その中で、脇差を使おうかなと思ってお借りしました。やっと本題ですが、それをどう使うかはまだ思案中ですという事を言いたかっただけで長文になってしまいました。

 兵庫屋の展示スペースというのは、縦にながく7m×2mみたいな室になっています。

 どう効果的に展示するか。

 考え中です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

For four years of a university, he called it the comprehensive modeling subject of study, and it studied the contemporary art.
It argued about Christo or Documenta, and it was the lesson of suiting and there were many lessons which make the presentation of their own work and express their world by the work and a presentation.
There was only knowledge about [ which is the person who appeared in Guinness Book of Records by something in Christo ] ?.
a certain meanings [ express / a concept / at the center / by an installation / using light ], such as a picture and sculpture, even if it hits making a work -- he was not studying a classic expression at all.
If it considers, I will feel that it was not able to see for a scene which is called an art scene in 1998 Kumamoto out of which it came to the world.
It is the next year that Kumamoto Nichinichi Shimbun transferred to 世安.
It must already wait in several years until the Kumamoto contemporary art hall was made.
After beginning activity in Kumamoto, they are the same years as having decided that it would make a living with a picture for 13 years.
20 years as used in the field of the years which have carried out work work from the art club of a high school which will be rich! It is surprised just for a moment!
When doing with the picture by ん, work exhibition will be made 紆余曲折あ in Shinmachi's Hyogo store (it is past 端折).
In it, I thought the kana which will use a short blade and borrowed.
At last, although it is main subject, it is a long sentence how it is used only by wanting to say that it is still under thought.
The display space of the Hyogo store is 7-m x 2 m of ながく 室 [ like ] perpendicularly.
How does it exhibit effectively?
It is among an idea.
Salut

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

町屋アートホームの町屋に展示するのは、マンガ。

 というより、マンガ風。

 絵巻物として考えています。自分の作風を大事にするより、面白い感じに仕上がればいいなと思っています。

 今回の展示は、これまでの作品世界とはほとんどリンクしないものになります。それでいいのだと思います。自分の絵はこうだからと、決め込んでしまうことはしません。

 ある意味自由になったのか、どうか。どちらにしても、良くないとだめなのでそこのところを気にしながら制作をしています。どんな作品を制作しても、どこかにらしさがでれば、まぁいいかと最近思います。

 パステル画の制作スピードに対して、イベントの進行スピードが早すぎるのでそれに対応する為には試行錯誤がまだいるなと感じております。

 これがアートかどうか、それを追求するよりも面白いものを作りたい。これ、面白いと思いますという作品をお見せしたいというのが今の欲求です。

 さぁ、作品制作の続きです。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

rather than -- comics -- a style.
It thinks as a picture scroll.
I hope that I am finished in interesting touch rather than prizing one's style.
This exhibition hardly links with the old work world.
Then, I think that it is good.
It does not carry out taking it for granted since its own picture being like this.
How is [ whether it became a certain semantic freedom and ] it?
Whichever it uses, it is making caring about the place there, since it must be good.
If らしさ appears in somewhere no matter what work it may make, I will think these days whether it is good well.
To the work speed of a pastel, since the advance speed of an event is too early, in order to correspond to it, trial and error think "don't be yet."
I would like to make an interesting thing rather than pursuing it for whether this is an art.
It is the present desire that I would like to show this work of thinking that it is interesting.
Now, it is a continuation of work work.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

町屋アートホームin新町のチラシが出来上がりました!mocosとドコサの記事です!

 ここに登場している芝居絵は、最初に書いた台本の場面ですが、新しい台本ではこの場面はありません。ですが、血みどろ絵として成り立っているのでそのままに描いてみました。

Photo_2   本当は当日まで出し惜しみしておきたかったのですが、インパクトを考えると出さざるを得ません。

 夜、ろうそくで見る事前提の絵なので、こうやって明るい場所で写真にとると違和感があるのですが、その様子は当日ご確認下さい。

 月刊mocosの掲載のページもアップします。

10mocos  そしてさらに、ドコサにも!

Docosa1109_1  本日も芝居の稽古です。花の踊り子大募集中!

