« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

東北九州プロジェクト vol.5 天神、いよいよ明日天神イムズB2F にて開幕致します!!

 東北九州プロジェクト vol.5

 前回vol.4は熊本市、長崎書店リトルスターホールにて1day イベントとして開催されました。

 超微力ながら、NPO法人アートスイッチでも、宣伝という形で協力させて頂きました。

 今回の期間は3月1日~14日の2週間開催です。アートスイッチからも西田美紀氏とモヒカンポシェットの2人の作家が作品販売という形で参加致します。

 昨日たまたま見たNHKの番組で、民間が調査した政府の震災への取り組みの調査報告書の特番を放映していました。東電は調査に協力しておらず、それだけでも半分はブラックボックス化している訳ですが、震災直後に官邸には全く情報がなかったという一事だけでも我が国は相当ヤバイと思いました。

 こうやって、一年後に民間が調査報告するのはとても意義がありますし、風化する前にこうした動きがあるのはいい事だと思います。どうせ真実は1割位だろうという猜疑は晴れませんが。

 とにかく忘れない事だと思います。

 何か特別な事は、個人ではできないとしても。

 考え始めると無力感を感じて、鬱々とした気分になりますが、ただ忘れない事ならできるだろうと思います。

 何かの拍子に何かできるかもしれませんし。

 東北九州プロジェクトもいよいよファイナルです。一年を通して九州を巡回されました。

 天神に行く機会があられましたら、是非覗かれて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Vol.4 The last event was held as 1day Kumamoto, Nagasaki at Little Star Hall bookstore.

While ultra-humble, even in art switch corporation NPO, I was allowed to cooperation in the form of propaganda.

This holding period is two weeks to 14 March 1. Will participate in the form of a sale of two of the Mohawk writer work pochette Miki Nishida and his switch from the art.

Yesterday was seen by chance in the program of NHK, aired a special program had been a report of its commitment to research has investigated the earthquake of civil government. I thought our country and the dangerous thing is the equivalent of just why TEPCO is not cooperating with the investigation, half the black box is just it, the official residence that did not have any information immediately after the earthquake.

I think doing this way, it reports a survey by the private sector after years does have a very meaningful, but there is a trend prior to weathering is a good thing. The truth is suspicion would Ranked # 10% is not clear anyway.

Do not forget I think anyway.

That special something, can not even personal.

I think you will feel a sense of helplessness and feeling begin to think, that people with depression, would not forget we can do just that.

I may be able to do something to beat something.

Final project is also finally northeastern Kyushu. Kyushu has been touring throughout the year.

If you have a chance to go to Tenjin, hail, please other entities from observing the world.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

パスタ(トマトソースとか)に和風の魚系のダシを少し入れると、コクがでます。今日は料理の話し。

 ほぼ毎日料理します。

 料理は時間との戦いになるため、ほぼ無心で集中できるのでいいですね。

 絵を描くときは、集中と悩みを行ったりきたりしますが、料理は一度火を入れはじめたら、あとはタイミングが勝負みたいなところがありますから、悩みは禁物。

 最近は、パスタに和風の魚系のダシを入れると、味が締まる事に気付きました。アンチョビとか入れてももちろんいいのですが、ダシの方が日本人には合うようです。

 にんにくをオリーブオイルで炒める→みじん切りの玉ねぎをしんなりするまで炒める→豚のひき肉を投入炒める→コンソメ投入→バター投入→トマト(ホール缶でない、生鮮の)→ダシ投入→お好みのハーブ投入→こしょうで味を調える。

 こんな感じです。

 あと、ポトフ風なスープのときにも、和風のダシは使えます。

 ダシを取るのが面倒な時は顆粒ダシでも十分です。

 コンソメとの合わせ技が結構マイブームです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The food almost every day.

Cooking to become a race against time, I hope they can concentrate in almost innocently.

When you draw a picture, but you have to switch focus and trouble, put the fire once you get started cooking, because there is a place after the timing is like a game, trouble is a taboo.

Recently, if you put the pasta in Japanese style fish broth system, I noticed that the taste is tightened. Of course I hope people who do not know or anchovy, the Japanese dashi is found to fit.

tomatoes input butter up consomme fry up (not cans Hall, fresh) the minced pork fry pepper put herbs of your choice up broth until tender the onion chopped saute in olive oil and garlic adjust the seasoning.

Looks like this.

After, even when the wind soup pot-au-feu, dashi in Japanese style can be used.

When I make soup stock is more than enough for the hassle of dashi granules.

Combined technique is consommé with my boom fine.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

NPO法人アートスイッチ提案の新企画、来週の半ばに理事会で基礎を固めます。そのあとすぐ行動を開始致します。

 毎回アート企画を開催する時のキックオフ会議を、来週半ばに開催致します。

 何をやるにしても、先ず理事との共通認識を持っていないと、共動で行っていきますから、後々大変になります。

 今回の企画は、半年かけてプロセスを重視しながら積み重ねていく形になるでしょう。

 その中で一体何が新しく生まれてくるのか。

 この新しく生まれてくる何かがとても重要です。

 一人のアーティストとして、さらにはアートNPO法人として、何かを生み出して価値を創造しなければなりません。アーティストと名乗る以上、必ずなにかをアウトプットし続けなければいけないからです。そしてそのアウトプットした何かを良きにつけ、悪きにつけ皆さまに評価していただかねばなりません。

 そうして初めて、「新たな価値」が耐久度があるものになるでしょう。

 残り2割の企画書を仕上げれば、いよいよ次は行動に移る番です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Will be held in the middle of next week, the kick-off meeting at the time of planning to hold art every time.

Even if you do something, and do not have a common understanding with the director first, because we will go in co-operating, we will be very much later.

This plan, you will have to go stacked form with an emphasis on process over six months.

Newly born or what the hell to come in it.

Something is very important this newly born.

Must not be a human as an artist, as well as art as a corporation NPO, to create value must produce something. Claiming over artist and must not continue to put out something always. Nitsuke not good to do something that was put out, and it should imperative to evaluate our Waruki and Nitsuke.

Only then, would be something there is a degree of durability is "new value".

The remaining 20% of Shiagere the proposal, the following is the number finally move into action.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

アイデアや企画はタダだと思っている人が多すぎる。ならばあなたが自分で考えればいいだけの事では? in KUMAMOTO.

 タイトル通りです。

 一番重要なとこなのに、価値が低すぎる。

 企画を実行するのには長けている組織は、星の数程いますが、面白い企画をしている組織はほとんどいない。経験で言えば、阿蘇でも街中でも、地域振興の組織があれば、筋が通った企画があればほぼ完ぺきに遂行できる能力はあります。日本人の仕事力は本当に素晴らしい。

 提案された企画を実行するだけなら、誰でもできます、うちのNPOでも新町三畳美術館でもできます。外郭の組織と提携すれば、ある程度の事はうちですら出来るのです。

 面白い企画が払底しているから、皆さん焦っている訳です。で、簡単に企画出してと言う訳です。出さないし。

 企画出してとか、アーティストに対して簡単に言い過ぎる。その企画はあなたが思っているより、ずっと考えられていて、そうそう簡単に出てきたものではない。

 ちょっと前までは、そこまで考えて仰ってるんだろうと思っていましたが、最近はそうでないと分かってきて残念。それならそれで対応も変わります。

 これからは、企画に価値をきちんと見出していただける方達にしか企画を提示しません。したとしても、本当に価値ある企画を提案したりはしません。まぁ、こんな感じやろうとしか思いません。

 これまでは、誠実に向き合ってきたつもりです。そういう対応でも、アートに対して無理解なのだなと自分に言い聞かせてきましたが、もう36歳です。我慢にも限界があります。ほとんど無償で様々な事をしてきました。本業以外の時間を使ってやっているのではありません。これが本業なのです。レストランがタダで食事を提供したりしません。簡単に例えると、そういう事です。

 アートな企画を実行して、実績を得ようとするなら、対価は必要。当たり前の事を言い無さすぎましたね。

 アート観賞はタダじゃない。企画提案もタダじゃない。当たり前の話しではないですか?

 今後、対価のない「企画出して」には、「対価のない」程度にしかお付き合いできません。

 アートNPOを運営していますからね。

 「アートの企画下さいよ、うちでやりますから。立派にやり遂げますよ?確実に運営致しますから、ね。申し訳ないですが、資金はありませんが、やる意味はあると思うんですよ。企画下さいよ~」

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

As the title is.

But the most important of Toko, the value is too low.

Planning to run an organization that is skilled, but not as numerous as the stars, an organization that is not the most interesting project. Speaking ability in the experience, even in the city in Aso, if there is a regional development organization can be accomplished if there is a near-perfect plan has passed through the muscle is located. Japanese work force is really great.

You can also at the Museum Triassic Shinmachi If you only need to run the plan has been proposed, can anyone, even of the NPO. If the alliance with the tissues of the outer shell, that a certain amount of it can even be in the.

Hard-up plan is interesting because, that is why everyone in a hurry. Is, I did say and plan out easily. It is not issued.

Planning or out, easy to overshoot the mark for artists. It is not planning than you might think, it has been considered much, Oh came out easily.

I was expecting a little before, would not have thought through Ossha~tsu there, sorry to have been found recently, and it is not. Then it will also change in response.

From now on, do not present a plan only to the person who we have found value in planning properly. Even then, I will not propose a plan of real value. Well, I do not think trying to do like this only.

So far, I am going to have to face in good faith. It has been said to myself in such support, and not a lack of understanding for the art he is already 36 years old. There is a limit to patience. We have various things in the most free of charge. We are not done using the non-core business hours. That is the core business. Does not provide a meal or a restaurant for free. And easily compare, That's it.

Planning and running the art, if someone is trying to track record, consideration is necessary. It was too obvious that I programmed.

Art appreciation is not free. Proposal is also not free. Is not obvious in the story?

Future, with no consideration to the "out of plan" can not be reading this "no consideration" to the extent only.

It has operated from the Art NPO.

I I think so please plan of "art, because you do at home. I will finish fine? From will operate reliably, it. But sorry, the funds do not have, meaning do with some. Please plan ~ I "

Saryu

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

身体性の喪失と、ネットによる意識の拡張、その先に新しい幸せの形が果たしてあるのかな?ない気がするな。

 宇佐美陽一先生著「身体造形思考ノート」を読み進めています。

 音楽に全く詳しくないもので、丁寧な注釈がありがたいです。

 オイリュトミーのワークショップを重ねられる中で、子供達の身体造形力が弱っているのではというくだりで納得しました。

 去年とある公園で、町内のお祭りが行われている中で、子供達の9割が携帯ゲームで輪になって対戦だかなんだかしている。ゾッとする光景です。公園なのに、身体性を伴わない、まさに通信ゲームという意識の拡張のみの遊びをしている。いい傾向ではないと思います。「身体造形力」が未発達のまま、脳内の意識が拡張していく。これだけ子供にゲームを買い与えて、将来どういう日本になっていくのか、日本全土をあげて壮大な実験をしているとしか思えません。30年後の日本を思うと。

 ファミコン世代なので、バカみたいにゲームをしていた時期もあり、批判ばかりもできません。今だって一日の大半はパソコンの前に座って仕事をしています。

 ネット環境が整い、個人の意識は世界中のネットワークと即繋がり、超便利になっています。ちょうど脳のシナプスが具現化したような世界です。

 ふと思う事があります。この先にある幸せってなんだろう。

 昔押井守監督のゴーストインザシェルを見た時、主人公の草薙素子が身体を捨て去って、完全にネットワークと同一化した時、衝撃を受けました。まだインターネットが普及し始めたばかりの頃。

 この間改めて見たとき、もう半分そうなっているじゃんと、別段何も思わない自分がいてそれに驚きました。

 宮崎駿監督の崖の上のポニョを見た時、真逆の表現でこれまた驚き。肉体と感情のエモーションを爆発させるポニョを見て、「世代」というものを如実に感じました。宮崎監督の子供のころ自然の中で駆け回ったり、色んな人との付き合いが濃厚だった感覚がこの映画には凝縮されている。そうすけ一家は核家族ですが、背後にはきちんとした人間関係が見てとれます。反面、スカイクロラやゴーストインザシェルの主要人物は、断ち切れた人間関係のみが浮き上がってくる構造になっている。

 「ポニョ、そうすけ好き」

 というセリフに、贅肉がそぎ落とされたエモーションがあります。だからこそ、ポニョを見た甥っ子たちがなんどもそのセリフを叫んでいました。子供はそういう気持ちいいエモーションには素直に反応します。

 押井守監督のスカイクロラでは、ほとんどエモーション的表現をそいでしまっている。そのくせ静止画のときには一枚絵ではなく、1秒に12枚だか何だか、動いているときと同じセル数で表現するものだから、微妙に静止しなくて映像に酔う。

 両監督の身体性への感覚が真逆で、世間に広く受け入れらているのは宮崎監督の方ですよね。

 でも実際現実は、圧倒的に押井監督が表現した世界に急速に近づきつつあります。SNSの登場でさらに加速しました。ネット上に別の自分というパーソナリティーが出現し、仮に今日死んでもそのパーソナリティーは半永久的にネット上にありつづける…

 宇佐美先生の本は、こういう極端な世界を、オイリュトミーを実験、実践して行く中で少しづつ読み解いていきます。あらゆる方向から思索を重ね、人にとっての身体性の意味を問うていく、まさに今必要とされる思考だと思います。

 まだ50P位しか読めていませんが、皆さまにもご一読を是非お勧め致します。

 長崎書店と一部TUTAYAにて販売中です。

 「身体造形思考ノート」

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

福岡市美術館、ダヴィンチ展を見ました。同会場の鈴木淳展が凄いです。ダヴィンチかすみます。

 昨日、福岡市美術館のレオナルド・ダヴィンチ 美の理想展を見てきました。

 平日の午前中にも関わらず、凄い人の多さ。休日とか本当に無理だろうなと思いました。

 ルーブルやウフッツィでダヴィンチを見て来ましたが、今回のは真贋定かならずみたいな作品もあり、三枚目?の岩窟の聖母と、モナリザのバリエーションで何とか持っている展示のようでした。

 ラファエロがフレスコ画の習得のために呼んだ作家の作風が、フィリッポ・リッピ→ボッティチェルリの流れの中にあって、工房という組織が工芸品を生むかのごとく始祖の絵柄を受け継いでいくのだなという、ダヴィンチの工房との作風の対比として置かれていたのが(多分)面白かったです。

 正直、個人的には見るべき作品が見出せず、ちょっと苦しかったのですが、そのあと見た展示でV字回復。

 鈴木淳展です。

 コレヤバイ。

 見るべき。

 80年代昭和、といった感じでしょうか。なんかファミコンを思い出してしまった。でもまんまそうじゃなくて、鈴木さんというフィルターを通して、冷徹な距離を対象と保っているところが、クールさじゃなくておかしみを生んでいる所に凄みを感じました。

 足場を渡っている人の足音までも、作品の一部なんですよね。どこかしこ工事してた時期(都市の再開発とか)を思い出してしまいました。

 今はギンギンの現代建築より過去の建築をリノベーションして、新しい価値観を生み出すのが主流になっているから、あの展示空間がなぜかノスタルジーを感じる空間になっているのが面白かったです。妙に落ち着きます。

 田舎と言った時の原風景が、田んぼとか小川じゃない世代の原風景。団地とか、安アパートと工事現場とか。

 そして、初の高島野十郎の作品。圧巻の一言。生命力と静寂が同居する不思議な世界。

 あと、初めてブランクーシの彫刻が素直にふに落ちた日でもありました。ポンピドゥーの前に移築されたアトリエ見た時は、本当に何やら分からなかったのですが。

 来月は2週間福岡に滞在なので、今度は街のアートスペースを見て回る時間を持ちたいと思います。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Yesterday, I have seen the exhibition Leonardo da Vinci's ideal of beauty Fukuoka Art Museum.

Despite in the morning on weekdays, the sheer length of the amazing people. I thought I would be really impossible or holiday.

I came to see da Vinci in the Louvre and Ufuttsu~i, may not work like it this time uncertain authenticity, the third one? Seemed to have somehow exhibit of The Virgin of the Rocks and a variation of the Mona Lisa.

So he will carry on the pattern of founder As is the style of Raphael writer called for the acquisition of the fresco, in the flow of Filippo Lippi → Botticelli, or organizations that produce and crafts workshop It had been placed as contrasted with the style of that workshop, the da Vinci (maybe) it was interesting.

Honestly, I personally will not work to see Midase, it was painful but a little, saw a V-shaped recovery in the exhibition after it.

Atsushi Suzuki is the exhibition.

To see.

I would feel like, Showa 80s. It reminded me softening NES. Did you feel the dreadfulness place to place without Manma 's so, but through the filter of Suzuki, has remained subject to the cold distance, but have led to' s humor is not cool.

Footsteps of people who are even across the scaffold, I've been part of the work. I will remember (like the redevelopment of the city) where the time had to work Kind regards.

Because now the mainstream architecture of the past from the renovation of Gingin modern architecture, The ones who create new values, it has become an exhibition space in the space that feels a nostalgia for some reason was really interesting. The strangely calm.

Is the original scenery of the countryside and when he said, not a brook or the original scenery of rice fields generation. Or estate, or construction site and a cheap apartment.

And, Shimano's first high-work of Juro. Word of the masterpiece. Strange world to live the life force and tranquility.

There was also the day after, sculpture of Brancusi Prefecture obediently fell for the first time. Studio was moved when I saw in front of the Pompidou, but I did not really know something.

I think next month for two weeks, so stay in Fukuoka, in turn, want to have time to look around the art space of the city.

Saryu

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

そう言えば、禁煙して一年と少し経つのですが、少し前に夢で吸ってた。起きてビックリしました。

 たばこの値上げがあり、何だかんだで禁煙して一年と少し経ちます。

 喫煙歴は15年位だったのですが、そんなに簡単ではありませんでした、禁煙は。

 何回か道具に頼らずに、ただ吸わないという方法を試していたのですが、最初の一週間がきつい。本当にきつい。ニコチン中毒。全然やめられない。

 すぐコンビニでわかばを買ってしまう(安いが毒度高い)。

 一日の本数はずっと5本以下だったのですが、それでもきついのだから、1箱とかの人は本当にきついだろうなと思います。

 禁煙外来の病院に行こうかと思いましたが、けっこう予約が埋まっていて、条件が合わず保険も使えないらしいので出費も高くなりそうでやめました。

 そもそもやめた理由が、健康うんぬんより、値段が上がったから。単純に。180円とかのままだったら、まだ吸ってたでしょう。400円オーバーはありえません。外食でうどんが食べれます。

 それで、ニコレットに頼りました。1粒100円。結構高い。使用方法は、一回噛んで、歯と歯茎の間にしばらくはさむ、で、ニコチンが薄くなってきたらまた噛んで、の繰り返し。

 確か、24粒の2,400円位の奴を買いました。

 そのころ、偶然にも飲み会での交流会が多く、これまた禁煙には大敵。酒です。本当に、差酒が入るとたばこ吸いたくなる、マジヤバイ。

 どうしたか。もう、先に歯茎のとこに入れておきました。個人差はあるでしょうが、一週間のうちに4回位飲む機会があり、ニコレット頼り。ニコチンが喉に入っていく、少し焼けるような感覚で、確かに周りにどれだけたばこ吸う人がいても、吸いたくならない。

 気付かされました。たばこの煙ではなく、ニコチンを摂取したいだけなんだな、本当に。

 あとは、一日にニコレットを使う量を減らしていきます。普通のガムに置き換えて行きました。ニコレット中毒というのもあるそうなんで、注意が必要。

 一週間過ぎで、禁煙完成。あとは、魔がささないようにするだけです。

 禁煙半年位で、夢の中でやはりたばこを吸いまくっていて起きた時にむせた位でした。脳ヤバイ、たばこヤバイ。依存がまだあるな、と思いました。

 1年過ぎても夢で見ます。

 映画でも、かっこよくたばこ吸ってるシーンとかありますね、無意識で自分も吸っているのかも。

 運よく1年以上やめれていますが、いつでも注意は必要です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

There is a price increase of tobacco, a little over a year passed since the non smoking in Nandakanda.

Smoking history, but it was 15 years, was not so easy, is non smoking.

I was try the tool without having to rely on a few times, that just do not smoke, a tight first week. Really tight. Nicotine addiction. Not stop at all.

(High degree of poison, but cheap) young leaves just buy at a convenience store immediately.

I think the number of day five I was much less than this, because it still tight, or people of a box and I would be really tight.

Although I thought I should go to a hospital outpatient non smoking, I quit spending so the higher the reservation have buried quite, because apparently no insurance can also be used without conditions are not met.

The reason I quit the first place, from baz health, because the price went up. Simplicity. After 180 yen or remained, would have still smoked. Over 400 yen is not impossible. Udon is eaten in the restaurant.

So, I relied on Nicorette. 100 yen a grain. Quite high. How to use it, chew repeat once, is, sandwiched between the teeth and gums for a while, of, chew nicotine again when getting thin.

Indeed, I bought a guy ranked 24 grains of 2,400 yen.

At that time, many exchanges in meeting drinking session as it happens, in this non smoking is also a powerful enemy. Sake. Really it is tempting to tobacco smoke enters the liquor difference, Maji - yabai.

How did. Another was put in the Toko of gum first. Although there will be individual differences, there is a chance to drink a disclination four weeks, relying on Nicolette. Nicotine goes into the throat, with a little burning sensation, can have only one around people who smoke tobacco certainly not want to smoke.

Was reminded. Rather than cigarette smoke, You just want to ingest nicotine, really.

After, we will reduce the amount of use the Nicorette a day. I went to replace ordinary chewing gum. It is also likely Nde Nicorette addiction, care must be taken.

In the past one week, complete non smoking. After, you have only to prevent bites.

Was ranked at position six months when non smoking was choked, was evident and it is rolled smoke still in a dream. Dangerous brain, dangerous cigarette. I thought, I there is still a dependent.

The past year also saw in a dream.

In the movie, I have smoked tobacco there any cool scene, it may also have their smoking in the unconscious.

It has been quit for 1 year or more by good luck, attention is required at any time.

Saryu

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

2012年、新機軸の企画書を書き始めました。どうやって実行するかはまだ目途が立っていませんが、完成させます。

 今年は熊本市現代美術館が設立10周年ということで。

 新しいアートイベントを企画立案!致します!(ちなみに現美10周年は個人的なお祝い気分なだけです。現美と絡みがあるという訳ではありません、今のところ)

 今までやってきたイベントの保守実行も大事ですが、勢いがつきませんからですね。

 新しい企画を立ち上げますよ皆さん!

 創造都市の中間報告で、文化的な水位は上がってきているものの、エモーションと言いますか、ムーブメント自体が起きていないという問題点が挙げられていました。

 それならば起こしてみようじゃないか、自分達で!

 という、一人先走った衝動で企画書を作成し始めました。

 毎回そうですが、頭の中の事象をアウトプットする作業は難しいです。自分では言わずもがなの事でも、きちんとひとつひとつ整理していく必要があります。

 今回の舞台は、「城下町」という区切りで計画しております。

 今までやってきた企画のブラッシュアップと、新機軸のアートを投入、まちづくりをされてきた方々の今までの取り組みを随所に織り込みつつの、観客参加型(インタラクティブ)な、歴史をエンタメするようなものになるかと思われます。

 脳内企画では。ヒント=横浜で去年行われたサトルモブ←検索。

 絵金祭りといい、よそ様の企画を勉強して企画書に落とし込む事に何の躊躇も感じない自分が怖いな~。オリジナル性よりも、その企画なりイベントでどれだけの方に楽しんでいただけるかしか考えないです。

 一応自分なりにブラッシュアップするので、違う企画にはなります。

 で、このやりかたをパッケージングする事で全国の色んなところでも開催できるような、そんな企画書を制作中。町屋アートホームin新町の企画書も、実はそういう風になっているのですけれども、まだ粗削りな部分はあります。

 問題点があるとすれば、どうやって実行するかまでをまだ考えていない事です。

 先ずは企画書を完全に制作するところから始めます。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Kumamoto City Museum of Contemporary Art, this year is that the 10th anniversary.

Planning a new art event! I will!

Maintenance is also important run of the event came up to now, because I will not have a momentum.

I'll give you start a new project!

In the interim report of a creative city, but a cultural level has been raised, problems do you say emotion, that is not happening movement itself had raised.

Do not let it cause if, on their own!

Began to create a proposal that, in a human impulse Sakibashi~tsu.

So every time is the task of output events in my head is difficult. Needless to say also that of yourself, you need to go one by one to organize properly.

The plan has been separated by a "castle", this stage.

Like to Entertainment up and brush up of the project came up to now, the art of innovation, of being woven throughout the efforts of the past of those who have been the town planning, participatory audience (interactive), the history It is assumed or become.

In planning in the brain. ← Satorumobu search was conducted last year in Yokohama hint =.

Fri painting festival is called, not afraid of their own - do not feel any hesitation to what to be Otoshikomu proposal to study the planning of like elsewhere. More important than is present in the original, but I do not think only of how much more to enjoy in the event that planning becomes.

To brush up on my own so tentatively, to planning will be different.

Is, during production, such as various places across the country can be held even by packaging this way, such a proposal. Shinmachi also proposal of Art Home in Machiya, but it has been that way in fact, part still is rough around the edges.

Is that it does not thought of yet and if there is a problem, how you want to run up.

First, one starts to produce a complete proposal.

Saryu

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

新作パステル画制作、20時間目。

 20時間。まだ初期段階で、人物を描くところまでも至っていません。

 パステル画の描き方は、上から下まで、完成させながら描いていく事。

 今は主に赤と黄、紫を使用して描いています。

 今回の新機軸は、ミクストメディア。アクリルを使用します。ほんの一部分ですが、面白い効果が得られます。町屋アートホームで使用したアクリルの技法の一部を取り入れる予定です。

 そんなにたいした事ではありませんが、今まで画材をミックスして描いた事はなかったので、小さな新しい一歩と言えるのではないでしょうか。

 毎回、その作品に何時間要したか計っています。平均で120時間くらいのものでしょうか。一日8時間描ければ、枚数が増えるのでしょうが違う仕事も多くそううまくはいきません。

 今回の制作予定時間で言えば、到底120時間程度では完成しそうにありません。全体の密度も高いです。250~300時間程度か。

 あぁヤバイな、ちょっと計算したら5カ月位かかるぞ、今のペースだと。少し描く時間を増やさないといけません。

 しかし、時間かかりすぎなんですよね、毎回。でも、妥協はできないからな~。

 半年に一回とか新作展を個展でやっている人が、羨まし過ぎる。早く描く事には憧れますよね、単純に。

 パリで新作パステル画の個展を開いた時は、10作品を揃えるのに、1日10時間位描いて、半年かかったからな~。あの位のペースで描けたら、半年ごとの新作個展も十分可能です。無理ですが。絵を描く以外のアートの仕事が、沢山ありますからね。

 将来的には、描く方をメインとして集中したいとは思っていますが、その為の熊本の土壌作りをしなければいけません。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

20 hours. In the early stages, has not yet been reached even as far as to draw a person yet.

How to draw pastel, it is from top to bottom, while we draw is completed.

Now we are drawn using red and yellow, a mainly purple.

Innovation of this time, mixed media. Use the acrylic. But only part, interesting effects can be obtained. Will adopt some of the techniques of acrylic was used in the art home Machiya.

Which is not a big deal, it drew a mix because until now there was no art supplies, some say it would not be a small new step.

We measured each time, or that it took many hours to work. What about those 120 hours on average. Will not go well so many different work eight hours a day if Egakere, but would it increases the number.

Speaking at the scheduled time of this production, in about 120 hours does not have hardly likely to complete. Overall density is also high. Or about 250 hours to 300.

A dangerous Oh, I take about five months After a little calculation, and the pace of it now. Do not draw a little and do not increase the time.

However, I've been taking too much time, every time. But I can not - compromise.

People doing a solo exhibition of new works in six months or once, too jealous. Early to draw it I yearn, simple.

When you open a solo exhibition of new pastel in Paris, to align the 10 works, drawn Ranked # 10 hours a day, - not because it took half a year. If you draw at a pace that position, can be enough of a new exhibition every six months. It is impossible. Work of art other than painting, because I have a lot.

In the future, and want to concentrate as the main draw, but the way I think, must be made to the soil of Kumamoto for it.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

2月12日に熊本市現代美術館で開かれた、創造都市に関する調査の中間報告に行ってきました。

 創造都市に必要な資本

 Human Capital 人材 

 Social Capital 社交資本 

 Environmental Capital Human Capital を吸引する自然環境、都市環境

 熊本市において、上記の資源があるかどうかという調査を熊本市役所の企画課が行った、中間報告でした。

 関係団体紹介。

 アート食堂3号線、Arita Limited、NPO法人一新町づくりの会、NPO法人オーケストラ創造、オハイエくまもと、かねくら株式会社、河原町文化開発研究所、kmac、一般財団法人熊本芸術文化学術振興市民財団、一般財団法人熊本県伝統工芸館、熊本県文化協会、熊本商工会議所青年部、NPO法人グランド12、Comodo arts project、すきたい熊本協議会、Street Art-plex KUMAMOTO実行委員会、ゼロセンター、一般財団法人創造くまもと、合同会社ちかけん、株式会社長崎書店、マチナカレッジ、WASSA MODA/熊本ファッションストーリー実行委員会、愛知芸術文化センター、財団法人アサヒビール芸術文化財団、NPO法人都市文化開発機構、NPO法人BEPPU PROJECT、株式会社プリコグ、九州経済調査協会。

 創造産業においては、創造産業のコアとなる芸術家(プロ)やネット関連産業従事者は多くなく、テレビや新聞などのオールドメディアの従業者が多く、これらの産業が創造的人材を多数プールしているそうです。

 日々地方のアート活動を通して見ても、確かにコアとなる人材が多いとは実感として思えません。調査では埋もれたクリエイティブクラスとして、その活動に使う日数で趣味、学習ヘビー層が厚いと出ていました。能でしょうね、これは。熊本は全国でもトップクラスの、能の学習者が多い土地です。あと、アマチュア絵画展の入場者が凄い多いことでも、高齢者が絵を描いている人数は相当数にあたると思います。

 熊本市の強み(ポテンシャル)について

 「クリエイティブな人材が多くはないが繋がりやすい(=ヒューマンキャピタルがソーシャルキャピタルになりやすい)。そのようなカギとなる人達の中には、情報共有の面、また何らかの活動を行う上で、ハブとなっている人達が存在し、複数のハブの周辺にいる人達をダイレクトに繋げていくことが課題。」

 これについては、やはりコア人材が少ない為、アート的な事をやると大体同じ顔ぶれになるという事でしょうか。一人のアーティストが耐久力を持つようになるまでには、時間が掛かります。30歳前に大体脱落。今知っている熊本のアーティストで、ソーシャルな仕事ができそうな人材の顔は数人しか浮かんできません。いい作品を展示発表している人は沢山いますけども。それと、ソーシャルな仕事は多分別だろうと思っています。10年計画の指針、企画書、見積もり、事業計画、アーティストのディレクション、資金繰り、宣伝広告戦略、こういった仕事が必要になるでしょう。これ、今の世界的なアーティストは皆自分でやってます。会社と同じなんですね。

 まだまだ勉強中です。

 熊本市の弱み(課題)について

 「熊本市の弱みは、まさしく、各人との”繋がりやすさ”と裏腹な関係にある。つまり、優れたヒューマンキャピタルが忌避したがる類の、”地縁””濃密な人間関係”に近い。いわゆる”肥後の引き倒し”的な雰囲気と”タテ割の組織”からくる決断、実行の遅延などに繋がり、創造的活動の芽を摘む事にもなりかねない。

 熊本の強い”タテ繋がり”による、停滞した雰囲気を一変させるものとして期待されるのは、ヨコ糸をタテ糸につむげる人材や機能。

 もう1つは、県外からの移住者。熊本のタテのラインなどの事情を何も知らず、引っ張っていけるトリックスター的な人がカギになる。」

 ”肥後の引き倒し”~がこういった公式の報告会の結論に近い部分で出てくるのは、深刻です。はっきり言ってしまえばアーティストはタテ繋がりとは一番遠い場所に居る人達です。タテ繋がりにドップリな人もいますが、多分創造都市の目指す場所ではないでしょう。

 地縁とタテ社会にとらわれてしまうと、自由な発想は出にくいですよね。創造的活動というのは、基本的な発想方法としては話し合いの中から生まれてくるものではないんです、経験から言うと。話し合いでいい発想が生まれるのなら、優れた作品は話し合いからできなければいけませんが、そうじゃないのは周知の事実。特定の個人が最初は立ち上げるものなのです。

 立ち上がった後は、それこそ話し合いが相当必要です。実行面です。

 これ、別に持論じゃなくて、とある経済学部の教授に御教授いただいたもの。アートイベント企画をアーティスト同士の話し合いで立ち上げようとしていたときの言葉。

 「企画書は一人で書くもの。特化した企画は話し合いでは生まれない」

 「もっととんがって、ゴツゴツぶつかりなさい。それがアーティストです」

 創造都市の調査は、企画課が行っていますが、実践してきた事を思うともうすでに実践してきたんじゃないかと考えます。やってきことに創造都市という言葉が付いた。

 本当の創造都市にするためには、経済的に回っていかなければいけない。雇用を生む事で初めて創造産業が生まれるのです。

 やるばい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Capital required for the creative city

Human Resources Human Capital

Social capital Social Capital

Natural environment sucking the Environmental Capital Human Capital, urban environment

City Planning Division of Kumamoto in Kumamoto were investigated, whether there is a resource that the above was the interim report.

Introduce related organizations.

Line 3 cafeteria Art, Society of Manufacturing Shinmachi Arita Limited, a corporation NPO, creative orchestra corporation NPO, Kumamoto Ohaie, Inc. dark bell, Kawaramachi Cultural Development Institute, kmac, Foundation for Civil Society for the Promotion of Science, Kumamoto Foundation general arts and culture, the general foundation Kumamoto, Kumamoto Prefecture Museum of Traditional Crafts Council corporation, Kumamoto Prefecture Cultural Association, Youth Division Kumamoto Chamber of Commerce and Industry, Grand corporation NPO 12, Comodo arts project, you want to plow, Executive Committee Street Art-plex KUMAMOTO, zero center, general creative foundation Kumamoto, family constitution Chi Limited Liability Company, Inc. bookstore Nagasaki, Machinakarejji, Kumamoto Fashion Story Executive Committee WASSA MODA /, Aichi Arts Center, Asahi Beer Arts Foundation, Urban Culture Development Organization corporation NPO, BEPPU PROJECT corporation NPO, stock Purikogu company, Kyushu Economic Research Association.

In the creative industry, and Internet-related industry workers (professional) artists at the core of the creative industries are not many, many employees of the old media such as television and newspapers, these industries to pool a large number of creative talent It is said that.

Also look through the local art activities every day, and certainly many core human resources does not seem as realized. The survey was buried as a creative class, was out with thick hobby, learning in the number of days heavy layer is used to its activities. I'll Know, this is. Kumamoto is a land of many top-class learners in the nation, of the function. After, I think also that many visitors of the exhibition is amazing amateur painting, the number of elderly people is drawing a picture, and its considerable number.

Strengths in Kumamoto on Cu (111)

Some people will be likely to lead key (= Human capital is likely to be social capital) such. Are also some activities to do on the surface of information sharing, and although many do not have talent hub "Creative . challenges that will lead to direct people to people has become to exist, and around the hub of "multiple

About this, or would that be roughly the same lineup for a small core personnel, and an art that still do. To become an artist to have the endurance of a people is time-consuming. Roughly 30 years before falling off. In Kumamoto artists know now, the face of human resources so that social work can not come to mind only a few people. Who has published the works there are many good Kedomo. With it, social work has probably thought it would be another. Will most likely need to work guideline of 10-year plan, proposal, quote, business planning, direction of artists, financing, advertising strategy, these. This global artists now are doing all by yourself. It is not the same as the company.

Is still studying.

Weakness in Kumamoto for (Issues)

"Weakness of Kumamoto City, just, and each person" ease of connection "in the relationship and contrary. In other words, kind of superior human capital wants to challenge" near regionalism "in the" dense human relations " . lead to delays decision comes from the atmosphere and so-called "pull down Higo," "vertical organization", and execute, it could also be a creative activity that pluck the bud.

It is expected to make all the difference as due to "vertical connection" strong in Kumamoto, the atmosphere was stagnant, the ability to warp the talent and Ru Weave the weft.

One of migrants from other prefectures. A trickster people without knowing anything of the circumstances, such as vertical lines in Kumamoto, Iker will be the key to pulling. "

Come out in the portion near the conclusion of the meeting report of the official ~ "pull down Higo" is said is serious. The artist is a vertical relationship with people in distant places to put it most clearly. Some people immersed in a vertical connection, you probably do not aim at the location of the city probably creative.

When they caught in the territorial and hierarchical society, it is hard thinking I was free. It is a creative activity, as a way of thinking is basic but is not born out in the discussion, to say it from experience. If the discussion is good idea born, excellent work, but must be able to from the discussion, but not so well-known fact. The first thing is that you launch a particular individual.

Later brought up, what it requires considerable discussion. Surface is performed.

This thing, not a separate 's theory, Professor of Economics, who shall be read to your professor. When word was going to bring up in discussion between the artist Art event planning.

"The project-specific proposal. Shall be written in a human in the discussion are not born."

"The more displeased, please hit rugged. That is the Artist"

Investigation of the creative city, but has said the Planning Division, believes or not it has been practiced already and I think that has been practiced. Creative cities with the word that came.

To the creation of a real city, must not go around economically. Creative industries that produce is born the first time in employment.

Soot do.

Saryu

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

いよいよ3月17日より、モヒカンポシェット天神イムズデビューに向けての準備に入っております。

 企画展示販売は、当日までの準備が結構かかります。

 今回は初の2週間という、泊まり込みでは長丁場の展示販売になりますので色々調べる事もあるのです。

 九州産業大学芸術学部卒業ですので、福岡の土地勘はありますが、最近はほとんど熊本を出る機会がなかったので変ってしまっているのでしょう。

 今は博多駅周辺が商戦の激戦区になりつつあると聞きました。売り場を先行で作りまくったので、入るテナントが追いつかないそうですね。

 いよいよモヒカンポシェットも県外進出を果たします。これも新町に根を下ろす事ができて、皆さまのご支援があっての賜物です。ありがとうございます。

 展示販売までには、福岡方面での宣伝も出来る限りの範囲でじわじわ行っております。

 モヒカンポシェットに関しましては、アートとはまた違ったアプローチをしています。ファッションですので、やはり売れなければあまり意味がありません。着ていただいてのモヒカンポシェットです。この営業というのが、いいフィードバックになると言いますか、アートイベントとかを行う際に欠けている部分を補ってくれています。

 展示販売をさせていただく場所の担当の方とも、商談をしなければなりません。当たり前の事ですが。お誘いがあった場合は、結構スムーズに済む部分ですが、自分から動いて商談の場を作った場合は今だに緊張します。

 失敗したら、当分そこの売り場へのアプローチが難しくなりますから、慎重になるのも無理ないかもしれません。

 でも、最初の頃よりは随分ましになってきました。絵を描いて個展をしての繰り返しで、どうにかなるほど絵の才能は自分にはない事に気づいたから、営業力と企画力と宣伝力を自分なりに鍛える必要があったのです。営業の最初の一歩、飛び込みでアポ取るというのが、精神的にかなりハードル高かったのです。

 今は、あんまりそういう事はなくなりました。自分が思っている程、相手は自分の事を穿って見ていない事に気付けたからです。先ずは会ってから!そう思えるようになって少しは楽になりました。

 図書館に行って、本読んでメモしまくりました。いいですよね、図書館。無料で膨大な知識が手に入ります。今でも時間と必要があれば、行きます。本の方がネットの情報よりは純度が高いから、すぐ役に立ちやすいのです。

 アートの事はほとんど勉強しなかった気がします。描きたい絵はあるので、それが正しかろうが間違っていようが自分の絵に関しては迷いはありませんから。

 こんなに沢山のことをするようになるとは、思っていませんでした。

 今年はこれから加速して行きます!

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Exhibition sales, it takes up quite ready for the day.

This time it is also the color that we examine the first two weeks, so in staying somewhere due to circumstances of the marathon will be on display and for sale.

Graduated from Faculty of Arts, Kyushu Sangyo University because it is, can land in Fukuoka There, do they have changed recently, so I have not had a chance leaving the most Kumamoto.

I've heard and now is becoming a battleground of the holiday season is around Hakata Station. So earnestly to make the sales floor in the preceding, it is likely not keep up with the tenant enters.

Mohawk also serves to advance pochette finally prefectures. Is a gift to be able to take root in Shinmachi, met and your support of this also. Thank you.

To exhibit and sell, so make as much as possible in the range of publicity gradually in the direction of Fukuoka.

Mohawk Nikanshimashite pochette, and art has also a different approach. Because it is fashion, does not make much sense unless also sold. Mohawk is a pochette of gotten to wear. We compensate for the missing pieces me when I say it that this business, and becomes a good feedback, or do art events.

Also in charge of the place and how to be allowed to exhibit and sell, you must have the opportunity. It is perfectly normal. If there was a teaser, but need to smooth fine part, if you have made a place of opportunity to move from your tension will still love.

If it fails, it becomes difficult to approach to the sales floor there for the time being, may not also impossible to be careful.

But, from the first time it has become now a long time. Repetition of a solo exhibition at the painting, talent of painting from myself I noticed that this is not, is there was a need to train on my own power and publicity planning ability and somehow I see the sales force. First step of the business, it is called to take appointments in the dive, it was considerably higher mental hurdle.

Now, such is no longer that much. Have thought about yourself, or just from the other person does not care to look at their own Uga~tsu that. First of all since I saw! Was a little easier as it seems to become so.

Go to the library, reading a book was rolling up note. I'll say is, the library. Vast knowledge you get a free of charge. If you need time and even now, we will. Since information on the net from a high purity of this better, it is easy to help immediately.

Of art that I did not study the most. Because I want to draw a picture, a picture of my hesitation about because there is not wrong, but no matter, but it will Tadashikaro.

And would like to a lot of things like this, we did not expect.

This year will accelerate from now on!

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

肥後の猛婦、林田民子、トルーマンを背負い投げた女性!

 以下「竜馬 ひねもす よもすがら」というブログより引用

 肥後熊本に、林田民子と言う女性がおりました。どこが猛婦なのかを説明します。

 明治37年生まれの民子は、25歳の時ピクチャーブライド(アメリカに移民した男性と写真だけでの結婚)でアメリカに渡ることになります。その渡米の船の中で講道館柔道から派遣され同じくアメリカにいく太田節三と出会い、渡航中と渡米後に柔道を習います。
 当時、排日運動の激しかったアメリカにおいて日米の友好のため、必死に働きます。しかしながら、世界情勢は日本を開戦に追い込んでいった。太田節三と林田民子等は世界平和基金財団をつくり、敗戦するであろう故国日本の今後ためにアメリカの政府に働きかける。
 かくして、日本はポツダム宣言を受け入れ、無条件降伏をします。
この年の9月2日にホワイトハウスに招待された林田民子は、時のトルーマン大統領に小さな声で・・・。
 以下は前田秀峯著「夢のなかに生きた男たち」から引用します。

 「大統領閣下、なぜ広島、長崎に原爆を投下したのですか?」
 
 「20万人を超える若いアメリカ兵の命を救うためです。」
 「日本はすでに無条件降伏を決めていました。どうして20万人ものアメリカ兵が死ぬのでしょうか?」
 「抗戦派の抵抗も考えられ、これ以上戦争を長引かせては、若いアメリカ兵の命が危ないと判断したからです。」
 「大統領閣下、貴方は嘘を言われている。マリアナにある戦略爆撃司令部は、ポツダム宣言に対する返事があるまでは原爆の投下はあり得ない、と明言していました。」
 「それは若いアメリカ兵20万人の命を・・・」
 「大統領、貴方は日本が無条件降伏することをすでに知っていた。それなのになぜ原爆投下を命じたのですか?ヤルタ協定で日本に侵攻する予定のスターリンへの警告でしょう」
 「そんなことはない。すべてアメリカ兵20万人の命を守るためだ」
 「大統領、貴方には日本人の命などどうでもよかったのです。あの原爆投下によって20万人以上の人間が死傷することは、初めからわかっていたはずです。貴方が虫けら同然と思っている日本人が20万人死んでも、貴方にとっては問題ではない。人体実験をしたかっただけです。スターリンが警告を素直に受け取り、アメリカに逆らうとこの原爆がモスクワに落ちると・・・。ただそれだけのために20万人以上の日本人を犠牲にしたのです。20万人のアメリカ兵の命を守るためではない!大統領、貴方は今世紀最大の悪魔です」

 民子は大統領の胸ぐらに手を伸ばすと、綺麗な背負い投げで投げ飛ばした。
 叫びとともに音楽が止んだ。慌てて民子を取り押さえようとしたスティムソン陸軍長官も一本背負いで宙を舞った。全員が立ちすくんでしまった。
 突然「バン!!」と乾いた音がして、民子の胸が赤く染まった。民子は胸に手をやり、音のした方向に視線を向けながら崩れるように床に倒れた。

 こう言うことだったそうです。原爆投下に対しては、アメリカの市民団体が激しい抗議をしているそうです。
やはり、元防衛大臣のような「しかたなかった」というような問題じゃないですよね。
「肥後の猛婦」、こう言う人を熊本弁で「武者んよか」といいます。
 林田民子はトルーマン大統領とスティムソン陸軍長官を一本背負いで投げ飛ばしたあと銃で撃たれたが、一命をとり止め、太田節三とともに収監されたという。
 林田民子も日本人ではあったが、かつてはサザンパシフィック鉄道の役員であり、アメリカ独立戦争当時の大功労者であるバニング家とのつながりもあり、なおかつ世界平和基金財団の代表理事でもあることから、強制収容所送りを免れていて、OSS(米国戦略事務局)の研究員として終戦後の処理方法の研究に携わっていた。
 引用以上。
 文字通り猛婦。
 
 トルーマンを投げ飛ばすという発想が凄い。
 誰か映画にして下さい。
 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Quoted from the blog called "Ryoma all night all day long" following

Higo in Kumamoto, woman says Tamiko Hayashida was down. Describes whether it is where women are fierce.

Tamiko was born in 1904, you will be crossing to the United States (only photos of men and marriage immigrated to the United States) Picture Bride at the age of 25. Ota also go to America and meet Setsuzo sent from Kodokan Judo in its Tobei ship, you will learn the judo after Tobei and while traveling.
Friendship for the United States, works frantically in the United States at that time, was intense anti-Japanese movement. However, the state of the world went to war to Japan pushing. Tamiko Hayashida, etc. and create a foundation fund Setsuzo Ota world peace, encourage the government of the United States homeland for Japan's future would be to defeat.
Thus, Japan accepted the Potsdam Declaration, and the unconditional surrender.
Hayashida, Tamiko was invited to the White House on September 2 of this year, in a small voice at the time of President Truman ·.
The following quote from "Some men dream alive" by Shigeru Maeda Mine.

"Mr. President, Why did you drop the atomic bomb on Hiroshima and Nagasaki Why?"

"Death to save the lives of more than 200,000 young American soldier."
"Japan had already decided to surrender unconditionally. Why American soldiers die also why 20 million people?"
"Because it determines the resistance of the faction fight also considered, and prolong the war than this, and life is in danger of young American soldiers."
"Mr. President, your headquarters located in strategic bombing. Mariana is said that a lie is. Had stated that until there is a reply to the Potsdam Declaration and the atomic bomb dropped, can not happen"
"It is the lives of 200,000 people young American soldiers ..."
"President, you already knew that Japan surrender unconditionally. Will be a warning to Stalin's plans to invade Japan in the agreement? Yalta How did you ordered the atomic bombing yet why"
"I order to protect the lives of 200,000 American soldiers there is no such a thing." All
Japan thinks "President, to you that human beings more than 200,000 to casualties by bombing that. It was good not matter such as the life of Japanese people, and virtually worm would have been understood from the beginning. That you also died 200,000 people, for you only wanted to not be a problem. the human experimentation. Stalin receives a straightforward warning, and fall in Moscow bomb this and against the United States of America · · ·. of it only just not to protect the lives of American soldiers did at the expense of the Japanese for more than 200,000. of 200,000 President!, you are the devil of the century "

Tamiko and reach for the collar of the President, was in the flying mare Fling clean.
Along with the music has stopped crying. Danced in the air in this backpack is also a Secretary of War Stimson tried to Toriosaeyo the Tamiko in a hurry. Everyone had stood in.
The sound is dry and "Bang!" All of a sudden, Tamiko breast was stained red. Tamiko was lying on the floor as collapse in the direction of gaze while spear hand to the chest, was of sound.

This was to say so. For the bombing, the American civil society organizations It is said that the outcry.
Again, it does not matter it is like "I had no choice," such as Defense Minister yuan.
This is called "What I do warrior" in the valve Kumamoto women "of Higo, Takeshi", the people say.
Tamiko Hayashida was shot after a judo throw Fling in the Secretary of the Army President Truman and Stimson, stopped to take on life, having been imprisoned along with the Setsuzo Ota.
Was in the Japanese also Tamiko Hayashida, formerly an officer of the Railway Southern Pacific also has ties with the home Banning is a contribution to large at the time of the American Revolutionary War, that is also a representative director of the Foundation Fund for world peace yet , have escaped the feed concentration camp, was involved in the study of how to handle after the war as a Research Fellow in the (U.S. Strategic Secretariat) OSS.
Quote or more.
Fury women literally.

Truman is a great idea fling.
Please someone to a movie.
Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

「才能を神様から頂いたのだから、あなたにはそれを磨く義務があるの」というセリフを、欧州映画でよく目にします。よく考えたら怖いセリフです。

 優秀な外科医が同じ事を言っているのも、よくテレビとかで見ました。

 外科医ならともかく、アーティストでこう言われる程早い段階から才能が問われるジャンルは音楽です。

 映画で目にするのは特にピアニスト。

 あまりクラシックをきかないので、ピアニストの良しあしは全然わかりません。

 4分間のピアニストという、ドイツの映画を見ました。その中でのセリフです。「どうして才能を無駄にするのか」というセリフも。

 いわゆる天才ものです。エキセントリックで、自分の感情に引きずられるモノです。なんかそういうジャンルがあると思います。

 あいつは人間的には全く駄目だが、作品は素晴らしいというストーリー。カラバッジョみたいなものか。劇中では別に、いい人だけど何かイライラするという人が置かれていて興味深い。

 特にお薦めという映画ではありませんが、人格と才能は別という割り切りはヨーロッパでは当たり前なのでしょうか。分かりませんが。まぁ別なんですけど。

 才能というものに触れるとすれば、芸術史上最もあったろうなと思っているのは、ミケランジェロです。ある意味具象表現はこの人が終わらせたのだろうと密かに思っています。ミケランジェロさえも越えて行かねばならないなんて思っていたら、死ぬしかないので思いません。

 新しい表現の方法の模索という形が、コンテンポラリーアートの50年の歴史なので、越える越えないといった形は間違っているのですけれども。

 ここ最近のアートの潮流をひも解いてみて、個人的に感じたのは巨大な混沌。世界中で同時進行で様々な事が起こっているのだから、混沌としていて当たり前。

 結局自分がやりたい事をやりなが質を高めるしかないのだな。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

the excellent surgeon has also said the same thing -- good -- television -- で見 .
If it is a surgeon, the genre asked about the talent from such a stage early at any rate that it is said like this by an artist is music.
Especially seeing on a movie is a pianist.
since it seldom hears a classic, a pianist does right -- あ(ing) -- it does not understand at all.
He saw a movie of Germany called the pianist for 4 minutes.
They are the words in the inside of it.
Also words "why the talent is made useless."
It is what is called a gifted thing.
it is eccentric and is dragged by its feeling -- mono-.
I think that there are such a genres of some.
The story that a work is wonderful although that fellow is completely hopeless as a reasonable creature.
Calah Baggio -- like.
Within a play, independently, although it is a good person, the person that something is irritated is placed and it is interesting.
Although it is not a movie called especially recommendation, is reasoning that character and the talent are another natural in Europe?
It does not understand.
Since it is another well, although it becomes empty.
It is Michelangelo that thinks that there will also be art 史上最 if a talent is touched.
I regard a certain semantic concreteness expression as secret with probably this person having made it finish.
If it thinks that even Michelangelo has to exceed and go, since it cannot but die, I will not consider.
Since it is [ the form of the grope of the method of a new expression ] 50 years of history of the contemporary art, although it has made a mistake in the form to exceed where it does not exceed.
it is huge to have read the current of the latest art in here and to have felt it individual -- it is confused.
It is made confused and natural because various things have happened by synchronization all over the world.
The thing which he wants to do after all must be done, and なが質 must be raised.
Salut

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

パステル画新作制作10時間程経過です。M100号程度のサイズ。4枚組予定。

 制作時間の目途は大体一枚160時間程度になるのが毎回の事です。

 パステル画の塗り重ねですから、どうしても時間の短縮はできません。手が遅いのは自覚していますが、こればっかりはどうしようもありません。

 次々に新作をあげて個展を頻繁に開催というスタイルが、どうしてもできません。アレ、あの人パステル画描く人なの?と最近思われているのではないか。チョット心配ですね。

 え~と、実はまだ熊本県民百貨店2Fのフードカフェ スマイルさんでパステル画の小品展を開催中です。展というか、次の作家さんが決まるまではという半常設みたいな感じになっております。

 意外に好評ですよと、いう評判。意外にて…。前にカフェでやった時は飯がまずくなると言われた事がありました。素晴らしい評です。

 時間はかかりますが、その分の手ごたえがある作品になる事でしょう。

 風景画はともかく、こっちのパステル画は全然売れませんので、逆に面白いですね。これほどまでに売れないのは、まぁ、ギャラリストとかの所に持ち込んで評価して頂いているわけではありませんので売る努力をしていないと言えばそうなんですが、仕方ない。

 先ずは自分が納得する方が先で、売る努力は後からでしょう。風景画に関しては、ある程度は自分で営業している面もありますが、パステルはな~、飯マズ~て言われる位だからな~。

 見た人が「おっ」となって頂ければそれでいいです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is at each time that about one prospect of work time becomes in about 160 hours.
Since it is a coating pile of a pastel, shortening of time can never be performed.
This is hopeless although the thing with a late hand is aware.
New work is raised one after another and a style called holding can never do a private exhibition frequently.
they are Allais and those person pastel 描く people -- isn't it considered ? and these days?
It is anxious just for a moment.
It obtains and, in fact, is [ ? and ] still a hood cafe of the Kumamoto resident department store 2F.   The small painting exhibition of a pastel is under holding with Mr. Smile.
It is saying until the next writer is decided [ whether it is called 展 and ] touch like half-permanent installation.
Reputation referred to as unexpectedly popular.
In the outside of mind --
When it did in a cafe before, it might be said that a meal became unsavory.
It is a wonderful criticism.
Although time is taken, it will become a work with the response of the part.
Aside from the landscape, since the pastel here does not sell at all, it is conversely interesting.
If it says that the effort well sold since it does not carry into a performance fee list and that place and I am not necessarily having you evaluate is not made, that is right, but it is unavoidable that it cannot sell to until this much.
The efforts which the direction to which he is convinced first of all sells at the point will be later.
although there is also a field in which a certain grade does business by itself about a landscape -- pastel -- as therefore as ? and meal マズ ? て言われる? .
It is good, if the person who saw becomes "おっ" and gets.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

冷たい熱帯魚。R18+。★★★★★。

 なにこれヤバイ。

 園子温監督、多分、見てきた映画が相当数かぶってる気がする~。

 小谷元彦さんも大喜び~じゃないんですか?

 表面上のエロ、グロさは問題じゃないんです。こういうノリって、80年代のハリウッドホラーによくあったし。むしろ風呂場のシーンはホラーマニアには微笑ましい程度の作り込み。頑張ってあんな感じというよりも、敢えてのそういうノリでの見せ方だと思いたい。じゃなかったらチョットギャグです。

 この映画の良さ(ある人にとっての悪さ)は、やはりでんでん演じる村田のキャラでしょう。この人怖え~~~。これ演技なんですか、演出なんですか、こういうチョットカリスマ商店主タイプの人っていますよね。そういう人が、善悪の判断とかが身内か否かという括りで描かれる怖さって、相当ですよ!それは完全な差別主義者です!

 何で怖いかって、言うまでもなく、村社会の論理だから。じゃなかったら、よそものの金持ってる親父を無慈悲に何人も殺せない。映画で象徴的なのは、殺された親父の子分のヤクザと交渉するシーン。十字軍の心理と同じです。特定のコミュニティーが至上な社会を、ここでは村社会と呼びます。お前どこ中だとか、お勤め先はどこでとか、暴走族とか、何何会とか、無自覚な連帯感の事。よその村(コミュニティー)の人間は、人間じゃないんです。アラブの人がユダヤに対して「あいつら人間じゃない」、ユダヤがパレスチナ難民に対して「あいつらの土地じゃない」。と、同根なんです。人間の本質の一部をエログロに落とし込んだのです、この映画。惑わされてはいけない。

 おまけに内ゲバまで起こる始末。どうにも日本的な感じがします。演出は乾いているんですが、あくまでオブラートですからね。完全にこの映画を乾かしたかったら、杜本家族の存在は邪魔。あくまで村田目線のみで描くしかなかったろうと思いますが、そんな映画はもはや人間が見るものではない。

 現代日本が徹底して村社会を壊してきたのは、根底にこの本質がセットされていたからではないでしょうか。殺しまではいかなくても「村八分」には見て取れます。

 それをですね、こんなに娯楽にしてしまった園監督の感性は相当にヤバイ!映画の演出上、全ての病根がフラットに扱われているのも今という時代にフィットし過ぎて、どうしてこんなに同時代性を獲得できるのかうらやましい限りです。他人の事情なんか、本当は知ったこっちゃないという、突き放した感性から見えてくるのは、園監督の人間観のある意味での不適格さで、これがまたイマなんですね~。

 なに、このバランス感。絶対無理ですから、この映画のように着地するの。

 してないけど。

 「僕のエリ」も根本的には「人を殺してでも私は生きる」なんですが、主役がでんでんになるとこんなにアウトプットが違うんですね~。主役が美少女バンパイアとでは。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

what -- this ヤバイ.
I feel [ a considerable number or ] that Director 園子温 and the movie he has probably seen have struck? .
Isn't Mr. Motohiko Kotani also pleasure ??
The eroticism on the surface and grotesque are not problems.
Such laver was often in the Hollywood horror of the 80s.
The scene of a bathroom is elaboration of a grade agreeable to a horror maniac rather.
doing one's best -- such touch -- rather than -- I would like to think that it is how in の right [ that ] いう laver to show daringly
When there is no じゃ, it is gag just for a moment.
Probably, the merit (badness for a certain person) of this movie is a character of Murata out of which it has not come too and to perform.
This 人怖え. .
it is this performance -- it is -- it is production -- it is -- such -- there is a charismatic storekeeper type person just for a moment.
such a person of the fearfulness come [ is bundled and ] out of and drawn that it is whether judgment of good and evil is relatives is considerable! It is a perfect discriminating principle person!
Because it is needless to say in whether you are fearful and is the logic of the Murakoso meeting in what.
If there is no じゃ, the rich person of an another-place thing cannot kill how many る親父s heartlessly.
One symbolic on a movie is a scene which negotiates that the henchman of the killed father is worthless.
It is the same as the psychology of a crusade.
A specific community calls supremacy society the Murakoso meeting here.
you -- where -- if it is inside -- a duties place -- where -- a motorcycle gang, what [ what ] meeting, and an unconscious sense of solidarity.
The human being of a some other village (community) is not man.
The persons of Arab "are those fellows' lands" to a Palestinian refugee to Judea. [ "his being the human being, those fellows,", and Judea ]
It is the root.
This movie that dropped a part of man's essence erotically and grotesquely.
It must not be confused.
It happens to interfactional fighting moreover.
He has a Japanese feeling in any way.
Although production has got dry, because it is wafer paper to the last.
if you would like to dry this movie completely -- woods -- the head family -- fellows' existence is obstructive.
Although I think that I draw only by Murata eyes to the last, man does not see such a movie any longer.
Present age Japan was consistent, and isn't the Murakoso meeting broken because this essence was set to the bottom?
Even if it does not go to murder, it can grasp for "social ostracism."
the sensitivity of Director Sono who came out and was peevish and has made it amusement like this -- considerable -- ヤバイ! It is an enviable limitation on the production of a movie about why does that all the roots of the trouble are treated by the flat also fit the time of now too much and to be able to acquire contemporaneity like this.
It is disqualified [ in a meaning with Director Sono's human view ] that is visible from the sensitivity called there being no こっちゃ got to know in fact in others' situation etc. thrust off, and this is Yma again? .
What, this feeling of balance.
After it is impossible absolutely, it lands like this movie.
Although not carried out.
Although "my Eli" is "I live even if it kills people" fundamentally, if the leading role becomes a Den-den, is output different like this? .
The leading role is by a beauty-in-the-bud vampire.
Salut

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

今年37歳になりますが、36~7で死んだアーティストの名前ばかり浮かび縁起でもない。高橋稲荷神社の初午に行きました。

 ラファエロ、ゴッホ、モディリアーニ、ロートレック…その他。

 自殺じゃないところが怖いですね。好きな画家が結構このあたりで死んでいます。

 あ、ゴッホに関してはテオが撃った説を信じています。そのほうがしっくりきます。

 関係ないと言えば関係ないんですがね。モディもロートレックもほぼ自殺的な酒の飲み方しています。

 この話はこれ以上発展しないのですが、昨年に引き続き高橋稲荷神社の初午に行って、福掻きを購入。昨年にさらに引き続いて、餅まきには参戦せず。怖いから。

 去年も感じましたが、さらに人が少なくなっている気がします。屋台なんて全盛期の半分位です。

 思うに、商売繁盛の神様の日にこの人の少なさは、自営業が激減しているのではないか。ってちょっと「自営業」という括りで調べてきたら、「自殺」の文字が踊り始めるのが怖いよ!

アメリカの田舎なんかに行くと、もう完全に個人商店なんてありませんからね。モール、でかいスーパー、ホームセンターみたいなとこ。あんな風にグロ-バリゼーションを推し進めて世界を均一化して、何が楽しいのでしょうか。

 いや、楽しくてやっている訳ではないよな。マゾ過ぎる。

 ただ野球場は良かったですけどね。ザ アメリカって感じで。

 消費税増税の議論も出てきて、益々自営には厳しくなってきていますが、新しく誰かが起業しない社会は発展もしません。

 一番いいのは、副業で趣味的なものを少しづつビジネスにしていくことなんじゃなかろうか。

 アレ、何でそうしなかったのだろうか?

 違った、派遣切りにあったんだった。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The opinion which Theo shot is believed about あ and Gogh.
The way of it comes exactly.
If it says that it is not related, although it is not related.
Almost suicidal alcohol drinks modi and Lautrec and the direction is doing.
Although this talk does not develop any more, it is performed at the first Horse Day in February of the Takahashi Inari shrine following last year, and purchases 福掻き.
Rice cake firewood is not entered further succeedingly by the end of last year.
Because I am fearful.
I feel that people have decreased, although felt last year also.
It is only a half of the heyday in a stall.
Is not self-employment decreasing sharply on the day of God of prosperity in business, as for this person's little to consider?
it is slightly dreadful that the character of "suicide" will begin to dance [ "self-employment" ] if it bundles, comes out and investigates!
If it goes to the country in the United States something, because it is not in an individual store completely any longer.
a mall and a large supermarket -- like a home center -- こ.
What is pleasant to promote grotesque ? バリゼーション to such a wind, and to equalize the world?
No, it is not necessarily pleasant.
Masochist past る.
The baseball field was merely good.
ザ  It is touch as the United States.
Although the argument on consumption tax increase also comes out and it is becoming severe increasingly at self-management, the society which someone does not promote newly does not develop, either.
Isn't [ making a hobby thing into business little by little by a side job, and ] that which is said most?
With what didn't it do so, Allais?
The different "temps"-cutting was suited.
Salut

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

東北九州プロジェクトin長崎書店リトルスターホール終了致しました。ご来場の皆さま誠にありがとうございました!

 Tkp20120130  東北と九州のアートシーンを結び付けてイベントを企画し、九州を巡回してきちんと集客するというのはすごく難しく感じるのですが、会場には沢山の来場者があり、本当に素晴らしいイベントである事が実感できました。

 震災直後は現地ではやはりアートどころではなく、救援物資を的確に搬送するシステム構築とか、目の前で刻々かわる状況に現実的に対応するのに精いっぱいだった事。

 最近やっと仮設住宅の殺風景さに気付いた住人の皆さんから、どうにかできないかという意見が出始めている事。

 一部地域に復興支援が集中してしまっていて、全体にまんべんなくコーディネートできる人材が必要という事。

 地震直後に一部のアーティストが一早く被災地入りして、作品を制作発表している事は、どんな意義があるのか?

 震災が日本のアートシーンにどういう影響を与えるのか?

 東北のローカルなアーティストの意識は?

 様々に、考える事があり実に意義が深いイベントでした。

 企画は考えるだけでも時間がかかるうえに、実際に実行する為には目に見えない苦労があるはずで、九州を巡回しているというのも凄い事だと思います。

 あれから11カ月経ち、復興どころかまだ何の動きも示さない政府をよそに、現地では様々なネットワークや支援がすすんでいるのでしょう。日本全体を見渡してみると、もうそのニュースは旬じゃないがごとくで、特に九州ではそんな感じを受けます。東北九州プロジェクト実行委員会代表の野田氏は「忘れない事が重要」と仰っていました。まさにその通りだと思います。

 何もできなくても、忘れない事はできます。ふとした折に、忘れていなかったらささいな事ができるかもしれません。

 阪神淡路も忘れる事はできませんし、日本は地震国なのだなと思います。

 次の東北九州プロジェクトはいよいよファイナル、3月1日より福岡天神イムズでの開催です。次回は規模も大きくなります。是非一度お越し下さいませ。詳細は追ってお知らせ致します。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Although it felt it very difficult to tie up the art scene of a northeast and Kyushu, to plan an event, to patrol Kyushu, and to 集客 exactly, there are many visitors in the hall and it has realized that it was a really wonderful event.
It is that energy was full for corresponding to the systems configuration for which an art is impossible too there and which conveys relief goods exactly, and the situation which changes every moment at hand actually immediately after an earthquake disaster.
From you, the residents who noticed the dreariness of the makeshift house at last recently, the opinion whether it can do somehow or other has begun to appear.
Reconstruction assistance has concentrated on the area in part, and say that the talented people who can coordinate uniformly in the whole are required.
What kind of meaning does that some artists enter a stricken area early [ 1 ], and are making a work announcement of the work just behind an earthquake have?
What kind of influence does an earthquake disaster have on an art scene of Japan?
A northeastern local artist's consciousness?
Variously, it might think and was an event with a very deep meaning.
A plan should have the difficulties which are not visible, in order for thinking to also require time and also to actually perform, and I also regard patrolling Kyushu as it being uncanny.
11 months have passed since that and, probably, various networks and support are progressing there with disregard to the government which does not show a motion of what yet, either, not to mention revival.
If whole Japan is overlooked, such touch will especially already be received in Kyushu so that the news may be out of season.
Mr. Noda of northeast Kyushu project executive committee representation had said, "Not forgetting is important."
I think that it is the very passage.
He cannot forget, even if nothing is made.
If you do not forget, trifles may be made to an unexpected chip box.
He cannot forget Hanshin Awaji, either and Japan thinks that it is an earthquake-prone country.
The next northeast Kyushu project is holding by the Fukuoka Tenjin イムズ from a final and March 1 still more.
A scale also becomes large next time.
Please come once.
I follow for details and announce you.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »