« あけましておめでとうございます。2012年の幕開け。とある解体される学校のお話。 | トップページ | 2012年1月10日から、熊本県民百貨店2Fフードカフェ スマイルにてパステル画の展示を月末まで開催致します。展示は丸1年振り位です。 »

2012年1月 4日 (水)

今年はパステル画を描く事がメインの仕事となります。企画とのバランスを取りつつ、本来の制作体制に戻していきます。

 2011年は、あらゆる意味で試練の年でした。2010年も2009年も試練の年でしたが、去年は特にそう感じる年でした。

 様々な事柄を経験し、自分の未熟さとある意味では老練さを同時に感じつつ、様々な企画を進行して評価された年だと思います。

 誰かに評価していただく所まで、行くことが本当に難しい。大抵仲間内だったり、世間的には無視だったり、アートは本当に誰にも届かない前提でやっていかなければならない。

 毎回こういう話を書くと、くどいと言われますが何故くどく言っているかというと、地方でアートとか本当に頭おかしいと思っているからです。

 都会に出た方がいいに決まっている。

 いつも何故熊本に留まっているのか訊かれます。

 生まれ育った場所に居て何故そんな言われようをされなければいけないのか?

 アートを志しているからか?

 割とリアルに昔から、熊本でアートとか、マジ狂ってると思っています。そんな歴史、無いし。藤田嗣治と海老原とか、重箱の隅をつつくような話をすればありますし、いや、それは…

 東洋の沈黙?

 …

 …

 熊本県人一万人に一人、このネタ知っている人がいたらいい方だと思うし。

 マス的だからいいとも思わないし。

 アートの企画をやりだしてから、いらん事考える時間が増えました。

 絵描きは絵を描かなければ、ただの屑だと真剣に思います。

 サリュ

2011 were a year of the trial in all senses.
Although 2010 and 2009 were years of the trial, it was a year felt especially so last year.
I regard various plans as it being the year evaluated by going on, experiencing various matters and feeling experienced simultaneous as my immaturity in a certain sense.
Going is really difficult even for Tokoro who has someone evaluate.
It must be a friend mostly, must be disregard socially, or must do the art by the premise which reaches nobody truly.
if it will be said that it is tedious if such talks are written each time, but it says why it has said tediously -- rural areas -- an art -- true -- the head -- it is because he thinks that it is amusing.
It is decided that the direction out of which it came to the city says.
It is asked why it has always stopped at Kumamoto.
Are you in the grown-up place and why have to adopt such a way of saying?
Is it because it aspires after the art?
comparatively -- realistic -- ancient times to Kumamoto -- an art -- serious -- I think る with 狂.
such a history -- there is nothing.
It is, if a talk which cuts a hair is carried out, and they are [ Tsuguharu Fujita, Ebihara and ] disagreeableness and it. --
Eastern silence?
--
--
I think that it is a direction whose one person and those who are as this material 知 should just be in 10,000 Kumamoto natives.
I do not think that it is [ mass-wise ] therefore good.
Since it began to have done the plan of the art, needed idea る時間 increased.
If an artist does not draw a picture, he thinks that he is earnest with it being mere waste.
Salut

|

« あけましておめでとうございます。2012年の幕開け。とある解体される学校のお話。 | トップページ | 2012年1月10日から、熊本県民百貨店2Fフードカフェ スマイルにてパステル画の展示を月末まで開催致します。展示は丸1年振り位です。 »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年はパステル画を描く事がメインの仕事となります。企画とのバランスを取りつつ、本来の制作体制に戻していきます。:

« あけましておめでとうございます。2012年の幕開け。とある解体される学校のお話。 | トップページ | 2012年1月10日から、熊本県民百貨店2Fフードカフェ スマイルにてパステル画の展示を月末まで開催致します。展示は丸1年振り位です。 »