« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

4月28日(土)は、くまもと城下まつりで下通りにNPOアートスイッチのブースを出展します。

 明日は様々な場所でアートイベント開催で、大盛り上がりですね。

 NPOアートスイッチは下通りにNPO活動紹介ブースを出展致します。

 これまでの活動紹介なので、若干地味目な展示になる予定ですが、じっくり読んでいただければ、深い情報もあるのではないかと思います。

 秋の城下町アート企画の最新情報も、地味に展開しようかと思っております。

 本日は半日、資料を整理の、出力の、しております。

 ゴールデンウイークは、モヒカンポシェットが祝祭日定休日ですので、どこかの展示に行こうと考えております。

 年1のちょっと長い休暇です。

 が、チャレンジ協働事業の企画書制作がありますので、どうなる事やら。

 サリュ

Tomorrow is an art event held in various places, it is great excitement.

Art NPO Artswitch will be a booth introduction NPO activity as below.

I think because the introduction of activity so far, is expected to be somewhat sober eye exhibits, if you can read carefully, and if they are really deep but also the information.

Art is also the latest information on planning the castle town of autumn, we quietly think or try to expand.

Half a day today is, of organizing the material, the output, we have.

Golden Week, because it is closed on public holidays is Mohican Sun pochette, we believe the exhibition will go somewhere.

Is a little of a year long vacation.

However, since there is production of the industry proposal  challenge together, We'll see.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

自分に何ができるのかな。

 自分に出来て、アートとして誰かに楽しんでもらえる事って何かなとずっと考えています。

 答えは簡単には出て来ません。

 絵を描いて、個展をしての繰り返しで10年以上やってみました。

 どうも自分にはスピードが遅く感じてしまいます。これは一生の仕事で、しかも極個人的なものだと思うようになりました。多分、死ぬまで完成せんなと思います。絵の世界に関しては。

 これからも絵が完成すれば、展示会をします。その事に関しては、一生かかるので、焦らずたゆまず描き続けます。

 それとは別に、喫緊の問題としての熊本ローカルアートにおいてすべき事があると考えて、行動を起こしてきました。

 この仕事に関しては、ここ10年が正念場だろうと見ています。

 誰かが熊本ローカルアートに関して、何かをしてくれると思ったら大間違いです。日本の政策の様々を見る限り、経済が立ちいかなくなれば真っ先に予算が削られるのが文化政策ですから、ましてや熊本のローカルアートに誰かが何かしてくれるなんて思っていたら、そいつはもう「終わった」人と見為さねばいけません。

 ここではアーティストとしてではなく、アートシーンを創造する人としての立場で考えています。同じようでいて全く違います。

 先ず、なぜアートに拘泥する自分がいるのか考えました。別ルートの方が、簡単そうです。大体、アートがお金になるのかと言えば、それこそそう簡単な話しではありません。ここでちょっと待てよといつも思うのです。すぐ金の話しになってしまう。貨幣経済の最先端はとっくにドン詰まっていて、欲望の対象すら見いだせずに金で金を買って遊んでいるような状態なのです。

 熊本ローカルアーティストが、そんなハイパー金持ちの欲望の目先を考えてどうなるとも思います。が、結局新しい価値に値段がつかない限りにおいては、日本中の庶民が金持ちになりたいと思い、なってしまったと仮定して考えれば、やはり金で金を買う位しか欲望の行き先がないという未来は地獄としか思えません。

 アートという分野においては、いつの時代も新しい価値の創造が求められ、アーティストは死に物狂いで新しい価値を追い求めます。そして、追い求めている状態の時には金がない。なぜなら、アーティストが追い求める新しい価値に経済的値段がつくのは、その価値を生み出した後だからです。

 だから、生きている間に経済的に報われたアーティストは、幸運です。心の底から良かったと思います。

 生前報われなかったアーティストの嘆きと、憤りのピラミッドの上に立っていると思うと寒気がするほどアートは恐ろしい。

 恐ろしいから、惹きつけられる。その先にはもっと何かあるんじゃないかと思ってしまう。

 安定収入というものを捨てて、熊本の一人のアーティストとして日本や熊本の現状と真摯に向き合い、自分には何ができるかとか考えている時点で、ちょっと狂っているんじゃなかろうかと思います。ある意味アートで人生が狂ったと言っていいでしょう。

 そこには金もツテもコネも、何もないむき出しの自分がいるだけです。

 だから面白いのだな。

 むきだして、行動して、失敗して、うまくいって、でも目的地は遠い。

 熊本のローカルアートという、未だ生まれたばかりで何ものでもないちっぽけなものがはらんでいる可能性の事を考えると面白くて夜も眠れません。

 ここにはドン詰まった現実なんて微塵もなくて、これから、ここから生まれる新しい価値の荒々しい息吹を感じています。

 だからアートという角度から考える事がやめられないのでしょう。

 同じ物を見ていても、個々人で違う事を考える事こそ素晴らしい。というのが、アートの角度というものです。

 正解は、自分で考える。

 サリュ

We believe that much and can not do what is in their own, get someone to enjoy as art.

