« 英国王のスピーチを見ました。何故アカデミー賞受賞なのか、よく分かりませんでした。 | トップページ | 本日熊本は藤崎宮例大祭です。三畳美術館の前を通り過ぎて行きます。そんな中、作品制作中。 »

2011年9月16日 (金)

河上彦斎を演劇にするにあたり、祀られている桜山神社に参ってきました。

 熊本市黒髪5丁目桜山神社には、神風連資料館があります。

 以下、神風連資料館のパンフレットから抜粋。

 「明治の初年熊本には敬神攘夷を信条とする神風連という一団があった。彼等は明治新政府の急激な欧米化の施政を国本を危うくするものと憂慮し、ひたすら神明の擁護を祈っていたが、明治9年の廃刀令が出るに及んでついに宇気比によって挙兵した。その数170人あまり、彼等は鎮台を攻め、軍官の要人を襲ったが、近代火砲の前には長くは続かず一夜にして敗れ、その多くは戦死、自刃して果てた。」

 というのが神風連の変のあらましです。

 その気脈を作ったのが宮部鼎蔵であり、河上彦斎です。彦斎は加藤神社と菊池神社の必要性を説き、実際に実現します。

 この間、藤崎八幡宮の禰宜さんに「宮部鼎蔵が参拝した記録が残っている」と教えられて、もっと歴史上の人物が身近に感じました。

 熊本には連綿とした武士や町人、職人の歴史がある事を肌で実感する事が最近多いです。

 河上彦斎の演劇をするにあたって、熊本の歴史を少しずつ理解し始めています。これが今後作品に影響するかは分かりませんが、歴史を知るということは誇りを知るということでもあるのかも。

 よかったら神風連までを含めて、知ってもらいたいです。

 この資料館には、河上彦斎自筆の書簡が展示してあります。お客さんはほとんど県外からばかりだそうです。ぜひ一度足を運ばれて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

5-chome, Kurokami, Kumamoto-shi cherry tree Yamakami has a God Furen scientific library. From the pamphlet of a following and God Furen scientific library to an extract "There was a group called God Furen which makes the 敬神 exclusion of foreigners a principle in first year Kumamoto of Meiji. Although they apprehended the administration of rapid West-izing of the Meiji new government with what makes Kunimoto dangerous and it was praying for Shinmyo's protection intently, the decree banning the wearing of swords in Meiji 9 reached for coming out, and raised an army by the 宇気 ratio at last. not continuing for a long time in front of modern artillery, but being beaten in one night, although a little more than several 170 people and they attacked 鎮台 and the important person of the army official was attacked -- the many are battle casualties -- the self-edge was carried out and it ended. " What is said is a strange outline of God Furen. The Miyabe 鼎蔵 made the secret understanding and it is the Kawakami 彦斎. 彦斎 explains the necessity for the Kato shrine and the Kikuchi shrine, and actually realizes it. In the meantime, it was taught to the negi of Fujisaki Yawata Miya "The record at which the Miyabe 鼎蔵 worshipped remains", and the historical person felt it familiar more. It realizes from experience that there is history of a continuous samurai and townspeople, and a craftsman in Kumamoto these days in many cases. In carrying out the theater of the Kawakami 彦斎, he is beginning to understand the history of Kumamoto little by little. Getting to know history, although there is no telling whether this will influence a work from now on is also getting to know pride. I include even God Furen and want it to know, when good. In this scientific library, the letter in its Kawakami 彦斎 own hand is exhibited. It is said about and that the visitor is almost from the outside of the prefecture. Please visit once. Salut

|

« 英国王のスピーチを見ました。何故アカデミー賞受賞なのか、よく分かりませんでした。 | トップページ | 本日熊本は藤崎宮例大祭です。三畳美術館の前を通り過ぎて行きます。そんな中、作品制作中。 »

町屋アートホームin新町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河上彦斎を演劇にするにあたり、祀られている桜山神社に参ってきました。:

« 英国王のスピーチを見ました。何故アカデミー賞受賞なのか、よく分かりませんでした。 | トップページ | 本日熊本は藤崎宮例大祭です。三畳美術館の前を通り過ぎて行きます。そんな中、作品制作中。 »