« KUMAMOTO MODE COLLECTION 2011ファッションショー byモヒカンポシェットに参加されたモデルの皆さま、御観覧の皆さまありがとうございました! | トップページ | 岡松トモキ氏 PHOTO EXHIBITION 白い森~冬の森編~が17日~25日まで、山鹿「百花堂」でいよいよ開幕! »

2011年12月13日 (火)

イベントが終わったり、何かをし終わった時にはエミネムの「ルーズ ユア セルフ」を聴く事が多いです。

 8マイルの主題歌で2002年に大ヒットした曲、エミネムの「ルーズ ユア セルフ」。

 映画では主人公のラビットはたいした成功もなく、一歩を踏み出したところで終わるのですが、何をするにも0が1になる瞬間の記憶を忘れてはいけないと教えてくれます。

 この0が1になる瞬間って、踏み出した事がある人には分かると思いますが、不安と期待と諦観が奇妙に入り混じった気持ちになるものです。

 アーティストで例えるなら、観賞する側から観賞される側へ踏み出した瞬間とでも言えるでしょうか。

 人に見られる、評価をされる。いい方にも悪い方にも。

 自分の場合、絵がアレなもので、好きになれないとかよく分からないとか散々言われます。絵に関しては、見せる方もきっとそうだろうな、でもこれが美しいんだよという気持ちで描いているので別にそれでいいのだと思っています。全然売れないし。

 イベントに関してはそうはいかないようです。

 様々な方々に後押ししていただいて、なるべく高評価を頂かないと皆さんの立つ瀬がないと思うわけです。そうでないと、続ける意味もなくなってきますし。内容をもっと高めていかないといけないというのは、別に誰かから強制されているのではなく自分で勝手に自分に課した課題なのです。

 ので、それについてたまに弱音を言ってみたりするのは「全然違う」のですが、他のアーティストとの共同作業だったりご協力いただく様々な方とかの中でたまに自分を見失う瞬間があります。

 それがイベント終了直後が多いのですね。

 何かもう意味分かんないという。

 これではいかんと思い、この間のkmac主催の大望年会のとき熊本市現代美術館の坂本学芸員からアートイベントの評価というレクチャーテキストを頂いて、只今具体的な評価の仕方を自習中。自分でまいた種の種類が分かんないって、おかしいだろうと思ったからです。いや、分かっているつもりで別の種だったら嫌だなと。

 この会の途中から参加の坂口恭平氏が、自分は極論を言っていくスタンスと仰っていました。

 それは大変重要だし、両刃の剣で自分をも斬りつける痛々しいほど真剣なスタンスです。

 話がずれそうなので戻しますが、誰からもまだ知られていなかった、超無名だった派遣社員の絵描きだった時の気持ちを忘れてはもうそれは自分じゃないと思うのです。

 今でもお金はありませんが、何かアクションを起こすと見て頂ける方がいらっしゃいます。これは2年前からは考えられない事です。個展しても一週間で20人来場とかですから。全部知り合い。

 実質的な作業としてのアートイベント自己評価は、レクチャーテキストとかサポートしていただいている方々の力で出来るようになるでしょう。

 しかし気持ちとかモチベーションのケアは自分でしなければいけません。ここで「ルーズ ユア セルフ」登場。

 一歩踏み出すんだと。

 自分の殻を破れと。

 毎日8時から工場で配管這いまわしや、組立作業を終えて21:00ごろから12:00ごろまで絵を描くだけだった気持ちを忘れずに。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The music which made a smashing success in an 8-mile theme song in 2002, Eminem's "loose your self."
Although a hero's rabbit does not have a great success, either and it is finished with the place which stepped forward one step as a movie, it is taught that he must not forget memory of the moment that 0 is set to 1 to also carry out what.
Although I think that those who have stepped forward as the moment that this 0 is set to 1 understand, it becomes the feeling to which the 諦 view mingled that it was uneasy with expectation strangely.
If it compares by an artist, can it say also in the moment of stepping toward the side admired from the side to admire?
Evaluation seen by people is carried out.
To the worse one also to how to say.
or in the case of, and it does not care for it or it does not understand well -- terrible word crack ます. [ a picture ]
Since the direction to show is also drawn in the feeling that that will surely be right and that this is [ but ] beautiful, about the picture, I think that it is good for according to at it.
It cannot sell at all.
It seems that it does not go so about an event.
I have you back up for various people, and think that it leaves you without a leg to stand on unless it obtains high evaluation if possible.
Otherwise, the meaning to continue is also lost.
That the contents must be raised more is the subject which is not independently forced from someone and was freely assigned to itself by itself.
Although it is の and it is that "completely different" that says complaints occasionally about it, there is the moment of missing oneself occasionally in the more various ones which are bilateral work with other artists, or cooperate, and that Naka.
Does immediately after the end of an event have much it?
Some are already called semantic part かんない.
Now, I think a situation, I receive a lecture text called evaluation of an art event from the Sakamoto curator of the Kumamoto contemporary art hall at the time of an ambition annual convention kmac-sponsored [ in the meantime ], and it is under self-teaching about the method of now concrete evaluation.
It is because the kind of kind planted by themselves thought that it probably part-canna-いって(ed) and it was amusing.
No, when you plan to understand and it is another kind, it is that I am disagreeable.
As for himself, Mr. Kyohei Sakaguchi of participation had said it as the stance which says the extreme argument from the middle of this meeting.
It is very important and is such earnest stance that also cuts itself with a double-edged sword that it is pitiful.
The talk shifts, since that is right, it returns, but I think that it is already itself if you forget the feeling at the time of being an artist of the temporary employee who was super-obscurity still known from nobody.
Although there is no money even now, the direction which is regarded as starting some actions and is got comes.
This is being unable to think two years before.
even if it carries out a private exhibition -- one week -- 20-person attendance -- therefore .
It is all an acquaintance.
Art event self-valuation as substantial work will be made by a lecture text or the far and near power which I have supported.
However, you have to carry out the care of a feeling or motivation by yourself.
It is a "loose your self" appearance here.
If it steps forward one step.
It is a tear about its own husks.
に which does not forget the feeling which finished piping 這いまわしや and assembling work from 8:00 at the factory every day, and only drew the picture from 21:00 time to 12:00 time.
Salut

 

|

« KUMAMOTO MODE COLLECTION 2011ファッションショー byモヒカンポシェットに参加されたモデルの皆さま、御観覧の皆さまありがとうございました! | トップページ | 岡松トモキ氏 PHOTO EXHIBITION 白い森~冬の森編~が17日~25日まで、山鹿「百花堂」でいよいよ開幕! »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イベントが終わったり、何かをし終わった時にはエミネムの「ルーズ ユア セルフ」を聴く事が多いです。:

« KUMAMOTO MODE COLLECTION 2011ファッションショー byモヒカンポシェットに参加されたモデルの皆さま、御観覧の皆さまありがとうございました! | トップページ | 岡松トモキ氏 PHOTO EXHIBITION 白い森~冬の森編~が17日~25日まで、山鹿「百花堂」でいよいよ開幕! »