« 12月最初のイベントはkmac主催のトークイベント!7日(水)20:00~熊本市現代美術館、会議室。熊本のリアルなアートシーンが分かります。 | トップページ | 東アジア戦略→創造都市→熊本市→新町→歴史→町屋→アート→東アジア戦略、お、頭の中では繋がった。 »

2011年11月28日 (月)

里見八犬伝を5年振りに見た。

 里見八犬伝。角川映画が全盛の時代に撮られた、文句のつけようがない伝奇映画です。

 5年に一度程見返したくなる一本です。DVD化されてレンタル屋にあったのですが、隣の作品がマタンゴだったのがこの映画の真髄を現していると思います。

 わ~、ターミナル・ドキュメントだ~という、血の池に入ると傷が治癒する魔族が出てきます。もう、まんま。赤い液体は魅惑のオブジェクトを生み出します。

 わ~、アシタカや~というシーンも満載。奇形の人間が洞窟に住んでいるというシーンは完全にもののけ姫の鉄砲作りのシーンと一致。もののけ姫見たとき、どんだけ里見八犬伝好きやねん!と思ったものでした。

 すごく後世に貢献した映画なんだろう。繰り返し見てしまうのも頷けます。

 繰り返し見る映画は他にはゴッドファーザー1、2があります。3はちょっと遠慮します。

 たまに、見返したくなる映画ってありますね。

 妖怪ハンター ヒルコもなかなかの映画です。ゼイラムを見たくなってきたな。昔の鉄男も良かったですね。新しいのはこれまたちょっと…ですが。

 名作ホラー、最近よく話題に出る(なぜか)バスケットケースとか、1作目のヘルレイザーも外せません。トレマーズの1作目もいいですが、SFですかね。悪魔の棲む家も好きだったな。最近ではエクソシスト・ビギニングが結構良かったです。グリッターも笑えていいですね。

 ほの暗い水の底からは、高校生の時に全く同じ設定を短編ホラー小説で書いた事があって、同じ事皆考えるよな~と思いました。自分の場合、高校の給水タンクで自殺する高校生の話でしたが。

 ホラー趣味。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Satomi 8 dogs story.
The Kadokawa movie is a romance movie which was filmed by the time of the height of prosperity and with which no fault is found.
It is one to come to look again once in about five years.
Although it was DVD-ized and was in the rental store, I think that that the next work was Matango expresses the essence of this movie.
they are わ? and a terminal document -- if it goes into the pond of blood ?, devil from which a crack recovers will come out.
It is already まんま.
A red liquid produces the object of fascination.
It carries a full load also of わ?, a reed hawk, or the scene ?.
The scene that the deformed human being lives in the cave is completely in agreement with the scene of making the gun of Princess Mononoke.
I regarded only どん as a Satomi 8 dogs story lover or ねん! at the time of the Princess Mononoke 見た.
It will be the movie which contributed to future generations very.
Trying to repeat also gives a nod of assent.
As for the movie which it tries to repeat, there are the other godfathers 1 and 2.
3 withholds just for a moment.
Occasionally, is there any movie to come to look again?
Supernatural creature Hunter   ヒルコ is also quite a movie.
I would like to have come to see ゼイラム.
Old Tetsuo was also good.
New one can come and is slightly -- again.
Masterpiece horror, the basket case which appears in subject well these days (why is it?), and ヘルレイザー of not a work can be removed.
Is it SF although the 1st work of トレマーズ is good?
He also liked the house in which an evil spirit lives.
These days, exorcist beginning was fairly good.
I laugh also at glitter.
from the bottom of dusky water, the setup completely same at the time of a high school student has been written by the short story horror novel, and the same -- 事皆考える -- I thought ?.
In the case of, it was a talk of the high school student who commits suicide with the water tank of a high school.
Horror hobby.
Salut

|

« 12月最初のイベントはkmac主催のトークイベント!7日(水)20:00~熊本市現代美術館、会議室。熊本のリアルなアートシーンが分かります。 | トップページ | 東アジア戦略→創造都市→熊本市→新町→歴史→町屋→アート→東アジア戦略、お、頭の中では繋がった。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里見八犬伝を5年振りに見た。:

« 12月最初のイベントはkmac主催のトークイベント!7日(水)20:00~熊本市現代美術館、会議室。熊本のリアルなアートシーンが分かります。 | トップページ | 東アジア戦略→創造都市→熊本市→新町→歴史→町屋→アート→東アジア戦略、お、頭の中では繋がった。 »