« モヒカンポシェット「ひとつCOLLECTION」in熊本県民百貨店のディスプレイを制作中!今回も驚きのクオリティー! | トップページ | 里見八犬伝を5年振りに見た。 »

2011年11月27日 (日)

12月最初のイベントはkmac主催のトークイベント!7日(水)20:00~熊本市現代美術館、会議室。熊本のリアルなアートシーンが分かります。

 12月7日(水)は、kmac主催のトークイベントがあります。以下、kmacブログより。

 さて、熊本もこの1年、いろんな動きがありました!

 九州新幹線の全線開業、そして来年度は熊本市が政令指定都市へと変化に富んだ昨今、アート界もいろんなアートプロジェクトが始まり、美術館もギャラリーもいろんな世界をみせてくれました。

 手前味噌ですがkmacもたくさんのゲストをお招きし、公演にも挑戦するなど、いろいろな新しい学びがありました!

 それぞれの団体も交流する機会ができ、緩やかなアートネットワークができつつあるのではないでしょうか。

 そう、熊本アートは今アツいんです!!!

 そこで、熊本のアートこの1年、いや1年といわず過去を振り返り、さらに未来への理想や課題を展望する

2011熊本アート大望年会を開催します!!!!!

 忘年会でなく望年会!といっても、酒飲むイベントではなく、トークイベントですよ~~
もちろん、打ち上げはホントの忘年会します☆

 ゲストには、熊本のアート界をリードするトップランナーの超豪華メンバーを招き、
それぞれの活動やこの1年、感じたことやアートに対する思いなどを熱く語って頂きます!!!

出演予定者(50音順)

◎絵描き、天草在郷美術館 館長 加藤笑平氏
http://azma-redbox.com/
kmac加藤笑平☆ナイト(2010.12.13)http://kmacart.exblog.jp/13814108/

◎コモドアートプロジェクト代表 クマモトステージ&アートガイド「ドコサ?」主宰 坂口美由紀氏
http://www.muchcolor.com/blog/docosa/

◎熊本市現代美術館 学芸員 坂本顕子氏
http://www.camk.or.jp/

◎画家、新町三畳美術館、NPO法人アートスイッチ代表 櫻井栄一氏
http://viroflay.cocolog-nifty.com/新町三畳美術館でのkmac新年会(2011.1.22) http://kmacart.exblog.jp/14146147/ 

◎アーティスト、アート食堂3号線主宰 下城賢一氏
http://arts3.web.fc2.com/
kmac、河原町コラボ企画 下城さんトーク(2011.6.12) http://kmacart.exblog.jp/15030837/


 コーディネーターはkmac主宰 小笠原瞳が務めます。

 熊本のアート関係者、ファンはもちろん、
さらに県外の方、アートがあまりよく分からないなと言う方、ここにくれば熊本のアートの今が一目でわかる!リーダーたちに会える!!きっと新しい世界への出会いになるはずです。

 ぜひみなさまのご参加をお待ちしています。

 12月7日(水) 午後8時~10時 
 場所:熊本市現代美術館 会議室

★午後8時以降に入られる場合は、閉館後なので通用口からの入場になります。ご連絡下さい。
 

 料金:無料(お気持ちでカンパをお願いします)
予約方法:kmac-office@excite.co.jpに代表者のお名前とご連絡先、参加人数を添えてお申し込み下さい。

 以上です。

 全員知り合いという点で、アートを通しての繋がりが出来ているというのは本当ですね。アートに携わっていなかったら、繋がっていませんからね。

 去年、個人的に言っていたのが「2010年は熊本アート元年だ」。

 2011の今年、震災を日本が経験し大きくパラダイムシフトが起こった年、熊本のアートシーンは益々面白く、騒々しく、楽しくなってきました。5年前には考えられなかった事です。

 震災を経験して考えた事があります。福島で親戚を津波で亡くしましたから、ある面では経験したと言えると思います。

 人が営々として築きあげてきた歴史は、本当に重要だと。津波や放射能で建物という物理的な歴史はなくなったかもしれませんが、記憶や記録に残った歴史はあります。その歴史が重要なんだと。

 熊本市新町も、西南戦争で熊本城ごと焼き尽くされ、徳川幕府時代の建造物はありません。熊本城ですら新しい城ですから。近代熊本史の蓄積が、今重要だと考えています。

 歴史をアートという側面から見直す事で、熊本ならではのアートシーンの創出が可能なのではないか?という事です。熊本ならではのアートシーンを創出した場合、様々な可能性が生まれてくるでしょう。

 それは簡単な道ではありません。

 簡単ではないからこそ、今まで創出されてこなかったのでしょう。

 やるかやらないか、いつもそれだけが問われています。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Wed., December 7 has a kmac-sponsored talk event.
Following and kmac blog.
Now, Kumamoto also had various motions for one year!
Whole-line commencement of business of the Kyushu Shinkansen, and next year, art projects also with a various art community started, and the art museum and the gallery showed the various worlds these days when Kumamoto was varied to the ordinance-designated city.
There was various new learning -- although it is self-praise, kmac also invites many guests and also challenges a public performance!
An opportunity for each organization to also interchange is made. Isn't a loose art network made?
Yes, the Kumamoto art is hot now!!!
Then, it is not called one year of art こ of Kumamoto, or one year, looks back upon the past, and also views the ideal and subject to the future.
A 2011 Kumamoto art ambition annual convention is held!!! !!.
Not a year-end party but 望年会! But it is not a 酒飲む event but a talk event.
Of course, a launch is true * which holds a year-end party.
I invite the superluxurious member of the first runner who leads the art community in Kumamoto to a guest, and have him express hotly the thought to each activity, having felt for one year, and art, etc.!!!
Performance schedule person (order of the Japanese syllabary)
O an artist and Ceylon moss 在郷 art museum   Superintendent   the Kato smile -- Heike family http://azma-redbox.com/
kmac Kato 笑平 * night (2010.12.13) http://kmacart.exblog.jp/13814108/
O The Komodo art project representation   クマモト stage & art guide "ドコサ?" superintendence   Ms. Miyuki Sakaguchi
http://www.muchcolor.com/blog/docosa/
O The Kumamoto contemporary art hall   Curator   Akiko Sakamoto Mr. http://www.camk.or.jp/
O A painter, the Shinmachi 3-mat art museum, NPO art switch representation   kmac New Year's party (2011.1.22) http: [ in Eiichi Sakurai Mr. http://viroflay.cocolog-nifty.com / Shinmachi 3 mat art museum ]//kmacart.exblog.jp/14146147/
O An artist, the art dining-room No. 3 line superintendence   Ken-ichi Shimojo Mr. http://arts3.web.fc2.com/
kmac, Kawaramachi collaborative project   Shimojo Mr. talk (2011.6.12) http://kmacart.exblog.jp/15030837/
A coordinator is kmac superintendence.   Hitomi Ogasawara takes the part.
In the direction of of course further the outside of the prefecture, the art persons involved in Kumamoto and a fan understand the now of the art of Kumamoto at a glance, if an art comes to [ the direction and here ] where it is said that it does not understand not much well! He can meet leaders!! It should become the encounter to the surely new world.
I am waiting for your participation by all means.
Wed., December 7 8:00 p.m. ? 10:00
Place: The Kumamoto contemporary art hall   Conference room
* When entering after 8:00 p.m., since it is after a closing, it becomes the entrance from a side exit.
Please contact me.
Charge: No charge (please give me a contribution in a feeling)
The reservation method: Please attach a representative's name, a contact, and the number of intervenors to kmac-office@excite.co.jp, and apply to it.
It is above.
Well [ say / that the relation which lets an art pass is wholly made of in respect of an acquaintance ].
Because it is not connected unless it is engaged in the art.
What was said individually last year "will be the Kumamoto art first year in 2010."
The year and the art scene of Kumamoto to which Japan experienced the earthquake disaster this year of 2011, and the paradigm shift happened greatly are interesting increasingly, and are becoming loudly and pleasant.
It is not having thought five years ago.
The earthquake disaster has been experienced and considered.
I think that it can be said that it experienced in respect of being certain since the relative was lost from tsunami in Fukushima.
If the history which people have built hard is really important.
Although possibly the physical history of a building was lost by tsunami or radioactivity, there is history which remained in memory or record.
If the history is important.
By Southwestern Rebellion, Shimmachi, Kumamoto-shi is also burned to nothing whole Kumamoto Castle, and is carried out, and there is no building of its Tokugawa shogunate days.
Because it is a castle new even in Kumamoto Castle.
Modern Chikashi Kumamoto's accumulation thinks that he is Kaname Imashige.
are improving history from the side of an art, and there is a thing which can create the art scene unique to Kumamoto -- it is not -- it is ?.
Various possibilities will arise, when the art scene unique to Kumamoto is created.
It is not an easy way.
Probably, it was not created until now just because it was not easy.
It does not do whether it does or only it is always asked.
Salut

|

« モヒカンポシェット「ひとつCOLLECTION」in熊本県民百貨店のディスプレイを制作中!今回も驚きのクオリティー! | トップページ | 里見八犬伝を5年振りに見た。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

Bonsoir!こんばんは。

初めまして ルパンクラウンと申します。
先日9・11 河原町で行われたアサヒアートフェスティバルーにて
☆デハラ・ユキノリ賞 を頂きました。

貴方の事はライバル視しておりました!が、
プロフィール欄を視たとたん、一瞬にして失せましたw 尊敬の念に堪えません。。



中学が同じです・・・。(^Д^)
7日の熊本アート忘年祭に申し込みました。
当日は先生の御話を楽しみに、また 御指導、御鞭撻の程 何卒宜しくお願い致します。m(__)m

投稿: LupinClown Anatine/ルパンクラウン・アナティン | 2011年12月 6日 (火) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月最初のイベントはkmac主催のトークイベント!7日(水)20:00~熊本市現代美術館、会議室。熊本のリアルなアートシーンが分かります。:

« モヒカンポシェット「ひとつCOLLECTION」in熊本県民百貨店のディスプレイを制作中!今回も驚きのクオリティー! | トップページ | 里見八犬伝を5年振りに見た。 »