« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

天草在郷美術館開催中の、バケモノ憑市byマツモトマサヒデ氏を見てきました。

 アートブログにも関わらず、あまりアーティストを紹介しなくて申し訳ないと思っていますが本日は日帰り天草牛深ツアーを敢行しましたので紹介。

 マツモトマサヒデ氏は、第二回町屋アートホームin新町で芝居屏風絵で、妖怪化した河上彦斎を描かれたアーティストです。

 妖怪をモチーフに今までずっと平面作品を描かれてきました。

 今回最新作を天草在郷美術館で拝見致しました。

 僭越ながら、技術的にとても良くなってきていると思います。

 あとはアナウンスと言いますか、自分とお客様とのコンセンサスをどう強力に結ぶかだと感じました。

 作品世界が確立し始めている今、今度はもっと真剣に言葉で説明できる事は全て簡略に説明できるというスタンスが取れれば、後はもっと楽になるのではないかと思います。

 見てもらえれば分かるとか、ありえないので(岡本太郎は何冊本を出しましたか?)作品世界を一度言語化する作業をすると、初めて見る人にもとても面白く見ることができるでしょう。

 今後の作品はどうなるのかなと、いちアートマニアとして単純に興味深いアーティストです。熊本で今個人的に興味があるアーティストは10人いるかいないかなので、とても面白い存在です。

 その他、日本の秘湯に選ばれている洞窟風呂に行き、クオリティーの高いお茶漬けを食べ、寿司を食べ、ちゃんと大豆の味がする湯豆腐を食べ、何か日本人に生まれてよかったと食の面、温泉の面から思った一日でした。

 たまにはこんな一日を。

 明日はKuMA Collctionの搬入です。レイアウトが分かりませんが、当日分かるのかな?

 サリュ

In spite of an art blog, an artist is seldom introduced, and although I am sorry was thought, since day's trip Ceylon moss Ushibuka tour was ventured today, it introduces.
Mr. Matsumoto マサヒデ is the artist who had the Kawakami 彦斎 which is a play painting on a folding screen, and was supernatural-creature-ized by second Machiya art home in Shinmachi drawn.
A plane work is drawn for a supernatural creature by the motif all the time until now.
I saw the latest work in the Ceylon moss 在郷 art museum this time.
Though presumptuous, I consider [ becoming technical very good and ].
the rest is called announcement -- it is -- it was thought that it was how to connect the consensus of oneself and a visitor powerfully.
I think that all the things that can be more earnestly explained by means of language the now which the work world is beginning to establish, and shortly will become easier in the back if the stance that it can explain simple can be taken.
It could see very pleasantly also to the first person to conclude that the work which language-izes the work world once is done, since it understands or cannot be, if I have you see (how many volume book did Taro Okamoto publish?).
He is an interesting artist simply as a いち art maniac as what happens to a future work.
Kumamoto -- Kon -- there are ten artists who are individually interested -- it buys and twists, is that of kana and is a very interesting existence.
In addition, it was one day which went to the cave bath chosen as the hidden waters in Japan, ate the high boiled rice in tea of the quality, ate sushi, ate the boiled tofu in which there is the taste of a soybean perfectly, some was born to Japanese people, and considered from the field of food by it having been good, and the field of a hot spring.
It is such one day in rare cases.
It will be carrying in of KuMA Collction tomorrow.
Although a layout is not known, does it understand on the day?
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

JOU& 松本充明 meet 新町三畳美術館、終了致しました!

 無意味を提示する。

 松本充明氏の言葉。

 意味を持たない音の中で、JOU氏のダンスが紡ぎだされる。

 なにより不思議だったのは、お二人のパフォーマンスが違和感なく新町三畳美術館にて見れた事でした。

 JOU氏は、「場の力に導かれる」と仰っていました。

 そういう、アンテナみたいな方は確かに存在します。むしろ、それが人間本来の力というものでしょう。

 一緒にパフォーマンスを拝見した皆さまにも、それぞれ違った感想があって、それを話あう事でまた何かが繋がっていきます。

 お二人には今後、何かの機会で再びパフォーマンスを依頼できたらと思いました。

 今回のイベントに関わった皆さま、本当にありがとうございました。

 サリュ

A non-meaning is shown.
Mr. Mitsuaki Matsumoto's words.
Mr. JOU's dance begins to be spun in sound without a meaning.
Having been wonderful was that two persons' performance was able to see comfortable in the Shinmachi 3-mat art museum above all.
Mr. JOU had said "He is led to the power of a place."
Surely such a direction like an antenna exists.
Rather, probably, it is man's original power.
You who saw performance together also have comment which are different, respectively, and something is connected with you in 話あう事 in it again.
I thought if performance can be again requested from two persons by some opportunities from now on.
Thank you very much for you who were concerned with this event.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

JOU& 松本充明 meet 新町三畳美術館 Performance & Artist talk 2011/12/23(FRI) 20:00~いよいよ開幕です!!

 コンテンポラリーダンスの公演自体が、熊本では少ないと思います。

 それが、こんなにも気軽な感じで見る事ができる機会は、ほとんどないのではないでしょうか?なんと、当日はアルコールもOKです。

 昔から思っていたのが、お酒飲みながらアートを楽しみたいよねという事。ドクメンタのヤン・フートが、オールドマスターの絵画を一般の家にキュレーションして、話題になったような記憶があります。

 実際には貴族の館の食堂とかに、美術品は飾られていたのですから、本来の姿を提示してみせたのでしょう。確か、それからホワイトキューブを飛び出し、社会へのアートのアプローチが始まったみたいな感じだったかウロ覚えです。

 そんなに硬く考えなくても、パフォーミングアーツをゆったり見る機会は他にほとんどないものと考えます。いい感じのゆるさが新町三畳美術館の持ち味でもあります。

 コンテンポラリーダンスはyoutubedで見た事ある位で、全然造詣に深くありませんがとにかくkmac主催でやっていただこうという、勢いだけで引き受けた感じです。

 最近、面白いかもという感覚が先で何でもやってみようと思うようになりました。

 今回のイベントも先が全く見えないところに、面白みを感じています。

 23日20:00~ 新町三畳美術館 \2,000 1D付きです。

 是非お越し下さい!

 サリュ

 The public performance of contemporary dance itself thinks in Kumamoto that it is few.
it -- being such -- being also alike -- is the lighthearted opportunity which can try to feel and come out hardly? Alcohol is also OK on what and the day.
Say that having considered from ancient times wants to enjoy an art with a drinker.
Jan Phu-tho of Documenta carries out curation of the pictures of an old master to a common house, and there is memory which became the center of attention.
actual -- the dining-room of Tate, an aristocrat, -- it was alike, and probably, the work of art presented and showed the normal state of being, since it was decorated.
It is [ whether it was the touch from which it jumps out of accuracy and a white cube, and the approach of the art to society began, and ] a ウロ memory.
Even if it does not think so firmly, I think that there is almost no opportunity to see performing arts calmly in others.
The looseness of good touch is also a characteristic of the Shinmachi 3-mat art museum.
Contemporary dance is only 事ある seen by youtubed, and although it is not deep in knowledge at all, it is the touch of having you do by kmac sponsorship anyhow taken over only with vigor.
I came to think that the feeling whether it is interesting will do anything at the point these days.
This event also feels interest for the place whose point cannot be seen at all.
20:00 [ 23-day ]?
It is with Shinmachi 3-mat art museum  \2,000 1D.
Please come by all means!
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

16~17日「ノエル ド マチヤ」inモヒカンポシェット&新町三畳美術館にお越しいただいた皆さま、誠にありがとうございました!!23日はkmac主催のパフォーミングアーツ公演!in新町三畳美術館。

 17日はo-tumnのライブがあり、深夜のkmacイベントもありで、バラエティーに富んだパーティーではなかったでしょうか。

 お越しいただいた皆さま、誠にありがとうございました!またいつかグレードアップしたカフェー マチヤシリーズをどこかで出来たらと思っております。

 モヒカンポシェットは本日伝統工芸館への搬入です。水前寺ギャラリーさんの展示に参加させていただいております。明日19日~25日まで1F奥にて「水前寺ギャラリー展」を宜しくお願い致します。

 そう、その期間はモヒカンポシェットと新町三畳美術館はプチリニューアルして「テアトル新町」として、オープン致します。大げさですが。

 kmac主催イベント開催!以下kmac blogより

 kmacの年末はまだまだ終わりませーーーん!!!!(いつ今年最後のイベント!といえるのか本人にも不明。。。笑)

 ということで、きたる12月23日(金・祝)、  
 kmacイベントでおなじみ、熊本市の新町三畳美術館の素敵な空間に、国内外の公演などで活躍するコンテンポラリーダンサーJOUさんと、サウンドパフォーマーの松本充明さんをお迎えし、一夜限りのスペシャル公演を開きます!!!!!


JOU& 松本充明 meet 新町三畳美術館
Performance & Artist talk 2011/12/23(FRI) 20:00~22:30


出演:JOU(dance)
松本充明(sound)

場所:新町三畳美術館
熊本市新町1丁目10-28(080-4288-8882)

料金:1ドリンク付き2000円

予約不要。当日会場で徴収します。

アクセス:熊本市電(上熊本駅系統)、新町電停下車徒歩2分。
電車通り沿いに、熊本第一信用金庫新町支店、マンションの隣にある緑色の建物が目印です。
熊本市中心部から車で約5分。


JOU(コンテンポラリーダンサー/振付家)
ダンス・プロジェクト・ユニットOdorujou主宰。U.S.A、マレーシアで暮らした後、2000年より東京を拠点に、国内および海外で活動中。2008年ソウル国際振付フェスティバルにて、外国人振付家特別賞受賞。横浜市立小学校 アーティスト特別授業講師/パフォーマンスキッズ東京・大島2010 派遣アーティスト/武蔵野美術大学非常勤講師/鳥取大学/Middle Sex College UK等、各地でワークショップ開催。様々な分野とのコラボレーション等、ダンス活用の可能性へ積極的に取り組んでいる。http://odorujou.netにてweb日記更新中。
http://odorujou.net/

松本充明(サウンド・パフォーマー/視聴覚作家)
バンドネオン・ソロ、プリペアド・シタール、電気音楽等を様々なプロジェクトにおいて即興演奏し、ヨーロッパ、日本を中心に、複数のスピーカーを使ったサラウンド・パフォーマンス等を行う。またMathieu Martin名義で、視聴者に生理的な視聴覚反応を与える空間装置(即ち最終的な“意味”を持たず、存在しない仮想的な“作品”)とした製作活動、及び、ビデオ+音響インスタレーション等を主に製作。近年は、演奏家・音楽家以外を対象にした即興演奏のワークショップ他、ソロによる即興表現のフェスティバル等、即興表現の本質を模索。鳥取大学でも即興音楽のワークショップを行っている。
http://artist-consul.visithp.com/artist/matsumoto/

 今回は、写真のかわいい新町三畳美術館という一風変わったステージで、間近におふたりのパフォーマンスを体感することが出来る貴重な機会!!
 このスペースは、築100年の町家を改装し、画家の櫻井栄一さんとファッションデザイナーのモヒカンポシェットさんがアトリエ兼美術館として運営している熊本屈指のアートスポット!
 そしてお迎えするJOUさんは、各地でのパフォーマンスにとどまらず、ワークショップや外国人アーティストの公演アレンジなど、パフォーミングアーツ普及にも取り組んでいらっしゃる方!
 オルタナティブなアートを目指すkmacにご賛同下さり、松本さんもご参加の下、今回のスペシャル公演が実現します!!!!みられるのはここだけ!!

 ぜひ、みんなで楽しみましょう!!!

 以上kmac blogより

 という訳で、新町三畳美術館もテアトルデビューを果たす事になりました。

 是非お越し下さいませ。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

wasn't it the party which there was the live of o-tumn, and a midnight kmac event also has, came out of it on the 17th, and was rich in variety?
Thank you very much for you who came. Cafe upgraded in when again   I think if マチヤ series is made in somewhere.
A morphine can pochette is carrying in at a traditional-handicrafts hall today.
I am allowed to participate in the 水前寺 gallery's exhibition.
tomorrow -- up to 19 day ? the 25th -- the 1F back -- "a 水前寺 gallery exhibition" -- I would appreciate your favor.
Yes, during the period, a morphine can pochette and the Shinmachi 3-mat art museum carry out petit renewal, and I open them as "theatre Shinmachi."
It is exaggerated.
kmac sponsorship event holding! Following kmac blog
It finishes still more and the end of the year of kmac is ませ ーーー ん!!! (unknown [ to the person himself/herself ] in the ability to be called [ when ] the last event ! this year) !.
.
.
Smile
It is saying and is on this December 23 (gold and congratulation),
In a kmac event, the contemporary dancer JOU who plays an active part in a public performance in and outside the country etc., and a sound performer, Mr. Mitsuaki Matsumoto, are met to the great space of the Shinmachi 3-mat art museum in an old friend and Kumamoto, and the special public performance of an overnight limitation is opened to it!!! !!.
JOU& Mitsuaki Matsumoto meet Shinmachi 3-mat art museum
Performance & Artist talk 2011/12/23(FRI) 20:00~22:30
Performance: JOU (dance)   
Mitsuaki Matsumoto (sound)
Place: Shinmachi 3-mat art museum
1-10, Shimmachi, Kumamoto-shi ?28 (080?4288?8882)   
Charge: 2000 yen with 1 drink
Reservation needlessness.
It collects at the hall on the day.
Access: The Kumamoto street car (upper Kumamoto Station system), Shinmachi 電停 alighting on foot 2 minutes.
The green building located next to the first credit bank Shinmachi branch of Kumamoto and an apartment along is a mark as a train.
It is about 5 minutes in the Kumamoto central part to a car.
JOU (contemporary dancer / arrangement-of-a-dance house) dance project unit Odorujou superintendence.
U. It is under aging 2000 and there being activity after living in S.A and Malaysia domestic and overseas at a base about Tokyo.
At the 2008 soul international arrangement-of-a-dance festival, it is a foreigner arrangement-of-a-dance house Special Prize award.
Yokohama municipal elementary school   2010, Oshima, performance kids Tokyo [ an artist special lesson lecturer / ]   It is workshop holding in every place, such as a dispatch artist / Musashino Art University part-time teacher / Tottori University / MiddleSex College UK.
Collaboration with various fields, etc. are tackling the possibility of dance practical use positively.
It is [ web diary ] under updating in http://odorujou.net.
http://odorujou.net/
A Mitsuaki Matsumoto (sound performer / audiovisual writer) bandonion solo, a プリペアド sitar, electric music, etc. are improvised in various projects, and surround performance using two or more speakers, etc. are performed mainly by Europe and Japan.
Moreover, the manufacture activities used as the space equipment (namely, virtual "work" which does not have final "meaning" and does not exist) which gives a televiewer a physiological audiovisual reaction in the name of Mathieu Martin, a video + sound installation, etc. are mainly manufactured.
The festival of the improvisatorial expression by a solo besides the workshop of the improvisation in recent years for except for a player and a musician, etc. grope for the essence of improvisatorial expression.
The workshop of improvisatorial music is held even in Tottori University.
http://artist-consul.visithp.com/artist/matsumoto/
It is a precious opportunity which is an idea 変わった stage called the lovely Shinmachi 3-mat art museum of a photograph this time, and can feel two persons' performance close at hand!!
This space is the leading art spot in Kumamoto which remodels the town house in 築 100 and a painter, Mr. Eiichi Sakurai, and the morphine can pochette of a fashion designer are managing as an atelier and art museum!
And Mr. JOU who meets is a direction to which not only the performance in every place but a workshop, a foreign artist's public performance arrangement, etc. also tackle performing-arts spread, and you come!
please approve kmac which aims at an alternative art -- this special public performance also realizes Mr. Matsumoto under participation!!! !. seeing -- here!!
By all means, let's enjoy ourselves all together!!!
It is kmac blog above.
By the reason for saying, the Shinmachi 3-mat art museum will also achieve a theatre debut.
Please come.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

岡松トモキ氏 PHOTO EXHIBITION 白い森~冬の森編~が17日~25日まで、山鹿「百花堂」でいよいよ開幕!

 2011年12月17日~25日まで、山鹿の古民家ギャラリー百花堂にて岡松トモキ氏のPHOTO EXHIBITION 白い森~冬の森編~が開幕致します。

 前々回の山鹿湯の端美術展から、写真とインスタレーションという組み合わせで作品展示を始められた岡松氏。その時は、天聴の蔵での縄を使用したジャングルジムというインスタレーションで、酒蔵と荒縄という関係性がマッチングする中、写真はポップな女性というミスマッチが何かを感じさせました。何だろう。岡松氏の人格とかに関わってくるのかも知れません。写真の作風から、荒縄を使った半ば強引なジャングルジムの造形が出てくるとは思っていなかったからかもです。それがいい感じのスケール感が出てて面白かったのでした。

 最初に知り合ったのは、去年の熊本市現代美術館開催、熊本アーティスト・インデックス展にて竹之下亮氏の映像作品を撮られた関係でアーティストトークとかで会ったのがきっかけだったような。あのときはizu♡milk氏とも出会ったから、後から考えると物凄くターニングポイントな展示だったのだなぁ。竹之下氏とは先週末KUMAMOTO MODE COLLECTION 2011にてファッションショーを作り上げました。また、その記録も岡松氏です。

 それ以来事ある度に、アートイベントや様々な記録をお願いしているのですが、今回は個展のご紹介です。

 古民家ギャラリー百花堂での展示スペースをどう活用してインスタレーションを展開するのか。楽しみですね。

 今までも沢山の作家が工夫した展示をされてきた百花堂です。今回もきっと面白い展示になる事と思います!

 年末にしっとりと、PHOTO EXHIBITION を楽しむのもいい年末の迎え方ではないでしょうか。25日までですので是非百花堂まで足を運ばれて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is Mr. Okamatsu Tomoki's PHOTO EXHIBITION at old private house gallery Hyakkado of Yamaga till December 17, 2011 ? the 25th. White ? of Mori ? winter edited by woods opens.
Mr. Okamatsu who was able to begin work exhibition in the combination of an end fine-arts exhibition to the photograph before last and installation of the Yamaga hot water.
Then it is an installation called the jungle gym which uses the rope in the warehouse of Tenchou, and while the relationship of Sakagura and a straw rope matched, a mismatch called a woman with a pop photograph impressed something.
What, wax.
Mr. Okamatsu's character -- it will be alike and may be concerned.
It is because it did not expect that modeling of the halfway forcing jungle gym using a straw rope came out from the style of the photograph.
A feeling of a scale of touch that it is good had come out, and it was interesting.
as [ be / the artist talk or having come out and met / as for having become acquainted first / in the relation which had a picture of Mr. Ryo Takenoshita's image work taken in the Kumamoto contemporary art hall holding last year and the Kumamoto artist index exhibition / causes ]
Since it also met Mr. izu?milk at that time, when thought later, it was terrible and turning point exhibition.
The fashion show was completed in KUMAMOTO MODE COLLECTION2011 in Mr. Takenoshita last weekend.
Moreover, the record is also Mr. Okamatsu.
Although I am asking an art event and various records of the degree of 事ある since then, it is introduction of a private exhibition this time.
How do you utilize the display space in old private house gallery Hyakkado, and develop an installation?
It is pleasure.
They are Hyakkado carried out in the exhibition which many writers devised until now also.
I hope that you become surely interesting exhibition this time also!
Is it how enjoying PHOTO EXHIBITION also sees a good end of the year gently at an end of the year?
Since it is till the 25th, please visit to Hyakkado.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

イベントが終わったり、何かをし終わった時にはエミネムの「ルーズ ユア セルフ」を聴く事が多いです。

 8マイルの主題歌で2002年に大ヒットした曲、エミネムの「ルーズ ユア セルフ」。

 映画では主人公のラビットはたいした成功もなく、一歩を踏み出したところで終わるのですが、何をするにも0が1になる瞬間の記憶を忘れてはいけないと教えてくれます。

 この0が1になる瞬間って、踏み出した事がある人には分かると思いますが、不安と期待と諦観が奇妙に入り混じった気持ちになるものです。

 アーティストで例えるなら、観賞する側から観賞される側へ踏み出した瞬間とでも言えるでしょうか。

 人に見られる、評価をされる。いい方にも悪い方にも。

 自分の場合、絵がアレなもので、好きになれないとかよく分からないとか散々言われます。絵に関しては、見せる方もきっとそうだろうな、でもこれが美しいんだよという気持ちで描いているので別にそれでいいのだと思っています。全然売れないし。

 イベントに関してはそうはいかないようです。

 様々な方々に後押ししていただいて、なるべく高評価を頂かないと皆さんの立つ瀬がないと思うわけです。そうでないと、続ける意味もなくなってきますし。内容をもっと高めていかないといけないというのは、別に誰かから強制されているのではなく自分で勝手に自分に課した課題なのです。

 ので、それについてたまに弱音を言ってみたりするのは「全然違う」のですが、他のアーティストとの共同作業だったりご協力いただく様々な方とかの中でたまに自分を見失う瞬間があります。

 それがイベント終了直後が多いのですね。

 何かもう意味分かんないという。

 これではいかんと思い、この間のkmac主催の大望年会のとき熊本市現代美術館の坂本学芸員からアートイベントの評価というレクチャーテキストを頂いて、只今具体的な評価の仕方を自習中。自分でまいた種の種類が分かんないって、おかしいだろうと思ったからです。いや、分かっているつもりで別の種だったら嫌だなと。

 この会の途中から参加の坂口恭平氏が、自分は極論を言っていくスタンスと仰っていました。

 それは大変重要だし、両刃の剣で自分をも斬りつける痛々しいほど真剣なスタンスです。

 話がずれそうなので戻しますが、誰からもまだ知られていなかった、超無名だった派遣社員の絵描きだった時の気持ちを忘れてはもうそれは自分じゃないと思うのです。

 今でもお金はありませんが、何かアクションを起こすと見て頂ける方がいらっしゃいます。これは2年前からは考えられない事です。個展しても一週間で20人来場とかですから。全部知り合い。

 実質的な作業としてのアートイベント自己評価は、レクチャーテキストとかサポートしていただいている方々の力で出来るようになるでしょう。

 しかし気持ちとかモチベーションのケアは自分でしなければいけません。ここで「ルーズ ユア セルフ」登場。

 一歩踏み出すんだと。

 自分の殻を破れと。

 毎日8時から工場で配管這いまわしや、組立作業を終えて21:00ごろから12:00ごろまで絵を描くだけだった気持ちを忘れずに。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The music which made a smashing success in an 8-mile theme song in 2002, Eminem's "loose your self."
Although a hero's rabbit does not have a great success, either and it is finished with the place which stepped forward one step as a movie, it is taught that he must not forget memory of the moment that 0 is set to 1 to also carry out what.
Although I think that those who have stepped forward as the moment that this 0 is set to 1 understand, it becomes the feeling to which the 諦 view mingled that it was uneasy with expectation strangely.
If it compares by an artist, can it say also in the moment of stepping toward the side admired from the side to admire?
Evaluation seen by people is carried out.
To the worse one also to how to say.
or in the case of, and it does not care for it or it does not understand well -- terrible word crack ます. [ a picture ]
Since the direction to show is also drawn in the feeling that that will surely be right and that this is [ but ] beautiful, about the picture, I think that it is good for according to at it.
It cannot sell at all.
It seems that it does not go so about an event.
I have you back up for various people, and think that it leaves you without a leg to stand on unless it obtains high evaluation if possible.
Otherwise, the meaning to continue is also lost.
That the contents must be raised more is the subject which is not independently forced from someone and was freely assigned to itself by itself.
Although it is の and it is that "completely different" that says complaints occasionally about it, there is the moment of missing oneself occasionally in the more various ones which are bilateral work with other artists, or cooperate, and that Naka.
Does immediately after the end of an event have much it?
Some are already called semantic part かんない.
Now, I think a situation, I receive a lecture text called evaluation of an art event from the Sakamoto curator of the Kumamoto contemporary art hall at the time of an ambition annual convention kmac-sponsored [ in the meantime ], and it is under self-teaching about the method of now concrete evaluation.
It is because the kind of kind planted by themselves thought that it probably part-canna-いって(ed) and it was amusing.
No, when you plan to understand and it is another kind, it is that I am disagreeable.
As for himself, Mr. Kyohei Sakaguchi of participation had said it as the stance which says the extreme argument from the middle of this meeting.
It is very important and is such earnest stance that also cuts itself with a double-edged sword that it is pitiful.
The talk shifts, since that is right, it returns, but I think that it is already itself if you forget the feeling at the time of being an artist of the temporary employee who was super-obscurity still known from nobody.
Although there is no money even now, the direction which is regarded as starting some actions and is got comes.
This is being unable to think two years before.
even if it carries out a private exhibition -- one week -- 20-person attendance -- therefore .
It is all an acquaintance.
Art event self-valuation as substantial work will be made by a lecture text or the far and near power which I have supported.
However, you have to carry out the care of a feeling or motivation by yourself.
It is a "loose your self" appearance here.
If it steps forward one step.
It is a tear about its own husks.
に which does not forget the feeling which finished piping 這いまわしや and assembling work from 8:00 at the factory every day, and only drew the picture from 21:00 time to 12:00 time.
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

KUMAMOTO MODE COLLECTION 2011ファッションショー byモヒカンポシェットに参加されたモデルの皆さま、御観覧の皆さまありがとうございました!

 昨日、2011・12・11ビプレス広場開催のKUMAMOTO MODE COLLECTION 2011、熊本デザイン専門学校主催をご観覧いただいた皆さま、ありがとうございました。

 熊本県民百貨店の「ひとつ」COLLECTIONに来て頂いた皆さま、ありがとうございました。

 イベントのダブルヘッダーをどうにか無事行うことができて、一安心しております。

 特にファッションショーに関しては、9、10日だけで9割を完成させる事ができたことは、本当に驚きです。コンテンポラリーダンサーの竹之下亮氏の背負う所が大きかったのですが、それと参加いただいたモデルの方々の真剣な取り組みなしには完成しませんでした。本当にありがとうございました!!

 当日は県民百貨店にて販売をしていましたので、ショー自体は見ることができなかったのですが、県民百貨店2Fのバイヤーの方が見に行かれてとても良かったとおっしゃっていました。写真や映像が手に入り次第、モヒカンポシェットのホームページにてアップしていく予定です。

 もう次回のイベントが待ちかまえています。

 12月16~17日の2日間、モヒカンポシェットにて「マチヤ ド ノエル(町屋のクリスマス)」を開催致します!18:00~参加費\2,000で鉄板焼きや1ドリンクがつくパーティーです。

 年末もイベント目白押しです。

 先週参加したkmacの年末大望年会も後半面白い事になりましたし、今年の年末はKuMaコレクションもあるし、最後まで何かしています。

 来年はどうなる事でしょうか。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Thank you for you who viewed 2011 and the Kumamoto design vocational school sponsorship in KUMAMOTO MODE COLLECTION of 2011, 12, and 11 yesterday and Bipuresu open space holding.
Thank you for you who had you come to [ of a Kumamoto resident department store / "even" / COLLECTION ].
The doubleheader of an event can be performed safely somehow or other, and I feel relieved.
It is surprise truly that 90 percent will be able to be completed especially about a fashion show only in 9 or 10 days.
Although the place which a contemporary dancer, Mr. Ryo Takenoshita, carries on the back was large, it did not complete without the earnest measure of it and people of a model that participated.
Thank you very much!!
Since it sold in the people-of-the-prefecture department store, although the show itself was not able to be seen, the buyers of the people-of-the-prefecture department store 2F went to see, and it had said on the day that it was very good.
Immediately after obtaining a photograph and an image, it is due to rise in the homepage of a morphine can pochette.
The next event is already waiting and establishing.
I hold "Machiya   de noel" (Christmas of Machiya)" with a morphine can pochette for two days on December 16? the 17th! It is a party which teppan-yaki and one drink attach by 18:00? participation fees \2,000.
an end of the year -- an event -- it is jostling.
The end-of-the-year ambition annual convention of kmac which participated last week will also be interesting in the second half, and an end of the year this year also has a KuMa collection, and it makes it some to the last.
How is it becoming next year?
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

モヒカンポシェット「ひとつ」Collection in 熊本県民百貨店いよいよ開催!

 本日はモヒカンポシェット「ひとつ」Collection の搬入で熊本県民百貨店2Fのエスカレーター広場にセッティングして来ました。

 今回はアンティークな酒場風とでも言うのでしょうか、モダーンな感じに仕上がっております。

 同時開催にてルンバ珈琲の試飲と販売を行います。今回も自分はルンバ隊の一員としてルンバ珈琲の試飲を担当させていただきます!

 何と制服も支給されておますので、より統一感のある売り場作りとなりました。

 時間に追われて写真を取り忘れています!

 明後日はビプレス広場でモヒカンポシェットのファッションショーも行われるファッション三昧の週末となっております。

 近くまで来られましたら、ルンバ珈琲をお気軽に味わいに来て下さいませ。

 モヒカンポシェットの新作「リボンレンジャー」もいい感じですのでそちらも!

 サリュ

It has arranged in the escalator open space of the Kumamoto resident department store 2F by carrying in of the Mohikanpochette "even" Collection today.
It said also by the antique bar wind this time, or is finished in modern touch.
A sample and sale of rumba coffee are made by simultaneous holding.
I will take charge of the sample of rumba coffee as a member of a rumba party this time also!
it became making the counter by which what and a uniform are also provided and which has a feeling of unification more by that of ます.
It is followed to time and it is forgotten to take a photograph.
It is a weekend of absorbed in a fashion when the fashion show of a Mohikanpochette is also performed in a ビプレス open space the day after tomorrow.
If it comes to the neighborhood, please do not hesitate to come rumba coffee to taste.
Since new work "ribbon ranger" of a Mohikanpochette is good touch, it is also there!
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

現状、熊本で作品を発表できて良いレスポンスを期待できる場所や会場って、どこにあるのでしょうか?作らなきゃないでしょうね。

 年に数回でも、熊本内外の方々に届く仕掛けを構築したいな~と思っています。

 難しく考えないで、出来る事からやっていくのが重要じゃないんでしょうか。

 自分の作品世界を持っているのは、一先ず大前提ですが(何を表現しようか迷っている段階の方は先ずそっちを確定してからという話です)、作品を発表する場所には拘った方がいいです。

 安易に貸しスペースに賃料を払って展示するのは、余程の仕込みが必要と思われます。特に、作品世界が売れそうもない作家なら余計にです。

 自分の作品が映える場所は一体どこなんだろう?と考えるところから始めました。

 今までの展示で賃料を払った展示は去年やった、熊本県美術館分館1Fの展示だけです。来場者数は840人を越えました。時期が良かったのでしょう。

 それ以外は、どうすれば沢山の人に見てもらえるんだろうという試行錯誤の繰り返しばかりです。

 とりあえず沢山の人に見てもらえる場所。

 熊本市現代美術館のアートパレードはいいかもしれませんね~。アンデパンダン展ですからね。出せるときは出していますが未だ受賞経歴なし…

 場所がなければ自分でつくるし、という点でちょっとアレな感じですが。アレな感じとは、ちょっとどうかしてるよお前という感じなんですが。

 なけりゃつくる。コレでいいんじゃないでしょうか。

 動機は軽く、実行は強力に。

 言うた事はとりあえず、決着を見るまでやってみます。という精神で。これでも幾多の企画がポシャッているんです。10発1中位ではないかな…

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

I would like to build per year the mechanism which reaches people of the inside and outside of Kumamoto even several times -- I think ?.
Isn't it important to do from the ability to do without thinking difficultly?
Although it is a major premise for a while (the direction of what will be expressed and the stage which is wavering is a talk of since it decides there first), it is better for having one's work world to adhere to the place which announces a work.
It seems that paying and exhibiting a rental rate to a space on hire easily needs much preparation.
in particular, the work world is not likely to sell -- more alike, if it is a writer -- it is .
The place where its own work looks to advantage was begun from the place considered to be ? which will really be where.
The exhibition which paid the rental rate by old exhibition is only exhibition of the Kumamoto art museum branch firm 1F done last year.
The number of visitors exceeded 840 persons.
Probably, time was good.
Except it, if it does what, it will be only a repetition of trial and error of getting many persons to see.
The place I get many persons to look at for the time being.
Is the art parade of the Kumamoto contemporary art hall said? .
Because it is an independants exhibition.
Still with [ when it can take out, it is taking out, but ] no award career --
It is slightly Allais touch at the point of if there is no place, し [ it will build by itself ].
Allais touch is touch called how or よお前 carried out just for a moment.
なけりゃつくる.
Isn't it good at Colet?
A motive is light and execution is powerfully.
For the time being, I do た事 to say until it looks at a conclusion.
It is the soul to say.
The plan of a many [ this ] is ポシャッ ているん.
ten-shot one middle rank -- it is --
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

ミッキー・ロークのレスラーを見ました。感動とかそういうのではなく、ただただ身につまされる話でした。何かを目指す人、見ると毒かも?

 毎週1本位は見るDVD。

 今回はミッキー・ロークのレスラー。

 感動より恐怖が。ローカルアーティストにはホラーに見えました。

 「俺には現実の方が地獄なんだよ」

 なんて怖いセリフでしょうか。それで食っていけなくなった時、どうするのか?という問い。

 リアルに考えれば、セーフティーネットがあるのかも知れませんが、アイデンティティーの問題として深すぎる映画です。

 怖い映画。

 考えれば考える程痛い映画だな、コレ。どうしてこういう映画撮るかな。ブルーバレンタインも一級のホラーでしたが、最近ホラーのふりしていないホラー映画がチラホラありますね。別に怖がらせるような事を描写しなくても、ものすごく怖い映画ってありますよね。

 見なくてもいいかなと、見終わった後に思う映画。

 人によるだろうけれども、何かを目指す人にはどうかなという映画。アリとキリギリス?いや、キリギリスではないもんな、主人公は。

 思考停止。

 考えると気力が萎えるので考えまい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

About one is DVD to see every week.
He is Mickey Rouke's wrestler this time.
Fear from impression.
It was visible to the local artist at horror.
"The direction of reality is hell at me."
Are they very fearful words?
Then, the question [ do / when it becomes impossible to eat / it / what ] ?.
If it thinks with reality, there may be a safety net, but it is a movie which is too deep as a problem of an identity.
A fearful movie.
it is a movie more painful as it thinks -- Colet.
It carries out. How aren't they such movie 
The horror picture which horror waves these days and it has not carried out although blue Valentine was also first-class horror is with .
Even if it does not independently describe what frightens, there is a terrible fearful movie.
The movie considered after finishing regarding as good kana, even if it does not see.
A movie called how kana in those who aim at something although it will be based on people.
an ant and ? grasshopper they are not disagreeableness and a grasshopper -- pile -- hero.
Thinking stop.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

いつもは土曜は外で用を足しているので、ブログを上げませんが、今日はたまたま居るので昨日言っていた以前の企画書を上げてみます。

 第二回町屋アートホームin新町の企画書&報告書です。

 記録までに。

 Aas11 Aas12 Aas13_2 Aas14 Aas15 Aas16

 企画書で一番大変なのは、全体のグランドデザインをきちんと把握しているかどうかだと思います。グランドデザイン自体を生み出すのもさらに超大変ですけど。

 町屋アートホームin新町の最初のグランドデザインは、町屋にアーティストの作品を展示して町屋に注目してもらう、です。

 その基本構想だけがあって、他に何かあった訳ではありません。

 芝居と芝居屏風絵の導入だな!と思ったのは、深夜に一人で酒を飲みながら、趣味で堪能する為に絵金の画集を開いているときでした。ここまでは、誰しもによくある思いついた!イェーイ!状態の段階です。

 こっからです。何故やりたいのか?いや、やるべきなのか?意味は?どんな芝居?芝居の方向性は?芝居屏風絵の方向性は?どこでやる?誰がやる?宣伝は?全体のお客様の導線は?アーティストの人選は?これをやる事で新町の何を魅力的に見せるのか?

 疑問が次々に湧いてくるのが第二段階。この段階の時に実際に高知県まで行って、絵金祭りを見て来ました。で、大体の構想が音をたてて頭の中に出来上がっていくのが分かりました。

 沢山の事を考え、エッセンスを抽出して、最初の方にあるA4横書きの1,2,3にほぼ集約!これはホームページで例えると、次のページに行くクリックボタン。次のページは、頭の中にあります。プレゼンする為の資料なのです。なので、企画書というのはプレゼンテーションありきで制作します。その一行にどれだけの意味があるかは、企画者次第という事です。

 よく企画書だけ送って~という企業があります。絶対送りませんよ。プレゼンしないと意味ないですから。

 コピペでは駄目ですと企画書の書き方という本には必ずある警句です。中身を自分で徹底的に構築しないと、プレゼンのときしどろもどろになるだけです。言葉に詰まっても別にいいし、流暢にプレゼンできなくても全く構わないと思います。どれだけその企画の事を考えたかは必ず伝わるからです。

 そんな感じで毎回企画をやっています。

 第二回町屋アートホームin新町では、自分にできることを限界までやってみて、もう何も出ないよ~カラッポだ~という所まできました。

 が、すでにそのカラだった場所へ新しい企画がパンパンに詰まってきております。いつも自分の限界までやるべきなんですね、やはり。もう何も出らんよ~てなってからが、勝負なんでしょう。自分がやれる範囲でだけ動いていたら、こじんまりしてしまうでしょう。

 さぁ。次の企画は来年早々から始動予定!!!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

書類、書類言うてますが、言うても書類書かなあかんがな。これ、書かんと地方のアーティストの作品発表の場が確保できんねん。自分の事だけ考えとったら、ここまで風呂敷広げんでもええんやで。なぜか関西風。

 現代浮世絵師としてのみ生きていたら、アートイベント企画とかしないでしょうね。

 アートの市場というか、人の流れが学校教育(高校→受験デッサン予備校→美大→大学院{こっから受験デッサン予備校講師という流れも}→大学講師→助教授→職がある所を転々とする(高校の美術の先生とか)→うまくいけば教授→絵画教室の先生とか美術協会の要職とか)で結構流れている感じがします。

 そこら辺に職があると言いますか。その流れに乗れない人で30代に突入する人々がアート難民と呼ばれています。一部で。

 昔は職もあって、諦めたらそこから軌道修正ができたのでしょうけど、今はほぼ無理。地方では派遣ですら職無し。

 大体、アートを志した時点で職はほとんどないと覚悟しないと駄目ですから。九産大芸術学部を卒業した友達達はほとんど専門学校に入り直して介護職とか、美容系、もしくは上記のどこかに居ます。アーティストとして茨の道を行き、どうにかなっている人を知りません。それ位厳しい。30も後半になってアートとか言っていると、ある程度の成果をすでに出しておかないとそうとうヤバイ。

 何が言いたいのかというと、アートを志した時点で大多数の人間に道は用意されていないという事。

 そこにせめて少しだけでも、足がかり的なものはないかというのが、アートNPOを設立した当初の目的でした。はっきり言って、設立当初、何をしていいかも具体的なビジョンもありませんでした。今も手探り状態は変わりありませんし、何かが成し遂げられているとも全く思っていませんが、徐々になにをすればいいかは分かり始めています。

 先ず、考えながら動き、動きながら考える事です。一番痛感しているのは、何かをする時に準備ができている事はない、という事。準備ができていないと考えるその思考法が一番の敵です。これ重要。

 準備は、動きながら整えるものです。新しい事を始めるなら、さらにそうです。誰も準備したことがない企画を自分のやりかたで準備して行きます。そのやりかたでしか、地方のアートシーンは創出できないでしょう。これが、失敗と驚き、反省と後悔の連続ばかりで企画をやる当日は実は放心状態の場合が多いのでした。

 あと、自分一人では何もできないと考える事にしています。誰かに頼るのは弱さじゃなくて、強さです。連携と連帯ができる自分でいたいですね。アーティストだと、意外にここが苦手な人もいます。

 企画を大きくする事で、多くの人達が活躍できる場ができればそれがシーンと繋がって行くんじゃないかと考えます。

 その為の書類なんですね~、繋がった。

 自分の考えは文面や数字、図にしないと人には伝わらないし、書面じゃないと残らないよねということ。ここも、これからアーティスト目指す人は知っておくと便利な知識です。これに気づくまでに10年もかかっちまった!アホや!絵ばっかり描いとったんや!

 学校では絶対教えてくれないから、学生さん、書類の書き方は学生の内に勉強した方がいいですよ!プレスリリースの書き方とか、図書館に行けば、各分野の企画書の書き方が揃っていますからね。時間がある内にタダで勉強しましょう。社会人になると今より確実に時間はなくなります。

 は~、今日は随分手の内さらしたな~。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It will lend with an art event plan. Isn't it, if alive only as a present age ukiyoe artist?
In the market of an art. People's stream School education. -> (teacher of the fine arts of a high school) which wanders about a place with the assistant professor -> job of (high school -> taking-an-examination sketch preparatory school -> beauty size -> graduate school {flow called こっ to taking-an-examination sketch preparatory school lecturer} -> college lecturer -> -- if it succeeds -- the teacher of a teaching -> drawing class, and the important post of Society for the Fine Arts --) -- he has a feeling which is flowing very well.
Is it said that a job is the neighborhood about there?
People who rush into his 30's by those who cannot ride the flow are called the art refugee.
It is a part.
Almost impossible けど and now the adjustment of would be completed from there, when there is also a job and it is given up a long time ago.
With [ rural areas / in dispatch ] no job.
If not generally determined [ to be that there is almost no job ] when it aspires after an art, after it is useless.
The friends who graduated from the large science-of-arts part from nine almost rego into a vocational school, and are in a care job, and a cosmetics system or above somewhere.
It goes a thorny path as an artist and does not know those who have come out all right.
It is as severe as it.
obtaining, if 30 became in the second half, and is called art etc., a certain amount of results will not already be achieved and it will meet -- ヤバイ.
If it is said [ say / what ] whether た, when you aspire after an art, say that the way is not prepared for a large majority of human beings.
Whether there is nothing that has at least foothold a few there at least was the original purpose which established art NPO.
To put it bluntly, anything you may do at the beginning of establishment did not have a concrete vision, either.
Although a groping state changes, and there is and he does not think at all that something is finished, it is still beginning to understand what you should do gradually. [ no ]
First, it moves with an idea and is thinking, moving.
Say that keenly realizing most is not ready when carrying out something.
The thinking method it is considered that is not ready is the first enemy.
It can come and important.
Preparation is made moving.
That will be still more right if a new thing is begun.
The plan that nobody has prepared is prepared in its way, and it goes.
A local art scene could be created only in the way.
In fact, there were many cases of an absent-mindedness state on the day when this is surprised with failure at and does a plan only about continuation of reflection and regret.
In addition, by itself, it is thought that nothing is made. [ one ]
What it depends for on someone is not weakness but strength.
I would like to stay as myself. [ who can do cooperation and solidarity ]
A person weak also requires this unexpectedly in case of an artist.
If the place where many people can play an active part in planning greatly is made, I will think that it will be connected with a scene and will be the line.
They are the documents for it? It was connected.
If its idea is not used as purport of a letter, a number, and a figure, don't get across to people and tell them that it does not remain that it is a document.
Here, it is convenient knowledge when artist 指す people know also here after this.
until he notices this -- ten years -- and ちまった! アホ! about a picture -- 描いとったん!
Certainly [ since it did not teach by any means in school, direction how to write the student and documents studied to the student's inside ]! Because how to write Press Releases and how to write the plan of each field if it goes to a library have gathered.
while there is time, let's merely come out and study.
If it becomes a member of society, time will be lost more certainly than now.
It exposed among hands fairly は? and today? .
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »