« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

NPOアートスイッチでは年末からこの時期は、24年度の企画と予算を組んでいるのでした。

 予算は、あれば楽になるし、なければどうにかするしかないし、という状態です。

 どうすれば予算がつくのか、今までほとんど企業協賛金で企画を行ってきました。

 少ない予算で、最大限の効果を得る為にはどうすればいいか、誰も教えてくれませんし、自分たちで考えてできることからコツコツしています。

 今年は、初めて過去の企画を洗い出して、再構築しているところです。今までは、初めて行う企画ばかりで、立ち上げる苦しさと勢いとわくわく感を味わってきました。

 いくつかの企画を行い、今度は継続する難しさをひしひしと感じております。

 個別の企画実行後の再評価というのは、組織としては当たり前にするものなのでしょうが、次々と企画を考えるに夢中で評価を書面に残してこなかったのを、去年の年末からアーカイブし始めています。

 そうする事で、アートNPOとしての歩みみたいなものが、おぼろげながら見えてきました。

 NPOになってからの2年は、その前の2年に比べると、嘘みたいに様々な企画を連動して行ってきました。

 今年も23年度の終わり際位から少しづつ動き出します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

A budget is in the state of if it will become easy if it is, and there is nothing, し [ it cannot but carry out somehow or other ].
If it does what, almost will have been planned [ whether a budget sticks and ] with company support money until now.
It is carrying out hard from the ability to think and do [ in order to acquire the maximum effect, what should be done or nobody teaches, and ] in oneself on few budgets.
It has just probed and been going to reconstruct the past plan this year for the first time.
It is only the first plan to perform until now, and has experienced the painfulness, the vigor, and the feeling of excited anticipation to start.
Some plans are performed and I feel the difficulty to continue tightly this time.
The reappraisal after individual plan execution is beginning to archive not having left evaluation to a document absorbed in considering one plan after another from the end of the year last year, although it hits as an organization and carries out in front.
By doing so, what [ like / a thing / a pace ] as an art NPO can be seen, though vague.
Compared with two years before that, two years after being set to NPO interlocked, and have performed various plans like a lie.
It begins to move little by little from grade this year also in the end case in the 23 fiscal year.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

収束しない原発に対して、テクノロジー的には専門家にまかせるしかありませんが、心理的にはお礼と鎮魂を行う事だと思います。お前右かよと思われても、どっちでもいいです、そんなもん。

 地方都市ではそう顕著でもありませんが、都会ではもうほとんど日常から神事や儀式がなくなったと思います。

 熊本に住んでいても、盆正月の儀式は簡略化され、あとはほとんど日常的に神の存在を感じる事はありません。去年と今年は正月は働いていましたから、なおさらですが、仕事が儀式に割くべき時間を奪っているのが現代社会というものです。

 やはり、日本人たるもの正月早々、本当は働いてはいけない気がします。なんか一年の始まりがノッペリした感じがして、新しい年を迎えた気がしません。これがいけない。

 働いていても、要所で敬虔な気持ちになれるならば道を踏み外さないと思いますが、終わりのない日常と向き合うと凶暴な倦怠感が牙を剥いてきます。

 このままの日常があと50年続くかもしれない。ゆっくり悪くなりながら。そんな状態で正気でいられるほど図太くありません。

 震災と原発の事故から11カ月。世間は何か変わるのかと思っていたら、別に変わりはしなかった。ただ閉塞感を増しただけに見えます。そして、繰り返される終末思想。

 個人的にどうすればいいのか。分かりません。デモすればいいのか、抗議行動をすればいいのか。解決策は、本当は次の選挙しかないのですが、また若年層の投票率は低そうな予感がします。これだけの変動期にも関わらず。

 だから、個人的な鎮魂の儀式として、四神を描きます。これまで40年間頑張ってきた荒振る原子力発電所という現代の神を、古代の神に鎮魂していただく意味で。

 日本の神社の重要な役目は、荒振る神の鎮魂ではないのですか?九州だと大宰府天満宮は最もその意味に適う神社です。確か、40年程菅原道真公は都に災いを為したと、当時信じられていたので、太宰府天満宮が創祀されたのでしょう。

 愛なき世界に生まれたわけじゃない、というフレーズとほぼ同じ感覚で、神なき世界に生まれたわけじゃないという感覚を取り戻したいのです。

 誤解があるといけないのですが、本当に神がいるとかどうかの議論は無意味です。まだ今のところ心に平穏さをもたらしてくれるのは神という言葉で表現される伝統と儀式というだけです。本当はアートがと言いたいところですが、自分の中で神とアートが並び立つ日が来るのかはまだ分かりません。

 自然にそういう日が来ればいいのでしょうが、無理に理屈でもって並び立たせても、嘘やん!となるのであえてロジックは立てません。血肉がない言葉と理論は上滑りしていくだけで、心まで届きません。声がでかければ目立つでしょうが、それだけです。

 という訳で、制作開始。

120126_092338  サリュ

  

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Although it is not so remarkable in a local city, either, in a city, I think that the divine work and the ceremony have already been lost almost daily.
Even if he lives in Kumamoto, the ceremony of the tray New Year is simplified and the rest does not almost feel Jin's existence everyday.
Since it was working, the New Year is still more so last year and this year, but having taken the time which work should spare for a ceremony calls it modern society.
After all, I feel at the beginning of the Japanese barrel thing New Year that it must not work in fact.
He has a feeling which one year of some beginnings ノッペリ(ed), and it is not felt that a new year was greeted.
This is bad.
Even if it is working, if it gets used to a pious feeling at the key point, I will think that its foot is not missed on a way, but if every day without the end is faced, an atrocious feeling of worthlessness will skin a fang.
The every day of this as may continue for 50 more years.
While worsening slowly.
It is not so bold as it is sane and can be in such the state.
11 months after an earthquake disaster and the accident of a nuclear power plant.
As it thought whether any worlds would change, the change was not independently carried out.
It is visible because a feeling of a blockade was merely increased.
And the apocalyptic belief repeated.
What should I do individual?
It does not understand.
Should what to demonstrate and a protest be carried out?
Although solution has only the next election in fact, he has a premonition which seems to be low for the younger age group's voter turnout.
Irrespective of time of sea change like this.
Therefore, four God is drawn as a ceremony of individual repose of souls.
It is a meaning which has ancient God repose God of the present age called the 荒振る nuclear power plant in which he has so far done his best for 40 years.
Isn't the important duty of the shrine in Japan repose of souls of 荒振る神? Dazaifu Tenman-gu is a shrine which suits the meaning most in case of Kyushu.
Surely, probably, Dazaifu Tenman-gu was 創祀(ed) since it was believed those days that the Michizane Sugawara public succeeded in evil in the capital in about 40 years.
I would be the almost same feeling as the phrase that it is a reason for having been born to the world without love, and would like to regain the feeling that it is a reason for having been born to the world without God.
When there is misunderstanding, it is bad one, but God is truly or a how Kano argument is meaningless.
Still bringing peace to the heart for Kon only calls it the tradition and the ceremony which are expressed in the words "God."
in fact -- an art -- although he would like to say, there is no telling whether the day when Jin and an art are located in a line up in comes, yet.
Although such a day should probably just come automatically, even if it makes it stand that it is also at reason in a line up by force, since it becomes 嘘やん !, logic does not dare to stand.
The slip of the language and theory without flesh and blood is only carried out, and they do not arrive even to the heart.
If voice goes out, it will be conspicuous, but it is right.
At the reason for saying, it is a work start.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。

 日本は神の国。森総理の当時の失言とされていますが、当時も今も何が失言なのか、分かりません。

 アメリカも神の国。フランスも神の国。神の国でない国はこの地球上に存在しません。

 神の種類は沢山あるでしょうが、原理主義者でない限り、他国の神を批判しないでしょう。原理主義の人とは、そういう意味において、そういう付き合いをしなければいけません。

 前にミュンヘンという映画をアラブ諸国の人に見せて、意見を訊くという企画のテレビ番組を見ました。「なぜユダヤを人間として扱うのか分からない」という感想を見て、人間はそれほど自然にそういう感覚になれるのかとおもい、平和ボケした自分の感覚に呆然とした記憶があります。

 パリで風景画を描いていた時も、ガラス瓶を投げつけられた事があるし、若い集団にアジア人は帰れみたいにからかわれた事もあります。

 差別というのは無くならないですけど、だからと言って無くす努力をしないのはまた違う話です。

 極限の差別がある状況下において必要になってくるのが神の存在なのではないか。

 そこでいや、アートだよと言いきれない事は、別にアーティストとして失格ではないと思います。極限の差別なんて特別な状況を考えなくても、最愛の人を亡くしたときの事を考えればいいのです。

 そのとき必要なのはアートなのですかね。そこから立ち直る手段としてのアートなら分かります。しかし、最愛の人の遺体をどういった心理的手段で処理するかと言えば、そこは神(日本では菩薩という事になるのか)に頼らざるを得ない。他にはありません。

 そうでないという人は、その遺体をバラバラにしてゴミの日に出せる人です。

 最近恐ろしいのは、そういう感覚に類似した事件がボチボチ出てきている事で、これは本当に日本人にとっては不幸な事です。

 アートと言えば、個人主義、能力主義、の最もたるもののように思われがちです。才能勝負といいますか、個人の能力に全て帰すものみたいな。

 でも本当はそうじゃなくて、より多くの人の共感を得なければ、結局歴史には残らないわけで、より多くの人の共感を得るのは、オリジナルではない部分、個人の能力ではない部分が大きく作用しているのではないか。

 そこに神の存在を見る気がします。言い方に多分語弊は必ずあると思いますが、言葉も通じない、時代も違う人の作品を見て感動が身体を貫く体験をした時は、神に最も近づいた時なのではないかと最近思うようになりました。

 他人が創作した何かに触れて、感動する。それは最も崇高な感覚ではないか。

 話が壮大になってきたので戻しますが、今回の絵のタイトルは「四神 朱雀」です。

 各方角を司る四神、朱雀、白虎、青龍、玄武、をモチーフに、作品を制作します。

 このテーマにしたのは、長々書いてきましたが、日本の東西南北は神たる獣が守護しているのです。

 しかも、このテーマはなぜかどの時代でも不良が大好き!!

