« 八日目の蝉。 | トップページ | NPO法人アートスイッチで、アートイベントの提案を4本程かかえています。さて、どうしたものか。いつもの思案。 »

2011年11月 1日 (火)

熊本玉名線in河内、金峰山をバイクで。実ったみかん畑を縫って走ると気持ち良すぎでした。

 玉名温泉つかさの湯さんに所用で朝から出かけました。朝は海沿いの道をバイクで。と言ってもホンダのsoloという50ccのバイク。

 幹線道路は、トラックや軽トラが飛ばしていくので、追い抜かれざまの風の巻き込みがちと怖い。まぁ、阿蘇にも頻繁にこのバイクで行っているので慣れてはいるのですが、河内付近は割とカーブが多くて見通しが悪い所をよく追い越していくなぁと、少しあきれます。

 普通に車にも乗るので分かりますが、カーブでの追い越しって超危険行為ですよ。対向車きたらアウトです。

 今日はさらに、右カーブの所の、反対車線の向こう側の駐車場から軽トラがいきなり突っ込んできました!右カーブでしたが左にハンドルを切って何とか逃げましたが、左がタイトなガードレールだったらかなりやばかった!殺す気か!

 なかなか車が切れなくて、バイクが走っているスペースに無理やり入ってくる車は後を絶ちません。やられる度に殺す気か!となりますが、そういう車の癖はなんとなく分かってきたので予測します。バイクで左側を走っているのに、いきなり走行路線を塞ぐように車の鼻づらを路面にこじ入れてきて、じりじり車線に入ってくる車。いつか大事故必死ですね。少し位待てよ!これを反対車線の向こう側からやられると危険度MAXです。

 と、熊本の運転マナーはバイクに乗ると最低ランクというのが良く分かります。10m先の左カーブを、バイク追い抜いてブレーキ踏まずに曲がっていく車も相当います。横断歩道の通行人も危険だし、バイクの巻き込み事故ってだいたいこのパターンでしょ。

 そんな感じだったので、帰りは河内の山の中をのんびり行く事にしました。この時期、阿蘇だけじゃなくて河内もお勧め!特に50ccのバイク!全然車来ませんから。でかいバイクにあおられたりもしません。かなり気持ちいい走行を楽しめます。今度からこっちの道を走ろうかな。島崎から登っていく道ですよ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

He went out for Mr. To of Tamana hot spring Tsukasa from the morning on business.
It is a motorbike about the way along the sea in the morning.
But a 50-cc motorbike called solo of Honda.
Since the track and the 軽 tiger fly the trunk road, it is dreadful in that it is passed and the wind of ざま tends to be involved in.
Since this motorbike is performing also to Aso frequently well, it is used, but near Kawachi is amazed for a while as there are comparatively many curves and a prospect passes a bad place well.
Since it also rides in a car ordinarily, it understands, but the passing by a curve is a super-dangerous action.
They are oncoming car きた out.
The 軽 tiger has thrust in suddenly further today from the parking lot of the other side of an opposite lane of the place of the right curve! Although the wheel was turned to the left although it was a right curve, and it escaped somehow, when the left was a tight guardrail, it was quite in big trouble! Is it the mind to kill?
A car is not turned off easily and, as for the car which comes into the space which the motorbike is running forcibly, the back is not severed.
Although it becomes the mind or ! killed whenever it is damaged, since the peculiarity of such a car is known somehow, it is predicted.
They are こじ入れてきて and a car which comes into a lane little by little to a road surface about a nose face of a car so that a run route may be closed suddenly, although the motorbike is run [ left-hand side ].
some day -- a big accident -- it is desperate.
Wait at least for a few! It is the danger MAX when this is damaged from the other side of an opposite lane.
If the operation manners of Kumamoto ride on a motorbike, the minimum rank understands them well.
The car which turns at 10 m ahead the left curve to motorbike 追い抜いて brake 踏まず is also fairly.
The passerby of a pedestrian crossing is also dangerous, the involvement accident of a motorbike is this pattern generally, and it is しょ.
Since it was such touch, return made the inside of the mountain in Kawachi go leisurely.
We are not only this time and Aso and Kawachi is also recommendation! It is especially a 50-cc motorbike! Because it does not 車来ま at all.
It is not instigated by the large motorbike or does not become precocious.
A quite pleasant run can be enjoyed.
Is the way here run from next time?
It is a way gone up from Shimazaki.
Salut

|

« 八日目の蝉。 | トップページ | NPO法人アートスイッチで、アートイベントの提案を4本程かかえています。さて、どうしたものか。いつもの思案。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本玉名線in河内、金峰山をバイクで。実ったみかん畑を縫って走ると気持ち良すぎでした。:

« 八日目の蝉。 | トップページ | NPO法人アートスイッチで、アートイベントの提案を4本程かかえています。さて、どうしたものか。いつもの思案。 »