« もともと、アートというか、絵を見る事に全く興味がない人達に絵をみせたくて、クラブイベントとして絵を発表し始めたのが1999年。 | トップページ | パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。 »

2012年1月23日 (月)

石田衣良「4TEEN」読了!36にもなって中二病!!地方でアートやってるなんて、完全にこじらせてるよな!!!と思わせてくれる本です。

 14歳のときなにしてたかと言えば、部活(バスケ)ばかりしていて、ときどきいきなり喧嘩に巻き込まれたり。

 教室に座っていたら、いきなり顔をけられて唇が裂けたり、熊本駅周辺で突然背中けられて数人にかこまれそうになったり。そういう時代だったんだな~。喧嘩というより、気を抜いてたらいきなりやられるんですよ。勝った事なんて一度もありませんが、とにかく危険からは逃げる訓練にはなりましたね。

 おまえどこ中だ?病にみんな罹っていて、言うと引けなくなるんでとにかく逃げるという。中学生までは、面倒に巻き込まれる事が多かったので中央街には行きませんでした。先輩達や同級生が派手に暴れて、どこの中学のヤンキーからも目をつけられている状態だったからです。

 卒業式も当然警察がきてましたね~。

 高校は熊本西高校で、今でもですが田んぼの中のド田舎にある高校で、制服を改造している生徒ですら一人もいないという、のんびりしたトコで美術部に入って今に至ると。

 そんな14歳でしたが、この本に書かれているエピソードに120%共感できる自分に気づき、ちょっと焦っています。

 もっと大人になっていていいはずなのに、14歳のころのムズムズは増幅した形で心のどこかに収まっていたのだなと。普段は全然感じないのですが、こういう本やある種の音楽を聴くともう駄目ですね。

 小6の時に初めてブルーハーツを聴いてショックを受けて、それいらい高校まではテープが擦り切れるまでそればっかり聴いていました。あと、シンディー・ローパー。高校入ってからは中島みゆきとか聴くようになるんですが。

 4TEENは、分かる人と分かんない人の両極でしょうね。石田衣良氏のどこまでも軽い文体が素敵です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

As to what you were doing at the age of 14, are carrying out only extracurricular activities (basketball), and it is sometimes suddenly involved in a quarrel, or is.
It becomes that a face is likely to be kicked suddenly, and a lip is likely to split, or it is likely to be suddenly kicked among the back around Kumamoto Station, and is likely to be surrounded by several persons if it is sitting on the classroom.
It was such a time? .
Rather than a quarrel, if it has let up, it will be damaged suddenly.
Although it was not [ having won and ] once, did it become training which escapes from danger anyhow?
you -- where -- it is inside -- since it suffers from ? disease wholly, and it stops being over when it says, it is said that it escapes anyhow.
Since the junior high school student was involved in troublesome in many cases, he did not go to a central town.
It is because it was in the state where seniors and a classmate riot gaily and are having eyes attached also from the Yankee of a junior high school of what.
Was the police naturally coming also in the graduation ceremony? .
Although a high school is the Kumamoto west high school and it is even now, if it goes into an art club and results soon in happy-go-lucky Toco called there not being one person, either even by the student who is a high school in the ド country in a rice field, and is converting the uniform.
He notices him, and it is impatient just for a moment. [ such ] [ who can sympathize with the episode currently written to this book 120% although it was 14 years old ]
ムズムズ at the time of 14 years old is as having fitted in somewhere in hearts in the amplified form, although you had grown up more.
Although not felt at all usually, if such book and music of a certain kind are listened to, it is already useless.
Bluehearts was heard for the first time at the time of the smallness 6, and in response to the shock, since then, only it was heard up to the high school until the tape wore out.
After, Cindy Lauper.
high school ON -- Miyuki Nakajima -- it comes to hear it.
Is 4TEEN the known two poles of people and 分かんない people?
A style light to where of Ms. Ira Ishida is great.
Salut

 

 

|

« もともと、アートというか、絵を見る事に全く興味がない人達に絵をみせたくて、クラブイベントとして絵を発表し始めたのが1999年。 | トップページ | パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石田衣良「4TEEN」読了!36にもなって中二病!!地方でアートやってるなんて、完全にこじらせてるよな!!!と思わせてくれる本です。:

« もともと、アートというか、絵を見る事に全く興味がない人達に絵をみせたくて、クラブイベントとして絵を発表し始めたのが1999年。 | トップページ | パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。 »