« JOU& 松本充明 meet 新町三畳美術館、終了致しました! | トップページ | あけましておめでとうございます。2012年の幕開け。とある解体される学校のお話。 »

2011年12月30日 (金)

天草在郷美術館開催中の、バケモノ憑市byマツモトマサヒデ氏を見てきました。

 アートブログにも関わらず、あまりアーティストを紹介しなくて申し訳ないと思っていますが本日は日帰り天草牛深ツアーを敢行しましたので紹介。

 マツモトマサヒデ氏は、第二回町屋アートホームin新町で芝居屏風絵で、妖怪化した河上彦斎を描かれたアーティストです。

 妖怪をモチーフに今までずっと平面作品を描かれてきました。

 今回最新作を天草在郷美術館で拝見致しました。

 僭越ながら、技術的にとても良くなってきていると思います。

 あとはアナウンスと言いますか、自分とお客様とのコンセンサスをどう強力に結ぶかだと感じました。

 作品世界が確立し始めている今、今度はもっと真剣に言葉で説明できる事は全て簡略に説明できるというスタンスが取れれば、後はもっと楽になるのではないかと思います。

 見てもらえれば分かるとか、ありえないので(岡本太郎は何冊本を出しましたか?)作品世界を一度言語化する作業をすると、初めて見る人にもとても面白く見ることができるでしょう。

 今後の作品はどうなるのかなと、いちアートマニアとして単純に興味深いアーティストです。熊本で今個人的に興味があるアーティストは10人いるかいないかなので、とても面白い存在です。

 その他、日本の秘湯に選ばれている洞窟風呂に行き、クオリティーの高いお茶漬けを食べ、寿司を食べ、ちゃんと大豆の味がする湯豆腐を食べ、何か日本人に生まれてよかったと食の面、温泉の面から思った一日でした。

 たまにはこんな一日を。

 明日はKuMA Collctionの搬入です。レイアウトが分かりませんが、当日分かるのかな?

 サリュ

In spite of an art blog, an artist is seldom introduced, and although I am sorry was thought, since day's trip Ceylon moss Ushibuka tour was ventured today, it introduces.
Mr. Matsumoto マサヒデ is the artist who had the Kawakami 彦斎 which is a play painting on a folding screen, and was supernatural-creature-ized by second Machiya art home in Shinmachi drawn.
A plane work is drawn for a supernatural creature by the motif all the time until now.
I saw the latest work in the Ceylon moss 在郷 art museum this time.
Though presumptuous, I consider [ becoming technical very good and ].
the rest is called announcement -- it is -- it was thought that it was how to connect the consensus of oneself and a visitor powerfully.
I think that all the things that can be more earnestly explained by means of language the now which the work world is beginning to establish, and shortly will become easier in the back if the stance that it can explain simple can be taken.
It could see very pleasantly also to the first person to conclude that the work which language-izes the work world once is done, since it understands or cannot be, if I have you see (how many volume book did Taro Okamoto publish?).
He is an interesting artist simply as a いち art maniac as what happens to a future work.
Kumamoto -- Kon -- there are ten artists who are individually interested -- it buys and twists, is that of kana and is a very interesting existence.
In addition, it was one day which went to the cave bath chosen as the hidden waters in Japan, ate the high boiled rice in tea of the quality, ate sushi, ate the boiled tofu in which there is the taste of a soybean perfectly, some was born to Japanese people, and considered from the field of food by it having been good, and the field of a hot spring.
It is such one day in rare cases.
It will be carrying in of KuMA Collction tomorrow.
Although a layout is not known, does it understand on the day?
Salut

|

« JOU& 松本充明 meet 新町三畳美術館、終了致しました! | トップページ | あけましておめでとうございます。2012年の幕開け。とある解体される学校のお話。 »

アーティスト紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天草在郷美術館開催中の、バケモノ憑市byマツモトマサヒデ氏を見てきました。:

« JOU& 松本充明 meet 新町三畳美術館、終了致しました! | トップページ | あけましておめでとうございます。2012年の幕開け。とある解体される学校のお話。 »