The answer is not easy to come out.

I tried repeatedly to do more than 10 years in the painting, of the exhibition.

To his very slow speed will cause very much. This is the work of a lifetime, now I think something very personal addition. Maybe, I do not complete until we die. With respect to the world of painting.

When completed painting the future, then the exhibition. For that matter, because it takes a lifetime, but will continue to draw unrelenting without rushing.

Apart from that thought, that there is a local art that should be in Kumamoto as a matter of urgency, we have to take action.

Have observed for this work, a crucial moment would last 10 years.

If you think about the local art is a big mistake Kumamoto someone to go out and do something. Since is a cultural policy as far as a variety of Japanese policy, is being cut the budget first and foremost they are no longer squid start the economy, I thought I give you something someone in the local art of Kumamoto, let alone guy anymore "finished V must look was made "with people.

Here we are in a position of thinking as a person rather than as an artist, to create art scene. The difference is not entirely the same way.

First, I thought, do they have their own intended to be bound by Art why. Found a different route, is so easy. Roughly speaking, what will the money and art, but it is not so simple story what it. I think Wait a minute here and always. Become the talk of gold immediately. State-of-the-art money economy is already clogged Don, it is a state like you're playing with money to buy gold without even Miidase object of desire.

I think local artists Kumamoto, also happens to think of short-term desire of such hyper-rich. However, given the assumption I think as long as without the price to the new value after all, want to be rich people in Japan, and became the future that there is no destination of desire only Ranked # buy gold with money still I can only imagine the hell not.

In the field of art, the creation of new value is also required of all time, the new value in the desperate pursuit of the artist died. Then, when the state in which there is no pursuit of gold. Because, we arrived at the price the artist pursues new economic value, because it is after that create value.

So, artists were rewarded economically while alive, is lucky. I think that was good from the bottom of my heart.

Art is so cold that terrible grief and I think the artist was not rewarded during his lifetime, and standing on top of the pyramid of indignation.

Because terrible, are attracted. Beyond that they think do not think anything more.

I throw away something called revenue stabilization, face sincerely Present and Kumamoto in Japan and as an artist of one of the Kumamoto, in my point of thinking about or what you can do, and strangely curious that crazy little. I would say crazy life in a certain sense Art.

There is also the case of the gold connectors also, only have their bare nothing.

So he used so interesting.

The bare, to act, failed, successful, but the destination is far away.

I can not sleep at night more interesting if we think of the possibility that the local art of Kumamoto, a tiny thing nothing as soon as it is born is still fraught with.

Here is no speck reality I jammed Don, and I am now feeling the fierce breath of the new value born from here.

Think from the angle of art will not stop it so.

Even though it saw the same thing, what wonderful people that think that there is a difference in the individual. It is called, which simply means that the angle of the art.

The answer is, think for themselves.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

秋の城下町アート企画の説明会を開催予定です。

 5月中に、NPOアートスイッチで企画中の城下町アート企画の説明会を開催致します!

 どなたでも参加できます。事前予約等不要です。

 場所は熊本市現代美術館、会議室を予定しております。

 詳しい期日と時間が確定次第、すぐにお知らせ致します。

 5月より本格的にこの企画を動かし始めます!

 資金は公益信託くまもと21ファンドが決定致しております。

 今回は城下町が舞台となる、観客参加型のインタラクティブ演劇をメインに⑦企画のアートイベントを同時開催!!!

 歴史とアート、そして参加して頂く皆さまで、城下町が大きなアート空間として浮かび上がります。

 当NPOとしても、実行するとなると未経験のスケールです!

 いよいよ、この企画が動き始めますか…

 去年の11月から企画し続けていたこのアートイベント。

 熊本城下町を立体的に浮かび上がらせるには、人と人が繋がって、新しい価値観を創造していくしかありません。

 そういう、人が創り上げる価値観で熊本市を面白くできたらいいなぁと思っております。

 サリュ

In May, will be held a briefing session in the castle town planning in planning art art NPO switch!

Anyone can join. Etc. do not need reservation.

Location is scheduled Kumamoto City Museum of Contemporary Art, and conference rooms.

Detailed date and time as soon as they are determined, I will inform you immediately.

Move the project will begin in earnest this May!

21 Fund is a charitable trust funds Kumamoto has decided.

This event is held at the same time the art of planning to the main castle town has become a stage play, type of interactive audience participation! ! !

Please participate in our art, and history and castle town will emerge as a large art space.

Even our NPO, is the scale of inexperienced when it comes to run!

Finally, do you start moving this project ...

Art had been planning this event since November of last year.

