« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

八日目の蝉。

 八日目の蝉を見ました。完璧にパーフェクトワールドでした。ケビン・コスナーを思い出します。

 あの時キャスパーが一時流行りましたね。確かキャスパーで映画化もされたような。

 クリント・イーストウッドが監督出演だったでしょうか。ウロ覚えなんですが、良かったですね、あの映画も。

 八日目の蝉見て思ったのは、なんか、ノウハウ的なものがあるのかな~最近、という事でした。ストーリー展開とか構図とか本当にうまいんですけど、はみ出す部分ってないな~という。多分、原作に忠実なのかも(読んでいないので分からない)知れません。

 その点、告白は凄かったな。比べるものではありませんが。過剰にはみ出す部分が凄かった。

 そして、最近みんな演技うまいな~と思います。

 で、GANTS。

 これも凄い。見終わった後の感想が何も出てこない。こういうのも最近の流れなのかな。登場人物に感情の移入を許さない演出。いや、それは自分だけか?分かりませんが、面白い映像をずっと見ているという感想です。

 全然ここ最近ではないのですが、個人的なラズベリー賞があって結構ずっと実写のデビルマンだったのですが、笑う警官が入ってきてます。これは二本ともマジでヤバイ。

 関係ありませんでしたね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The cicada of Le Huitieme Jour was seen.
It was a perfect world perfectly.
Kevin Costner is remembered.
Was Casper prospering temporarily at that time?
as [ made / a screen version / in Casper / surely ]
Was Clint Eastwood a supervisor performance?
good, although it was a ウロ memory -- peevish [ come out and ] -- that movie.
some those of 蝉見て思った of Le Huitieme Jour has a know-how thing -- it was these days [ ? ].
there is neither story deployment nor composition nor a portion protruded although it is really nice -- it is called ?.
probably, faithful to an original -- it is not found a thing (since it is not reading, it does not understand).
In that respect, confession was uncanny.
It does not compare.
The portion protruded superfluously was uncanny.
and these days -- everybody -- performance -- it is nice -- I think ?.
It comes out and is GANTS.
This is also uncanny.
No comment after finishing seeing come out.
Does the latest flow also say like this?
Production which does not allow characters the import of feeling.
No, is it only itself? Although it does not understand, they are the comment of seeing the interesting image.
Although it is not these days [ here ] at all, there is an individual raspberry prize, and very well all the time, although it was a devil man of the on-the-spot photo, the policeman who laughs enters.
It is [ two ] serious and this is ヤバイ.
Wasn't it related?
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

法人格の定款の書き換えは大変です。

 NPOの事務所の住所変更をしようと法務局に行きました。住民票の変更程度に考えていたら大甘でした。

 なんやかんやで書類作成して、本日提出。懐に余裕がある法人が、行政書士に依頼する気持ちが分かる。

 イベントの企画書にしろ、法人格して運営していくにしろ、書類作成がどこまでもつきまとってきます。これはもうしょうがない。

 本来絵描きですから、こういった書類関係の仕事はそんなに得意ではありませんが、出来るようにはなってきました。事務職とかまず無理だろうな~と思います。今までやってきた仕事も体を動かすものばかり。そういえば、某ねんりんピックのマスコットキャラクターに半年位入っていたな、去年。ねんりんピック体操、できます!

 派遣切りにあってから早3年。

 闇雲に動いてきました。自分がどう変わったかは分からないけれど、合志のアパートで半導体の工場に行きながら夜ひたすらパステル画を描いていたあのころ気持ちは忘れません。

 今もそうやりながら、絵を描き続けている人が日本に何万人いるのかは分かりませんが、行ける所まで行こうと呼びかけたい。自分を削って作品を制作している姿は美しいと思います。

 地方のアーティストには発表の場がなかなかなかったりしますが、少しでもそういう場を作っていくのがNPOアートスイッチの仕事のひとつでもあります。

 そうしないと、才能がどんどん都会に流出しますよね。これが関東一円だったら面白い才能はほとんど東京に出て行ってしまうのでしょうけど、ここは熊本。面白い表現は沢山ありますよ。

 もっと色々動かなければね。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It went to the Legislative Bureau to make an address change of the office of NPO.
It was large 甘 as it thought to the change grade of a resident card.
a what kettle -- coming out and carrying out documents creation -- today -- presentation.
The feeling which the corporation which has a margin in the bosom requests from a public notary is known.
use the plan of an event -- carry out for carrying out juridical personality and managing -- documents creation has how far -- it is come and clothed.
This is already unavoidable.
Since it is originally an artist, work documents-related [ such ] is not its favorite so, but it has come to be able to do.
clerical work -- it will be impossible first -- I think ?.
Only always that from which the work done until now also moves the body.
If it says so, it goes into the mascot character of a certain ねんりん pick half a year, and it is a shelf and last year.
ねんりん pick gymnastics, made !
It has already been three years since it was in the "temps"-cutting.
It has moved blindly.
Although there is no telling how he changed, he does not forget a feeling, when [ that ] the pastel was drawn intently night, going in the apartment in Koshi to the factory of a semiconductor.
Although there is no telling whether what 10,000 persons who are continuing drawing a picture are in Japan still doing so, I would like to appeal by saying that it will go to the place which can go.
I think that the figure which deletes itself and is making the work is beautiful.
It is also one of the work of an NPO art switch to make such a place with a splendid place of an announcement for a local artist, although cut.
Otherwise, the talent flows into a city rapidly.
[ けど and here ] where I will leave most interesting talents in Tokyo if this is the Kanto whole place are Kumamoto.
There is much interesting expression.
If it does not move variously more.
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

パステル画の書き方⑥

 さて、やっと6回目のパステル画の描き方です。

 前回はかなりマニアックな色ごとの特性を書きました。

 特に質問等ありませんでしたので、また自由に書いてしまいます。

 パステルを最初に使ってみて、一番とまどうのは混色の難しさではないでしょうか?これは実は、ここで簡単に書く事ができないほど難しい事です。

 よく「パステルっぽい」といわれるほんわかした絵がありますが、ほとんど混色していません。単色を塗り重ねてほんわかさせていますね。

 いいんですけど、深みは出ません。鮮やかさは若干ありますが。

 ロートレックがゴッホモデルにパステルで描いた作品があります。確かオランダのゴッホ美術館で見た記憶がありますが、補色を巧みに使った鮮やかな絵でした。

 何が言いたいのかというと、色を自由に使う為には色の勉強が必要という事。そういう本は普通に本屋にありますし、ネット上でも沢山紹介されていると思うのでここでは書きませんが、絵描きも感覚だけで絵を描いているのではないという事です。

 ゴッホの絵を年代順に見て行くと、それが良く分かります。オランダからパリに出て色の使い方を学んでいく過程には興味をそそられます。どんどん色の使い方が巧みになっていく。

 極端な話、この時代に分光スペクトルが解析されて、印象派の絵に採り入れられたことが現代アートへの道を切り拓くのですが、そのムーブメントを目の当たりにして感覚ごと吸収したのがゴッホです。

 感覚は置いておいて理論のみ展開したのがスーラとか、印象派も面々で分光スペクトルの解釈の違いはあるもののこの新しい科学を皆勉強している。

 熊本県立美術館で開催されている印象派展は来場二万人を超えたそうです。う~ん、すごいです。科学の力。分光スペクトルの力。今世紀の熊本でそれだけの集客!色の分析は重要。

 ここをそれぞれが勉強しておかないと、いつまでも感覚のみに頼った絵になってしまうのです。そういう絵もいいのですが、長く描いていると行き詰るのも確かだと思います。自分の感覚のみに頼って描く程、才能ありませんから自分。

 そういう訳で、パステルの混色は難しいのです。事前に別の紙で試し混ぜとかしたほうがいいかもです。パレットで混色できませんから。そうやって試行錯誤の時間を過ごしていたのだな、初期は。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Now, it is how to draw the 6th pastel at last.
The characteristic for every quite maniac color was written last time.
Since there were no question in particular etc., they will be written freely.
Is that is most puzzled using the beginning in pastel the difficulty of mixed colors? This is so difficult that it cannot write easily in fact here.
Although there is  well said "Seemingly to be pastel" or a picture carried out, mixed colors are hardly carried out.
Do you apply monochrome and carry out in  in piles?
Although it is good, it does not come out of depth.
There is vividness a little.
There is a work which Lautrec drew on the Gogh model in pastel.
Although there was memory seen surely in Van Gogh Museum in the Netherlands, it was a skillful picture skillfully using color.
If it is said [ say / what ] whether た, say that the study of a color is required in order to use a color freely.
A bookstore has such a book ordinarily, since he thinks that a lot is introduced also on a network, it does not write here, but it is that an artist is not drawing the picture only with feeling, either.
If Gogh's picture is seen to chronological order and it goes, it is known well.
Interest is excited in the process in which how to come out from the Netherlands to Paris and use a color is studied.
How to use a color rapidly becomes skillful.
Although a spectrum spectrum is analyzed by the extreme talk and this time and what was adopted by the picture of the impressionist school cultivates the way to a present age art, Gogh did that movement before his eyes, and absorbed it the whole feeling.
Feeling placing and having developed only theory is studying the whole of this new science, although there is a difference between Seunat and the interpretation by each one of the impressionist school of a spectrum spectrum.
It is said that the impressionist school exhibition currently held in Kumamoto Prefectural Museum of Art exceeded 20,000 attendance.
obtaining -- ? -- it  and is uncanny.
Scientific power.
Power of a spectrum spectrum.
It is  of only that in Kumamoto of this century! Analysis of a color is important.
If each does not study this, it will be the picture for which it depended only on feeling forever.
Such a picture is good and I also regard being stuck if it is drawing for a long time as sure.
Since it is not so talented as it depends and draws only on its feeling, he is itself.
The mixed colors of pastel are difficult at such a translation.
It is that it is better whether to try, mix and melt in another paper in advance.
Because mixed colors cannot be carried out by a palette.
it did so and was spending the time of trial and error -- the first stage.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

