« TPP? | トップページ | 明日、明後日12~13日、熊本刑務所「矯正展」。 »

2011年11月10日 (木)

助成金の手続きが意外といい勉強になる件について。

 今まで、助成金に頼らずにNPOをやってみようと思い、様々にイベントを行ってきました。

 意外に助成金、なくてもやれる事は沢山あるなと気づき、企画してやってきました。

 そろそろ、助成金の申請をして、通ったらラッキーかなと思い、申請書を出し始めています。お金があったら出来る事も大きくなります。お金があるうちに自助努力でお金を生み出すシステムも考えられるのではと。

 ある人から、社会企業の採算は5年計画でと教えていただきました。世界的なアートマーケットとは関係ない地方のアートシーンで、地域振興の為にアートをやるというのは明らかに社会企業としての自覚がないとできません。それ自体に生産性はないが、必要な事業といった区分けでしょうか。

 本来は役所がそういった事業を行っています。生産性はないが、必要な仕事です。そこからこぼれおちてフォローがない事業をNPOがやるというのが、本来のNPOのありかただと理解しています。

 まさにアートNPOが存在する所以です。

 5年計画。今2年目。5年計画どころか、採算取れるようになるにはもっとかかるよと言われました。

 食うや食わずでやんなきゃいけない事業。よくアーティストになるなら死ぬ気でやれとアドバイスを受けます。

 死ぬ気でやらなきゃならない仕事って、軍隊とかレスキューとかだと思っていたのにアーティストもだったんですね。知ってたけど。

 一杯若くして死んでるけどね。

 お金と本気で向き合おうとすると、死にたくなる気持ちは分からんではない。リアルに金にならない仕事ですから。

 でも必要ないかと言えばそんなことは絶対ないから、難しい。

 トライ&エラーを繰り返してやりかたを学ぶしかないのでしょう。

 助成金の申請書類は、今までやってきた事のリテラシーになるので随分自己分析の役に立ちます。気づかなかった意味がふと見えたり。

 助成が通らなくても、今後の為の資料として本当に役に立ちそうです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

He thought that he would do NPO, without depending on a subsidy until now, and it has performed the event variously.
He has noticed that many subsidies and things which can be done even if there is nothing should not occur unexpectedly, and it has planned.
It applies for a subsidy, soon, if it passes, lucky kana will be thought, and it is being begun to take out an application.
It also becomes large that it can do if there is money.
It is as if the system which produces money by self-reliance is also considered while there is money.
The profit of a social company had you teach for five years that it is in a plan from a certain person.
It is an art scene of the district which is not related to a global art market, and if there is no consciousness as a social company clearly, it cannot perform doing an art for regional improvement.
Although there is no productivity in itself, is it division called a required enterprise?
Originally the public office is undertaking such enterprises.
It is required work although there is no productivity.
That NPO does the enterprise which falls, falls from there and does not have follow understands that it is how. [ original NPO ]
It is a reason in which art NPO just exists.
Five-year plan.
Now 2 year
profit 取れる, not to mention a five-year plan, -- it was said that it started becoming like more.
eating or not eating -- でやんなきゃ -- a bad enterprise.
Advice is received as do by mind of dying if it becomes an artist well.
Was the work which must be done by mind of dying also an artist having thought that they were an army and a rescue?
Although got to know and cooked.
It was made young to the limit and is dead.
If it tries to face each other money and seriously, desire to come to die is not known.
Because it is the work which does not become Kin with reality.
But since such a thing cannot be absolutely found as to whether it is unnecessary, it is difficult.
Probably a try & error must be repeated and a way must be studied.
Since the applications of a subsidy become the literacy of having come until now, it is helpful to self-analysis fairly.
The meaning which was not noticed can be seen suddenly.
Even if support does not pass, it is likely to be truly helpful as data for future.
Salut

|

« TPP? | トップページ | 明日、明後日12~13日、熊本刑務所「矯正展」。 »

NPO法人アートスイッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 助成金の手続きが意外といい勉強になる件について。:

« TPP? | トップページ | 明日、明後日12~13日、熊本刑務所「矯正展」。 »