« モヒカンポシェット、ファッションショー!!in KUMAMOTO MODE COLLECTION. | トップページ | モヒカンポシェット「ひとつCOLLECTION」in熊本県民百貨店のディスプレイを制作中!今回も驚きのクオリティー! »

2011年11月22日 (火)

美しい作品を描きたいのと、美しい企画をやりたいだけで、コンテキストを誰と共有したいかでアートと呼ぶか、そうじゃないかが変ってくるのか。と思ったり。

 タイトル通りの事を考えています。

 本来アートって、ハイコンテキストでアート市場で評価されたものが基本的には認められていくのだろうけれど、ポロックが200億円近くで落札ってどうなんですかね。

 もうこれ、投機ですよね。アートバブル自体がそうでしたけど。

 村上龍のあの金で何が買えたかを思い出してしまった。

 自分の作品をオークションに出して自分で値段を釣り上げるという「作品」を作った人がいましたね、確か。

 もう、何が作品かそうでないか判然としない。コンテキストを共有できる人の対象はどこか。昔から考えていましたが、7年近くもクラブイベントとしてパステル画を展示する企画をしてきた事から考えると、自分が対象にしたいのはどうやらそこら辺らしい。

 そうじゃなかったら、ショッピングモールや地域振興というステージで企画を、そもそもしないと思う。ギャラリーでした方が楽と言っちゃなんですが、まぁ楽です。気持ち的に。作品見る気で皆さん来ますから。

 こういうステージでコンテキストを観客と合わせようとすると、物凄いストレスを感じる時があって、まぁでも自分で選んだ事だしと思って企画を組み立てています。

 どうしてもハイコンテキスト方面に思考が行きがちなんですけど、いや、それは自分の土俵じゃないと思います。一人でも多くの人に企画を楽しんでもらって、それがアートと呼べるものになっていればいいなとは思いますが多分まだ3割くらいしかなってないと思う。

 もっと突き詰めたものでも、ショッピングモールで週末過ごす方々、年に一度も美術館に行かないような方々に届ける事ができる可能性はゼロじゃないと。

 その事を考え続ける事がアートなのかと言われれば、タイトルのような事を思ったり。

 堂々巡りの途上にいます。

 居続けなくては駄目だと思います。

 どこまでも当事者でなくてはいけないと思います。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It thinks as the title.
Although what the art was evaluated by in the high context in the art market will originally be accepted fundamentally, how is Pollock for about 20 billion yen in a successful bid?
It is already this speculation.
Although the art bubble itself was so.
It is remembered what that gold of Ryu Murakami was able to buy.
there is a person who made the "work" of having taken out its own work to an auction and having fished the price by oneself -- a seed -- surely .
Any longer, what is not [ being a work or / whether that is right ] ascertained.
Where is the object of those who can share a context?
Seemingly although thought since ancient times, when it thinks from having carried out the plan which will exhibit a pastel as a club event for about seven years, it is a neighborhood about there somehow that he wants to use an object.
I think that it plans primarily on neither a shopping mall nor a stage called regional improvement unless that is right.
Although the directions which were galleries are comfort and 言っちゃ, it is easy well.
Feeling-like.
Because you come by work 見る気.
If it is going to unite a context with a spectator on such stages, a terrible stress may be felt, し [ it is having chosen by oneself but well ] is thought, and the plan is assembled.
I think that disagreeableness and it are their sumo rings although thinking surely tends to go in the direction of a high context.
One person also gets many people to enjoy a plan, and I think that it has probably still become only about 30 percent although I hope that I am what it can call an art.
A possibility that what was investigated more thoroughly can be sent to people which do not go for a year to an art museum once here and there which is passed at a shopping mall a weekend is as it is zero.
Like a title is considered as to whether it is an art to continue considering the thing.
It is in the way of circularity.
I think that it must not continue being.
I think that you must be the party concerned to where.
Salut

|

« モヒカンポシェット、ファッションショー!!in KUMAMOTO MODE COLLECTION. | トップページ | モヒカンポシェット「ひとつCOLLECTION」in熊本県民百貨店のディスプレイを制作中!今回も驚きのクオリティー! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい作品を描きたいのと、美しい企画をやりたいだけで、コンテキストを誰と共有したいかでアートと呼ぶか、そうじゃないかが変ってくるのか。と思ったり。:

« モヒカンポシェット、ファッションショー!!in KUMAMOTO MODE COLLECTION. | トップページ | モヒカンポシェット「ひとつCOLLECTION」in熊本県民百貨店のディスプレイを制作中!今回も驚きのクオリティー! »