知覚の拡大。続き。

 知覚の拡大というのは、身体の喪失と斬っても切り離せないものです。確か「バカの壁」の中だったか、都会の人間は年に二カ月位田舎に行って農作業をしよう的な記述があった気がする。

 言いたい事はおそらく、肉体性の回復という事ではないだろうか。しかし、もう遅いという気もする。一度開いた扉を閉める事はできない。今さら身体性を回復しようとか、言いたい事は分かるが拡大した知覚の処理はどうするのかというモデルを探すほうが先なんじゃないかと思う。

 そういう先端の問題に取り組んでいるアートは映画業界ではないのかと最近思うようになった。もう、スクリーン上では実写か作りこんだ映像か、判然としない。しかも3D。人間の視覚と聴覚を最大限まで拡張しようという試みが、映画ではなされている。

 もっと中毒性が高いのは、ネットゲームの世界だろう。ネットワークがないRPGですら大勢の人がハマっている。そんなに沢山の人がハマるクリエーションはなかなかアート関係からは出てきていない。ここまでお手軽に世界への知覚が手に入る世界で、平面を描くアーティストは何を描くべきなのか。そこには答えなどない。

 答えなどない。

 自分で設問して、それに答えを出し、責任を持つことがアートのスタートラインなのだと思う。設問自体の耐久度と、普遍性を内包した先端意識。明快でも難解でもいいが、これもまた耐久度があるアーティストならではの答え。それに伴う責任。

 それがいつの時代も求められるビジョンなのだろう。

 今はまだ小さくても、大事にしていれば大きくなる木みたいな事をやりたいと思う。誰だって最初は小さい事しかできないから、自分のビジョンを信じて進むしかない。例え誰にも届かなくても、発信し続ける事が大事。

 お?知覚の事でした。

 また今度。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Expansion of consciousness is unseparable even if it cuts with loss of the body.
I was in "the foolish wall" surely, or an urban human being feels that there was way description which goes to the country for about two months per year, and carries out agricultural work.
Isn't something to say probably recovery of flesh nature?
However, it also feels like already saying that it is late.
The once open door cannot be shut.
I think whether the way which looks for the model whether what we do with processing of the consciousness expanded although it turned out that he would like to refer to as recovering physicality is in the point now.
I came to have a feeling that the art which is tackling the problem at such a tip is the movie industry recently.
Any longer, on a screen, it is not ascertained in an on-the-spot photo or the image made and crowded.
And 3D.
The trial in which man's vision and hearing will be extended to the maximum is made on the movie.
The world of a net game will have higher toxicity.
He is getting hooked many persons even by RPG without a network.
The creation on which he gets hooked so many persons has not come out from art relations easily.
What should the artist who draws a plane in the world of obtaining the consciousness to the world simply and conveniently so far draw?
There, there is no answer.
There is no answer.
A question is posed by itself, and I take out an answer to it, and think that it is a starting line of an art to have responsibility.
The degree of durability of the question [ itself ], and the tip consciousness which included universality.
The answer unique to the artist to whom this also has the degree of durability although it may be clear or may be difficult.
Responsibility accompanying it.
Probably, it is a vision asked also for the time of when.
If it prizes, I would like to do that it becomes large that it is like a tree now, even if still small.
Since anyone can do only a small thing at first, its vision must be believed and it cannot but progress.
Continuing sending is important, even if it compares and reaches nobody.
It was ? consciousness.
Moreover, next time.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

肉体の喪失と知覚の拡大、そして生命感の喪失。

 肉体の喪失とは何か。

 事実上の喪失ではなく(事実上喪失したも同然だが)、絵画表現として人間を描くときに、すでに逃げては通れない感覚の事。

 普通に生きているときに自分の心臓の鼓動を感じて、躍動感溢れる生き方を自分がしているか。していない。むしろ、肉体を意識せずに日々仕事をし、明日死ぬかもとは大病でも患わない限り思いもしない。

 それはあたかも悪い事のように言われている。日本人は危機感がないとか。でも、本当はそうじゃないのではないかとある時期から考えるようになった。肉体感の喪失というのは、重っ苦しいこの肉と血と内臓で出来上がっている人間の体を捨てていく過程にあるのではないか。

 その先に何があるのか。この体を捨てた先にあるは、知覚の拡大に他ならない。ネット環境の充実でますます、人間の知覚の端末化が進んでいるように見える。今回の震災で大勢の方が亡くなり(家の親戚も含め)、いつ自然の猛威で人はこの世から消えて亡くなるのかは分からないと、阪神の時も思ったが改めて思った。でもそれは思っただけで、それがきっかけで肉体の喪失感を改めて考えたかと言うと、そういう事は特にはない。実際に被災地を訪れれば様々に考えるかもしれないとは思う。しかし、終わりのない日常に再び戻ってきた時、果たして肉体感の喪失と知覚の拡大というストリームに取り込まれずに済むかと言われればそうも思えない。

インターネットというのは、脳内のシステムを現実に現したという点で人類史上画期的な革命だと思うし、それが脳のメカニズムと酷似しているなら、それを扱う人の知覚は当然拡大しているのだと思う。

