« パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。 | トップページ | NPOアートスイッチでは年末からこの時期は、24年度の企画と予算を組んでいるのでした。 »

2012年1月26日 (木)

収束しない原発に対して、テクノロジー的には専門家にまかせるしかありませんが、心理的にはお礼と鎮魂を行う事だと思います。お前右かよと思われても、どっちでもいいです、そんなもん。

 地方都市ではそう顕著でもありませんが、都会ではもうほとんど日常から神事や儀式がなくなったと思います。

 熊本に住んでいても、盆正月の儀式は簡略化され、あとはほとんど日常的に神の存在を感じる事はありません。去年と今年は正月は働いていましたから、なおさらですが、仕事が儀式に割くべき時間を奪っているのが現代社会というものです。

 やはり、日本人たるもの正月早々、本当は働いてはいけない気がします。なんか一年の始まりがノッペリした感じがして、新しい年を迎えた気がしません。これがいけない。

 働いていても、要所で敬虔な気持ちになれるならば道を踏み外さないと思いますが、終わりのない日常と向き合うと凶暴な倦怠感が牙を剥いてきます。

 このままの日常があと50年続くかもしれない。ゆっくり悪くなりながら。そんな状態で正気でいられるほど図太くありません。

 震災と原発の事故から11カ月。世間は何か変わるのかと思っていたら、別に変わりはしなかった。ただ閉塞感を増しただけに見えます。そして、繰り返される終末思想。

 個人的にどうすればいいのか。分かりません。デモすればいいのか、抗議行動をすればいいのか。解決策は、本当は次の選挙しかないのですが、また若年層の投票率は低そうな予感がします。これだけの変動期にも関わらず。

 だから、個人的な鎮魂の儀式として、四神を描きます。これまで40年間頑張ってきた荒振る原子力発電所という現代の神を、古代の神に鎮魂していただく意味で。

 日本の神社の重要な役目は、荒振る神の鎮魂ではないのですか?九州だと大宰府天満宮は最もその意味に適う神社です。確か、40年程菅原道真公は都に災いを為したと、当時信じられていたので、太宰府天満宮が創祀されたのでしょう。

 愛なき世界に生まれたわけじゃない、というフレーズとほぼ同じ感覚で、神なき世界に生まれたわけじゃないという感覚を取り戻したいのです。

 誤解があるといけないのですが、本当に神がいるとかどうかの議論は無意味です。まだ今のところ心に平穏さをもたらしてくれるのは神という言葉で表現される伝統と儀式というだけです。本当はアートがと言いたいところですが、自分の中で神とアートが並び立つ日が来るのかはまだ分かりません。

 自然にそういう日が来ればいいのでしょうが、無理に理屈でもって並び立たせても、嘘やん!となるのであえてロジックは立てません。血肉がない言葉と理論は上滑りしていくだけで、心まで届きません。声がでかければ目立つでしょうが、それだけです。

 という訳で、制作開始。

120126_092338  サリュ

  

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Although it is not so remarkable in a local city, either, in a city, I think that the divine work and the ceremony have already been lost almost daily.
Even if he lives in Kumamoto, the ceremony of the tray New Year is simplified and the rest does not almost feel Jin's existence everyday.
Since it was working, the New Year is still more so last year and this year, but having taken the time which work should spare for a ceremony calls it modern society.
After all, I feel at the beginning of the Japanese barrel thing New Year that it must not work in fact.
He has a feeling which one year of some beginnings ノッペリ(ed), and it is not felt that a new year was greeted.
This is bad.
Even if it is working, if it gets used to a pious feeling at the key point, I will think that its foot is not missed on a way, but if every day without the end is faced, an atrocious feeling of worthlessness will skin a fang.
The every day of this as may continue for 50 more years.
While worsening slowly.
It is not so bold as it is sane and can be in such the state.
11 months after an earthquake disaster and the accident of a nuclear power plant.
As it thought whether any worlds would change, the change was not independently carried out.
It is visible because a feeling of a blockade was merely increased.
And the apocalyptic belief repeated.
What should I do individual?
It does not understand.
Should what to demonstrate and a protest be carried out?
Although solution has only the next election in fact, he has a premonition which seems to be low for the younger age group's voter turnout.
Irrespective of time of sea change like this.
Therefore, four God is drawn as a ceremony of individual repose of souls.
It is a meaning which has ancient God repose God of the present age called the 荒振る nuclear power plant in which he has so far done his best for 40 years.
Isn't the important duty of the shrine in Japan repose of souls of 荒振る神? Dazaifu Tenman-gu is a shrine which suits the meaning most in case of Kyushu.
Surely, probably, Dazaifu Tenman-gu was 創祀(ed) since it was believed those days that the Michizane Sugawara public succeeded in evil in the capital in about 40 years.
I would be the almost same feeling as the phrase that it is a reason for having been born to the world without love, and would like to regain the feeling that it is a reason for having been born to the world without God.
When there is misunderstanding, it is bad one, but God is truly or a how Kano argument is meaningless.
Still bringing peace to the heart for Kon only calls it the tradition and the ceremony which are expressed in the words "God."
in fact -- an art -- although he would like to say, there is no telling whether the day when Jin and an art are located in a line up in comes, yet.
Although such a day should probably just come automatically, even if it makes it stand that it is also at reason in a line up by force, since it becomes 嘘やん !, logic does not dare to stand.
The slip of the language and theory without flesh and blood is only carried out, and they do not arrive even to the heart.
If voice goes out, it will be conspicuous, but it is right.
At the reason for saying, it is a work start.

|

« パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。 | トップページ | NPOアートスイッチでは年末からこの時期は、24年度の企画と予算を組んでいるのでした。 »

現代浮世絵師の心意気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収束しない原発に対して、テクノロジー的には専門家にまかせるしかありませんが、心理的にはお礼と鎮魂を行う事だと思います。お前右かよと思われても、どっちでもいいです、そんなもん。:

« パステル画新作製作中。五美人図改め、「四神 朱雀」になります。スゲーな、このタイトル。 | トップページ | NPOアートスイッチでは年末からこの時期は、24年度の企画と予算を組んでいるのでした。 »