« 今年はどんな年になるのか、予想もつきません。毎年の事ですが、予想がついた事がありません。 | トップページ | イヴ サンローランとシャネルのドキュメンタリーを見る。人間としてのシャネルの面白さは凄いと思います。 »

2012年1月 7日 (土)

アートという言葉と向き合う日々になりそうです。

 2009年までは、ほとんどアートという言葉を使っていませんでした。アート、アート言う人をむしろ胡散臭く思っている位でした。

 一転、イベント「アートスイッチ」を組み立てる時、アートとは何ぞやと再び向き合いました。絵を描いて個展をする事を、アートとは思っていなかったのです。

 アートという言葉をどんな人がどう使っているかを調べました。実に様々な定義がなされています。アートと芸術は違うのだとかね。

 イベントを計画する以上、コンテキストを統一する為に一番今影響力がある人が定義しているアートの意味を使ったりします。

 それでも違和感はぬぐえません。

 論戦しても言葉が宙に浮くばかりで、心に届いてこないのはなぜか。

 アートというコンテンツが、一回完全に死んだからではないか。

 ロックンロール イズ デッド とか ヒップホップ イズ デッド とか流行りましたね以前。

 そういう意味で言えば、ロックでもヒップホップでも以前はセル アウトするのは激ダサな行為でしたが今や、稼がない奴のほうがダサイみたいな風潮に感じるのはなぜか?金持ちをセレブとか言って持ち上げるのはなぜ?

 アート方面でも同じような印象操作が行われているんではないか。

 アートとビジネスを戦略的に結び付けて、それがうまくいったら持ち上げるという風潮が終わった感を醸し出しているのでしょう。

 本当に日本に必要なアートが出現する状況がやっと揃った気がします。

 コンテンツは一回終わっとく必要があります。

 ここから自由な、アートという名の様々な「試み」が生まれ始めている感触があります。

 本当かよとお思いの皆さま。

 今年も「試み」は続きます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Till 2009, the word "art" was hardly used.
I regarded an art and art 言う people as suspicious rather.
the time of assembling a drastic change and the event "art switch" -- an art -- what ぞ -- it faced each other again.
I did not regard drawing a picture and carrying out a private exhibition as an art.
It investigated what kind of person is using the word "art", how.
Very various definitions are made.
If art differs from an art, is it?
If an event is planned at all, in order to unify a context, the meaning of the art which those who have influence now most define is used.
Sense of incongruity still cannot be wiped.
Why is it that always float in the air and language does not reach the heart even if it has an argument?
Isn't it because contents called an art died completely once?
Rock n roll   イズ   Dead     Hip-hop   イズ   Dead   It is a front with it was in fashion.
if it says in such a sense -- Locke or hip-hop -- before -- cell   carrying out out -- 激 -- although it was a ダサ act, why it is that is moved by a trend with the fellow like [ now ] ダサイ who does not work -- a ? rich person being called celeb etc. and flattering him -- why -- ?
Isn't same impression operation performed in the direction of an art, either?
Probably business is strategically connected to an art and the admiration which the trend to raise if it succeeds finished is brewed.
I feel that the situation where an art required for Japan appeared truly gathered at last.
Contents need to finish once.
There is a feel to which various "trials" of the name free from here of an art is beginning to be born.
true -- or -- you of a thought.
A "trial" continues this year also.
Salut

|

« 今年はどんな年になるのか、予想もつきません。毎年の事ですが、予想がついた事がありません。 | トップページ | イヴ サンローランとシャネルのドキュメンタリーを見る。人間としてのシャネルの面白さは凄いと思います。 »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートという言葉と向き合う日々になりそうです。:

« 今年はどんな年になるのか、予想もつきません。毎年の事ですが、予想がついた事がありません。 | トップページ | イヴ サンローランとシャネルのドキュメンタリーを見る。人間としてのシャネルの面白さは凄いと思います。 »