 知覚は拡大したのだが、それは同時に人間がより端末化した、つまりシステムとして均一化してきているのではないか。自分の肉体を世界と均一化する事は同時に肉体の喪失を意味する。それによって得られるのは、自我によって苦しまずに済む世界なのではないか。

 その先に待ちかまえているビジョンを描き切れていないから、世界の均一化と自我の表出としての傍からみると歪んでいるとしか思えない凶悪な事件が次から次に起こっているのでは。均一化すると、人間個々人の個性は重要視されない。そこを認めるにしろ、認めないにしろ、日本ではこの均一化はどんどん加速している。端末化した個人が社会からデリートされたところで、ほとんど誰の興味も惹かない。

 無関心無気力と表現された世代は、すでに自分達よりもっと上の世代だ。どうして人を殺してはいけないのと子供に無邪気に問われた時、すでに感覚としての肉体を喪失してしまった人には明確な答えはできない。そこでは人は端末でしかないからだ。極論だが。

 何の説明もなく、ダメなものダメなんだよと言って納得できていたのは、まだ自分の体に肉体を自然と感じていた頃のこと。ここで、論理的に追い詰めていっても、それは余計に自分が端末化した事を露呈するだけで、何の解決にもならない。

 こうして書いてくると、ただたんに相対化しているように見えるがそうではない。絵描きが今、具象を描くにあたって何を描けばいいのかの自問自答をしているところ。相対化の先へ。均一化していく世界の先で命を見つめる手段ってなんですか。

 人間は生命感を喪失していく(生命を喪失しているのではなく、あくまで感)、システムに組み込まれて、今まで見ないようにしていく方向で進んできた自我というブラックボックスがいつ、どこの段階で再び蘇ってくるのかこないのか。

 インターネットがデフォルトすれば、一番面白いのですが、当面そうはなりそうもないから。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

What is corporal loss?
Feeling along which it cannot pass if it already escapes when drawing man not as de facto loss (喪失した is also same as a matter of fact but) but as pictures expression.
While it is ordinarily alive, you feel the beat of your heart, and is he doing the way of life which is full of a feeling of a lively motion?
It has not carried out.
It works rather every day, without being conscious of flesh, and by dying tomorrow, a basis does not consider, either, unless it falls ill also in serious illness.
It is said like a bad thing.
Are Japanese people, when there is no sense of crisis?
But I came to think that that will not be right in fact from a certain time.
saying [ loss of a feeling of flesh ] -- 重っ -- isn't it in the process in which this painful meat and blood, and the body of the human being done in internal organs are thrown away?
What is at the point?
It is exactly expansion of は and consciousness which threw away this body and which exists previously.
It seems increasingly that terminal-ization of man's consciousness is progressing in substantial net environment.
When I did not understand, although considered also at the time of Hanshin, I considered anew when large number of people would pass away by this earthquake disaster (the relative of a house also needs to contain), and people would disappear and pass away from this world in natural violence.
But such a thing in particular cannot be found as to whether it considered a corporal sense of loss anew by having only considered taking advantage of it.
I think that it may think variously if a stricken area is actually visited.
however -- if it is said whether it needs to be taken into a stream called loss of a feeling of flesh and expansion of consciousness sure enough when it has returned daily without the end again -- also meeting -- I cannot consider.
I think that the Internet is an epoch-making revolution on a history of man at the point of having expressed the system within a brain actually, and think that the consciousness of the person treating it will naturally be expanded if there is a close resemblance between it and a cerebral mechanism.
Although consciousness was expanded, man terminal-ized it more, that is, equalize it as a system simultaneously?
Equalizing its own flesh with the world means corporal loss simultaneously.
Isn't the world where it does not need to be troubled by self obtained by it?
having been distorted in view of the side as equalization in the world, and expression of self, since the vision for which it is waiting previously and which it is establishing is drawn and it has not run out -- しか -- if the cruel incident which cannot consider has happened from the next to the next.
Equalization will not attach importance to a human individual's individuality.
carry out for accepting that -- carry out for not accepting -- in Japan, this equalization is accelerated rapidly.
In the place where the individual who terminal-ized was deleted, nobody's interest is almost charmed.
The generation expressed as it is indifferently spiritless is already older generation much more than himself.
When it not doing what and not killing people and a child are asked innocently, those who have already lost the flesh as feeling cannot do a clear answer.
It is because people are only terminals there.
It is an extreme argument.
there is also no explanation of what -- a useless thing -- the thing at the time of that it said that it was useless and could be convinced having still felt flesh in its own body as nature.
Here, even if it corners logically, it only exposes that he terminal-ized too many, and becomes no solution.
If it writes in this way, that is not right although it seems to merely have relativized only.
The place which is carrying out self-question answering itself of what should just draw what when an artist draws concreteness now.
To the point of relativization.
What is a means to gaze at a life at the point in the world to equalize?
In what stage does a black box which loses the feeling of vitality (the life is not lost and it is admiration to the last) and which is called the self which has progressed towards being included in a system and making it not see until now revive again when, and doesn't man come?
it being the most interesting if the Internet defaults, but becoming so for the time being -- also meeting -- since there is nothing.
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

ブラックスワンとキックアス!