 さらに26日は玉名温泉つかさの湯さんの湯すとり~むとのコラボ企画第一弾開催予定!お見逃しなく!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

本日熊本は藤崎宮例大祭です。三畳美術館の前を通り過ぎて行きます。そんな中、作品制作中。

 新町はお祭りで、道の両脇には沢山の人が見物しています。

 太鼓とラッパの音が大音声で聞こえてきます。本当に目の前を随兵が通って行きます。

 そんな中、いよいよあと2週間を切った町屋アートホームin新町の、町屋展示用の作品を制作に入りました。90cm×700cmという、横長の作品です。

 は~、もっと計画的に制作すればいいのでしょうが、アレもコレもやらなきゃと言っている内にこんな期日になってしまいました。

 この間神風連資料館で、河上彦斎和歌集という資料を600円でゲットしてきて、絵の内容を決めました。最初、芝居絵を描こうかと思っていたのですが、やはり彦斎が斬りまくる妄想が湧いてきたので、それを描きます。

 という訳で、制作。

 明日は天神でモヒカンポシェットの商談です。

 色々ありますね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Shinmachi is a festival and many persons are seeing him by both side of a way.
The sound of a drum and a trumpet can be heard by a powerful voice.
A 随 soldier goes through impending truly.
Such inside went into work the work for the Machiya exhibition of Machiya art home in Shinmachi who was below two more weeks still more.
It is an oblong work called 90 cm x 700 cm.
は? and while [ although what is necessary will be just to probably make more intentionally, ] Allais has also called it the Colet mist なきゃ, such the date comes.
Data called the Kawakami 彦斎 anthology of waka poems were got for 600 yen, and the contents of the picture were decided in the God Furen scientific library in the meantime.
Although he thought that he would draw a play picture at first, since the delusion which 彦斎 cuts too has sprung, it is drawn.
It makes by the reason for saying.
It will be a business talk of a morphine can pochette for Tenjin tomorrow.
Is it variously?
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

河上彦斎を演劇にするにあたり、祀られている桜山神社に参ってきました。

 熊本市黒髪5丁目桜山神社には、神風連資料館があります。

 以下、神風連資料館のパンフレットから抜粋。

 「明治の初年熊本には敬神攘夷を信条とする神風連という一団があった。彼等は明治新政府の急激な欧米化の施政を国本を危うくするものと憂慮し、ひたすら神明の擁護を祈っていたが、明治9年の廃刀令が出るに及んでついに宇気比によって挙兵した。その数170人あまり、彼等は鎮台を攻め、軍官の要人を襲ったが、近代火砲の前には長くは続かず一夜にして敗れ、その多くは戦死、自刃して果てた。」

 というのが神風連の変のあらましです。

 その気脈を作ったのが宮部鼎蔵であり、河上彦斎です。彦斎は加藤神社と菊池神社の必要性を説き、実際に実現します。

 この間、藤崎八幡宮の禰宜さんに「宮部鼎蔵が参拝した記録が残っている」と教えられて、もっと歴史上の人物が身近に感じました。

 熊本には連綿とした武士や町人、職人の歴史がある事を肌で実感する事が最近多いです。

 河上彦斎の演劇をするにあたって、熊本の歴史を少しずつ理解し始めています。これが今後作品に影響するかは分かりませんが、歴史を知るということは誇りを知るということでもあるのかも。

 よかったら神風連までを含めて、知ってもらいたいです。

 この資料館には、河上彦斎自筆の書簡が展示してあります。お客さんはほとんど県外からばかりだそうです。ぜひ一度足を運ばれて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

