« 今年37歳になりますが、36~7で死んだアーティストの名前ばかり浮かび縁起でもない。高橋稲荷神社の初午に行きました。 | トップページ | パステル画新作制作10時間程経過です。M100号程度のサイズ。4枚組予定。 »

2012年2月 4日 (土)

冷たい熱帯魚。R18+。★★★★★。

 なにこれヤバイ。

 園子温監督、多分、見てきた映画が相当数かぶってる気がする~。

 小谷元彦さんも大喜び~じゃないんですか?

 表面上のエロ、グロさは問題じゃないんです。こういうノリって、80年代のハリウッドホラーによくあったし。むしろ風呂場のシーンはホラーマニアには微笑ましい程度の作り込み。頑張ってあんな感じというよりも、敢えてのそういうノリでの見せ方だと思いたい。じゃなかったらチョットギャグです。

 この映画の良さ(ある人にとっての悪さ)は、やはりでんでん演じる村田のキャラでしょう。この人怖え~~~。これ演技なんですか、演出なんですか、こういうチョットカリスマ商店主タイプの人っていますよね。そういう人が、善悪の判断とかが身内か否かという括りで描かれる怖さって、相当ですよ!それは完全な差別主義者です!

 何で怖いかって、言うまでもなく、村社会の論理だから。じゃなかったら、よそものの金持ってる親父を無慈悲に何人も殺せない。映画で象徴的なのは、殺された親父の子分のヤクザと交渉するシーン。十字軍の心理と同じです。特定のコミュニティーが至上な社会を、ここでは村社会と呼びます。お前どこ中だとか、お勤め先はどこでとか、暴走族とか、何何会とか、無自覚な連帯感の事。よその村(コミュニティー)の人間は、人間じゃないんです。アラブの人がユダヤに対して「あいつら人間じゃない」、ユダヤがパレスチナ難民に対して「あいつらの土地じゃない」。と、同根なんです。人間の本質の一部をエログロに落とし込んだのです、この映画。惑わされてはいけない。

 おまけに内ゲバまで起こる始末。どうにも日本的な感じがします。演出は乾いているんですが、あくまでオブラートですからね。完全にこの映画を乾かしたかったら、杜本家族の存在は邪魔。あくまで村田目線のみで描くしかなかったろうと思いますが、そんな映画はもはや人間が見るものではない。

 現代日本が徹底して村社会を壊してきたのは、根底にこの本質がセットされていたからではないでしょうか。殺しまではいかなくても「村八分」には見て取れます。

 それをですね、こんなに娯楽にしてしまった園監督の感性は相当にヤバイ!映画の演出上、全ての病根がフラットに扱われているのも今という時代にフィットし過ぎて、どうしてこんなに同時代性を獲得できるのかうらやましい限りです。他人の事情なんか、本当は知ったこっちゃないという、突き放した感性から見えてくるのは、園監督の人間観のある意味での不適格さで、これがまたイマなんですね~。

 なに、このバランス感。絶対無理ですから、この映画のように着地するの。

 してないけど。

 「僕のエリ」も根本的には「人を殺してでも私は生きる」なんですが、主役がでんでんになるとこんなにアウトプットが違うんですね~。主役が美少女バンパイアとでは。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

what -- this ヤバイ.
I feel [ a considerable number or ] that Director 園子温 and the movie he has probably seen have struck? .
Isn't Mr. Motohiko Kotani also pleasure ??
The eroticism on the surface and grotesque are not problems.
Such laver was often in the Hollywood horror of the 80s.
The scene of a bathroom is elaboration of a grade agreeable to a horror maniac rather.
doing one's best -- such touch -- rather than -- I would like to think that it is how in の right [ that ] いう laver to show daringly
When there is no じゃ, it is gag just for a moment.
Probably, the merit (badness for a certain person) of this movie is a character of Murata out of which it has not come too and to perform.
This 人怖え. .
it is this performance -- it is -- it is production -- it is -- such -- there is a charismatic storekeeper type person just for a moment.
such a person of the fearfulness come [ is bundled and ] out of and drawn that it is whether judgment of good and evil is relatives is considerable! It is a perfect discriminating principle person!
Because it is needless to say in whether you are fearful and is the logic of the Murakoso meeting in what.
If there is no じゃ, the rich person of an another-place thing cannot kill how many る親父s heartlessly.
One symbolic on a movie is a scene which negotiates that the henchman of the killed father is worthless.
It is the same as the psychology of a crusade.
A specific community calls supremacy society the Murakoso meeting here.
you -- where -- if it is inside -- a duties place -- where -- a motorcycle gang, what [ what ] meeting, and an unconscious sense of solidarity.
The human being of a some other village (community) is not man.
The persons of Arab "are those fellows' lands" to a Palestinian refugee to Judea. [ "his being the human being, those fellows,", and Judea ]
It is the root.
This movie that dropped a part of man's essence erotically and grotesquely.
It must not be confused.
It happens to interfactional fighting moreover.
He has a Japanese feeling in any way.
Although production has got dry, because it is wafer paper to the last.
if you would like to dry this movie completely -- woods -- the head family -- fellows' existence is obstructive.
Although I think that I draw only by Murata eyes to the last, man does not see such a movie any longer.
Present age Japan was consistent, and isn't the Murakoso meeting broken because this essence was set to the bottom?
Even if it does not go to murder, it can grasp for "social ostracism."
the sensitivity of Director Sono who came out and was peevish and has made it amusement like this -- considerable -- ヤバイ! It is an enviable limitation on the production of a movie about why does that all the roots of the trouble are treated by the flat also fit the time of now too much and to be able to acquire contemporaneity like this.
It is disqualified [ in a meaning with Director Sono's human view ] that is visible from the sensitivity called there being no こっちゃ got to know in fact in others' situation etc. thrust off, and this is Yma again? .
What, this feeling of balance.
After it is impossible absolutely, it lands like this movie.
Although not carried out.
Although "my Eli" is "I live even if it kills people" fundamentally, if the leading role becomes a Den-den, is output different like this? .
The leading role is by a beauty-in-the-bud vampire.
Salut

 

 

|

« 今年37歳になりますが、36~7で死んだアーティストの名前ばかり浮かび縁起でもない。高橋稲荷神社の初午に行きました。 | トップページ | パステル画新作制作10時間程経過です。M100号程度のサイズ。4枚組予定。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

個人の自由ですが、何故訳の分からない英訳文を載せているのですか? 英語圏の人が読んだら???ですよ。その英語圏の国々から沢山のアクセス数があるので、余計なお世話でしょうけれど、もう少しマシな英訳をお願いします。

投稿: わく | 2012年2月 8日 (水) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい熱帯魚。R18+。★★★★★。:

« 今年37歳になりますが、36~7で死んだアーティストの名前ばかり浮かび縁起でもない。高橋稲荷神社の初午に行きました。 | トップページ | パステル画新作制作10時間程経過です。M100号程度のサイズ。4枚組予定。 »