 先週見たDVD、ブラックスワン。

 体の先端を痛める表現が、本当に見ていて痛い。爪。血。痛い!

 エロスとホラーという、王道の映画。久しぶりにいいホラーを見たな!という感想でした。え?ホラーじゃない?でもサスペンスでもない気がするし。まさにブラックスワンが誕生するまでを丁寧に描いた作品です。凄いですよ、ラスト近辺。

 あとキックアス!

 オタクな少年が、何の能力もないままヒーローになるというお話。最後まで、本当に何の能力もないし!根性だけは最初からある!

 どうして痛めつけられている人を見て見ぬふりするんだ!おれがヒーローになってやってやる!と、前進ミドリのタイツでキメキメでワル者に挑むも、速攻で刺されてしまう辺り、現実感ありすぎ。

 正しかろうが、間違ってようが、現実に挑む主人公に爽快さを感じてしまいます。やってやる!コレです。

 こういう映画が背中を押してくれるのです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

DVD, the black swan which were seen last week.
Expression which hurts its bodily tip is looking truly, and is painful.
Nail.
Blood.
It is painful!
A movie of the royal road called Eros and horror.
Horror good for a long time was seen and they were comment of the shelf !.
It obtains and is ? horror? I feel that it is not suspense but, either.
It is the work which drew the period until a black swan is just born carefully.
it is uncanny -- the last neighborhood.
After Kick ass!
Talk that a nerd boy becomes a hero with any ability not having.
To the last, what capability also has only ! nature from the beginning truly!
a blind eye of those who do what and are rebuked is carried out! I dress up with ! which becomes a hero, and advance Midori's tights, and dress up and come out with them -- a bad person -- also challenging -- past [ those / the neighborhood stabbed on the dot and / with an actual feeling ].
Invigoration will be felt for the hero who challenges actually although it will be right, and it will be wrong.
It does! He is Colet.
Such movies push the back.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

続、NPO法人アートスイッチ事業公開!アートスイッチバスツアー編です!

 今年3月に催行した、アートスイッチバスツアー。会員制という事もあり、ほとんど口コミのみの宣伝でしたが参加人数31名!

 結構、地味に大変なツアーで、企画から実行まで丸一年かかっています。

 大変好評なツアーでした。事業継続していきたいと思っているツアーです。

11 12 13_2 14 15 16 17 18  アートスイッチバスツアーのコンセプトでした。

 ただのバスツアーですが、これだけの事を文書化しておかないと、きつくなったとき気持ちが揺らぐ事があって、読み返してみたり、決意し直してみたり。

 バスレンタルして、アーティストに理解してもらって、参加者募集して、たったそれだけの事に一年… 要領が悪いとはよく言われます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

NPO法人アートスイッチ事業公開第二弾!

 NPO法人アートスイッチのアートイベント、アートスイッチVol.2の事業大公開!

6 7 8s 9s 10s  Vol.2は参加アーティストが2倍になりました。

 Vol.3は今年開催する予定でしたが、イオンモール熊本クレア改装工事の為、来年に延期という形になっています。必ず継続する事業ですので、お楽しみに!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

NPO法人アートスイッチの事業大公開!これでアートイベントのやり方が丸わかり!どんどん実行して、熊本にもっとアートシーンを創出していきましょう!!

 今まで実行してきたアートイベントの企画書から、企画、イベント実行後の後記まで大公開シリーズ開催です!

 アートイベントってこうやるんだ!っていうのが、大体わかります。

 さぁ、これを読んだら早速イベントを企画して実行していきましょう!そうすれば熊本に、日本にローカルアートイベントが氾濫して日本が面白くなります!!

 第一回目は、アートイベント アートスイッチVol.1の事業報告から。このイベントも生みの苦しみがありましたが、なんとか実行できて本当に良かった!

Photo 1 2 3_2 4s 5s  アートスイッチVol.1の報告書の読みどころは、最初の方の提案企画書です。ここが決まらないと、何をしても何のためにこのイベントをしているのかという疑問が常につきまとってきます。そして言い争いになる→まとまらない→途中で瓦解というパターンは学生の時から嫌という程見てきましたから。アーティスト同士だから特にですね。

 イベントの背骨が一番重要で、ここを参加アーティストときちんと共有できるかどうかで成果が違ってきます。

 どうでしょうか?すぐにでも出来るんじゃないでしょうか?もっと沢山アートイベントを増やしましょう!