 歌舞伎者~ヤンキーに至る、ファッション史には欠かせません。

 何故か。

 守護神だからです。荒らぶる。

 何故今荒らぶる神か。

 原発という、いまだに荒らぶる現代の神を心理的に静めてくれるのは、この神しかいない。

 原子力というのは、人には制御できない。つまり自然の猛威であり、神です。

 最先端の科学といえど、人間が自然の一部である以上、自然の一部です。例えそれによってどんなに地球が荒廃しようとそれは自然淘汰です。

 神が荒れ狂っているのであれば、静める儀式をしなければいけないはずなのに、今の政府の対応を見ていると、全くそんな気配はない。

 であれば、個人でできる事は自分なりにそれをやる。

 ザクザク説明しすぎました。詳しい話はまた次回に。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Japan is Heaven.
Although considered as improper language of Prime Minister Mori's that time, what does not still understand those days also whether it is improper language, either.
The United States is also Heaven.
France is also Heaven.
The country which is not Heaven does not exist on this earth.
Although there are probably many kinds of God, unless it is a fundamentalist, God of a foreign country will not be criticized.
In such meaning, you have to make such association the person of fundamentalism.
He showed the person of Arab states a movie called Munich before, and watched the TV program of the plan of asking an opinion.
The comment of "not understanding why it treating Judea as man" are seen, man thinks whether to get used to such feeling so automatically, and its feeling which carried out the peace-at-any-price mind-set has aghast memory.
Also while drawing the landscape in Paris, a glass bottle can be thrown and Asians may be teased by the young group that it returns.
although discrimination becomes empty without being lost -- therefore -- the talk which is different again does not make an effort said and lost.
Isn't existence of God needed under the situation where there is ultimate discrimination?
Then, I have a feeling that it is not independently disqualification as an artist that it cannot declare that they are disagreeableness and an art.
What is necessary is just to consider the time of losing the dearest person, even if it does not consider a special situation in ultimate discrimination.
Is an art then required?
It understands, if it is an art as a means which recovers from there.
However, it cannot but depend on God (is it called a bodhisattva in Japan?) there as to by what kind of mental means the dearest person's dead body is processed.
It is not in others.
Otherwise, those who say are those who make the dead body scattering and can take it out on a trash day.
It is fearful these days that the incident similar to such feeling has come out little by little, and this is an unhappy thing for a Japanese truly.
If it is called an art, individualism and the merit system 、 tend to seem to be a barrel thing.
it is called a talent match -- it is -- what is altogether returned to individual capability -- like.
But are not the portion which is not original as for not remaining in history after all and obtaining sympathy of more people if sympathy of more people who are not so in fact is not obtained, and the portion which is not individual capability acting greatly?
I feel that existence of God is seen there.
Although I thought that defects in expression were probably always in a way of speaking, I came to think recently that language does not pass, either and that it will be a time of approaching God most when experience whose impression pierces through the body seeing people's work with which a time is also different is carried out.
It is touched and impressed by something that others created.
Isn't it the most noble-minded feeling?
Since the talk is becoming grand, it returns, but the title of this picture is "4 God   red Chinese phoenix."
A work is made for four auspicious animals, the red Chinese phoenix, the white tiger, the dragon, and Genbu which manage an all directions angle in a motif.
Although it has written having used this theme for a long time, the God barrel beast is protecting the north, south, east and west in Japan.
And this theme loves a defect without knowing why at every time!!
It is indispensable to the history of a fashion which results in a dandy ? Yankee.
Why is it?
It is because it is a guardian deity.
Rough ぶる.
Why are they rough ぶる神 now?
Only this God is in still suppressing God of the rough ぶる present age mentally called a nuclear power plant.
Atomic power is uncontrollable to people.
That is, it is natural violence and is God.
It is a natural part if man is a natural part at all, although it is called the latest science.
It is natural selection in order that it will compare and the earth may go to ruin however by it.
Such a sign cannot be found when correspondence of the present government is seen, although the ceremony to suppress is held, if God is raging.
It comes out, and if it is, that it can do individually will give it to itself.
ザクザク explanation was given too much.
The detailed talk is next time again.
Salut

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

石田衣良「4TEEN」読了!36にもなって中二病!!地方でアートやってるなんて、完全にこじらせてるよな!!!と思わせてくれる本です。

 14歳のときなにしてたかと言えば、部活(バスケ)ばかりしていて、ときどきいきなり喧嘩に巻き込まれたり。

 教室に座っていたら、いきなり顔をけられて唇が裂けたり、熊本駅周辺で突然背中けられて数人にかこまれそうになったり。そういう時代だったんだな~。喧嘩というより、気を抜いてたらいきなりやられるんですよ。勝った事なんて一度もありませんが、とにかく危険からは逃げる訓練にはなりましたね。

 おまえどこ中だ?病にみんな罹っていて、言うと引けなくなるんでとにかく逃げるという。中学生までは、面倒に巻き込まれる事が多かったので中央街には行きませんでした。先輩達や同級生が派手に暴れて、どこの中学のヤンキーからも目をつけられている状態だったからです。

 卒業式も当然警察がきてましたね~。

 高校は熊本西高校で、今でもですが田んぼの中のド田舎にある高校で、制服を改造している生徒ですら一人もいないという、のんびりしたトコで美術部に入って今に至ると。

 そんな14歳でしたが、この本に書かれているエピソードに120%共感できる自分に気づき、ちょっと焦っています。

 もっと大人になっていていいはずなのに、14歳のころのムズムズは増幅した形で心のどこかに収まっていたのだなと。普段は全然感じないのですが、こういう本やある種の音楽を聴くともう駄目ですね。

 小6の時に初めてブルーハーツを聴いてショックを受けて、それいらい高校まではテープが擦り切れるまでそればっかり聴いていました。あと、シンディー・ローパー。高校入ってからは中島みゆきとか聴くようになるんですが。

 4TEENは、分かる人と分かんない人の両極でしょうね。石田衣良氏のどこまでも軽い文体が素敵です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

As to what you were doing at the age of 14, are carrying out only extracurricular activities (basketball), and it is sometimes suddenly involved in a quarrel, or is.
It becomes that a face is likely to be kicked suddenly, and a lip is likely to split, or it is likely to be suddenly kicked among the back around Kumamoto Station, and is likely to be surrounded by several persons if it is sitting on the classroom.
It was such a time? .
Rather than a quarrel, if it has let up, it will be damaged suddenly.
Although it was not [ having won and ] once, did it become training which escapes from danger anyhow?
you -- where -- it is inside -- since it suffers from ? disease wholly, and it stops being over when it says, it is said that it escapes anyhow.
Since the junior high school student was involved in troublesome in many cases, he did not go to a central town.
It is because it was in the state where seniors and a classmate riot gaily and are having eyes attached also from the Yankee of a junior high school of what.
Was the police naturally coming also in the graduation ceremony? .
Although a high school is the Kumamoto west high school and it is even now, if it goes into an art club and results soon in happy-go-lucky Toco called there not being one person, either even by the student who is a high school in the ド country in a rice field, and is converting the uniform.
He notices him, and it is impatient just for a moment. [ such ] [ who can sympathize with the episode currently written to this book 120% although it was 14 years old ]
ムズムズ at the time of 14 years old is as having fitted in somewhere in hearts in the amplified form, although you had grown up more.
Although not felt at all usually, if such book and music of a certain kind are listened to, it is already useless.
Bluehearts was heard for the first time at the time of the smallness 6, and in response to the shock, since then, only it was heard up to the high school until the tape wore out.
After, Cindy Lauper.
high school ON -- Miyuki Nakajima -- it comes to hear it.
Is 4TEEN the known two poles of people and 分かんない people?
A style light to where of Ms. Ira Ishida is great.
Salut

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

もともと、アートというか、絵を見る事に全く興味がない人達に絵をみせたくて、クラブイベントとして絵を発表し始めたのが1999年。

 そうもう13年も前の話なのか。

 干支が一周してしまいました。10年ひと昔と言いますが、隔世の感は不思議なほどありません。今も最初も、やっている事は同じです。

 アートに興味がない人にどう見せていくか。クラブイベントとしては5年程続けましたが、いわゆる世間がパラパラの第二次ブームみたいな感じになってきて、一旦この企画をうち切ったのでした。

 で、公共の場でライブペイントをして、ダイエー熊本店(大江)のエスカレーター下で2週間という長丁場のペイントを二回しましたね。二回目は、バイト代という扱いでお金を頂きました。

 その次は、アーケード街の服屋さんに行って、作品を1カ月単位とかで展示させていただく活動をしたりしました。5~6軒、展示させていただいたと思います。

 それからしばらくは、これといって何か出来たかというと何も出来ず。様々に企画を作ってはそれがうまくいかず。まだ河原町もありませんでした。熊本市現代美術館はすでに出来ていましたが、全然心理的距離が遠く、企画展を見に行く場所といった感じでした。

 それから半導体の工場で派遣で働きながら、地味に個展を開催する年月。

 2006年からパリに渡り、2007年に個展を開催して帰国しました。

 また半導体の工場で派遣で働くも、2008年末リーマンショックで派遣切り。33歳。

 職業訓練に通いながら熊日デザイン賞でグランプリ、文部科学大臣賞受賞。イベントアートスイッチをイオンモール熊本クレアで初開催。

 2010年は、ねんりんピックのマスコットキャラクターのきぐるみでねんりんピック体操とかを道の駅とかでする仕事をしながら、NPOアートスイッチ設立。新町三畳美術館設立。モヒカンポシェット出店。熊本アーティスト・インデックス展。イベントアートスイッチvol.2開催、阿蘇一の宮カレンダー完売。

 2011年は町屋アートホームin新町のディレクション、アートスイッチバスツアー。

 我ながら、全然うまくいかない人生です。

 何か無理やりやってしまっているだけという印象ですね。

 今後の10年はどうなるのでしょうか。

 予測不能。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Are no less than 13 years already a front talk so?
The sexagenary cycle has gone around.
Although it will be called ages for ten years, there is a feeling of living in a quite different age, so that no is wonderful.
Doing also at first is still the same.
How does it show those who are not interested in an art?
Although continued as a club event in about five years, what is called the world became touch like the second boom of Parapara, and once closed this plan.
Did it come out, and did you carry out live paint at the public place, and turn the prolonged paint of two weeks two under the escalator of the Daiei Kumamoto store (Oe)?
I received second money in treatment called byte cost.
the next was performed to the dress store of the arcade town, and carried out a unit and activity I am allowed to come out of and exhibit for the work for one month.
I regard 5?6 houses as allowed to exhibit.
And nothing is made as to whether for a while, called it this and anything was made.
If a plan is made variously, it does not work.
There was not Kawaramachi yet, either.
Although the Kumamoto contemporary art hall was already made, it was touch called the place to which psychic distance completely goes to see a long distance and a plan exhibition.
And the years which hold a private exhibition quietly while working by dispatch at the factory of a semiconductor.
It crossed to Paris from 2006, and the private exhibition was held and it went back in 2007.
moreover -- it is dispatch in the factory of a semiconductor -- also working -- the end Lehman shock of 2008 -- the "temps"-cutting.
33 years old.
They are Grand Prix and a Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology prize award at a 熊日 design award, going to vocational training.
It is first holding at Aeon Mall Kumamoto Clare about an event art switch.
while doing in 2010 a rest area and work out of which come and work for ねんりん pick gymnastics by きぐ Rumi of the mascot character of a ねんりん pick -- NPO art switch establishment.
The Shinmachi 3-mat art museum establishment.
Morphine can pochette opening a shop.
Kumamoto artist index exhibition.
Event art switch vol.2 holding, the Aso Ichinomiya calendar sellout.
2011 are Machiya art home in Shinmachi's direction, and an art switch bus tour.
It is the life which rather completely does not work.
It is the impression that it is only to do some forcibly.
What happens to ten years of future?
Prediction is impossible.
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

田口ランディ、もう消費すら快楽じゃない彼女へは、的確なエッセイです。

 1999年ごろの話題についての、エッセイのようなものです。

 汚ギャルとか話題になったような時代。

 あらゆる価値が大きく転換していこうという時でした。アートの世界でも、それほど目立った潮流は感じられず、アートのトレンドとかも記憶にありません。アニメ界はけっこう話題作があったような。

 そんな中、この本に出てくる人々は、多分今ではもっと特化した存在として居続けているのではないかと思います。

 10年以上たち、すでに一般の感覚としてもうすでに消費は快楽ではないのではないか。

 消費そのものが快楽だったのは、身の回りに足りないものがあった時代の話の事。今は生まれた時から全てが揃っていて、快適に生きる環境が整っている時代です。

 町屋を改装して店舗にしようと思ったのは、近代的で快適な場所へすらも留まってはいられないという事です。居ぬきですぐ何かが始められる場所には物語がありません。

 伝統や保守がほとんど残っていない現代社会において、若い人ほど特に歴史と物語が必要なのではないでしょうか。何でも揃っている中、自分達の手でアクションを起こしてあえて不便を体験しなければ、最初からあるこの快適さの意味が分かりません。

 バカの壁の中でもとりあげられていた、ニートだったかひきこもりだったかの話にも通じます。働く必要がない快適な世界を求めて、先人達が頑張ってきたのだから、働かない人がでてくるのは当たり前の話だと。

 という事は、もっと先の話をしなければいけないのでしょう。

 働かない先の未来とは。

 それは分かりません。

 でも、日本の歴史は続いて行きます。

 先の震災で、ポストモダンの次の潮流はとか余裕をかましている時代ではなくなり、より流動的なコミューンみたいなものが急速に必要とされているかに見えます。

 話を戻しますが、消費そのものに快楽を求める時代は過ぎ、消費する物についての物語が重要な時代に見えます。

 物語の再構築を。

 伝統と保守が今こそ必要なのではないでしょうか。過去に戻るという意味ではなく、その地続きにいるという意味で。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is like the essay about the subject around 1999.
A time which became an unclean girl and the center of attention.
It was a time of saying that all value will convert greatly.
The so much conspicuous current is not felt and the trend of an art is not in memory in the world of an art.
as [ had / the anime community / quite a many popular works ]
In such inside, people who come out in this book think that they probably continuing being now as an existence which specialized more.
it will already say as general feeling for ten years or more -- isn't consumption pleasure coming out?
It is a talk of the time when some were insufficient in personal appearance that the consumption itself was pleasure.
It is the time when the environment where all have gathered and it lives comfortably since it was born is ready, now.
Not having stopped even to a modernistic and comfortable place thought that Machiya would be remodeled and they would make it a store.
There is no tale in the place out of which it comes and which keeps being, and something can begin immediately.
Doesn't a younger person need especially history and a tale in the modern society where tradition and maintenance hardly remain?
If action is started by its hand and it does not dare to experience inconvenience while having gathered anything, the beginning does not understand a certain pleasure of this.
It is well-informed also about the talk [ having been conflicted and raised in the foolish wall ] of whether was neat or to have been social withdrawal.
Since the comfortable world which does not need to be committed was searched for and predecessors have done their best, if what those who do not work come out of is a natural talk.
Saying will be what must talk about future more.
About the future of the point which does not work.
It is not understood.
But history of Japan continues and goes.
It is no longer the time which is carrying out the kiln of the margin to the current of the post-modern next by the previous earthquake disaster, and seems that a more fluid thing like commune is needed for urgency.
Although the talk is returned, it passes over the time of asking the consumption itself for pleasure, and it is visible to a time with an important tale about the thing to consume.
Reconstruction of a tale.
Isn't just now required for tradition and maintenance?
It means being in the adjoining land instead of the meaning of returning in the past.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

新作パステル画、五美人図の内容がしっくりこなかったのがピタッとふいにきたので、やっと制作を始められます。

 構図や絵の内容がいつまでもしっくりこない時が、かなりあります。下絵を一体何枚描くんだと思っている内に、眠いような、覚醒しているような、何も頭に浮かばない感じになります。

 そういう時手を動かしていると、思っていた図像がぼんやり浮かび始めて、やがてこれを描くべきだったのかという絵に辿りつきます。

 こういう書き方をすると、感性で描いているように感じますが違います。描き始める前に、かなり具体的に絵の内容を絞り込んでから下絵に入るからです。

 それでも、なんか違うというパターンが99%で、ここからが意外に長い。ちょっとした構図が気に食わなくて少しずつかえていったり。そうこうするうちに、ほとんど崩れそうなぎりぎりの構図が見える時もあり、わからなくて強引に描き進める時もあり。

 ものすごく具体的なものを描いているからこそ、構図が重要です。こう書いてきて、やはりあまりコンテンポラリーの絵描きじゃないよなーと改めて思います。とても古典的な枠組みの中で描いています。簡単に言うとピカソ以前のルールで。

 ルーブル、オルセー、ポンピドゥー美術館と順に見て、しばらく描く気が失せた時期がありました。もう、凄い作品なんてゴロゴロしているし、ここに飾られている作品を描いた人々の才能のかけらもないじゃんと。

 でも、その後思ったのは、だから自由なんじゃないかと。

 別に誰からも期待されてもいないし、美術史とか全く無視して描きたいものを一生描けばいいのだ。

 作品の評価は自分でせず、見た人にしてもらおう。描きたいものを描いたのだから、自分の作品の自己評価は最高に決まっている。

 このルールのみで今まで来ましたし、これからも行きます。

 今のコンテンポラリーアートの潮流を見ていても、その潮流には乗る資質が自分にはない事も分かっているし、ただ単に自分が描いた絵が好きなのでしょうね。それだけなのかも。

 そんな自分が描くこれからの新作に、自分が一番期待しています。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

There is a time of composition and the contents of the picture missing something forever considerably.
While he thinks that how many sketches are really drawn, it becomes the sleepy touch awake which does not come into its mind at all.
If the hand is moved at such a time, the iconographic image currently considered will begin to appear vacantly and will arrive at the picture whether this should have been drawn soon.
If such ways of writing are adopted, it is different although it thinks that it is drawing by sensitivity.
Before beginning to draw, it is because it goes into a sketch after narrowing down the contents of the picture quite concretely.
The pattern that something is still different is unexpectedly long from here at 99%.
Little composition does not eat on a its mind and it changes little by little.
In the meantime, the last-minute composition which is likely to collapse may be in sight, and is hardly known, and it may draw forcibly, may advance, and is 。.
Composition is important just because the terrible concrete thing is drawn.
it writes like this and he is not a too not much contemporary artist -- I think - anew.
It is drawing in the very classic framework.
When it says simply, it is a rule before Picasso.
It saw in ruble, Orsay, the Pompidou art museum, and order, and there was time when the mind drawn for a while faded away.
It is that there is no hint of the talent of people describing the work which is already rolling in the uncanny work and is decorated here.
But having considered after that is whether to be in freedom therefore.
Independently, even if expected by whom, it is not, and what is necessary is just to draw an art history and a thing to completely be disregarded and draw throughout life.
I will not carry out evaluation of a work by myself, but will get the person who saw to do it.
Since the thing to draw was drawn, it has been decided that the self-valuation of its own work will be the highest.
It came only by this rule until now, and goes from now on.
Even if it is seeing the current of the present contemporary art, does he like the picture for which the current also understands that he does not have the nature which rides and which he merely drew only?
It is right.
He expects most the future new work which such a him draws.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

東北九州プロジェクト vol.4 1DAY TALK and SHOP 2012.1.28 長崎書店3Fリトルスターホールで開催!!

 東北九州プロジェクトとは、東北地方の復興活動に対して、義援金や寄付とはまた違ったあり方、九州から、そして文化面から、中長期的に「連携」して取り組めないかと考え立ち上げられたプロジェクトです。

 NPO法人アートスイッチでは、微力ながら後援という形でこの活動を広める為のお手伝いをさせて頂きます。

 南相馬市の津波で親戚を亡くしましたので、何かできないかと考えていたところ、早くも行動に移していらっしゃる方々がいて、微力でもお手伝いできないかと思いました。

 アートシーンとして考えると、東北ローカルな作家の小さいマーケットすらなくなった状態で、九州でもアートのマーケットがあるかと言えばないのですが、それでも作っていけばあるのではないかと思います。そこに東北からアーティストを招いて様々な展開をしていく事は、将来的には何か大きな潮流になるかもしれません。

 今自分にできる事は、なるべく宣伝をして、この動きを知ってもらう事です。

 詳しくは下記のチラシにて。

 サリュTkp1

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

熊本県民百貨店2F、フードカフェ スマイルにてパステル画を展示中です。ふいに決まって告知等出来ていませんので、ここでしたいと思います。

 ここ数年でまともに作品の展示をしたのは熊本アーティスト・インデックス展だけという、壊滅的な駄目さが自覚されます。

 この状況はやばいので、今年はどちらかと言えば絵を優先させて行きたいと思いつつの、でも多分難しいのかという毎日です。

 売れない画を16年描き続けていると、色々思う事もあります。売れないけど賞をとったりと、よく分からないのですがまぁ、描き続けるしかないかと。

 さて、今回の展示は少し小サイズのパステル画になります。新作はありませんが、初見のものもあるかと思います。

 最新作の制作に入っています。162cm×90cmというサイズの4部作を制作予定。完成しだい個展の準備に入ります。

 どこでしようかな。まだ先の話ですが。

 サリュ

The destructive uselessness only called the Kumamoto artist index exhibition is aware of having exhibited the work directly in the past several years.
Since this situation is in big trouble, it wants to rather give priority to a picture and to go this year, and is every day of つつ whether but probably it is difficult.
I may regard many things as continuing drawing the drawing not selling for 16 years.
Or [ that it does not understand well, winning a prize although it does not sell, but it cannot but continue drawing well ].
Now, a part of this exhibition becomes a pastel of small size.
Although there is no new work, I think whether there is also any thing of the first sight of the score.
It goes into work of the latest work.
The four-copy work of the size of 162 cm x 90 cm is due to be made.
Order [ completion ], preparation of a private exhibition is started.
Where does it carry out?
It is still a future event.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

明日11日より16日まで、モヒカンポシェットは布地の仕入れにパリ、モンマルトルに行きます。

 布地の仕入れが終わって1月の27日からセミオーダー会BLANC ET NOIR (白と黒)をモヒカンポシェット店舗で開催致します。

 今回が2回目のパリへの直接仕入れの旅です。前回の旅ではルーブル美術館併設の装飾美術館でフセイン・チャラヤンの個展を見てかなり刺激になったようですが、今回はどんな刺激を受けて帰ってくるのでしょうか。

 新しくリニューアルしたオルセー美術館にも行ったようです。

 次回の仕入れの時には同行できるように、頑張りたいと思います。もう4年行ってないか。そんなに昔の事のようには思っていませんでしたが、時間が経つのは早いものです。

 この仕入れでは、黒と白のコントラストが強い布地をメインで探す予定です。白と黒の布地にちょっとした差し色とかいい感じでしょうね。

 そんな訳で、モヒカンポシェット店はしばらくお休みとなります。新町三畳美術館でも何も展示していませんので。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Stocking of cloth finishes and I hold the semi-order meeting BLANC ET NOIR (white and black) from the 27th in January at a morphine can pochette store.
This time is the trip of direct stocking to Paris which is the 2nd time.
Although it seems that Hussein Chala Jan's private exhibition is seen and it was stimulated considerably in the last trip at the decorative art hall of the Louvre Museum juxtaposition, in response to what kind of stimulus does it come back this time?
It seems that it went also to Orsay Museum renewed newly.
I would like to do my best so that it can accompany at the time of next stocking.
Is there nothing as a four-year line any longer?
It is early that time passes, although not considered so like old.
In this stocking, the contrast of black and white is due to be main and to look for powerful cloth.
white and black cloth -- being little -- It will put. are they a color and good touch?
Under those circumstances, a morphine can pochette store becomes good night for a while.
Since nothing is exhibited also in the Shinmachi 3-mat art museum.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

イヴ サンローランとシャネルのドキュメンタリーを見る。人間としてのシャネルの面白さは凄いと思います。

 サンローランの精神的な線の細さが、爽快感を与えてはくれませんが、一番病んでいた時期にデザイン画4万枚は、本当に病んでいるのだなと思わせる迫力です。

 酒とクスリに頼りながらも、仕事はこなしていくのがサンローランの凄みではないでしょうか。

 シャネルの言葉は強くて胸に響きます。「翼を持って生まれなかったのなら、自分で生やせばいい」

 「私はアーティストではないから絵は描かないの」デザイン画を描かない件について。

 「いつまで黒を使うの」「黒がある限り」

 甲本ヒロトのコメントに相当似ていると思います。言葉の強度を知っていて発言している。

 「模造宝石は、本物より出来がよくなくてはいけない」模造というカウンターを面白がって使うところに遊び心を感じます。

 最近ファッション界の巨人が面白くて、ドキュメンタリーがあれば見ています。

 どこの世界の巨人もだいたい「そのジャンル(アート、ファッション、音楽等)をやっているんじゃない。自分を表現しているだけだ」という発言に落ち着きます。

 そういう巨人達が打ち立てた様々を駆使するしかできないのか?

 今様々なジャンルで問いかけられているのでしょう。

 サリュ

It is the force made to regard it as 40,000 design drawings getting sick truly at the time which was getting sick most although the thinness of St Laurent's mental line does not give invigoration.
Though depended on alcohol and クスリ, does St Laurent's dreadfulness manage work?
Chanel's words are strong and sound a breast.
"What is necessary is just to grow by itself, if not born with wings."
About the affair in which "drawing-picture since I am not artist" design drawing is not drawn.
"Using black till when", [ "as long as there is black" ]
I think that the comment of the Komoto Hiroto is resembled fairly.
Knowing the intensity of language, it has spoken.
Playfulness is felt for the place which takes interest in it and uses a counter called the imitation "the result of artificial gems must be [ imitation ] better than a genuine article."
The giant of a fashion community is interesting these days, and if there is documentary, it is looking.
the giant in the world of what -- generally -- "-- the genres (an art, a fashion, music, etc.) are not done.
It settles in the utterance of only expressing oneself."
Can it only perform making full use of 々, as such giants established?
Probably, it is asked in various genres now.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

アートという言葉と向き合う日々になりそうです。

 2009年までは、ほとんどアートという言葉を使っていませんでした。アート、アート言う人をむしろ胡散臭く思っている位でした。

 一転、イベント「アートスイッチ」を組み立てる時、アートとは何ぞやと再び向き合いました。絵を描いて個展をする事を、アートとは思っていなかったのです。

 アートという言葉をどんな人がどう使っているかを調べました。実に様々な定義がなされています。アートと芸術は違うのだとかね。

 イベントを計画する以上、コンテキストを統一する為に一番今影響力がある人が定義しているアートの意味を使ったりします。

 それでも違和感はぬぐえません。

 論戦しても言葉が宙に浮くばかりで、心に届いてこないのはなぜか。

 アートというコンテンツが、一回完全に死んだからではないか。

 ロックンロール イズ デッド とか ヒップホップ イズ デッド とか流行りましたね以前。

 そういう意味で言えば、ロックでもヒップホップでも以前はセル アウトするのは激ダサな行為でしたが今や、稼がない奴のほうがダサイみたいな風潮に感じるのはなぜか?金持ちをセレブとか言って持ち上げるのはなぜ?

 アート方面でも同じような印象操作が行われているんではないか。

 アートとビジネスを戦略的に結び付けて、それがうまくいったら持ち上げるという風潮が終わった感を醸し出しているのでしょう。

 本当に日本に必要なアートが出現する状況がやっと揃った気がします。

 コンテンツは一回終わっとく必要があります。

 ここから自由な、アートという名の様々な「試み」が生まれ始めている感触があります。

 本当かよとお思いの皆さま。

 今年も「試み」は続きます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Till 2009, the word "art" was hardly used.
I regarded an art and art 言う people as suspicious rather.
the time of assembling a drastic change and the event "art switch" -- an art -- what ぞ -- it faced each other again.
I did not regard drawing a picture and carrying out a private exhibition as an art.
It investigated what kind of person is using the word "art", how.
Very various definitions are made.
If art differs from an art, is it?
If an event is planned at all, in order to unify a context, the meaning of the art which those who have influence now most define is used.
Sense of incongruity still cannot be wiped.
Why is it that always float in the air and language does not reach the heart even if it has an argument?
Isn't it because contents called an art died completely once?
Rock n roll   イズ   Dead     Hip-hop   イズ   Dead   It is a front with it was in fashion.
if it says in such a sense -- Locke or hip-hop -- before -- cell   carrying out out -- 激 -- although it was a ダサ act, why it is that is moved by a trend with the fellow like [ now ] ダサイ who does not work -- a ? rich person being called celeb etc. and flattering him -- why -- ?
Isn't same impression operation performed in the direction of an art, either?
Probably business is strategically connected to an art and the admiration which the trend to raise if it succeeds finished is brewed.
I feel that the situation where an art required for Japan appeared truly gathered at last.
Contents need to finish once.
There is a feel to which various "trials" of the name free from here of an art is beginning to be born.
true -- or -- you of a thought.
A "trial" continues this year also.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

今年はどんな年になるのか、予想もつきません。毎年の事ですが、予想がついた事がありません。

 一年の計は元旦にありと古くから言いますが、正直今年がどんな年になるのか全く予想がつきません。

 毎年いろいろコントロールしようとしても、うまくいった事はありません。

 派遣社員として工場で働いていた頃は、思えば規則正しい毎日を送っていました。

 最近は何が仕事で、遊びなのか明確に線引きできない事柄も増えてきました。これは今は収入に結び付かないが、将来的にはわからないという仕事です。

 そういうものが種としてあって、大事にしないと将来の可能性を狭めてしまいます。

 今やっている事も2~3年前から種をまき始め、今芽が出たものばかりです。

 あと、オファーが最近はちょいちょいあるので、自分から企画発案しなくてもいい感じがここ数か月あります。このオファーの面が面白いもので、予想もしなかった事柄とかだと自分の枠を広げるチャンスですのでワクワクしますね。

 モヒカンポシェットの営業の面でも、様々な副産物を生んでいて、面白い事があります。

 人間、こんなに多角的な事が出来るとは思ってもみない事でした。

 今までやってきた様々な仕事がかなり役に立っており、無意味に経験を積んだのではなかったのかなと今思えるようになりました。当時はつらくて仕方なかった飛び込み営業とか、計り知れないほど今役に立っています。あれは本当につらかった。

 そんな感じで今年もスタート致しました。

 サリュ

Although hope is a good breakfast but a bad supper is said for many years, anticipation does not attach at all what kind of year honest this year turns into.
It has not worked, even if it is going to control many things every year.
When it was working as a temporary employee at the factory, and considering, it had these regular days.
What is work and the matter's which cannot draw [ whether it is play and ] a line clearly has increased recently.
Although this is not connected with an income now, it is work of not understanding in the future.
A future possibility will be narrowed, if such a thing is used as the seed and does not prize.
It is only that out of which doing now also began to plant seeds from 2?3 years before, and the bud came now.
In addition, since there is an offer now and then these days, there is touch which does not have to carry out a plan suggestion from itself the past several month.
Since it is a chance to open its own frame in case of the matter which did not expect, either, the field of this offer is interesting, and is it exciting?
Having induced various by-products also in respect of the business of a morphine can pochette, an interesting thing occurs.
It was man and not thinking it being able to be so many-sided.
Various work done until now can be considerably helpful, and it can seem now whether to have gained experience unnecessarily.
It is helpful those days the jump-in sales which were very hard, and now [ unfathomable / degree ].
That was really hard.
I started by such touch this year also.
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

2012年1月10日から、熊本県民百貨店2Fフードカフェ スマイルにてパステル画の展示を月末まで開催致します。展示は丸1年振り位です。

 熊本県民百貨店2Fのカフェ、スマイルにてパステル画の展示を開催致します。

 小品8点の予定です。

 パステル画の小品は自分自身でもあまり描いていないので、そんなに数はありませんが、たまたま急にこの話を頂いたので展示します。

 去年は個展ぽい事をひとつもしなかったので、今年は年頭から個展ぽい入り方をします。

 最初鉛筆風景画をと思っていましたが、変更致しました。よく考えたら、パステル画の展示をほとんどしていなくて、一、二回展示をしただけの絵が山のようにあります。まだ人の目に触れていない作品も。

 こういう事ではいかんと思い、今回展示致します。

 新しい作品は大きいのが多いため、若干古めの作品の展示になります。

 カフェには不向きな絵もあるかもしれませんが、そこはノリで。

 1月10日からの開催ですので、是非ご覧ください。

 サリュ

I hold exhibition of a pastel with the cafe of the Kumamoto resident department store 2F, and a smile.
It is a schedule of eight small paintings.
Since he is also seldom drawing the small painting of the pastel, there is no number so much, but since this talk was obtained suddenly by chance, it exhibits.
Since there was no one about private exhibition ぽい事 last year, the method of entering private exhibition ぽい is carried out from the beginning of the year this year.
I changed, although considered in the pencil landscape at first.
If it thinks well, most exhibitions of the pastel are not carried out and there is only a picture which carried out exhibition once or twice like a mountain.
Also the work which has not touched people's eyes yet.
In such things, I think a situation and exhibit this time.
Since a new work has much large one, it becomes exhibition of a little older work.
Although there may also be an unsuitable picture in a cafe, it is laver there.
Since it is holding from January 10, please have a look.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年はパステル画を描く事がメインの仕事となります。企画とのバランスを取りつつ、本来の制作体制に戻していきます。

 2011年は、あらゆる意味で試練の年でした。2010年も2009年も試練の年でしたが、去年は特にそう感じる年でした。

 様々な事柄を経験し、自分の未熟さとある意味では老練さを同時に感じつつ、様々な企画を進行して評価された年だと思います。

 誰かに評価していただく所まで、行くことが本当に難しい。大抵仲間内だったり、世間的には無視だったり、アートは本当に誰にも届かない前提でやっていかなければならない。

 毎回こういう話を書くと、くどいと言われますが何故くどく言っているかというと、地方でアートとか本当に頭おかしいと思っているからです。

 都会に出た方がいいに決まっている。

 いつも何故熊本に留まっているのか訊かれます。

 生まれ育った場所に居て何故そんな言われようをされなければいけないのか?

 アートを志しているからか?

 割とリアルに昔から、熊本でアートとか、マジ狂ってると思っています。そんな歴史、無いし。藤田嗣治と海老原とか、重箱の隅をつつくような話をすればありますし、いや、それは…

 東洋の沈黙?

 …

 …

 熊本県人一万人に一人、このネタ知っている人がいたらいい方だと思うし。

 マス的だからいいとも思わないし。

 アートの企画をやりだしてから、いらん事考える時間が増えました。

 絵描きは絵を描かなければ、ただの屑だと真剣に思います。

 サリュ

2011 were a year of the trial in all senses.
Although 2010 and 2009 were years of the trial, it was a year felt especially so last year.
I regard various plans as it being the year evaluated by going on, experiencing various matters and feeling experienced simultaneous as my immaturity in a certain sense.
Going is really difficult even for Tokoro who has someone evaluate.
It must be a friend mostly, must be disregard socially, or must do the art by the premise which reaches nobody truly.
if it will be said that it is tedious if such talks are written each time, but it says why it has said tediously -- rural areas -- an art -- true -- the head -- it is because he thinks that it is amusing.
It is decided that the direction out of which it came to the city says.
It is asked why it has always stopped at Kumamoto.
Are you in the grown-up place and why have to adopt such a way of saying?
Is it because it aspires after the art?
comparatively -- realistic -- ancient times to Kumamoto -- an art -- serious -- I think る with 狂.
such a history -- there is nothing.
It is, if a talk which cuts a hair is carried out, and they are [ Tsuguharu Fujita, Ebihara and ] disagreeableness and it. --
Eastern silence?
--
--
I think that it is a direction whose one person and those who are as this material 知 should just be in 10,000 Kumamoto natives.
I do not think that it is [ mass-wise ] therefore good.
Since it began to have done the plan of the art, needed idea る時間 increased.
If an artist does not draw a picture, he thinks that he is earnest with it being mere waste.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます。2012年の幕開け。とある解体される学校のお話。

 あけましておめでとうございます。

 年賀状頂き、誠にありがとうございます。

 昨年、震災等で5人の親戚を亡くしましたので今年は年賀状をお出ししておりません。その旨ご連絡していなかった不手際があり、大変申し訳ありませんでした。

 今日2日は、新年明けてすぐにも関わらず、とある解体される学校校舎の見学と備品を頂きに行きました。

 初めて入ったその校舎。廊下の床はなんと寄木造り!!しかも桜!!!わー、こんな校舎に通いたかった!

 校長先生もおみえになって、その寄木をなんとか残そうとバールで剥いでおられました。

 8日には解体作業が始まるので、それまでに残せるものは何とか残そうとされているお姿にグッときました。

 新町三畳美術館にも数点、その学校の備品をおすそわけしていただきました。

 ほとんどの備品は、専門の業者さんが引き取っていかれましたので、捨てられることなくだれかのところへ行く運命です。一安心ですね。

 この備品のおすそわけは、最初その学校の関係者から始まりましたが、ほとんど誰も何も持って行かれなかったそうです。

 未だ古い=汚い、価値がないという風潮は根強そう。

 しかし一方、価値が分かっている人には、埃をかぶった備品達は宝の山なのです。

 破壊と再生を、新年早々味わってしまいました。

 サリュ

I congratulate you opening.
Thank you very much for the New-Year's-card top.
Since five relatives were lost by the earthquake disaster etc. last year, it has not sent the New Year's card this year.
I felt truly sorry for the clumsiness which was not being connected that occurring.
It went a certain inspection and fixtures of the school school building which are disassembled to the top in spite of new year dawn てすぐ on the 2nd today.
The first school building to go.
What and yosegi style are the floors of a passage!! Moreover, it is a cherry tree!!! I wanted to go to わ- and such a school building.
It was stripped with bar to leave the marquetry somehow to also see a principal.
Since demolition work started on the 8th, what it can leave by then came to the figure which is trying to be left behind somehow with グッ.
The Shinmachi 3-mat art museum also shared the fixtures of several points and the school of those.
Since the special contractor was taken over, almost all fixtures are the fate which goes to someone's places, without being thrown away.
It is peace of mind.
It is said that who [ no ] were almost brought although the share of these fixtures began from the staffs of that school at first.
still old = -- the trend to be dirty and valueless seems to be deep-rooted.
However, the fixtures covered with dust on the other hand to those who understand value are treasure mountains.
Destruction and reproduction have been experienced at the beginning of the new year.
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »