« 知覚の拡大。続き。 | トップページ | 法人格の定款の書き換えは大変です。 »

2011年10月26日 (水)

パステル画の書き方⑥

 さて、やっと6回目のパステル画の描き方です。

 前回はかなりマニアックな色ごとの特性を書きました。

 特に質問等ありませんでしたので、また自由に書いてしまいます。

 パステルを最初に使ってみて、一番とまどうのは混色の難しさではないでしょうか?これは実は、ここで簡単に書く事ができないほど難しい事です。

 よく「パステルっぽい」といわれるほんわかした絵がありますが、ほとんど混色していません。単色を塗り重ねてほんわかさせていますね。

 いいんですけど、深みは出ません。鮮やかさは若干ありますが。

 ロートレックがゴッホモデルにパステルで描いた作品があります。確かオランダのゴッホ美術館で見た記憶がありますが、補色を巧みに使った鮮やかな絵でした。

 何が言いたいのかというと、色を自由に使う為には色の勉強が必要という事。そういう本は普通に本屋にありますし、ネット上でも沢山紹介されていると思うのでここでは書きませんが、絵描きも感覚だけで絵を描いているのではないという事です。

 ゴッホの絵を年代順に見て行くと、それが良く分かります。オランダからパリに出て色の使い方を学んでいく過程には興味をそそられます。どんどん色の使い方が巧みになっていく。

 極端な話、この時代に分光スペクトルが解析されて、印象派の絵に採り入れられたことが現代アートへの道を切り拓くのですが、そのムーブメントを目の当たりにして感覚ごと吸収したのがゴッホです。

 感覚は置いておいて理論のみ展開したのがスーラとか、印象派も面々で分光スペクトルの解釈の違いはあるもののこの新しい科学を皆勉強している。

 熊本県立美術館で開催されている印象派展は来場二万人を超えたそうです。う~ん、すごいです。科学の力。分光スペクトルの力。今世紀の熊本でそれだけの集客!色の分析は重要。

 ここをそれぞれが勉強しておかないと、いつまでも感覚のみに頼った絵になってしまうのです。そういう絵もいいのですが、長く描いていると行き詰るのも確かだと思います。自分の感覚のみに頼って描く程、才能ありませんから自分。

 そういう訳で、パステルの混色は難しいのです。事前に別の紙で試し混ぜとかしたほうがいいかもです。パレットで混色できませんから。そうやって試行錯誤の時間を過ごしていたのだな、初期は。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Now, it is how to draw the 6th pastel at last.
The characteristic for every quite maniac color was written last time.
Since there were no question in particular etc., they will be written freely.
Is that is most puzzled using the beginning in pastel the difficulty of mixed colors? This is so difficult that it cannot write easily in fact here.
Although there is  well said "Seemingly to be pastel" or a picture carried out, mixed colors are hardly carried out.
Do you apply monochrome and carry out in  in piles?
Although it is good, it does not come out of depth.
There is vividness a little.
There is a work which Lautrec drew on the Gogh model in pastel.
Although there was memory seen surely in Van Gogh Museum in the Netherlands, it was a skillful picture skillfully using color.
If it is said [ say / what ] whether た, say that the study of a color is required in order to use a color freely.
A bookstore has such a book ordinarily, since he thinks that a lot is introduced also on a network, it does not write here, but it is that an artist is not drawing the picture only with feeling, either.
If Gogh's picture is seen to chronological order and it goes, it is known well.
Interest is excited in the process in which how to come out from the Netherlands to Paris and use a color is studied.
How to use a color rapidly becomes skillful.
Although a spectrum spectrum is analyzed by the extreme talk and this time and what was adopted by the picture of the impressionist school cultivates the way to a present age art, Gogh did that movement before his eyes, and absorbed it the whole feeling.
Feeling placing and having developed only theory is studying the whole of this new science, although there is a difference between Seunat and the interpretation by each one of the impressionist school of a spectrum spectrum.
It is said that the impressionist school exhibition currently held in Kumamoto Prefectural Museum of Art exceeded 20,000 attendance.
obtaining -- ? -- it  and is uncanny.
Scientific power.
Power of a spectrum spectrum.
It is  of only that in Kumamoto of this century! Analysis of a color is important.
If each does not study this, it will be the picture for which it depended only on feeling forever.
Such a picture is good and I also regard being stuck if it is drawing for a long time as sure.
Since it is not so talented as it depends and draws only on its feeling, he is itself.
The mixed colors of pastel are difficult at such a translation.
It is that it is better whether to try, mix and melt in another paper in advance.
Because mixed colors cannot be carried out by a palette.
it did so and was spending the time of trial and error -- the first stage.

 

|

« 知覚の拡大。続き。 | トップページ | 法人格の定款の書き換えは大変です。 »

パステル画の描き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パステル画の書き方⑥:

« 知覚の拡大。続き。 | トップページ | 法人格の定款の書き換えは大変です。 »