« そう言えば、禁煙して一年と少し経つのですが、少し前に夢で吸ってた。起きてビックリしました。 | トップページ | 身体性の喪失と、ネットによる意識の拡張、その先に新しい幸せの形が果たしてあるのかな?ない気がするな。 »

2012年2月22日 (水)

福岡市美術館、ダヴィンチ展を見ました。同会場の鈴木淳展が凄いです。ダヴィンチかすみます。

 昨日、福岡市美術館のレオナルド・ダヴィンチ 美の理想展を見てきました。

 平日の午前中にも関わらず、凄い人の多さ。休日とか本当に無理だろうなと思いました。

 ルーブルやウフッツィでダヴィンチを見て来ましたが、今回のは真贋定かならずみたいな作品もあり、三枚目?の岩窟の聖母と、モナリザのバリエーションで何とか持っている展示のようでした。

 ラファエロがフレスコ画の習得のために呼んだ作家の作風が、フィリッポ・リッピ→ボッティチェルリの流れの中にあって、工房という組織が工芸品を生むかのごとく始祖の絵柄を受け継いでいくのだなという、ダヴィンチの工房との作風の対比として置かれていたのが(多分)面白かったです。

 正直、個人的には見るべき作品が見出せず、ちょっと苦しかったのですが、そのあと見た展示でV字回復。

 鈴木淳展です。

 コレヤバイ。

 見るべき。

 80年代昭和、といった感じでしょうか。なんかファミコンを思い出してしまった。でもまんまそうじゃなくて、鈴木さんというフィルターを通して、冷徹な距離を対象と保っているところが、クールさじゃなくておかしみを生んでいる所に凄みを感じました。

 足場を渡っている人の足音までも、作品の一部なんですよね。どこかしこ工事してた時期(都市の再開発とか)を思い出してしまいました。

 今はギンギンの現代建築より過去の建築をリノベーションして、新しい価値観を生み出すのが主流になっているから、あの展示空間がなぜかノスタルジーを感じる空間になっているのが面白かったです。妙に落ち着きます。

 田舎と言った時の原風景が、田んぼとか小川じゃない世代の原風景。団地とか、安アパートと工事現場とか。

 そして、初の高島野十郎の作品。圧巻の一言。生命力と静寂が同居する不思議な世界。

 あと、初めてブランクーシの彫刻が素直にふに落ちた日でもありました。ポンピドゥーの前に移築されたアトリエ見た時は、本当に何やら分からなかったのですが。

 来月は2週間福岡に滞在なので、今度は街のアートスペースを見て回る時間を持ちたいと思います。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Yesterday, I have seen the exhibition Leonardo da Vinci's ideal of beauty Fukuoka Art Museum.

Despite in the morning on weekdays, the sheer length of the amazing people. I thought I would be really impossible or holiday.

I came to see da Vinci in the Louvre and Ufuttsu~i, may not work like it this time uncertain authenticity, the third one? Seemed to have somehow exhibit of The Virgin of the Rocks and a variation of the Mona Lisa.

So he will carry on the pattern of founder As is the style of Raphael writer called for the acquisition of the fresco, in the flow of Filippo Lippi → Botticelli, or organizations that produce and crafts workshop It had been placed as contrasted with the style of that workshop, the da Vinci (maybe) it was interesting.

Honestly, I personally will not work to see Midase, it was painful but a little, saw a V-shaped recovery in the exhibition after it.

Atsushi Suzuki is the exhibition.

To see.

I would feel like, Showa 80s. It reminded me softening NES. Did you feel the dreadfulness place to place without Manma 's so, but through the filter of Suzuki, has remained subject to the cold distance, but have led to' s humor is not cool.

Footsteps of people who are even across the scaffold, I've been part of the work. I will remember (like the redevelopment of the city) where the time had to work Kind regards.

Because now the mainstream architecture of the past from the renovation of Gingin modern architecture, The ones who create new values, it has become an exhibition space in the space that feels a nostalgia for some reason was really interesting. The strangely calm.

Is the original scenery of the countryside and when he said, not a brook or the original scenery of rice fields generation. Or estate, or construction site and a cheap apartment.

And, Shimano's first high-work of Juro. Word of the masterpiece. Strange world to live the life force and tranquility.

There was also the day after, sculpture of Brancusi Prefecture obediently fell for the first time. Studio was moved when I saw in front of the Pompidou, but I did not really know something.

I think next month for two weeks, so stay in Fukuoka, in turn, want to have time to look around the art space of the city.

Saryu

 

 

|

« そう言えば、禁煙して一年と少し経つのですが、少し前に夢で吸ってた。起きてビックリしました。 | トップページ | 身体性の喪失と、ネットによる意識の拡張、その先に新しい幸せの形が果たしてあるのかな?ない気がするな。 »

アーティスト紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市美術館、ダヴィンチ展を見ました。同会場の鈴木淳展が凄いです。ダヴィンチかすみます。:

« そう言えば、禁煙して一年と少し経つのですが、少し前に夢で吸ってた。起きてビックリしました。 | トップページ | 身体性の喪失と、ネットによる意識の拡張、その先に新しい幸せの形が果たしてあるのかな?ない気がするな。 »