« 新作パステル画、五美人図の内容がしっくりこなかったのがピタッとふいにきたので、やっと制作を始められます。 | トップページ | もともと、アートというか、絵を見る事に全く興味がない人達に絵をみせたくて、クラブイベントとして絵を発表し始めたのが1999年。 »

2012年1月19日 (木)

田口ランディ、もう消費すら快楽じゃない彼女へは、的確なエッセイです。

 1999年ごろの話題についての、エッセイのようなものです。

 汚ギャルとか話題になったような時代。

 あらゆる価値が大きく転換していこうという時でした。アートの世界でも、それほど目立った潮流は感じられず、アートのトレンドとかも記憶にありません。アニメ界はけっこう話題作があったような。

 そんな中、この本に出てくる人々は、多分今ではもっと特化した存在として居続けているのではないかと思います。

 10年以上たち、すでに一般の感覚としてもうすでに消費は快楽ではないのではないか。

 消費そのものが快楽だったのは、身の回りに足りないものがあった時代の話の事。今は生まれた時から全てが揃っていて、快適に生きる環境が整っている時代です。

 町屋を改装して店舗にしようと思ったのは、近代的で快適な場所へすらも留まってはいられないという事です。居ぬきですぐ何かが始められる場所には物語がありません。

 伝統や保守がほとんど残っていない現代社会において、若い人ほど特に歴史と物語が必要なのではないでしょうか。何でも揃っている中、自分達の手でアクションを起こしてあえて不便を体験しなければ、最初からあるこの快適さの意味が分かりません。

 バカの壁の中でもとりあげられていた、ニートだったかひきこもりだったかの話にも通じます。働く必要がない快適な世界を求めて、先人達が頑張ってきたのだから、働かない人がでてくるのは当たり前の話だと。

 という事は、もっと先の話をしなければいけないのでしょう。

 働かない先の未来とは。

 それは分かりません。

 でも、日本の歴史は続いて行きます。

 先の震災で、ポストモダンの次の潮流はとか余裕をかましている時代ではなくなり、より流動的なコミューンみたいなものが急速に必要とされているかに見えます。

 話を戻しますが、消費そのものに快楽を求める時代は過ぎ、消費する物についての物語が重要な時代に見えます。

 物語の再構築を。

 伝統と保守が今こそ必要なのではないでしょうか。過去に戻るという意味ではなく、その地続きにいるという意味で。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is like the essay about the subject around 1999.
A time which became an unclean girl and the center of attention.
It was a time of saying that all value will convert greatly.
The so much conspicuous current is not felt and the trend of an art is not in memory in the world of an art.
as [ had / the anime community / quite a many popular works ]
In such inside, people who come out in this book think that they probably continuing being now as an existence which specialized more.
it will already say as general feeling for ten years or more -- isn't consumption pleasure coming out?
It is a talk of the time when some were insufficient in personal appearance that the consumption itself was pleasure.
It is the time when the environment where all have gathered and it lives comfortably since it was born is ready, now.
Not having stopped even to a modernistic and comfortable place thought that Machiya would be remodeled and they would make it a store.
There is no tale in the place out of which it comes and which keeps being, and something can begin immediately.
Doesn't a younger person need especially history and a tale in the modern society where tradition and maintenance hardly remain?
If action is started by its hand and it does not dare to experience inconvenience while having gathered anything, the beginning does not understand a certain pleasure of this.
It is well-informed also about the talk [ having been conflicted and raised in the foolish wall ] of whether was neat or to have been social withdrawal.
Since the comfortable world which does not need to be committed was searched for and predecessors have done their best, if what those who do not work come out of is a natural talk.
Saying will be what must talk about future more.
About the future of the point which does not work.
It is not understood.
But history of Japan continues and goes.
It is no longer the time which is carrying out the kiln of the margin to the current of the post-modern next by the previous earthquake disaster, and seems that a more fluid thing like commune is needed for urgency.
Although the talk is returned, it passes over the time of asking the consumption itself for pleasure, and it is visible to a time with an important tale about the thing to consume.
Reconstruction of a tale.
Isn't just now required for tradition and maintenance?
It means being in the adjoining land instead of the meaning of returning in the past.
Salut

|

« 新作パステル画、五美人図の内容がしっくりこなかったのがピタッとふいにきたので、やっと制作を始められます。 | トップページ | もともと、アートというか、絵を見る事に全く興味がない人達に絵をみせたくて、クラブイベントとして絵を発表し始めたのが1999年。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田口ランディ、もう消費すら快楽じゃない彼女へは、的確なエッセイです。:

« 新作パステル画、五美人図の内容がしっくりこなかったのがピタッとふいにきたので、やっと制作を始められます。 | トップページ | もともと、アートというか、絵を見る事に全く興味がない人達に絵をみせたくて、クラブイベントとして絵を発表し始めたのが1999年。 »