In order to highlight the sterically Kumamoto castle is not connected to people and people only go to create new values​​.

It is thought that I wish I could Kumamoto interesting in such values​​, to make people raise.

Saryu

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

全企画同時進行というのは未経験です。

 現在進行形の企画というのがいくつかあって、それを同時に進行していくというのは未経験ですね。

 それと同時に、さらに新しい企画を考えなければいけなかったり。

 何か、HP制作の打診があったりとか。

 一番気になるのは、今年こそ城下町のカレンダーを出したいな~という思いがありますが、今の所戸外への写生へでかける時間が取れなかったりして、焦ります。

 去年、どうしても時間的なあれこれもあり、カレンダーを出せず終いだったのが悔やまれます。かなりの方々から今年のは?という矢のような催促がありました。今年は出すんですよねというプレッシャーも最近受けます(笑)

 ここまで色んな所から言われると、一遍出版してしまった義務みたいなものが発生しているな~と思います。

 1年間部屋にずっとカレンダーが掛っていたのだなと想像すると、本当にありがたい限りです。

 えっと、時間的に優先順位何だっけと思いながら、ようようやっております。

 決まった事を事務的にこなしていくやりかたは大体覚えましたが、新しい企画をクリエーションするとなるとこれは発想の問題になってくるので、やりかたとかは特にありませんね~。

 大概、根詰めて考えている時より、画集眺めながら酒を飲んでいる時とかの方が思いつきます。絵を描くときは、一滴の酒も飲みませんが。がんがん飲みながら描いているのかと思ったとよく言われますが、飲んだら絶対描きませんよ。

 企画力が自分にあるとは思いませんが、自分で考えた企画だから細部まで説明できるのだと思います。当たり前の話しですけどね。企画自体のオリジナル性には拘っていません。面白そうなら、何でもやってしまおうと。

 そんな感じで4月の後半を過ごしております。

 サリュ

There are several forms of it that the plan currently underway, but at the same time that it progresses it is inexperienced.

At the same time, or could not go further with it have to consider the new plan.

There is a consultation or production or HP, something.

What worries me most, but there is a feeling that - I want to do it this year issued a calendar of castle town, you can not take the time to go outdoors to sketch so far, and impatience.

Last year, some temporal Arekore absolutely, it was not the final calendar will be a shame not to publish. It is significant this year from people? There was a reminder of the arrow like that. The pressure also recently received this year is out I'll do is (laughs)

I called from many places and so far, with not have occurred had like a duty to publish Ippen.

And I imagine he was under a calendar year much to the room, is as far as really appreciate.

Er, I think that while priorities in terms of time Remember me, we do Yoyo.

Way keep on top of that was decided in a businesslike manner, but I learned about, because this becomes a problem of ideas when it comes to creation a new project, or how to do - I do not particularly.

Most likely, or more than when you are thinking when packed roots, was drinking while watching art book will come up. When you draw a picture, but also do not drink a drop of alcohol. It is often said that and I thought it depicts loudly while drinking, I do not draw absolute drank.

And in their planning ability, but I do not think, I think that it is because it can explain every detail of planning your own thinking. But it is obvious story. The originality of the project itself is not involved. If so interesting, also tries to do anything.

We spent the second half of April like that.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

熊本市チャレンジ協働事業の企画を考案中。

 チャレンジ協働事業へ、文字通りチャレンジします。

 NPOアートスイッチとして、「創造都市を考える」という大テーマをアートNPOなりに考えています。

 これまでも、創造都市という概念を念頭に置かず、様々にチャレンジしてきました。

 今回、熊本市チャレンジ協働事業のテーマが創造都市の方向性を探るという事で、改めて創造都市とは何かを考えている所です。

 熊本市の特色と、外へアピールする時に効果的な先駆性は何かを調べています。

 ここ数年、社会企業におけるダイバーシティーが試みられている事例も参考にしています。

 アートに限らず、先ずは熊本のダイバーシティーの本質は何か、感覚的に掴み取らなければアートスイッチが考える創造都市の概念は生まれてきません。

 と言いながら、実は生まれかけているのですが。

 「熊本市が目指す創造都市」、の方向性は何か。

 文化、歴史、観光、水、食べ物、その他様々な可能性の中からアートスイッチという角度で創造都市を考え、方向性を企画として提案するという試みは、わくわくします!

 この企画、応募資格申請が無事通ればなんと!

 5月31日に公開プレゼンテーション大会(大会は勝手にノリで書いてみましたが)!!!

 チャレンジ協働事業に応募する団体や個人、事業者が各々の企画をプレゼン大会して、今後の熊本市の「創造都市」の方向性を決める!

 ドラマチック!!

 創造性提案プレゼン合戦(合戦に昇格、気分的に)なんて、まるで映画のクライマックスのようではありませんか!?

 というような煽りで、この事業自体をドラマチックな始まりとして演出するのも、既に創造都市の一環と考えております。

 プレゼン合戦では、一個人もNPOも公益財団も、一様に企画をプレゼンするはずで、この事業での熊本市との協働パートナーは1組織のみ!

 わ~、挑戦するだけでも楽しそう~。

 と思えるとこまでやっときたと思うと感慨深いのです。

 考えるぞ、創造都市熊本の未来!!

 サリュ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

パステル画、着々描いています。

 企画や営業ばかりではなく、絵も描いております。時間配分は若干バランスを欠いていますが、手は動かしています。

 我ながら、パステル画は時間を食いまくりです。それはもう十分わかっていますので、着々描くしかありません。

 4枚組の1枚目です。サイズは以前書いたと思いますがほぼS100号タテ位です。

 発表は、新町三畳美術館で行おうかどうしようかと考え中。

 S100号4枚は3畳ではどうかと思いますが、逆に面白いかもしれませんね。

 絵を描いて、発表する場をつくる為に様々に動いています。ので、絵を描きながらという、あたりまえの事をし続けなければいけません。が、やはりイベント前になると精神的にも時間的にもバランスが狂ってしまうことがしばしば。

 これではいけないなと思っていても、なかなか思うようには行きません。

 別に、納期があるとかの絵ではありませんので、納得いくまで描くのはいつもの事です。

 何故なのかはは分かりませんが、描かざるを得ません。描いておくべきだからとしか言いようがありません。

 根本は現代浮世絵師だからです。

 サリュ

Not only planning and sales, we also draw a picture. Time allocation, but lacks the balance slightly, the hand is moving.

While we, pastel is eating the time rolled. Since it has been found enough, there is only draw steadily.

The first piece is a set of four. No. S100 ranks nearly vertical and size, but I think that we wrote previously.

The announcement, thinking what to do or try at the Museum Shinmachi Triassic.

No. S100, but I think four is three fold, and whether, it might be interesting to reverse.

Are moving in various ways to create a place for painting, to announce. So, you must continue to draw a picture that while, a matter of course. However, the balance is often upset both time and also the spiritual become still before the event.

Even though I should not think in this is, do not go quite as I think.

Separately, because it is not or there is a picture of delivery, is to draw up convincing usual.

I do not know why Why does not inevitably drawn. Do not have to say other than because they should be drawn.

Root because it is contemporary ukiyo-e.

Saryu

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

愛のむきだし 園子温。

 先に冷たい熱帯魚を見てしまったからか、のんびり見れました。

 そっからそう行くのか!という、先が全く見えない展開はこの先品からすでに発揮されていたのですね。

 4時間ありますが、後半は1時間位削ってもOKじゃないのかという、ちょっと前半に比べてトーンダウンするきらいはありましたが、相当面白く見れました。

 深作欣二→三池崇、北野武→園子温なのかなと思っております。あと、なぜかインド映画の匂いもするという不思議さ。

 職人ではなくてアーティスト気質のようなものも感じます。

 細部を分析すると、多分とたんにつまらなくなる気がしますので、見終わった感想だけを大事にしたいと思います。単純に面白かったです。万人にお勧めできる映画ではありませんが。

 話しは変わりますが、「告白」を見た時、手放しで面白い!と思ったのですが、賛否両論あると聞いて驚きました。

 何か、映画に愛や希望を求める向きも多いらしく、そういう作品でないと~みたいな感想をよく見かけます。

 映画に限らず、音楽でも絵でも何でも、癒しとかが人気キーワードになっていますね。パステル画で検索かけて真っ先に出てくるのがパステルヒーリングみたいなサイトが多いです。アートセラピー的な。

 確かに表現に対してそういう側面を求める向きも、理解できます。

 しかし、暴力表現や激しい感情のさく裂表現に自分の居場所がある人も居ます。そしてそういう向きにはあまり理解が得られませんよね。

 でもそれでいいと思います。下手に理解されても気持ち悪いし、逆に居心地わるいですから、キモがられてひっそり生きていくのが楽しみのひとつにもなっていますからね。

 人の好みは本当に多種多様で、驚く事ばかりです。

 サリュ

 I look at the tropical fish or cold from earlier, was looking relaxed.

Or so from going along! Deployment that is not visible at all where it is has been already demonstrated products from this destination.

There are 4 hours late or not it would cut about one hour but OK, I hate to tone down a little compared to the first half, but there was, was interesting and worth watching.

Takashi Miike has → Kinji Fukasaku thought, and do what rich → Sonoko Takeshi Kitano. After, that is strange for some reason the smell of Indian cinema.

I feel things like temperament artist rather than a craftsman.

I think when you analyze the details, so you feel Totan'ni probably go sour, you may want to take care of the only impression seen done. It was simply fun. Although it is not in the movie which we can recommend to everybody.

By the way, when I saw the "confession", interesting let go! I was surprised to hear I thought, and some pros and cons.

Orientation seems often seek love and hope for the film, something, I often see comments like - and it is not such work.

Not limited to film, it has become a popular keyword or healing, or anything else in the picture in the music. Site is often the first to come out in search over pastel pastel is like a healing. An art therapy.

Orientation also ask for an expression such aspects certainly, you will understand.

However, Some people have their place in a burst of emotion expression expressions and intense violence. The orientation is such I can not get it and poorly understood.

But I think it is good. I feel bad even if poorly understood, from cozy to reverse bad, it 's because it has also become one of the fun is to go live quietly while liver.

Tastes are really diverse, just surprising.

Saryu

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

アートスイッチvol.3の開催は、8月の平日になりそうです。

 イオンモール熊本開催予定のアートイベント、アートスイッチvol.3は、会場の都合上8月の平日になりそうです。

 夏休みでもありますし、週末の賑わいとはまた違う、じっくり楽しんで頂く企画を計画中です。

 まだ、確実に開催できるかはお約束できませんが、開催するという方向で企画は動いております。

 秋に開催予定のアート企画の、プレイベントも兼ねています。「イオンモール熊本に町屋が現れる」というタイトルです。イベント空間に町屋をイメージしたディスプレイを現そうと計画しています。

 今回のワークショップは、屏風絵の屏風に直接絵を描いていただこうと思います。例年500人を超えるメインのワークショップです。出来上がった作品は秋のイベントで発表してもいいかななどと考え中です。

 郊外の商業施設のメイン層であるニューファミリーの方々への、熊本城下町に存在する町屋のアピールになります。まだまだその存在が熊本では知られていないと思います。城下町の町屋でイベントを行う事が重要ですが、一方でまた、人が集まる場所で町屋のアピールを行う事も非常に重要です。

 町屋でイベントを行う場合は、観客はもとからの町屋ファンが大半です。これからはしっかりと外へ向けた新しい取り組みをして行かなければ、結局は閉じた世界での話しに収束してしまう恐れがあります。

 アートに限らず、世界が閉じてしまっては外から来るお客様には何が何だか分かりません。もっと広く魅力を伝えて行くやりかたが、必ずあるはずです。

 熊本唯一と言っていい、アートNPOアートスイッチとして何ができるのか。

 今年もまたその答えを探し始めています。

 サリュ

Aeon Mall Kumamoto art event to be held, Art vol.3 switch is likely to be for the convenience of the venue on weekdays in August.

It is also a summer vacation, it is planned and bustle of the weekend is rather different, and thoroughly enjoy the planning.

Yet, you can certainly hold promise, but can not, planning is moving in the direction that we held.

The plan also serves as the art to be held, also pre-event in the fall. Is titled "Aeon Mall Kumamoto Machiya appear." We plan to display the image Arawaso Machiya event space.

I think this workshop, seeks to draw a picture of the picture directly to the folding screen folding screen. Is the main workshop of more than 500 people each year. Work is being finished, and so I thought Can I announced in the event of a fall.

Machiya will appeal to people new to the presence of the family of commercial facilities on the outskirts of the main layer, the castle town of Kumamoto. I think in Kumamoto and its existence is not known still. It is important that you do an event in Machiya of castle town, also in the other hand, it is also very important to make the appeal of Machiya in the places where people gather.

If you do an event in Machiya, the audience from the original fan Machiya of the majority. Now may have to go to a new approach towards firmly outside, they eventually converge to a story in the closed world.

Not limited to art, and have closed the world will come to you from the outside somehow I do not know what. Way to go is to convey a wider appeal, there should always be.

I only say Kumamoto, what can be done as an art NPO art switch.

We started looking for the answer to that again this year.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

アートスイッチvol.3 の打ち合わせに入ります。

 今年の夏開催予定のアートイベント、アートスイッチvol.3の打ち合わせを始めました。

 概ね基本は出来てきました。後は細かいところの詰めです。

 秋に開催予定の城下町アートイベントと連動する形での運営になりそうです。

 毎年、こうやって少しずつアートイベントを開催できるようになってきたのは、嬉しい限りです。3年前までは企画自体を何もしていなかったのですから、自分とすれば大きい変化だと思っています。

 熊本の作家が少しでも活動できる場が、増えればいいなと思って始めた事でしたが、今ではもっとたくさんの可能性が見え始めています。もっともっとと欲張りながら進んで行こうと思います。

 アートスイッチvol.3は去年は会場の工事の関係で、開催できませんでしたが今年はやります!!

 テーマは当然? 「町屋」です。「城下町」でもいいかも知れません。

 郊外型の商業施設で城下町をアートでアピール致します。

 もちろん、様々な方のアイデアとモチベーションは常時募集中です。ご興味があられる方は連絡下さい。お待ち致しております。

 サリュ

Began meeting to be held this summer art events, art switch vol.3.

Base has been generally can. The rest is fillings detail.

Is likely to operate in a manner that works in conjunction with an art event to be held in the fall of the castle town.

Every year, I have made it possible to hold a little bit to do art events do this, I'm glad to. I think until three years ago because I did not have any plan itself, and that if large changes with myself.

It was thought that began as a writer of Kumamoto field can be even a little activity, and I hope The more, the possibility of a lot now have begun to see more. I am going willingly and while more and more greedy.

Will do this year is Art vol.3 switch last year in relation to the construction of the venue, but could not be held! !

The theme is of course? Is "Machiya". You might even say "castle".

We will appeal in the art in the castle town of suburban-type commercial facilities.

Of course, ideas and motivation is in the variety of people always looking for. Those who are interested, please contact roughness. We will wait.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

小石が坂を転がり始める。

 どんな企画も、頭の中にあるときは現実には形になっていません。

 企画書に落とし込んで、初めて自分以外の誰かに伝わる形になります。

 次にする事は、その企画を実現する為に動きだす事です。

 今、そっと密かに今年の秋のアートイベント企画が動き始めています。

 いつも始まりは静かに、密やかに。

 別に隠れてやっている事ではないので、堂々としておりますが。またもや初めてやる事満載の企画が進行中。なので、どうやればいいかの見当がついておらず、周りを見渡しながらこっちかな?みたいな感じで歩き始めました。

 小さい小石が坂を転がり始めた感じです。

 色んな所にコツコツとあたりながら、最後には大きいうねりになればいいなと願っています。

 今回の企画は今までで最大規模になります。

 7つの複合企画からなる、城下町のアートイベントです。

 ゆくゆくは九州、全国、国際規模を目指します。

 熊本発、世界へは、NPO法人アートスイッチが発足したときから掲げていた旗です。

 発足当時も今も、本気でその旗を掲げています。

 我ながら、身の丈を知らんな~と思いますが、目標は馬鹿高い方が燃えます。

 新町三畳美術館から外を見ると、通行人すらいない、閑散とした今の新町電車通り。

 この歴史的町で何ができるか。

 挑戦は新しい段階を迎えます。

 サリュ

Also planning what, in your head when in reality has not been activated form.

Plunge in the proposal, will be in the form transmitted to someone else for the first time.

The next thing we need to do is start to move that to realize its plan.

Now, planning art events of the autumn of this year has been secretly began to move gently.

Beginning quietly, to secretly always.

Because it is not hiding what you're doing separately, but we have proudly. Planning is in progress for the first time to do that again packed. So, do not I do it with a guess of how, while I look around here or? Began to feel like a walk on.

You feel small pebbles began to roll the hill.

I hope while plugging away in many places around the end, I hope to come to the big swell.

This plan will be the largest ever.

Complex consisting of seven planning is an art event of a castle town.

Eventually we aim Kyushu, national, and international scale.

From Kumamoto, to the World, the flag was flying from the NPO switch when Art was inaugurated.

Then and now established, that has really carried the banner.

While we, but I think - I do not know the tall, the goal is higher stupid burns.

Looking out from the museum Triassic Shinmachi, not even passers-by, as of now Shinmachi train was deserted.

What can I do with this historic town.

Challenge will celebrate a new stage.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

桜が咲くと思いだす。2009年の春は派遣切りに遭って、途方に暮れていた事を。

 先週少しだけ夜桜を見る時間があり、桜の下でワインを飲みました。ほんの30分程度でしたが、このまま死んでもいいんじゃないかと思えました。

 夜桜を見ながら、アルコールに酔う以上の悦びは数えるほどしかない気がします。

 2009年の春は、入学式でした。職業訓練校の。

 旋盤で金属削ったり、NC旋盤にプログラミングしたり、CADを覚えたり、リレー配線回路を繋いだり。春から半年通いました。

 その入学式直前の桜の季節。

 33歳。まだ何ものでもないみじめな自分。

 今でも何ものでもありませんが、当時は本当にみじめさだけがあった春。

 桜を見る度に、当時の不安と焦燥を思い出します。当然今でも不安と焦燥はありますが、企業からゴミのように捨てられた直後程ではありません。今でも思い出すと、憤りが噴き上がってきます。

 真面目に働いていても、何の価値もない時がある。突然路頭に迷う時がある。企業からゴミ扱いされる時がある。100社面接しても、1社も受からない時がある。

 そして重要なのは、自分はそれを身をもって知ったという事。

 一部では人が人をゴミのように扱う社会なのです。日本という国は。

 だから自分で、アートでどうにかしようと思いたちました。

 全人類が人生の成功者になれるわけではありません。ある日、真っ暗な闇に落ちる日が来るかもしれません。毎日我が国では、何万人もの人が闇で苦しんでいる。そこでアートでなにかできるとも思ってもいません。ただ、自分の中ではそれが希望の光であると、闇そのものであるというだけです。

 誰にとってもアートがそういう存在になりえるとは言いませんが、一度触れる機会があればそうなるかもしれない可能性はあるでしょう。

 だから、今のような活動を行っています。

 桜の季節は、悦びと共に身が引き締まる思いです。

 サリュ

There are only a little time to see the cherry blossoms at night last week, was a glass of wine under the cherry trees. It was only about 30 minutes, it seemed as if I should die like this also.

While viewing the cherry blossoms, I get drunk on alcohol is not more than the joy of only a handful will.

Spring of 2009, was the entrance ceremony. Of vocational training schools.

Cut on a lathe or metal, or programmed into the lathe NC, remember and CAD, scenes or relay wiring circuit. I attended six months from the spring.

Just before the entrance ceremony of cherry blossom season.

33-year-old. His miserable still nothing.

Do not have anything even still, at that time there was only misery really spring.

Every time you see the cherry blossoms, I remember the anxiety and impatience at the time. Anxiety and impatience There are still, of course, is not so immediately discarded as waste from the enterprise. As I recall even now, will come up resentment erupted.

Even though the work seriously, when there is no value. There are times when suddenly turned adrift. There are times when being treated like garbage from the enterprise. There are times when even if you interview 100 companies, not even one company Ukara.

And the important thing, that he would have learned it himself.

Some treat it as a society of people who trash. Japan is the country named.

I think we own, so try to somehow in Art.

All human beings does not become a successful person in life. One day, the Sun does not fall into the dark darkness may come. In our country every day, tens of thousands of people are suffering in the darkness. Not even think art also can be something in there. However, in their light of hope in it and some just say that darkness itself.

And there can be a kind art for everyone, but do not say, it might be possible if there will be opportunities at a time.

So, we have activities such as now.

The cherry blossom season is humbled think with joy.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

福岡天神滞在中に得た事。

 天神に17日間、モヒカンポシェットの営業として滞在致しました。2日間滞在とかなら、たまにありました。遊びでですが。

 営業とか言いますが、自営ですから実際はどこまで遊びで仕事か判然としません。ずっと仕事のような気もしますし、延々遊んでいるようでもあります。

 そのような中、様々な方々とお会いしました。仕事も、信念、立場、全く違う方々とクリエーションの面でお話できた事は本当にインプットとしては最良だったと思います。

 特に天神という激戦区の商戦場所で長年営業をされている方々と出会えた事は、アートシーンを考えるという面からも刺激的でした。

 企画が面白ければ、大きいアートイベントを天神イムズで開催できる可能性が出て来ました。そこに行きつく為には越えなければいけない山がいくつもありますが。

 アートイベントはただやればいいというものでもありません。

 きちんとした舞台を基礎から固めてから、結果としてのイベントとなります。プロセスが重要です。小さい花火をポンと上げるのは簡単ですが、それではお客様も楽しさが小さいですよね。

 福岡のアーティストにも数名、お会いしました。現地のアートシーン現状を聞くのも面白かったです。

 さて、いよいよ熊本での活動を再開致します。先ずは分かりにくい企画書を再構築して、パッと見で分かりやすくすること。

 あまり誰もやった事がない企画ですから、ニュアンスを伝えるのは難しいですがそこから着手します。

 サリュ

17 days, we stay as sales of Mohican pochette to Tenjin. Or if staying for two days, there were occasional. Is in play.

It is said or business, but it will not clear whether self-employed work in the play is far from. I will also feel like much work, meandering as it is also at play.

Under these circumstances, I met with a variety of people. Work also, I think that was able to talk in terms of the creation belief, position, and completely different people, and as input was really best.

I met with people that have been in business for many years in place of the holiday season in particular battleground state that Tenzin was exciting from the standpoint of thinking the art scene.

If you are planning Omoshirokere the possibility of big art events held at the IMS Tenjin came out. There are several mountain to get to it must not exceed.

Art event is not intended that I just do it.

From the ground from hardened neat stage, will be as a result of events. Process is important. I pop the fireworks a small increase is simple, but it is small it is fun So some customers.

Name a few, also an artist I met in Fukuoka. It was also interesting to hear the current status of the local art scene.

Well, we will finally resume its activities in Kumamoto. First thing is to rebuild the proposal confusing, glance at the clarity.

Is planning to start from there because nobody never done so, to convey the nuance is difficult.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

天神イムズ「SS Collection」終了の慰安を兼ねて、大分の城下町を見学散策してきました。

 大分の杵築と天領日田の城下町を、散策がてら見て来ました。

 熊本市の新町と古町の、城下町としての潜在能力は何かを感じたかったからです。

 天神大名の紺屋2023から次の訪問先は、いきなりタイムスリップした感がある杵築の城下町。サンドイッチ型の城下町として、日本でも他に類を見ない形の町です。九州一の繁華街から行くと、同じ日本とは思えない。

 景観の統一条例があるそうですが、町並みが整っています。日田に至っては、電線を地下に埋めたそうですね。山口県の関門海峡にある毛利氏の武家屋敷の町並みも、そんな感じでした。萩は言うに及びません。

 新町の我が町屋、新町三畳美術館に帰ってきて早速思う事は、新町と古町が市街で働く人達の為のマンションやアパートが建つ、ベットタウン化してきている事を正面から認めるべきなのかなと。

 歴史地区であることは、歴然とした事実ですが、あまりにハードが無さすぎるし点在しています。

 そこを補っていくのは、人以外にありません。

 歴史と想像力を駆使して、新しい熊本市の城下町を構築しなければいけません。

 モヒカンポシェットも今年は店舗開店3年目ですが、周りを見渡しても一向に変わる気配がしません。通りの通行量が増えるでもありません。今後何十年も新町で展開していくのですから、新町がどうなっていくかは死活問題です。

 今は、どんどん外へ出て、情報を収集致しております。

 実際に外から見て、熊本城下町はどうやるべきか、段々自分なりに分かってきています。あくまでアートという角度からです。

 サリュ

What has come to see assigned, the castle town of Hita in Oita Kitsuki and Tenryo.

Shinmachi and Furumachi of Kumamoto, the potential of as a castle town is because I wanted to feel something.

The next visit, there is a sense of the castle town of Kitsuki was suddenly back in time from 2023 Konya Tenjin Daimyo. As a castle town is a town in the form of a sandwich-type, unparalleled even in Japan. And go from a downtown area of Kyushu, Japan, and I do not think the same.

He wrote that there is unity of the landscape ordinance, streets are well equipped. Reached in Hita, I heard the wires buried underground. Streets of old samurai residences of Mr. Mori also in the Kanmon in Yamaguchi Prefecture, was like that. Hagi and is not to say.

Ya town my of Shinmachi, that I immediately came back to the museum Triassic Shinmachi, do not or should admit from the front condominium or apartment for people Furumachi and Shinmachi to work in the city is located, that you are becoming increasingly bet Town and.

That it is the historical district is a fact evident, are scattered indiscriminately It's too hard too.

Going to compensate for there is not in the non-human.

Do not have your imagination run wild with the history, you have to build a new castle town of Kumamoto.

This year is the third year also opening stores pochette Mohawk, perfectly feasible to change signs do not look around. Amount of street traffic is not also increase. Because are you going to expand in the future Shinmachi decades, or will happen is a matter of life and death is Shinmachi.

Now, go outside more and more, we will collect the information.

In fact as seen from the outside, Kumamoto castle town should do what, but I know in my own way gradually. Art is from the angle of the end.

Saryu

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

2012・4.1。天神イムズinモヒカンポシェット「SS Collection」本日で終幕致します。そして今日は紺屋2023にて15:00~夜会に参加致します!

 16日間に及ぶモヒカンポシェットの「SS Collection」が本日終了致します!

 お越し下さいました皆さま、応援頂きました皆さま、誠にありがとうございました!

 天神大名滞在中、実に様々な出会いがありました。もしこのタイミング以前に無理をして、こういうトライをしていてもなかなかうまくいかなかった事でしょう。

 物事は成るべくしてなるタイミングというものがあるのだなぁと、今更ながら感慨深いものがあります。

 今日はイムズ閉店後に搬出、撤収という流れになります。

 福岡で本当にお世話になった、大学の時からの友人に本当に感謝致します。

 長い事、福岡とは縁がなかった中、今回改めて友人達にお世話になり、学生の頃の掛けがえのない絆を感じています。

 さらに本日は16日間滞在致しました紺屋2023にて夜会が開催されます。15:00~様々なイベントが行われます。

 今日は福岡はいい天気で、お花見日和ですが、紺屋2023の各部屋が開かれる、貴重な機会ですのでふらりと遊びに来られてはいかがでしょうか。

 サリュ

"SS Collection" of 16-day-long Mohikanpochette will end today!

Everyone please come everyone was, we had support, Thank you very much!

Tenjin Daimyo during their stay, there was indeed a variety of meeting. Would that it did not work hard at a stretch before if this timing, even though such a trial.

Things he and I have something that will be waiting to become timing, some Kangaibukai while now.

Today will be carried out to the stream after closing Yim, called withdrawal.

Thank you really really helped me in Fukuoka, a friend from the time of the university.

In a long time, and did not have the edge in Fukuoka, will be indebted to our friends again this time, I feel a bond not only picture hanging in the time of the student.

Today evening will be held at 2023 Konya we stay for a further 16 days. Various events will be held 15:00.

Fukuoka is a nice weather today, but weather cherry blossoms, are coming to play casually or how each room will be held in Konya 2023, because it is a valuable opportunity.

Saryu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »