« 肉体の喪失と知覚の拡大、そして生命感の喪失。 | トップページ | パステル画の書き方⑥ »

2011年10月25日 (火)

知覚の拡大。続き。

 知覚の拡大というのは、身体の喪失と斬っても切り離せないものです。確か「バカの壁」の中だったか、都会の人間は年に二カ月位田舎に行って農作業をしよう的な記述があった気がする。

 言いたい事はおそらく、肉体性の回復という事ではないだろうか。しかし、もう遅いという気もする。一度開いた扉を閉める事はできない。今さら身体性を回復しようとか、言いたい事は分かるが拡大した知覚の処理はどうするのかというモデルを探すほうが先なんじゃないかと思う。

 そういう先端の問題に取り組んでいるアートは映画業界ではないのかと最近思うようになった。もう、スクリーン上では実写か作りこんだ映像か、判然としない。しかも3D。人間の視覚と聴覚を最大限まで拡張しようという試みが、映画ではなされている。

 もっと中毒性が高いのは、ネットゲームの世界だろう。ネットワークがないRPGですら大勢の人がハマっている。そんなに沢山の人がハマるクリエーションはなかなかアート関係からは出てきていない。ここまでお手軽に世界への知覚が手に入る世界で、平面を描くアーティストは何を描くべきなのか。そこには答えなどない。

 答えなどない。

 自分で設問して、それに答えを出し、責任を持つことがアートのスタートラインなのだと思う。設問自体の耐久度と、普遍性を内包した先端意識。明快でも難解でもいいが、これもまた耐久度があるアーティストならではの答え。それに伴う責任。

 それがいつの時代も求められるビジョンなのだろう。

 今はまだ小さくても、大事にしていれば大きくなる木みたいな事をやりたいと思う。誰だって最初は小さい事しかできないから、自分のビジョンを信じて進むしかない。例え誰にも届かなくても、発信し続ける事が大事。

 お?知覚の事でした。

 また今度。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Expansion of consciousness is unseparable even if it cuts with loss of the body.
I was in "the foolish wall" surely, or an urban human being feels that there was way description which goes to the country for about two months per year, and carries out agricultural work.
Isn't something to say probably recovery of flesh nature?
However, it also feels like already saying that it is late.
The once open door cannot be shut.
I think whether the way which looks for the model whether what we do with processing of the consciousness expanded although it turned out that he would like to refer to as recovering physicality is in the point now.
I came to have a feeling that the art which is tackling the problem at such a tip is the movie industry recently.
Any longer, on a screen, it is not ascertained in an on-the-spot photo or the image made and crowded.
And 3D.
The trial in which man's vision and hearing will be extended to the maximum is made on the movie.
The world of a net game will have higher toxicity.
He is getting hooked many persons even by RPG without a network.
The creation on which he gets hooked so many persons has not come out from art relations easily.
What should the artist who draws a plane in the world of obtaining the consciousness to the world simply and conveniently so far draw?
There, there is no answer.
There is no answer.
A question is posed by itself, and I take out an answer to it, and think that it is a starting line of an art to have responsibility.
The degree of durability of the question [ itself ], and the tip consciousness which included universality.
The answer unique to the artist to whom this also has the degree of durability although it may be clear or may be difficult.
Responsibility accompanying it.
Probably, it is a vision asked also for the time of when.
If it prizes, I would like to do that it becomes large that it is like a tree now, even if still small.
Since anyone can do only a small thing at first, its vision must be believed and it cannot but progress.
Continuing sending is important, even if it compares and reaches nobody.
It was ? consciousness.
Moreover, next time.
Salut

|

« 肉体の喪失と知覚の拡大、そして生命感の喪失。 | トップページ | パステル画の書き方⑥ »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知覚の拡大。続き。:

« 肉体の喪失と知覚の拡大、そして生命感の喪失。 | トップページ | パステル画の書き方⑥ »