5-chome, Kurokami, Kumamoto-shi cherry tree Yamakami has a God Furen scientific library. From the pamphlet of a following and God Furen scientific library to an extract "There was a group called God Furen which makes the 敬神 exclusion of foreigners a principle in first year Kumamoto of Meiji. Although they apprehended the administration of rapid West-izing of the Meiji new government with what makes Kunimoto dangerous and it was praying for Shinmyo's protection intently, the decree banning the wearing of swords in Meiji 9 reached for coming out, and raised an army by the 宇気 ratio at last. not continuing for a long time in front of modern artillery, but being beaten in one night, although a little more than several 170 people and they attacked 鎮台 and the important person of the army official was attacked -- the many are battle casualties -- the self-edge was carried out and it ended. " What is said is a strange outline of God Furen. The Miyabe 鼎蔵 made the secret understanding and it is the Kawakami 彦斎. 彦斎 explains the necessity for the Kato shrine and the Kikuchi shrine, and actually realizes it. In the meantime, it was taught to the negi of Fujisaki Yawata Miya "The record at which the Miyabe 鼎蔵 worshipped remains", and the historical person felt it familiar more. It realizes from experience that there is history of a continuous samurai and townspeople, and a craftsman in Kumamoto these days in many cases. In carrying out the theater of the Kawakami 彦斎, he is beginning to understand the history of Kumamoto little by little. Getting to know history, although there is no telling whether this will influence a work from now on is also getting to know pride. I include even God Furen and want it to know, when good. In this scientific library, the letter in its Kawakami 彦斎 own hand is exhibited. It is said about and that the visitor is almost from the outside of the prefecture. Please visit once. Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

英国王のスピーチを見ました。何故アカデミー賞受賞なのか、よく分かりませんでした。

 我が家はテレビがないので週末に1~2本のDVDを借りて見るのが、映像に触れる唯一の機会です。

 今回は英国王のスピーチ。で、アカデミー賞総なめなんでしょうか、わかりませんが。

 いい映画でした。としか言いようがないですね。英国の歴史をもっと知ってから見るといいのでしょうか。特に感想はありません。ひどい映画評だな。

 で、戦火のナージャ。電気館の前でポスターを見て気になっていました。闇の列車、光の旅もそのパターンで見て、あれは素晴らしい映画でした。が、戦火のナージャ。予備知識なく見て、最後の終わり方に唖然。

 きっと途中で予算が足りなかったんだ!とか言いながらネットで調べたら、三部作の真ん中だと?知らんし~。もう、一作目も三作目も多分見ないし~。

 この映画、なんか誰にも感情的にシンクロできないのでとても見ていてつらいです。ロシアの人ってこんな感じなのかとしか思わなかったですね。

 という訳で、個人的に微妙な作品を見てしまいました。

 素直に予算6,000円で撮ったゾンビ映画とかの新作を見ればよかったのか。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Borrowing and seeing 1?2 DVDs during a weekend, since my home does not have television is the only opportunity to touch an image. It is the British king's speech this time. It comes out and there is no telling whether it will be Academy Award complete victory. It was a good movie.  coming out -- the shin. Is it good in seeing, after getting to know the history of Britain more? There are no comment in particular. It is a severe motion-picture review. It comes out and is Naja of war fire. In front of the electric hall, the poster was seen and it was worrisome. That was a wonderful movie, also seeing an illegal train and the trip of light by the pattern. Naja of war fire. It is  to how to finish the last by seeing without preliminary knowledge. surely -- on the way -- it came out and the budget was lacking -- if it is the middle of a trilogy when investigating in a network, calling it ! etc.? It does not know? . Any longer, probably the first work and the third work are not seen? . Since it can synchronize with this movie, what, or nobody with an emotioned bias, I am hard to look very much. The person of Russia thought whether to have been such touch. By the reason for saying, the delicate work has been seen individually. Should the zombie movie obediently filmed on the budget of 6,000 yen and that new work be seen?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

昨日は河原町アートの日のアワードと、夜は早川倉庫での市長の対談に行きました。

 対談の最後の方で、作家が飯を食えるよにするにはどうしたらいいかという議論になりましたね。

 売れる絵を描けとか、芸術家企業論のプチ焼き直しの話しになりました。

 世界で戦える実力を持たなければいけないとか。

 本当に作家の生き方は様々です。どう生きれば正解かは分かりません。制作活動で稼いでいく事がそんなに重要なのかも、最近は分からなくなってきた。

 売れる作品=いい作品な訳ないと、随分前から言ってきました。

 世界一うまいラーメンがカップラーメンなら、話しは別ですが。

 コストパフォーマンス、コマーシャル、販路、流通、全てにおいて自己管理ができる作家のみに成功の道が拓けるのでしょう。

 一時期音楽の世界でも、ミリオンセラーになってチャートを独占しまくっていた音楽の大半が?なんで?という出来のものばかりでした。そうじゃありませんでしたか?音楽の場合はプロデュサーの仕事ですが。

 そういえば、この間高知のホテルで見た番組で草間彌生がプロデューサーに「私をピカソより有名にしなさい!」と傲然と言い放っているのを見て、なんだか心底うんざりしました。

 自分が死んだあとも、その作品が何十年と人の視線と評価に耐えられるかなと、よく考えます。死ぬ前に完全に自分が納得する作品を描けたらもうそれだけで満足です。実は。

 生きて行かなければいけないから、金を稼がなければいけない。ただそれだけの事です。金がたんまりある人生で、稼がなくても良かった人達も傑作を残していますから。説明する必要はすらありませんが、ロートレック、ドガ、セザンヌ、皆絵を売る必要すらなかった。ドガは40越えてちょっと状況がかわりますが、結局お金を作品で稼ぐということは作品の良しあしとはほとんど関係ない事を貴族画家は証明しているのではないでしょうか。

 作家が作品で稼ぐことは重要だと思いますが、それを理由に売れ線の絵ばかり描くのだったら普通に働いて好きに描く方がましだよっていうと、それは趣味ですかと言われてしまうのですね。

 最近はさすがに言われませんが。

 趣味かどうかは作品で判断するしかないでしょう。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Did the writer become the argument whether what I should do for making it  which can consume a meal, in the direction of the last of a talk? It became a talk of draw the selling picture and a petit rehash of an artist theory of the firm. Is it, when it must have the ability which can be fought in the world? A writer's way of life is truly various. If it lives how, it is not understood whether it is a correct answer. It does not understand anymore so importantly [ working by work activities ], and these days. The selling work = if it should not say and there is a work, it will have said from before fairly. The talk is another if the nicest ramen noodles in the world are cup ramen noodles. The way of a success could be cultivated only to the writer who can do self-control in cost performance, commercials, a market, circulation, and all. The great portion of music which becomes a million seller and temporarily monopolizes a chart also in the musical world? It was only the made thing ?, why. Wasn't that right? In the case of music, it is work of pro. When saying so, in the program watched in the hotel in Kochi in the meantime, Yayoi Kusama was seen have declared  with "Make me more famous than Picasso" to the producer, and from-the-bottom-of-its-heart disgust was carried out somehow. Also after he dies, the work considers well the kana which can be equal to what ten years, people's look, and evaluation. If the work to which he is completely convinced can be drawn before dying, it is already satisfactory only at it. In fact. Since it must live and go, you have to earn gold. It is merely right. golden  -- since the people who did not need to work have also left the masterpiece in a certain life. Although the necessity of explaining was not thosewith (ed), it did not have even the necessity of selling Lautrec, Degas, Cezanne, and . A work carries out right [ of saying / earning money with a work after all ]. Although Degas exceeds 40 and changes his situation just for a moment, is not the aristocrat painter proving that  is hardly related? although I think it important that a writer works with a work, it is better to work ordinarily and to draw liking, if it sells for reasons of it and only the pictures of a line are drawn -- it is a hobby when it depends and says -- will it be called being? It does not say truly these days. Probably, it must be judged with a work whether it is a hobby

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

熊本市新町嗚呼斗芝居「赤き心の花や咲くらん~河上彦斎異聞~」最初のワークショップが終了!すごいお芝居になる事間違いなし!!

 昨日、町屋アートホームin新町の一環として上演するお芝居の最初のワークショップに参加させていただきました!

 初めての経験でしたが、誰にでも初めての事はあります。

 お芝居の内容ですが、これまたヤバイ、面白泣ける、河上彦斎という人物がぐっと身近に感じるものになっておりました。

 台本、演出は劇団きららの池田美樹さん!

 歌って踊る方大募集中です。皆で楽しくお芝居を盛り上げて行きましょう!