 ついでにこれも。

  サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

いわゆるチャレンジショップ的なものに支援があったりしないか調べてみましたが、特にありませんでした。

 熊本中央街の空き店舗を使用した、チャレンジショップ制度的ななにかを支援するシステムがないかと市役所を訪れてみました。

 数年前にワシントン通りでの開催事例を聞きましたが、実はそれにはモヒカンポシェットも参加していたのでした。

 それ以来、特に動きはないそうです。何でも、地域の繁栄会や商店街連合組織からのオファーがあって、初めてそういう動きに支援が入るそうです。

 個人事業主からの要望は、あまりというかほとんど受けられないということで、地域に根差して商売をしている方々なら気軽に意見が通って行く感じでした。

 新進の個人事業主は、結構死ぬ気で商売しないと割り込めない感じです。空き店舗とかとのマッチングもしていないそうです。

 それでも、チャレンジショップが機能していない事から、新しいシステム構築を事業委託しているそうで、来年度から新たな動きがあります。商店街をリノベーションする感覚です。

 ですが、店ですから来年度の動きを待っている訳にはいきません。どうにかならないかと思案中。空き店舗を家賃の日割りベースで貸してもらえる場所はあります。契約料を2万円不動産屋に払って。大体2週間で14万円程度になるでしょうか。

 それでもいいのでしょうが、それって貸しギャラリーと同じ感覚で少しも新しくないなぁと思います。自分自身貸しギャラリーを使用した経験はないわけで。新たなムーブメントとしてもなんだか違う気がしますし。

 そんな感じで、もっと自由で面白い動きを思案中です。

 20~30代の起業率が全就職の5%なんて、国の形として歪んでいると思います。総就職時代。それで世の中つまらんなんて口が裂けても言えませんよね。自分で面白くしていかなくては。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Whether there being any system which supports something [-like / whenever / challenge shop system ] that uses the empty store of a Kumamoto central town, and a city office were visited.
Although the holding example in the Washington passage was heard several years ago, in fact, the morphine can pochette had also participated in it.
Seemingly, there is no motion in particular since [ it ].
It is said that support goes into such motion anything only after there is an offer from the prosperity meeting and shopping center union organization of the area.
the request from an independent contractor -- not much -- if it was people which I hear that can hardly receive and are doing business by whether it says originating in the area, it was touch that an opinion passed and went freely.
An up-and-coming independent contractor is the touch which cannot interrupt unless it does business by mind of dying very well.
an empty store -- it is not likely to match, either.
Seemingly business commission of the new systems configuration is still carried out from the challenge shop not functioning, and there is a new motion from next year.
It is the feeling which carries out the renovation of the shopping center.
Since it is a store, it cannot be waiting for the motion of next year.
Under whether we can do something and thought.
There is a place I have an empty store lent to on a daily-rate basis of a house rent.
Pay a real estate agency the charge of a contract of 20,000 yen.
Does it change to about 140,000 yen in about two weeks?
Although it is probably good, it lends and I still regard it as not new at all with the same feeling as a gallery.
There is no experience which uses a oneself on-hire gallery.
I feel that it is different somehow also as a new movement.
By such touch, a freer and interesting motion is under thought.
The business start-up rate of 20?his 30's considers being distorted by it as a form of a country in 5% of all the employment.
The total employment age.
Then, even if it splits a mouth as not getting it blocked in a world, it cannot say.
I have to make it interesting by myself.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

モヒカンポシェット期間限定ショップの場所を探し中!アーケード街の空き店舗でお勧めの場所はありませんか?

 モヒカンポシェット営業の櫻井です。

 来年、福岡天神進出が決まっているモヒカンポシェットです。が。

 その前に、年内に熊本市のアーケード街のどこかで期間限定のショップをオープンしてみたいなと思い、今動いております。

 それに伴ってアート目線で見ているのは、アーケード街の1Fで2年以上空いている店舗はどうなっているのか、自分の足で調査する事です。2,3Fになるともっと沢山の空き店舗が目立ちます。

 不動産屋に聞くと、「昔は20~30件位は空き店舗待ちをしていた時代があった」そうですが、過ぎた事。今は物件を業者同士でまわしているとの事。

 路面に面しているとはいえ、敷金五千万は異常です。過去に成功した家主達が億劫がって、短期貸しに応じず、何年も空いている店舗がほとんどという事。

 つまり、街がどうなろうと知ったこっちゃないという態度です。若くてチャンスを探して、どうにかしようとしている人達は郊外に出店しています。まぁ、それでもいいと思うのですが、熊本というのはやはりアーケードがあっての熊本だろうと思う訳です。昔家賃が安かったシャワー通りから、上乃裏通り、今はオークス通りあたりと、ショップ出店のブームが移ろっていくのは仕方ない事です。

 そんな中で、アーケードの路面店にシャッターが目立つのはどうしたものかと。不動産屋と短期貸しで掛けあっても、全く応じない所も多くあります。

 もちろん、協力的な所もあります。

 そんな中、セレクトショップではない、デザインから縫製まで一貫して一人で行う、ファッションの原点ともいえるモヒカンポシェットとして期間限定のショップをオープンさせるべく動いております。

