« NPO法人アートスイッチで、アートイベントの提案を4本程かかえています。さて、どうしたものか。いつもの思案。 | トップページ | アートイベント事業企画の心構えみたいな事。 »

2011年11月 4日 (金)

11月3日、大牟田三井三池炭鉱祭がヤバかった件。

 3日は熊本市現代美術館にトークを聞きに行く予定にしていたのですが、大牟田の三井三池炭鉱祭りの情報を直前に知って、急遽予定変更。

 9:30頃三池港に着くと、海上保安庁の巡視艇に乗船できるという列がすでに出来ていました。先着順なのですでにアウト。11:00乗船にも関わらずです。

 熱い祭りの予感がします。炭鉱跡には無料のシャトルバスが4本も巡っていて、10分ごとに移動できます。何だ、この利便性。

 三池港でのイベントを横目に最初のシャトルバスで移動開始。三井港倶楽部、石炭館、宮原炭坑跡、万田坑跡、全部ヤバイ!!

 炭鉱跡地というのは、無用の長物になった瞬間からパブリックアートに変貌するのだなと実感します。稼働時は機能最優先の、働く現場なだけなのですが、廃墟になった瞬間、人間が限界まで努力して作り上げた作品になったのでしょう。

 270m下の炭鉱まで人間を上げおろししていたエレベーターのブレーキひとつとってみても、何だコレ!嘘やん!絶対もっとシンプルな形にできたはず!という形をしていますby万田坑の自動ブレーキ。実際使っていたブレーキは手動ブレーキで、単純にレバーの上げおろしで作動するというもの。

 自転車のブレーキシステムと全く同じ。スゲー単純です。

 ここで大規模な事故も起こって400人以上が亡くなっている。

 ひとつひとつの事象の積み重なりが魅了します。

 祭り当日はガイドもいて、詳しく解説も聞けます。

 御船千鶴子が選んだ土地を掘ったという、怪しい話しも飛び出して、相当楽しめます。

 最近インプットが足りないと思っていたので、これはいいものをいいタイミングで見れました。

 まだ未体験の方には是非お勧めのスポットです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Although it was made the schedule which goes to the Kumamoto contemporary art hall to hear a talk, the information on the Mitsui 3 pond coal mine festival of Omuta is got to know immediately before, and three days are a change of schedule hurriedly.
When it arrived at the Miike harbor at the 9:30 times, the sequence that the patrol vessel of Japan Coast Guard could be boarded was already made.
Since it is the order of arrival, it is already out.
Irrespective of 11:00 boarding.
He has a premonition of a hot festival.
The free shuttle bus is revolving four in the remains of a coal mine, and can move to them every 10 minutes.
What, this convenience.
It is a move start in the first shuttle bus to a side glance about the event in the Miike harbor.
the Mitsui harbor club, a coal hall, the remains of the Miyahara coal mine shaft, and 10,000 田坑跡 -- all -- ヤバイ!!
A coal mine site feels actually changing into public art from the moment of becoming a useless thing.
Probably, the moment of becoming the ruins although the spot only and human being whom functional top priority commits became the completed work in which its best was done to the limit at the time of operation.
even if it takes even the brake of the elevator which was raising, taking down and acting as man to the coal mine under 270m -- what -- Colet! 嘘やん! it must have been made to the absolutely simpler form -- it has the form ! -- automatic brake of by10,000 田坑.
The thing of the brake which was actually being used being a hand brake and operating by raising taking down a lever simply.
It is completely the same as the brake system of a bicycle.
スゲー -- it is simple.
The large-scale accident also happened here and 400 or more persons have passed away.
The phenomenon of each stacks and an overlap charms.
A guide is also and it can also hear description in detail on the festival day.
The doubtful talk called having dug the land which Chizuko Mifune chose also jumps out, and he can enjoy himself fairly.
Since it thought that input was insufficient these days, this was able to see the good thing to good timing.
In the direction of un-experiencing, it is still a recommended spot by all means.
Salut

 

|

« NPO法人アートスイッチで、アートイベントの提案を4本程かかえています。さて、どうしたものか。いつもの思案。 | トップページ | アートイベント事業企画の心構えみたいな事。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月3日、大牟田三井三池炭鉱祭がヤバかった件。:

« NPO法人アートスイッチで、アートイベントの提案を4本程かかえています。さて、どうしたものか。いつもの思案。 | トップページ | アートイベント事業企画の心構えみたいな事。 »