« NPOアートスイッチでは年末からこの時期は、24年度の企画と予算を組んでいるのでした。 | トップページ | 今年37歳になりますが、36~7で死んだアーティストの名前ばかり浮かび縁起でもない。高橋稲荷神社の初午に行きました。 »

2012年2月 2日 (木)

東北九州プロジェクトin長崎書店リトルスターホール終了致しました。ご来場の皆さま誠にありがとうございました!

 Tkp20120130  東北と九州のアートシーンを結び付けてイベントを企画し、九州を巡回してきちんと集客するというのはすごく難しく感じるのですが、会場には沢山の来場者があり、本当に素晴らしいイベントである事が実感できました。

 震災直後は現地ではやはりアートどころではなく、救援物資を的確に搬送するシステム構築とか、目の前で刻々かわる状況に現実的に対応するのに精いっぱいだった事。

 最近やっと仮設住宅の殺風景さに気付いた住人の皆さんから、どうにかできないかという意見が出始めている事。

 一部地域に復興支援が集中してしまっていて、全体にまんべんなくコーディネートできる人材が必要という事。

 地震直後に一部のアーティストが一早く被災地入りして、作品を制作発表している事は、どんな意義があるのか?

 震災が日本のアートシーンにどういう影響を与えるのか?

 東北のローカルなアーティストの意識は?

 様々に、考える事があり実に意義が深いイベントでした。

 企画は考えるだけでも時間がかかるうえに、実際に実行する為には目に見えない苦労があるはずで、九州を巡回しているというのも凄い事だと思います。

 あれから11カ月経ち、復興どころかまだ何の動きも示さない政府をよそに、現地では様々なネットワークや支援がすすんでいるのでしょう。日本全体を見渡してみると、もうそのニュースは旬じゃないがごとくで、特に九州ではそんな感じを受けます。東北九州プロジェクト実行委員会代表の野田氏は「忘れない事が重要」と仰っていました。まさにその通りだと思います。

 何もできなくても、忘れない事はできます。ふとした折に、忘れていなかったらささいな事ができるかもしれません。

 阪神淡路も忘れる事はできませんし、日本は地震国なのだなと思います。

 次の東北九州プロジェクトはいよいよファイナル、3月1日より福岡天神イムズでの開催です。次回は規模も大きくなります。是非一度お越し下さいませ。詳細は追ってお知らせ致します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Although it felt it very difficult to tie up the art scene of a northeast and Kyushu, to plan an event, to patrol Kyushu, and to 集客 exactly, there are many visitors in the hall and it has realized that it was a really wonderful event.
It is that energy was full for corresponding to the systems configuration for which an art is impossible too there and which conveys relief goods exactly, and the situation which changes every moment at hand actually immediately after an earthquake disaster.
From you, the residents who noticed the dreariness of the makeshift house at last recently, the opinion whether it can do somehow or other has begun to appear.
Reconstruction assistance has concentrated on the area in part, and say that the talented people who can coordinate uniformly in the whole are required.
What kind of meaning does that some artists enter a stricken area early [ 1 ], and are making a work announcement of the work just behind an earthquake have?
What kind of influence does an earthquake disaster have on an art scene of Japan?
A northeastern local artist's consciousness?
Variously, it might think and was an event with a very deep meaning.
A plan should have the difficulties which are not visible, in order for thinking to also require time and also to actually perform, and I also regard patrolling Kyushu as it being uncanny.
11 months have passed since that and, probably, various networks and support are progressing there with disregard to the government which does not show a motion of what yet, either, not to mention revival.
If whole Japan is overlooked, such touch will especially already be received in Kyushu so that the news may be out of season.
Mr. Noda of northeast Kyushu project executive committee representation had said, "Not forgetting is important."
I think that it is the very passage.
He cannot forget, even if nothing is made.
If you do not forget, trifles may be made to an unexpected chip box.
He cannot forget Hanshin Awaji, either and Japan thinks that it is an earthquake-prone country.
The next northeast Kyushu project is holding by the Fukuoka Tenjin イムズ from a final and March 1 still more.
A scale also becomes large next time.
Please come once.
I follow for details and announce you.
Salut

|

« NPOアートスイッチでは年末からこの時期は、24年度の企画と予算を組んでいるのでした。 | トップページ | 今年37歳になりますが、36~7で死んだアーティストの名前ばかり浮かび縁起でもない。高橋稲荷神社の初午に行きました。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北九州プロジェクトin長崎書店リトルスターホール終了致しました。ご来場の皆さま誠にありがとうございました!:

« NPOアートスイッチでは年末からこの時期は、24年度の企画と予算を組んでいるのでした。 | トップページ | 今年37歳になりますが、36~7で死んだアーティストの名前ばかり浮かび縁起でもない。高橋稲荷神社の初午に行きました。 »