« 里見八犬伝を5年振りに見た。 | トップページ | 新町三畳美術館スペースが、只今リニューアル中。県民百貨店inモヒカンポシェットのディスプレイが先行登場。 »

2011年11月29日 (火)

東アジア戦略→創造都市→熊本市→新町→歴史→町屋→アート→東アジア戦略、お、頭の中では繋がった。

 要するに、地域性を最大限引き出す手法の選択肢のひとつがアートなのだなという事です。

 グローバル化に対抗する最大の武器が地域性。各地域の独自性を拡大して、コミュニティーをもっと小さく濃いものにする。そこから新しい何かが生まれてくるでしょう。

 難しいのは、かつての村社会を取り戻すという意味ではないという事。小さく濃いが、マインドはオープンでなければいけない。ヒッピー文化とも違うもの。ヒッピーも結局は気が合う同士のミクロなコミュニティーに終わりました。アートシーンでも70年代に試されて、続きませんでしたね。

 具体的にはどうすればいいのか?

 正直そこまではまだ固まっていませんが、アートが可能性を秘めている事は間違いありません。

 東アジアから注目を集める為には、文化の醸成が重要になってくるでしょう。日本の熊本という場所の歴史と伝統を踏まえたアートが、地域活性に必要とされてくると思います。

 面白そうだな、何だあれはと思ってもらえる可能性はグローバル化には全くありません。むしろ国民性と地域性にこそそれはあります。極端な話、パリが東京と同じような街並みだったら行く価値はほとんどなくなります。他民族の歴史にこそ、人は興味をそそられるのですから。またこれも難しいのですが、ナショナリズムに固まるというのも違います。コミュニティーの部分でも同じ事が言えましたが、マインドの部分はあくまでオープンでなくてはいけません。

 関係ないようであるのが、万田坑の塗装事件(勝手に事件化)。世界遺産に申請しようとした時、鉄製のエレベーター昇降の櫓部分をきれいに塗装してしまった事。見に行きましたが、魅力が随分損なわれていました。これは歴史を利用しようとした間違ったリビルドだと思います。世界遺産に申請するから、きれいにしようとしたのは分かりますが、古いものの価値を感覚的に分かっていなかった例だと思います。これはよくある間違いです。

 何が重要になってくるのかと言えば、個別に企画される様々な事のビジョンの根幹に歴史へのアプローチのビジョンと、地域性がなくてはいけないという事でしょうか。

 コンセンサスというか、アート的にはコンテキストの共有が必至になってくる事でしょう。地域活性という面で見ると、ハイコンテキストの部分は熊本市現代美術館がありますからアートに理解がある層部分はそれでいいとして、そうでない一般市民レベルでのアートのコンテキストの共有が必要になってきます。←今ココを必死で考えている所です。

 や~、話が難しくなってきた。

 今ここまで突っ込んで考えている時間が~。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is that one of the choices of the technique of pulling out regionality to the utmost is an art in short.
The greatest arms that oppose globalization are regionality.
The originality of each area is expanded and a community is made [ smaller ] deep.
Something new will be produced from there.
Say that the meaning of regaining the once Murakoso meeting is not difficult.
Although it is small deep, if a mind is not open, it is bad.
The thing also different from hippie culture.
The hippie also finished with the micro community of comrades like-minded after all.
Wasn't it tried on the 70s and continue on the art scene, either?
What should I do concrete?
honest -- although not solidified yet up to there, it is certain that the art has possibility.
Brew of culture will become important in order to attract attention from East Asia.
The art based on the history and tradition of the place of Kumamoto in Japan considers being needed for local activity by it.
it seems to be interesting -- what -- that -- a possibility of having you consider is not in globalization.
There is it just in national traits and regionality rather.
Most value which will go if the extreme talk and Paris are the same rows of houses as Tokyo is lost.
Because people excite interest just in the history of other races.
Moreover, this is difficult and solidifying in nationalism is also different.
Although the same thing was able to be said also in the portion of the community, the portion of a mind must be open strictly.
It is a paint incident (freely incident-izing) of 10,000 田坑 so that it may not be related.
When it is going to apply to world heritage, the tower portion of iron elevator rise and fall has been painted finely.
Although it went to see, charm was spoiled fairly.
I think that this is the rebuild it was going to make the mistake in using history.
Since it applies to world heritage, it turns out that it was going to clean, but I think that it is the example for which value was not understood sensuously although it is old.
This is a mistake which often occurs.
Is it that there must not be a vision of approach in history and regionality in the basis of the vision of various things planned individually as to what becomes important?
It is called consensus or sharing of a context will become inevitable in art.
Sharing of the context of the art in the average citizen level which is not so is needed noting that the layer portion which has an understanding in an art is good at it since the portion of a high context has the Kumamoto contemporary art hall when it sees by Men called local activity.
<- it is the place which is desperate and considers ココ now.
や? and the talk are becoming difficult.
The time which is thrust in so far and considered now? .
Salut

 

 

|

« 里見八犬伝を5年振りに見た。 | トップページ | 新町三畳美術館スペースが、只今リニューアル中。県民百貨店inモヒカンポシェットのディスプレイが先行登場。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア戦略→創造都市→熊本市→新町→歴史→町屋→アート→東アジア戦略、お、頭の中では繋がった。:

« 里見八犬伝を5年振りに見た。 | トップページ | 新町三畳美術館スペースが、只今リニューアル中。県民百貨店inモヒカンポシェットのディスプレイが先行登場。 »