 みみよりな店舗情報がありましたら是非教えて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

He is Sakurai of  Mohikanpochette business.
It will be the  Mohikanpochette in which the Fukuoka Tenjin advance was decided next year.
が.
Before that, he would like to open the shop of a limited time offer, and I am moving it by somewhere in arcade towns in Kumamoto now before the year end.
It is investigating on one's foot what having happened to the store as for which it is vacant in 1F of the arcade town looking by art eyes in connection with it for two years or more.
If set to 2 and 3F, more empty stores are conspicuous.
"about 20?30 affairs having had the time which was carrying out waiting for an empty store a long time ago", when it asked the real estate agency -- having passed, although that was right.
It is if the housing is turned by contractors now.
Although the road surface is faced, the deposit with landlord 50 million is unusual.
The landlords who were successful in the past must not respond to a short-term loan as troublesome が, but a store vacant for many years should call it most.
That is, it is the attitude which knew that what would happen to a town that there is no こっちゃ.
He is young, and a chance is looked for and people who are going to do somehow or other are opening a shop in a suburb.
Although he well still thinks that it is good, I think that Kumamoto will be Kumamoto which has an arcade too.
It is unavoidable that per as Oaks and the boom of shop opening a shop change upper 乃裏通り and now a long time ago as the shower whose house rent was cheap.
It is that a shutter is conspicuous at the road surface store of an arcade under such circumstances to not do what.
Even if it negotiates with a real estate agency by short-term loan, there are also many places which do not answer at all and there are.
Of course, there is also a cooperative place.
I am moving in order to make the shop of a limited time offer open as a Mohikanpochette which can be said also as the starting point of a fashion which is not a select shop as for such inside, and which is consistent from a design to sewing and it performs alone.
みみ -- if there is store information [ more ], please let me know.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

第二回町屋アートホームin新町 芝居屏風絵写真公開!

 撮影、岡松ともき。

150  作品は生島国宜氏。右に居るのが菊地容作氏。

152  国府田賢一氏。

153  izu♡milk氏。盛況です!

155  岡松ともき氏。このお二人は写真作品です。

157  マツモトマサヒデ氏。普段は妖怪モチーフですが、今回は河上彦斎が妖怪化!

160  加藤笑平氏。天草在郷美術館館長。

174  野田竜太郎氏。赤い椿と河上彦斎。演劇に忠実に描いていただいて、とても新町の方々に人気の作品でした。

190  ナカムラ佳子氏。少し遠くて申し訳ありません。独特の表現で彦斎の心象風景を表現!

168

 櫻井栄一。描き変わる前の台本で描いていますので、芝居に忠実ではありません。

175  宮部竜二氏。佐久間象山を彦斎が斬った場面。生島氏も同じ場面でしたが、個性がぶつかり合うとても素晴らしい屏風絵でした。

 高知で初めて見た絵金祭り。現代でやるとしたらという企画でしたが、とても美しいイベントになりました。

 今後ホームページを制作中ですので、詳しい写真や資料はそちらにアップしていきたいと計画中です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

第二回町屋アートホームin新町の写真大公開!

   撮影by岡松ともき

8_2  モヒカンポシェット展示「クラゲキングダム」。

20  只今「クラゲキングダム」展示販売会開催中です。

22  かね屋

28  いつものシャッターのイメージが一変!

29 31_2  ピンホールカメラで外の風景が映っています。

36   

 かね屋 加藤笑平、国府田賢一、菊地容作。

33  まるそー。宮部竜二。

40 41 43 兵庫屋、櫻井栄一。

46 47   LEDの提灯を持って、元麹室、今資料室に入ります。

53 55  茂平家、西田美紀。

56  新町御旅所開場寸前。

61 64  新町嗚呼斗芝居「赤き心の花や咲くらん~河上彦斎異聞~」リハーサル。

82  殺陣シーン。

103  ほぼラスト近く。

126  花や~咲くらん~♪

143  開場待ち!

145  芝居屏風絵展示会場。

161  展示開始!

 屏風絵の写真はまた後日!

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

モヒカンポシェットHP更新いたしました。10月7日より「クラゲキングダム」展開催です!

 モヒカンポシェットHPを久しぶりに更新いたしました。

 モヒポシェのアーカイブと思って制作しておりますので、イベントを開催するたびに更新して行きたいと思っております。

 町屋アートホームin新町にて展示いたしました、クラゲキングダムというインスタレーションの作品は実はスカートだったのですね~。

 このスカートとコサージュ、バッグが全作品新作で10月7日より登場します。というか実はもうある程度は登場しております。

 当日まで新作を制作しつづけておりますので、是非お越し下さいませ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I updated the morphine can pochette HP after a long time.
Since the archive of morphine ポシェ is thought and I am making, I would like to update, whenever it holds an event, and to go.
Was the work of an installation called a jellyfish king dam exhibited by Machiya art home in Shinmachi a skirt in fact? .
This skirt, a corsage, and a bag appear from October 7 by all the work new work.
It said or, in fact, a certain grade has already appeared.
Since it is continuing making new work till that day, please come.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

町屋アートホームin新町に参加して頂いた皆さまに感謝です!新しい企画に向けて始動開始!!