 かくいう私は、町屋での展示物と今から格闘しなければいけません。ので、何かの役で出演させていただきたかったのですが、ちょっと難しそうです。

 本イベントの核である、町屋の存在をどうすればアピールできるのか思案中。このイベントで町屋がクローズアップされれば、町屋のさらなる可能性が見えてくるはずです。

 今、不動産屋で気軽に借りれる町屋は絶無です。しかし、空いている物件は100以上ある。これは、町屋という存在の希少価値がまだ世間に浸透していないという事。

 このイベントで少しでも町屋に注目が集まれば、熊本の町屋事情も大きく変わってくる事を期待しています。

 その為にアーティストがどう町屋と向き合い、作品を展示するのか。ここが重要です。個々のアーティストがどう向き合うかは、自由です。町屋と対立するか、融和を果たすか、無視するか。様々な切り口がある中で、どう展示するのか。

 見どころの一つです。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I was allowed to participate in the workshop of the beginning of the play performed as part of town house art home in Shinmachi yesterday. Although it was the first experience, anyone has the first thing. Although it was the contents of the play, the person of this, ヤバイ, 面白泣ける, and the Kawakami Gensai felt close suddenly. A script and production are Ms. Miki Ikeda of 劇団きらら and others! It is [ Masahiro / who sings and dances ] under collection. Let's heap up a play happily and go all together! From now on, I who write and who say have to fight with the showpiece in Machiya. It seems to be slightly difficult, although I was allowed to appear and being swarmed with some roles by の. It is under thought whether to carry out the existence of Machiya which is a core of this event to appeal how. If a close-up of Machiya is taken in this event, the further possibility of Machiya must be seen. Machiya which can be borrowed freely now in a real estate agency is none. However, there are 100 or more vacant housings. This should say that the scarcity value of the existence of Machiya has not permeated the world yet. If attentions gather in Machiya in this event, it is expected that the Machiya situation of Kumamoto will also change a lot. Therefore, how does an artist face Machiya and exhibit a work? This is important. It is free how each artist faces each other. Is it opposed to Machiya, or do you achieve reconciliation, or ignore? While there are various cut ends, how does it exhibit? It is one of the highlights.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

いよいよ本日19:00より、新町宮本建設3Fにて新町嗚呼斗芝居の稽古が始まります!役者募集!!

 10月1日(土)18:30上演の新町嗚呼斗芝居「赤き心の花や咲くらん~河上彦斎異伝~」の稽古が本日の19:00~、新町の宮本建設3Fにて始まりますよ!

 現在役者、大募集中!

 男性切られ役、5名ほど。

 女性、歌って踊る役、5名ほど。

 演劇指導は劇団きららの池田美樹さんですよ!

 お気軽にお申し込み下さい!河上彦斎異伝をより一層楽しみましょう!

 参加お申し込みは 080-4288-8882 櫻井まで。

 このブログからのメールでもOKです。

 稽古はどなたでも見学可ですので、ちょっと見てみたいという方もお気軽にお尋ね下さい。

 今日は私も顔を出させて頂きます。この芝居から芝居屏風絵が描かれる訳です。

 どんな芝居になるのか、まだ分かりませんが、いよいよ河上彦斎が現代に蘇る瞬間が近づいているのです、楽しみです。

 来週は河上彦斎が分祀されている黒髪にある、桜山神社に御挨拶に伺おうと予定しております。神風連の資料館もある場所です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

熊本市新町嗚呼斗芝居「赤き心の花や咲くらん~河上彦斎異伝~」の稽古がいよいよ今週末から始まりますよ!

 町屋アートホームin新町のイベント三本柱の一本、河上彦斎の芝居の練習がいよいよ始まりますよ!

 只今、芝居の台本を劇団きららの池田美樹さんが演出中です!素晴らしい!

 演劇に関しては、全くの素人でしたが、なんとか描き上げた台本を演出していただいております。全く、原作とかおこがましいですね。そんなレベルの台本ではなかったのですが、きっと面白いお芝居になるでしょう!

 初日は、少しお邪魔して御挨拶をさせていただきたいと思っております。

 稽古場は今調整中ですので、分かり次第ご報告を。多分、オープンな稽古になると思われます。場所は新町のどこかになる予定です。

 いよいよ新町のアートイベントの幕が開き始めました。

 次は芝居絵の現在をリポートしたいと思っていますが、予定は未定。

 もう今月も三分の一が過ぎようとしている!

 イベント開催月に入るといつも時間が飛ぶように過ぎます。あれもこれもと欲張ってしまうからでしょう。

 一度に全てを望んで、マッハ50で駆け抜ける by ブルーハーツ

 そういうスピードで生きていたいですね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

1 of Machiya art home in Shinmachi's three event pillars and practice of the play of the Kawakami Gensai start still more! Now, Ms. Miki Ikeda of Kirara and others is directing the script of a play! It is wonderful! Although it was an entire amateur, I have the script drawn somehow directed about theater. completely -- an original -- ridiculous -- coming out -- the shin. surely interesting, although it was not a script of such a level -- you will act a part! I think that a little first day extends [ be / I / allowed to た ] a greeting by interfering. It is a report immediately after understanding, since a practice room is under adjustment now. It seems that it probably becomes open exercise. A place is due to become somewhere in Shinmachi. The curtain of Shinmachi's art event began to rise still more. A schedule is undecided although he would next like to report the present of a play picture. 1/3 is already going to pass this month also! If it goes into the event holding moon, it will pass so that time may always fly. It will be because it will be avaricious also in that and this. All are desired at once and it runs at Mach 50. by bluehearts I would like to be alive at such speed. Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

屏風絵が仕上がらないんだ。仕上がったら宣伝に、河原町のアワードに出そうかと思っているのですが、期日ギリギリでもいいのかな?

 今週末でしたよね、河原町のアワードは。

 どうなんでしょうか、絵が仕上がったら町家アートホームの宣伝の為にも参加しようかなと思っているのですが、期日ギリギリでもいいのかなぁ。

 まぁ、ダメなときはダメでしょうがないでしょうね。

 急ピッチで描いているつもりでも、なかなかはかどらないのが作品制作。パステル画に関しては、イベントが終了するまで手も出せない。

 しかも、今回は町家の展示もあるのでなおさら。

 自分の要領の悪さに焦れつつも、早くも今日は9月も5日だ!ヤバイ!

 制作、制作。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

When it was the end of this week, award in Kawaramachi :.

It date [a;] ..good.. even in case of the very limit what how though thought the participation when the picture finishes for the advertisement of the tradesmen's house art home.

Well, there might not be no goodness though might be not good.

Work production of not making progress easily even if it will draw rapidly. The hand cannot be put out for the pastel drawing until the event ends.

Moreover, all the more because the tradesmen's house also is exhibited this time.

September is five days today already though fretted at my poor points. [Yabai].

Production and production.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

モヒカンポシェットのホームページが出来上がりましたので、お楽しみ下さい。

 これまでのモヒカンポシェットのアーカイブをして行こうと、ホームページを制作致しました。

 モヒカンポシェットHP

 今度は新町三畳美術館と、NPOアートスイッチのアーカイブサイトだな。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Even if the archive of a current mohican pochette was done, the homepage was produced.

Mohikanpochette HP

No ARCHIVE SITE of 3 mat in Shimmachi museum and the NPO art switch this time.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

ノルウェーの森を見たが、いまいちピンと来ず。

 唯一の娯楽が、週末1本か2本のDVDを見る事です。

 我が家にはテレビがないので、パソコンで見ます。

 で、先週末はノルウェーの森を見ました。美しい映像と、映画評でありましたが、そんなに特段美しいか?と思いました。

 昭和の日本というよりは、どこか別のアジアな空間といった感じで馴染めず。そんなにいつから始終オシャレな空気はいらねーよという反発を感じたのはなぜか。日本の中のアジア的な要素を引き出したかったのかな。

 学生闘争の時代に独自のスタンスでいる主人公という設定なのか知らないが、なんかフニャフニャしてるだけでいまいち分からない。

 要するに、昔から村上春樹の作品が肌に合わないのでした。

 以上。(感想が出てこない)

 その後、憑神を見ました。こっちの大衆娯楽感がある方が肌に合う。映画の趣味は、悪い方だと自分でも思いますから。

 暇があればゾンビものばかり見ようとします。何故でしょうか。ホラー大好きですが、サスペンス要素があるのは嫌いです。ソウとか、もういいよと思ってしまうのですね。本もまず推理物とか読みません。

 ノルウェーの森は、私が見るべき映画ではなかったという事でしょう。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The only amusement is a thing to see 1 or 2 DVD on the weekend.

It sees with the personal computer because there is no television in my home.

The forest in Norway was seen at [de] and the end of last week. Special steps beauty [shiika] so much though it was a beautiful image, and a movie criticism?It thought. 

It is not possible to become familiar by feeling during [kara] another Asia somewhere rather than the Day of Showa book. ..always fashionable air tile.. you see why ..feeling.. when so much.  repulseDid you want to draw out an Asian element in Japan?

Only it [funyafunya]s and it is not understood so good though doesn't know whether it is a setting of hero in an original stance with in the age of the student struggle what it is.

In short, because Haruki Murakami's work was not appropriate for the skin for a long time, it did.

The above(The impression doesn't come out. )

Afterwards, [**kami] was seen. It is appropriate for the skin that there is a popular amusement feeling here. When the hobby of the movie is bad one, even I : because I think.

It tries to see only the zombi one if there is free time. WhyThe suspense element is hated to be horror though it loves. I think [sou] to be an already good. The book doesn't read the reasoning thing either.

The forest in Norway might be a thing that I was not a film worth seeing.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

町家アートホームin新町、いよいよ一カ月を切ってきました。ガンガン制作しないと、間に合わない!

 芝居屏風絵が今、半分上がったくらいでしょうか。

 町家アートホームでは「兵庫屋」にて展示予定です。内容は、芝居絵に挑戦してみようかと思います。薄暗がりの中で見る残酷絵を描く予定です。

 そうです、屏風絵を仕上げないと取り掛かれないので、急ピッチで仕上げています。この屏風絵も夜の展示ですので、ギリギリまで派手な色で描いております。昼、蛍光灯の下で見ると残念な感じなのが面白いですね。

 この薄暗がりで見るという状況がポイントで、いつもと同じに描いていたら暗過ぎてよく見えないという状況になります。

 描いたら、夜になるのを待って暗闇にし、ライターなりろうそくの火なりで見え方を確認する方法を採ります。この限られた設定が、逆に新しい可能性を見せてくれるのではないかと期待している所です。

 もう、イベント期日まで一カ月を切りました。いよいよ、新町嗚呼斗芝居の稽古が始まる時期です。予定では6日から、町家「かね屋」で稽古の初日が始まります。

 どんなお芝居になるのか。どんな屏風絵になるのか。町家の展示はどうなるのか。

 全く楽しみです。

 乞うご期待。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Did half the play folding screen picture go up now?

It is an exhibition schedule in the tradesmen's house art home by "Hyogoya". I think that challenge the play picture by the content. The cruel picture seen in the dim light is scheduled to be drawn.

It is so, and because it is not possible to begin if the folding screen picture is not finished up, rapidly finishes it up. Because this folding screen picture is an exhibition at night, even the very limit is drawn by a gay color. It is regrettable and is white when seeing under the fluorescent lamp in daytime.

When the situation of seeing in this dim light draws with the point as well as always, it is too dark and becomes a situation of not seeing it well.

It is waited that the night comes when drawing, makes to the dark, and the method of being likely being likely the writer it and confirming how to see it by the fire of basing on is adopted. It is a place expected that this limited setting shows opposite a new possibility.

One month is already under until the event date. It is time when the practice of Shimmachi [artshibai] play starts more and more. The first day of the practice starts by tradesmen's house cannot "Shop" on the sixth in the schedule.

What kind of play do it become?What kind of folding screen picture do it become?How does the exhibition of the tradesmen's house become it?

It is quite the enjoyment.

Begged expectation.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »