« 石田衣良「4TEEN」読了!36にもなって中二病!!地方でアートやってるなんて、完全にこじらせてるよな!!!と思わせてくれる本です。 | トップページ | 収束しない原発に対して、テクノロジー的には専門家にまかせるしかありませんが、心理的にはお礼と鎮魂を行う事だと思います。お前右かよと思われても、どっちでもいいです、そんなもん。 »

2012年1月24日 (火)

パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。

 日本は神の国。森総理の当時の失言とされていますが、当時も今も何が失言なのか、分かりません。

 アメリカも神の国。フランスも神の国。神の国でない国はこの地球上に存在しません。

 神の種類は沢山あるでしょうが、原理主義者でない限り、他国の神を批判しないでしょう。原理主義の人とは、そういう意味において、そういう付き合いをしなければいけません。

 前にミュンヘンという映画をアラブ諸国の人に見せて、意見を訊くという企画のテレビ番組を見ました。「なぜユダヤを人間として扱うのか分からない」という感想を見て、人間はそれほど自然にそういう感覚になれるのかとおもい、平和ボケした自分の感覚に呆然とした記憶があります。

 パリで風景画を描いていた時も、ガラス瓶を投げつけられた事があるし、若い集団にアジア人は帰れみたいにからかわれた事もあります。

 差別というのは無くならないですけど、だからと言って無くす努力をしないのはまた違う話です。

 極限の差別がある状況下において必要になってくるのが神の存在なのではないか。

 そこでいや、アートだよと言いきれない事は、別にアーティストとして失格ではないと思います。極限の差別なんて特別な状況を考えなくても、最愛の人を亡くしたときの事を考えればいいのです。

 そのとき必要なのはアートなのですかね。そこから立ち直る手段としてのアートなら分かります。しかし、最愛の人の遺体をどういった心理的手段で処理するかと言えば、そこは神(日本では菩薩という事になるのか)に頼らざるを得ない。他にはありません。

 そうでないという人は、その遺体をバラバラにしてゴミの日に出せる人です。

 最近恐ろしいのは、そういう感覚に類似した事件がボチボチ出てきている事で、これは本当に日本人にとっては不幸な事です。

 アートと言えば、個人主義、能力主義、の最もたるもののように思われがちです。才能勝負といいますか、個人の能力に全て帰すものみたいな。

 でも本当はそうじゃなくて、より多くの人の共感を得なければ、結局歴史には残らないわけで、より多くの人の共感を得るのは、オリジナルではない部分、個人の能力ではない部分が大きく作用しているのではないか。

 そこに神の存在を見る気がします。言い方に多分語弊は必ずあると思いますが、言葉も通じない、時代も違う人の作品を見て感動が身体を貫く体験をした時は、神に最も近づいた時なのではないかと最近思うようになりました。

 他人が創作した何かに触れて、感動する。それは最も崇高な感覚ではないか。

 話が壮大になってきたので戻しますが、今回の絵のタイトルは「四神 朱雀」です。

 各方角を司る四神、朱雀、白虎、青龍、玄武、をモチーフに、作品を制作します。

 このテーマにしたのは、長々書いてきましたが、日本の東西南北は神たる獣が守護しているのです。

 しかも、このテーマはなぜかどの時代でも不良が大好き!!

 歌舞伎者~ヤンキーに至る、ファッション史には欠かせません。

 何故か。

 守護神だからです。荒らぶる。

 何故今荒らぶる神か。

 原発という、いまだに荒らぶる現代の神を心理的に静めてくれるのは、この神しかいない。

 原子力というのは、人には制御できない。つまり自然の猛威であり、神です。

 最先端の科学といえど、人間が自然の一部である以上、自然の一部です。例えそれによってどんなに地球が荒廃しようとそれは自然淘汰です。

 神が荒れ狂っているのであれば、静める儀式をしなければいけないはずなのに、今の政府の対応を見ていると、全くそんな気配はない。

 であれば、個人でできる事は自分なりにそれをやる。

 ザクザク説明しすぎました。詳しい話はまた次回に。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Japan is Heaven.
Although considered as improper language of Prime Minister Mori's that time, what does not still understand those days also whether it is improper language, either.
The United States is also Heaven.
France is also Heaven.
The country which is not Heaven does not exist on this earth.
Although there are probably many kinds of God, unless it is a fundamentalist, God of a foreign country will not be criticized.
In such meaning, you have to make such association the person of fundamentalism.
He showed the person of Arab states a movie called Munich before, and watched the TV program of the plan of asking an opinion.
The comment of "not understanding why it treating Judea as man" are seen, man thinks whether to get used to such feeling so automatically, and its feeling which carried out the peace-at-any-price mind-set has aghast memory.
Also while drawing the landscape in Paris, a glass bottle can be thrown and Asians may be teased by the young group that it returns.
although discrimination becomes empty without being lost -- therefore -- the talk which is different again does not make an effort said and lost.
Isn't existence of God needed under the situation where there is ultimate discrimination?
Then, I have a feeling that it is not independently disqualification as an artist that it cannot declare that they are disagreeableness and an art.
What is necessary is just to consider the time of losing the dearest person, even if it does not consider a special situation in ultimate discrimination.
Is an art then required?
It understands, if it is an art as a means which recovers from there.
However, it cannot but depend on God (is it called a bodhisattva in Japan?) there as to by what kind of mental means the dearest person's dead body is processed.
It is not in others.
Otherwise, those who say are those who make the dead body scattering and can take it out on a trash day.
It is fearful these days that the incident similar to such feeling has come out little by little, and this is an unhappy thing for a Japanese truly.
If it is called an art, individualism and the merit system 、 tend to seem to be a barrel thing.
it is called a talent match -- it is -- what is altogether returned to individual capability -- like.
But are not the portion which is not original as for not remaining in history after all and obtaining sympathy of more people if sympathy of more people who are not so in fact is not obtained, and the portion which is not individual capability acting greatly?
I feel that existence of God is seen there.
Although I thought that defects in expression were probably always in a way of speaking, I came to think recently that language does not pass, either and that it will be a time of approaching God most when experience whose impression pierces through the body seeing people's work with which a time is also different is carried out.
It is touched and impressed by something that others created.
Isn't it the most noble-minded feeling?
Since the talk is becoming grand, it returns, but the title of this picture is "4 God   red Chinese phoenix."
A work is made for four auspicious animals, the red Chinese phoenix, the white tiger, the dragon, and Genbu which manage an all directions angle in a motif.
Although it has written having used this theme for a long time, the God barrel beast is protecting the north, south, east and west in Japan.
And this theme loves a defect without knowing why at every time!!
It is indispensable to the history of a fashion which results in a dandy ? Yankee.
Why is it?
It is because it is a guardian deity.
Rough ぶる.
Why are they rough ぶる神 now?
Only this God is in still suppressing God of the rough ぶる present age mentally called a nuclear power plant.
Atomic power is uncontrollable to people.
That is, it is natural violence and is God.
It is a natural part if man is a natural part at all, although it is called the latest science.
It is natural selection in order that it will compare and the earth may go to ruin however by it.
Such a sign cannot be found when correspondence of the present government is seen, although the ceremony to suppress is held, if God is raging.
It comes out, and if it is, that it can do individually will give it to itself.
ザクザク explanation was given too much.
The detailed talk is next time again.
Salut

|

« 石田衣良「4TEEN」読了!36にもなって中二病!!地方でアートやってるなんて、完全にこじらせてるよな!!!と思わせてくれる本です。 | トップページ | 収束しない原発に対して、テクノロジー的には専門家にまかせるしかありませんが、心理的にはお礼と鎮魂を行う事だと思います。お前右かよと思われても、どっちでもいいです、そんなもん。 »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

Thanks for your information!

投稿: custom essay | 2012年1月30日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。:

« 石田衣良「4TEEN」読了!36にもなって中二病!!地方でアートやってるなんて、完全にこじらせてるよな!!!と思わせてくれる本です。 | トップページ | 収束しない原発に対して、テクノロジー的には専門家にまかせるしかありませんが、心理的にはお礼と鎮魂を行う事だと思います。お前右かよと思われても、どっちでもいいです、そんなもん。 »