« 「才能を神様から頂いたのだから、あなたにはそれを磨く義務があるの」というセリフを、欧州映画でよく目にします。よく考えたら怖いセリフです。 | トップページ | いよいよ3月17日より、モヒカンポシェット天神イムズデビューに向けての準備に入っております。 »

2012年2月 9日 (木)

肥後の猛婦、林田民子、トルーマンを背負い投げた女性!

 以下「竜馬 ひねもす よもすがら」というブログより引用

 肥後熊本に、林田民子と言う女性がおりました。どこが猛婦なのかを説明します。

 明治37年生まれの民子は、25歳の時ピクチャーブライド(アメリカに移民した男性と写真だけでの結婚)でアメリカに渡ることになります。その渡米の船の中で講道館柔道から派遣され同じくアメリカにいく太田節三と出会い、渡航中と渡米後に柔道を習います。
 当時、排日運動の激しかったアメリカにおいて日米の友好のため、必死に働きます。しかしながら、世界情勢は日本を開戦に追い込んでいった。太田節三と林田民子等は世界平和基金財団をつくり、敗戦するであろう故国日本の今後ためにアメリカの政府に働きかける。
 かくして、日本はポツダム宣言を受け入れ、無条件降伏をします。
この年の9月2日にホワイトハウスに招待された林田民子は、時のトルーマン大統領に小さな声で・・・。
 以下は前田秀峯著「夢のなかに生きた男たち」から引用します。

 「大統領閣下、なぜ広島、長崎に原爆を投下したのですか?」
 
 「20万人を超える若いアメリカ兵の命を救うためです。」
 「日本はすでに無条件降伏を決めていました。どうして20万人ものアメリカ兵が死ぬのでしょうか?」
 「抗戦派の抵抗も考えられ、これ以上戦争を長引かせては、若いアメリカ兵の命が危ないと判断したからです。」
 「大統領閣下、貴方は嘘を言われている。マリアナにある戦略爆撃司令部は、ポツダム宣言に対する返事があるまでは原爆の投下はあり得ない、と明言していました。」
 「それは若いアメリカ兵20万人の命を・・・」
 「大統領、貴方は日本が無条件降伏することをすでに知っていた。それなのになぜ原爆投下を命じたのですか?ヤルタ協定で日本に侵攻する予定のスターリンへの警告でしょう」
 「そんなことはない。すべてアメリカ兵20万人の命を守るためだ」
 「大統領、貴方には日本人の命などどうでもよかったのです。あの原爆投下によって20万人以上の人間が死傷することは、初めからわかっていたはずです。貴方が虫けら同然と思っている日本人が20万人死んでも、貴方にとっては問題ではない。人体実験をしたかっただけです。スターリンが警告を素直に受け取り、アメリカに逆らうとこの原爆がモスクワに落ちると・・・。ただそれだけのために20万人以上の日本人を犠牲にしたのです。20万人のアメリカ兵の命を守るためではない!大統領、貴方は今世紀最大の悪魔です」

 民子は大統領の胸ぐらに手を伸ばすと、綺麗な背負い投げで投げ飛ばした。
 叫びとともに音楽が止んだ。慌てて民子を取り押さえようとしたスティムソン陸軍長官も一本背負いで宙を舞った。全員が立ちすくんでしまった。
 突然「バン!!」と乾いた音がして、民子の胸が赤く染まった。民子は胸に手をやり、音のした方向に視線を向けながら崩れるように床に倒れた。

 こう言うことだったそうです。原爆投下に対しては、アメリカの市民団体が激しい抗議をしているそうです。
やはり、元防衛大臣のような「しかたなかった」というような問題じゃないですよね。
「肥後の猛婦」、こう言う人を熊本弁で「武者んよか」といいます。
 林田民子はトルーマン大統領とスティムソン陸軍長官を一本背負いで投げ飛ばしたあと銃で撃たれたが、一命をとり止め、太田節三とともに収監されたという。
 林田民子も日本人ではあったが、かつてはサザンパシフィック鉄道の役員であり、アメリカ独立戦争当時の大功労者であるバニング家とのつながりもあり、なおかつ世界平和基金財団の代表理事でもあることから、強制収容所送りを免れていて、OSS(米国戦略事務局)の研究員として終戦後の処理方法の研究に携わっていた。
 引用以上。
 文字通り猛婦。
 
 トルーマンを投げ飛ばすという発想が凄い。
 誰か映画にして下さい。
 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Quoted from the blog called "Ryoma all night all day long" following

Higo in Kumamoto, woman says Tamiko Hayashida was down. Describes whether it is where women are fierce.

Tamiko was born in 1904, you will be crossing to the United States (only photos of men and marriage immigrated to the United States) Picture Bride at the age of 25. Ota also go to America and meet Setsuzo sent from Kodokan Judo in its Tobei ship, you will learn the judo after Tobei and while traveling.
Friendship for the United States, works frantically in the United States at that time, was intense anti-Japanese movement. However, the state of the world went to war to Japan pushing. Tamiko Hayashida, etc. and create a foundation fund Setsuzo Ota world peace, encourage the government of the United States homeland for Japan's future would be to defeat.
Thus, Japan accepted the Potsdam Declaration, and the unconditional surrender.
Hayashida, Tamiko was invited to the White House on September 2 of this year, in a small voice at the time of President Truman ·.
The following quote from "Some men dream alive" by Shigeru Maeda Mine.

"Mr. President, Why did you drop the atomic bomb on Hiroshima and Nagasaki Why?"

"Death to save the lives of more than 200,000 young American soldier."
"Japan had already decided to surrender unconditionally. Why American soldiers die also why 20 million people?"
"Because it determines the resistance of the faction fight also considered, and prolong the war than this, and life is in danger of young American soldiers."
"Mr. President, your headquarters located in strategic bombing. Mariana is said that a lie is. Had stated that until there is a reply to the Potsdam Declaration and the atomic bomb dropped, can not happen"
"It is the lives of 200,000 people young American soldiers ..."
"President, you already knew that Japan surrender unconditionally. Will be a warning to Stalin's plans to invade Japan in the agreement? Yalta How did you ordered the atomic bombing yet why"
"I order to protect the lives of 200,000 American soldiers there is no such a thing." All
Japan thinks "President, to you that human beings more than 200,000 to casualties by bombing that. It was good not matter such as the life of Japanese people, and virtually worm would have been understood from the beginning. That you also died 200,000 people, for you only wanted to not be a problem. the human experimentation. Stalin receives a straightforward warning, and fall in Moscow bomb this and against the United States of America · · ·. of it only just not to protect the lives of American soldiers did at the expense of the Japanese for more than 200,000. of 200,000 President!, you are the devil of the century "

Tamiko and reach for the collar of the President, was in the flying mare Fling clean.
Along with the music has stopped crying. Danced in the air in this backpack is also a Secretary of War Stimson tried to Toriosaeyo the Tamiko in a hurry. Everyone had stood in.
The sound is dry and "Bang!" All of a sudden, Tamiko breast was stained red. Tamiko was lying on the floor as collapse in the direction of gaze while spear hand to the chest, was of sound.

This was to say so. For the bombing, the American civil society organizations It is said that the outcry.
Again, it does not matter it is like "I had no choice," such as Defense Minister yuan.
This is called "What I do warrior" in the valve Kumamoto women "of Higo, Takeshi", the people say.
Tamiko Hayashida was shot after a judo throw Fling in the Secretary of the Army President Truman and Stimson, stopped to take on life, having been imprisoned along with the Setsuzo Ota.
Was in the Japanese also Tamiko Hayashida, formerly an officer of the Railway Southern Pacific also has ties with the home Banning is a contribution to large at the time of the American Revolutionary War, that is also a representative director of the Foundation Fund for world peace yet , have escaped the feed concentration camp, was involved in the study of how to handle after the war as a Research Fellow in the (U.S. Strategic Secretariat) OSS.
Quote or more.
Fury women literally.

Truman is a great idea fling.
Please someone to a movie.
Saryu

|

« 「才能を神様から頂いたのだから、あなたにはそれを磨く義務があるの」というセリフを、欧州映画でよく目にします。よく考えたら怖いセリフです。 | トップページ | いよいよ3月17日より、モヒカンポシェット天神イムズデビューに向けての準備に入っております。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肥後の猛婦、林田民子、トルーマンを背負い投げた女性!:

« 「才能を神様から頂いたのだから、あなたにはそれを磨く義務があるの」というセリフを、欧州映画でよく目にします。よく考えたら怖いセリフです。 | トップページ | いよいよ3月17日より、モヒカンポシェット天神イムズデビューに向けての準備に入っております。 »