« 明日、明後日12~13日、熊本刑務所「矯正展」。 | トップページ | 12月16、17日はカフェー マチヤ in モヒカンポシェット開催!発表していませんでしたが、すでに続々予約が入っております。 »

2011年11月14日 (月)

アービン・ウェルシュ「エクスタシー」、何か懐かしい。

 ウェルシュはトレインスポッティングの作者です。

 エクスタシーは昔読んだ記憶がありますが全く覚えていないので再読してみました。

 エクスタシー=MDMA、15年前位から出回り始めたドラッグです。同じころ、天神近辺のクラブでやたら出回っていた記憶があります。何故かチュッパチャップスとセットで出回っていたので、昔チュッパチャップスという絵を描いた事があります。昔、大劇横今サンクチュアリになっている場所にJAILがあった時、入口に随分長い事展示していました。

 MDMAとレイヴの話しがメインなんですが、もう日本でもあの事件のせいで随分悪い印象になっていますね。いや、ドラッグがないレイヴなんて想像もつかないですからあながち間違った印象ではありません。

 当時はジャングルとかそういった音楽が台頭してきていて、ヒップホップのオールドスクール命だった自分と友達達は音楽的な意味で居場所をなくしていってるところでしたね、15年前。

 ブレイクビーツをターンテーブルのレコードで作り出せるDJなんて今や地方のクラブでは皆無じゃなかろうか、知らないけど。全部マックでOKですからね~。今のクラブに行ったらパソコンをアンプにつないでますから、なんか味がない。事前にプレイリスト組んで流すのがメインだから、昔程DJを尊敬できない、垣根が低い感じです。

 あ、話がずれた。

 とにかく、クラブにドップリになった事がある人は必読。そうでない人は、あんまり分かんないかもですね。酒、ドラッグ、音楽に骨の髄まで(あ、私自身は酒ですから。念のため)はまった事がないと、よく理解できないかも。マッシブアタックを映画の主題曲に?馬鹿じゃねーの?映画館でドンギマリになる奴いねーよ!という世代です。あ、マッシブアタックは別に好きじゃありません。

 鼓膜破れるんじゃないかって位、スピーカーの近くが好きでした。今も酔うとそんな感じです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Welch is the author of Trainspotting.
Although there was memory read a long time ago, since he did not remember at all, ecstasy was reread.
Ecstasy = it is a drug which began to appear on the market from MDMA and 15 years before grade.
There is memory which had appeared on the market overly at the club of the Tenjin neighborhood at that time.
without knowing why -- seasonal rice gruel -- since it had appeared on the market by パチャップス and a set -- ancient times -- seasonal rice gruel -- a picture called パチャップス has been drawn.
fairly long at an entrance, when JAIL is in the place which is a large 劇横今 sanctuary a long time ago -- thing exhibition was carried out.
Although the talk of MDMA and Leif is main, has it already been the impression that it is bad fairly because of that incident also in Japan?
No, after not attaching imagination in Leif without a drug, either, it is not the necessarily wrong impression.
A jungle and such music have been gaining power, themselveses and the friends who were the old school lives of hip-hop have just been going to lose room in the musical meaning, and it is 15 years ago in the bottom those days.
Although it does not know whether now there is nothing at a local club in DJ who can make break beats by the record of a turntable.
Because it is all OK in a Mac .?
Some tastes cannot be found after having connected the personal computer with amplifier, if it goes to the present club.
Since passing by playlist 組ん in advance is main, it is the touch which cannot respect DJ a long time ago that a fence is low.
あ and the talk shifted.
those who have come to resemble a club completely are required reading anyhow.
Those who are not so are [ whether it is also excessive part かんない or ].
It is to a bony core (since あ and I myself are alcohol) to alcohol, a drug, and music.
It is whether to be able to understand well if it has not waited just to make sure.
奴い which becomes boss ギマリ to the theme music of a movie by ? 馬鹿 about a massive attack in ? movie theater of - - He is the generation !.
He does not independently like あ and a massive attack.
Wasn't he eardrum tear るん and liked the neighborhood of grade and a speaker.
It is such touch when it still gets drunk.
Salut

|

« 明日、明後日12~13日、熊本刑務所「矯正展」。 | トップページ | 12月16、17日はカフェー マチヤ in モヒカンポシェット開催!発表していませんでしたが、すでに続々予約が入っております。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アービン・ウェルシュ「エクスタシー」、何か懐かしい。:

« 明日、明後日12~13日、熊本刑務所「矯正展」。 | トップページ | 12月16、17日はカフェー マチヤ in モヒカンポシェット開催!発表していませんでしたが、すでに続々予約が入っております。 »