 いかがでしたでしょうか、町屋アートホームin新町。

 今できる限界をお見せ致しました。

 この企画に賛同して運営に携わっていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 ご来場いただきました皆さま、感謝です。

 今回の動員は、町屋アートホームin新町の町屋巡りが400人超。新町嗚呼斗芝居が200人超でした。

 町屋巡り400人!!ビックリですね!満足行く宣伝ができたとは思っていませんでしたが、それでもこの動員は凄いと思います。前回はスタンプラリーがあり、町屋の数は2倍、作家の数は3倍位でした。

 純粋なアートの企画で、400人もの方が巡回したといのはとても素敵な事が起こったのだなと思います。

 新町嗚呼斗芝居は、集客に不安があったものの初回でも200人を超える集客で大成功でした。

 終わってすぐに次回はいつだという質問の集中砲火を浴びて、驚きました。今までアートイベントをしてもそんな事を言われた事はなかったからです。

 次回に関しましては、終わったばかりでまだ今回の総括もしていないので何ともいえませんがあるのではないかな~位に思っております、分かりませんが。

 さて、個人的に次の企画は福岡進出を考えております。まだ具体的な案は全く出ておりませんが、思ってしまった以上実現するでしょう。

 イベント終了後半日位、虚脱状態になっておりましたが少しづつエンジンに火が入りつつあります。

 いつもこの、イベント終了時にはこうなりがちなので精神をコントロールするのが大変なのですが、今回は特に大きいイベントだったのでさらに大変。

 さて、次に行きますか。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

He is [ how it was and ] Machiya art home in Shinmachi.
I showed the limit made now.
Thank you very much for you who consented to this plan and had you engaged in management.
They are you who came, and gratitude.
Machiya art home in Shinmachi's tour around Machiya of this mobilization is more than 400 persons.
The Shinmachi 嗚呼斗 play was more than 200 persons.
400 tours around Machiya!! It is a surprise! Although he did not think that satisfactory 行く advertisement was completed, I still think that this mobilization is uncanny.
Last time, the stamp rally occurred and the number of twice and writers was 3 times the number of Machiya of this.
That which is that 400 persons also went round by the plan of a pure art thinks that the very great thing happened.
The Shinmachi 嗚呼斗 play was a great success in 集客 in which the first time of what had uneasiness in 集客 also exceeds 200 persons.
He was surprised to have finished and to be immediately covered with a concentrated fire of the question whether it is when next time.
It is because such a thing was not said even if it carried out the art event until now.
since generalization of this time only in having only finished still is not carried out about next time, either, it cannot say not at all, but it is -- I consider at ? grade -- it does not understand.
Now, the next plan considers the Fukuoka advance individually.
A still concrete proposal will be realized if it has considered at all, although it has not come out at all.
Although at least the day had changed into a state of lethargy in the second half of the end of an event, fire is going into an engine little by little.
Still more serious [ since it always tends to become like this at the time of this end of an event, it is serious to control soul, but ], since it was an especially large event this time.
Now, does it go to the next?
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

今日10月1日は、熊本市 町屋アートホームin新町に奇跡の瞬間が訪れる日です!必見!新町嗚呼斗芝居「赤き心の花や咲くらん~河上彦斎異聞~」は本当に凄い芝居に進化しました!

 今日の18:00開場、18:30開演の新町嗚呼斗芝居の通し稽古を、藤崎八幡宮御旅所で拝見致しました。

 このお能場が今回のような地芝居にて解放されるのは史上初です。新町の方々の熱意で、今まで解放されなかった御旅所が新たな可能性を見せようとしています。

 このお芝居は、本当の意味での「地芝居」だと思います。初演で新町以外で上演しても、意味がありません。

 新町の歴史ポテンシャルの高さは半端ありません!

 もともと、河上彦斎(かわかみげんさい)がモデルといわれる「るろうに剣心」の単行本を、新町で根付いて商売されている方々がほとんど所有されているという新町ラブな話しを聞いていました。

 熊本育ちながら、熊本の幕末から西南戦争にかけて不勉強だったので、楽しみながら改めてさい勉強を始めたとき、町屋アートホームin新町のアートディレクションのお話を頂きました。

 もともと新町を愛していらっしゃる方々と、骨が太い歴史があります。アーティストとしては、でっかい種にちょっと水を掛けてみるだけかなと思い、そうしてみたら、あれよあれよと芽がでてしっかりした木が、感覚としては3秒位で生えた感じ。

 新町嗚呼斗芝居にしても、河上彦斎をテーマにしてみたらという発想のみで、あとは新町青年会「新風連」の会長 村上さんと副会長の宮本さん、mocosの岡村編集長とドコサの坂口さんに丸投げ…ヒドイデスネー、無責任デスネー。

 そしたら!劇団きららの池田美樹さんが演出をしていただけることに!

 劇団有志の方々がご協力していただける事に!

 新町の方々が続々出演決定!

 なーんもしてません。

 演劇が~、ええんじゃなかと~と言ってみたら、すでに今日。

 通しの稽古では、感動のあまり目頭が熱くなりました!!!

 集団芸術の意味をこの年で初めて知りました。夢中になっている大人は本当に輝くんだ。

 仕事が終わった後、家でビール飲みながらテレビ見ているだけじゃ、子供達に申し訳ない。何かに夢中になって、真剣に笑顔!大人も子供も関係ない、どれだけ夢中になれたかかだけが人生にとって価値があることなのです。

 今日、新町嗚呼斗芝居が開演。

 今日の予定が空いているのなら、この新しい歴史が生まれる瞬間は必見です!

 あ~… 芝居絵の展示で自分が見れないのが、本当っ………に残念!!!

 誰か代わりに管理していただけませんか?

 みたい~!!

 サリュ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »