« 東北九州プロジェクト vol.4 1DAY TALK and SHOP 2012.1.28 長崎書店3Fリトルスターホールで開催!! | トップページ | 田口ランディ、もう消費すら快楽じゃない彼女へは、的確なエッセイです。 »

2012年1月18日 (水)

新作パステル画、五美人図の内容がしっくりこなかったのがピタッとふいにきたので、やっと制作を始められます。

 構図や絵の内容がいつまでもしっくりこない時が、かなりあります。下絵を一体何枚描くんだと思っている内に、眠いような、覚醒しているような、何も頭に浮かばない感じになります。

 そういう時手を動かしていると、思っていた図像がぼんやり浮かび始めて、やがてこれを描くべきだったのかという絵に辿りつきます。

 こういう書き方をすると、感性で描いているように感じますが違います。描き始める前に、かなり具体的に絵の内容を絞り込んでから下絵に入るからです。

 それでも、なんか違うというパターンが99%で、ここからが意外に長い。ちょっとした構図が気に食わなくて少しずつかえていったり。そうこうするうちに、ほとんど崩れそうなぎりぎりの構図が見える時もあり、わからなくて強引に描き進める時もあり。

 ものすごく具体的なものを描いているからこそ、構図が重要です。こう書いてきて、やはりあまりコンテンポラリーの絵描きじゃないよなーと改めて思います。とても古典的な枠組みの中で描いています。簡単に言うとピカソ以前のルールで。

 ルーブル、オルセー、ポンピドゥー美術館と順に見て、しばらく描く気が失せた時期がありました。もう、凄い作品なんてゴロゴロしているし、ここに飾られている作品を描いた人々の才能のかけらもないじゃんと。

 でも、その後思ったのは、だから自由なんじゃないかと。

 別に誰からも期待されてもいないし、美術史とか全く無視して描きたいものを一生描けばいいのだ。

 作品の評価は自分でせず、見た人にしてもらおう。描きたいものを描いたのだから、自分の作品の自己評価は最高に決まっている。

 このルールのみで今まで来ましたし、これからも行きます。

 今のコンテンポラリーアートの潮流を見ていても、その潮流には乗る資質が自分にはない事も分かっているし、ただ単に自分が描いた絵が好きなのでしょうね。それだけなのかも。

 そんな自分が描くこれからの新作に、自分が一番期待しています。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

There is a time of composition and the contents of the picture missing something forever considerably.
While he thinks that how many sketches are really drawn, it becomes the sleepy touch awake which does not come into its mind at all.
If the hand is moved at such a time, the iconographic image currently considered will begin to appear vacantly and will arrive at the picture whether this should have been drawn soon.
If such ways of writing are adopted, it is different although it thinks that it is drawing by sensitivity.
Before beginning to draw, it is because it goes into a sketch after narrowing down the contents of the picture quite concretely.
The pattern that something is still different is unexpectedly long from here at 99%.
Little composition does not eat on a its mind and it changes little by little.
In the meantime, the last-minute composition which is likely to collapse may be in sight, and is hardly known, and it may draw forcibly, may advance, and is 。.
Composition is important just because the terrible concrete thing is drawn.
it writes like this and he is not a too not much contemporary artist -- I think - anew.
It is drawing in the very classic framework.
When it says simply, it is a rule before Picasso.
It saw in ruble, Orsay, the Pompidou art museum, and order, and there was time when the mind drawn for a while faded away.
It is that there is no hint of the talent of people describing the work which is already rolling in the uncanny work and is decorated here.
But having considered after that is whether to be in freedom therefore.
Independently, even if expected by whom, it is not, and what is necessary is just to draw an art history and a thing to completely be disregarded and draw throughout life.
I will not carry out evaluation of a work by myself, but will get the person who saw to do it.
Since the thing to draw was drawn, it has been decided that the self-valuation of its own work will be the highest.
It came only by this rule until now, and goes from now on.
Even if it is seeing the current of the present contemporary art, does he like the picture for which the current also understands that he does not have the nature which rides and which he merely drew only?
It is right.
He expects most the future new work which such a him draws.
Salut

|

« 東北九州プロジェクト vol.4 1DAY TALK and SHOP 2012.1.28 長崎書店3Fリトルスターホールで開催!! | トップページ | 田口ランディ、もう消費すら快楽じゃない彼女へは、的確なエッセイです。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新作パステル画、五美人図の内容がしっくりこなかったのがピタッとふいにきたので、やっと制作を始められます。:

« 東北九州プロジェクト vol.4 1DAY TALK and SHOP 2012.1.28 長崎書店3Fリトルスターホールで開催!! | トップページ | 田口ランディ、もう消費すら快楽じゃない彼女へは、的確なエッセイです。 »