« 11月3日、大牟田三井三池炭鉱祭がヤバかった件。 | トップページ | 熊本ケーブルテレビにアートのコーナーという番組があります。 »

2011年11月 7日 (月)

アートイベント事業企画の心構えみたいな事。

 鬱屈した若者を描く絵描きと思われているのでしょうか。

 最近は作品世界よりも、何をしたか、しているかの方に結構注目が集まっているような気がします。

 とある方に言われた言葉。

 「いずれ、作品制作かアートNPO事業か選択しなければいけない時期が来る」

 今のところ、どっちか選ばなければ前へ進めないという状況には至っていませんが、将来的には確かにそうなるかも知れませんね。

 作品制作とアートイベントとかの事業を行うときは、全く真逆の精神性が必要になってきます。作品制作は深く自分の中に沈潜していくイメージ。他者の存在はありません。

 イベントとなると、他者との関わり合い方が一番重要になってきます。

 両方同時にやろうとすると、精神的に引き裂かれるような苦痛を感じる時があります。

 しかし、これは振り子理論でなんとか自分を持たせる。こっちにこれだけ振れるから、真逆にもこれだけ振れると。

 アートイベントを企画して、開催までこぎつける。実に様々な経験をします。集客するための仕掛けは?どうやって収益を上げて行こう?当日の開催現場のイメージは出来ているかな?当日の不備はないかな?

 その他にも沢山の事象を様々な人と話し合い、支え合いながらイベント事業は進んでいくのです。

 その間、なかなか自分に沈潜する制作作業にスムーズに入っていく事が難しい。基本的に他者をシャットアウトする作業ですが、イベント事業というのはどこまでオープンマインドになれるかという事でもあります。

 誰か代わりにやってくれないかな~?とか思っても(大体いつも大詰めで思う)、その時にはもう無理です。精神的にも時間的にも、経済的にもきつい事のほうが多いですから。でもアーティストが発表する場は自分で作っていかなくては、誰も作ってくれないですし。

 ただ作品を発表する場を作るのであれば、造作ない事です。そうではなくて、その場自体に価値がある、参加するアーティストにも支援して頂く方々にも双方に大きいメリットがあって、さらにお客様に楽しんでいただかなくては…

 という事業でなければやる意味は大きく損なわれるでしょう。無意味ではありませんが、意味が持つ力は小さくなります。

 前にも書いたかも知れませんが、「担保があるなら大きい勝負をするべきだ」というのがアートNPOアートスイッチ代表としての信念です。

 これだけの事は確実にやり遂げる事ができるという、担保を考えます。例えるなら、どこかの公民館はスケジュールがあえば安く広く使えるよね、宣伝もチラシ作って近隣とかに配るのはリスクないよね。というような事です。

 知り合いのお店でグループ展をするとかでもいいかもしれません。

 それが担保です。

 「でもやっぱり、とにかく沢山の人に見てもらいたいよな~」ここで考え方は2つ。①自力で呼ぶ。②人がいる場所へ行く。

 ①町屋アートホームin新町

 ②アートスイッチ in イオンモール熊本クレア

 企画書は以前アップしたので割愛。

 思いついたらあとはやるか、やらないか。大体、やらないで済ますのが賢明だと思います。リターンよりもリスクの方が大きい。先ず一人では出来ない。大勢の協力していただく人達が必要です。

 後、途中でふと我に返る場合があるので、コレも注意が必要。

 と、様々に自分を鼓舞し続ける必要性に駆られます。

 や。書き続けてきて何で自分こんな事やってるん?というモードに入ってきた(笑)。

 「五美人図」制作に入ろう。の前に描くべき鉛筆画の仕事があった。

 描こう。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Is the artist describing the young man who smoldered seemed?
I feel these days that attentions have gathered in the direction of what you did or whether to carry out very well rather than the work world.
Language said to a certain direction.
"Work work, an art NPO enterprise, or the time that must be chosen comes someday."
If it does not choose in which for the moment, you have not resulted in the situation where it cannot go to a front, but does it become sure so in the future?
When undertaking work work, an art event, and that enterprise, the opposite spiritualism is completely needed.
Work work is an image deeply devoted into.
There is no existence of the others.
When it comes to an event, how with the others to be involved is becoming the most important.
If it tries to do both simultaneously, pain which is torn mentally may be felt.
However, this gives itself somehow in pendulum theory.
Since it sways this much here, if it sways this much also exactly the other way around.
An art event is planned and it attains to holding.
It has very various experiences.
Mechanism for 集客(ing)? It is kana without the defect of kana ? that day which has done the image of the holding spot of ? that day which will raise a profit how and will go?
In addition, an event enterprise progresses, discussing many phenomena with various persons and supporting them mutually.
In the meantime, it is difficult for the work work devoted very much to itself to enter smoothly.
Although it is the work which shuts out the others fundamentally, it is also how far an event enterprise gets used to an open mind.
not doing someone instead -- ?? -- even if it considers (I always think generally at the last scene), it is already then impossible.
After there are more things tight also mentally, in time, and economically.
But the place which an artist announces is sushi without whose making, if it does not make by itself.
If the place which merely announces a work is made, it will be that it is easy.
There is a large merit also in people which are not so and have value in the spot itself and which the artist who participates also supports to both sides, and also I have to have a visitor enjoy myself. --
If it is not an enterprise to say, the meaning to do will be impaired greatly.
Although it is not meaningless, the power which a meaning has becomes small.
Although possibly written before, "a large match should be played if there is security" is a belief as an art NPO art switch representative.
A thing like this considers the security called the ability to finish certainly.
if it compares, and a schedule suits some public hall, it can use widely at a low price -- it is [ advertisement ] risk-free in flier 作 the neighborhood and for it to be alike and to distribute.
It is what says.
A group exhibition may be carried out in the store of an acquaintance, or, but it may say.
It is security.
" I want many persons to see but too anyhow -- ?" -- here -- a view -- two
It calls by ? own strength.
It goes to the place in which ? people are present.
? Machiya art home in Shinmachi
? art switch in Aeon Mall Kumamoto Clare
Since it rose before, a plan is omitted.
If it happens to think, do you do the rest or do it?
I think it wise to finish without doing generally.
The risk is larger than a return.
Alone, it cannot do probably.
People whom large number of people have cooperate are required.
In the back, Colet also needs to keep in mind that he may come to self suddenly by the middle.
The necessity of continuing encouraging oneself variously runs.
や.
continuing writing -- what -- a part for 自 -- such a thing -- it went into the mode called るん? (smile).
I will go into "beauty 5 Figure" work.
There was work of the pencil sketch which should be drawn before の.
I will draw.
Salut

|

« 11月3日、大牟田三井三池炭鉱祭がヤバかった件。 | トップページ | 熊本ケーブルテレビにアートのコーナーという番組があります。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートイベント事業企画の心構えみたいな事。:

« 11月3日、大牟田三井三池炭鉱祭がヤバかった件。 | トップページ | 熊本ケーブルテレビにアートのコーナーという番組があります。 »