« 新町三畳美術館スペースが、只今リニューアル中。県民百貨店inモヒカンポシェットのディスプレイが先行登場。 | トップページ | いつもは土曜は外で用を足しているので、ブログを上げませんが、今日はたまたま居るので昨日言っていた以前の企画書を上げてみます。 »

2011年12月 2日 (金)

書類、書類言うてますが、言うても書類書かなあかんがな。これ、書かんと地方のアーティストの作品発表の場が確保できんねん。自分の事だけ考えとったら、ここまで風呂敷広げんでもええんやで。なぜか関西風。

 現代浮世絵師としてのみ生きていたら、アートイベント企画とかしないでしょうね。

 アートの市場というか、人の流れが学校教育(高校→受験デッサン予備校→美大→大学院{こっから受験デッサン予備校講師という流れも}→大学講師→助教授→職がある所を転々とする(高校の美術の先生とか)→うまくいけば教授→絵画教室の先生とか美術協会の要職とか)で結構流れている感じがします。

 そこら辺に職があると言いますか。その流れに乗れない人で30代に突入する人々がアート難民と呼ばれています。一部で。

 昔は職もあって、諦めたらそこから軌道修正ができたのでしょうけど、今はほぼ無理。地方では派遣ですら職無し。

 大体、アートを志した時点で職はほとんどないと覚悟しないと駄目ですから。九産大芸術学部を卒業した友達達はほとんど専門学校に入り直して介護職とか、美容系、もしくは上記のどこかに居ます。アーティストとして茨の道を行き、どうにかなっている人を知りません。それ位厳しい。30も後半になってアートとか言っていると、ある程度の成果をすでに出しておかないとそうとうヤバイ。

 何が言いたいのかというと、アートを志した時点で大多数の人間に道は用意されていないという事。

 そこにせめて少しだけでも、足がかり的なものはないかというのが、アートNPOを設立した当初の目的でした。はっきり言って、設立当初、何をしていいかも具体的なビジョンもありませんでした。今も手探り状態は変わりありませんし、何かが成し遂げられているとも全く思っていませんが、徐々になにをすればいいかは分かり始めています。

 先ず、考えながら動き、動きながら考える事です。一番痛感しているのは、何かをする時に準備ができている事はない、という事。準備ができていないと考えるその思考法が一番の敵です。これ重要。

 準備は、動きながら整えるものです。新しい事を始めるなら、さらにそうです。誰も準備したことがない企画を自分のやりかたで準備して行きます。そのやりかたでしか、地方のアートシーンは創出できないでしょう。これが、失敗と驚き、反省と後悔の連続ばかりで企画をやる当日は実は放心状態の場合が多いのでした。

 あと、自分一人では何もできないと考える事にしています。誰かに頼るのは弱さじゃなくて、強さです。連携と連帯ができる自分でいたいですね。アーティストだと、意外にここが苦手な人もいます。

 企画を大きくする事で、多くの人達が活躍できる場ができればそれがシーンと繋がって行くんじゃないかと考えます。

 その為の書類なんですね~、繋がった。

 自分の考えは文面や数字、図にしないと人には伝わらないし、書面じゃないと残らないよねということ。ここも、これからアーティスト目指す人は知っておくと便利な知識です。これに気づくまでに10年もかかっちまった!アホや!絵ばっかり描いとったんや!

 学校では絶対教えてくれないから、学生さん、書類の書き方は学生の内に勉強した方がいいですよ!プレスリリースの書き方とか、図書館に行けば、各分野の企画書の書き方が揃っていますからね。時間がある内にタダで勉強しましょう。社会人になると今より確実に時間はなくなります。

 は~、今日は随分手の内さらしたな~。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It will lend with an art event plan. Isn't it, if alive only as a present age ukiyoe artist?
In the market of an art. People's stream School education. -> (teacher of the fine arts of a high school) which wanders about a place with the assistant professor -> job of (high school -> taking-an-examination sketch preparatory school -> beauty size -> graduate school {flow called こっ to taking-an-examination sketch preparatory school lecturer} -> college lecturer -> -- if it succeeds -- the teacher of a teaching -> drawing class, and the important post of Society for the Fine Arts --) -- he has a feeling which is flowing very well.
Is it said that a job is the neighborhood about there?
People who rush into his 30's by those who cannot ride the flow are called the art refugee.
It is a part.
Almost impossible けど and now the adjustment of would be completed from there, when there is also a job and it is given up a long time ago.
With [ rural areas / in dispatch ] no job.
If not generally determined [ to be that there is almost no job ] when it aspires after an art, after it is useless.
The friends who graduated from the large science-of-arts part from nine almost rego into a vocational school, and are in a care job, and a cosmetics system or above somewhere.
It goes a thorny path as an artist and does not know those who have come out all right.
It is as severe as it.
obtaining, if 30 became in the second half, and is called art etc., a certain amount of results will not already be achieved and it will meet -- ヤバイ.
If it is said [ say / what ] whether た, when you aspire after an art, say that the way is not prepared for a large majority of human beings.
Whether there is nothing that has at least foothold a few there at least was the original purpose which established art NPO.
To put it bluntly, anything you may do at the beginning of establishment did not have a concrete vision, either.
Although a groping state changes, and there is and he does not think at all that something is finished, it is still beginning to understand what you should do gradually. [ no ]
First, it moves with an idea and is thinking, moving.
Say that keenly realizing most is not ready when carrying out something.
The thinking method it is considered that is not ready is the first enemy.
It can come and important.
Preparation is made moving.
That will be still more right if a new thing is begun.
The plan that nobody has prepared is prepared in its way, and it goes.
A local art scene could be created only in the way.
In fact, there were many cases of an absent-mindedness state on the day when this is surprised with failure at and does a plan only about continuation of reflection and regret.
In addition, by itself, it is thought that nothing is made. [ one ]
What it depends for on someone is not weakness but strength.
I would like to stay as myself. [ who can do cooperation and solidarity ]
A person weak also requires this unexpectedly in case of an artist.
If the place where many people can play an active part in planning greatly is made, I will think that it will be connected with a scene and will be the line.
They are the documents for it? It was connected.
If its idea is not used as purport of a letter, a number, and a figure, don't get across to people and tell them that it does not remain that it is a document.
Here, it is convenient knowledge when artist 指す people know also here after this.
until he notices this -- ten years -- and ちまった! アホ! about a picture -- 描いとったん!
Certainly [ since it did not teach by any means in school, direction how to write the student and documents studied to the student's inside ]! Because how to write Press Releases and how to write the plan of each field if it goes to a library have gathered.
while there is time, let's merely come out and study.
If it becomes a member of society, time will be lost more certainly than now.
It exposed among hands fairly は? and today? .
Salut

|

« 新町三畳美術館スペースが、只今リニューアル中。県民百貨店inモヒカンポシェットのディスプレイが先行登場。 | トップページ | いつもは土曜は外で用を足しているので、ブログを上げませんが、今日はたまたま居るので昨日言っていた以前の企画書を上げてみます。 »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書類、書類言うてますが、言うても書類書かなあかんがな。これ、書かんと地方のアーティストの作品発表の場が確保できんねん。自分の事だけ考えとったら、ここまで風呂敷広げんでもええんやで。なぜか関西風。:

« 新町三畳美術館スペースが、只今リニューアル中。県民百貨店inモヒカンポシェットのディスプレイが先行登場。 | トップページ | いつもは土曜は外で用を足しているので、ブログを上げませんが、今日はたまたま居るので昨日言っていた以前の企画書を上げてみます。 »